冷凍 いちご 解凍方法。 イチゴを冷凍する 7つの方法

冷凍された馬肉・馬刺しの正しい解凍方法|完全解凍はNG!氷水で半解凍に!

冷凍 いちご 解凍方法

いちごを長持ちさせるポイントは3つ!• アルミホイルで包む• ヘタを下にして置く• いちご同士をくっつけない 【いちごの冷蔵】10日間保存可能! アルミホイルに包んで保存することで、冷蔵庫内での光合成を防ぎ、細菌やカビの増殖を抑えることができます。 1 いちごをパックから取り出し、傷んでいるものは取り除く 黒ずんでいるものや、ぶよぶよとやわらかくなっているものなどは取り除く。 傷みの原因となるため、いちごは洗わない。 2 アルミホイルの上に並べ、包む アルミホイルをしき、ヘタが下になるようにいちごを並べる。 さらに、いちご同士が触れないよう、アルミホイルの仕切りを入れる。 アルミホイルでいちごをまとめて包み、冷蔵庫で保存する。 この方法で約10日間保存可能。 【いちごの冷凍】1ヵ月間保存可能! 10日間以上保存したい場合は、冷凍保存がおすすめ。 冷凍する際には、いちごの水分を保つために砂糖をまぶします。 冷凍いちごは、シャーベットのように食べられるほか、時短でジャムをつくることもできます。 【冷凍方法】• いちごを洗ってヘタを切り落とし、ペーパータオルで水けをしっかりと拭き取る。 いちご全体に砂糖を丁寧にまぶす。 砂糖をまぶしたら2〜3個ずつラップで包んで冷凍用保存袋に入れ、できるだけ空気を抜き、冷凍庫へ。 この方法で約1ヵ月保存可能。 【解凍方法/食べ方】 5分ほど自然解凍するとシャーベットのようになり、ひんやりと美味しいスイーツに変身! また、凍ったまま鍋に入れて砂糖とともに加熱すれば、短時間でいちごジャムが作れる。

次の

作り置きにも非常食にも使える!食品の冷凍保存と解凍方法をおさらい

冷凍 いちご 解凍方法

売られている冷凍フルーツの種類 時期を問わず一年中売られている冷凍フルーツですが、種類も豊富です! 以下のリストは、よく売られているフルーツの種類です。 いちご• ブルーベリー• ラズベリー• ブラックベリー• ミックスベリー(ストロベリー・ブルーベリー・ラズベリー・ブラックベリーなどのミックス)• マンゴー• ライチ• トロピカルフルーツ(マンゴー・パパイヤ・パイナップルなどのトロピカルフルーツのミックス) それぞれ商品ごとにカットの大きさが違う場合があるので、買うときには使いたい大きさのものを選んでから買いましょう。 丸ごとだったり、カットされていたりと、同じフルーツのものでも様々です。 ネットショップだと、珍しいものが見つかったり、大容量のものが安価で買えます。 冷凍フルーツの解凍方法 冷凍フルーツは、解凍してから食べることができます。 解凍方法は、基本的には商品のパッケージに書かれている方法をお試しください。 書かれていない場合は、以下の方法で解凍してください。 キッチンペーパーやタオルなどを敷いた上にフルーツをのせる• 室温で自然解凍する• 夏場など、傷む心配があるときは冷蔵庫で解凍する 冷凍フルーツは、解凍時に水分が多く出ます。 ベチャベチャになってしまわないよう、必ずキッチンペーパーやタオルなどの上で解凍するように注意しましょう。 解凍後は早めに食べきってください。 再冷凍はできません。 冷凍フルーツは半解凍がおいしい 冷凍フルーツは解凍しても食べることができますが、 おいしく食べるには半解凍状態ぐらいがおすすめです。 スムージーにしたり、アイスに使ったり、冷凍フルーツの使い方は豊富にあります。 ヨーグルトやパンケーキのトッピングに使う場合も、半解凍ぐらいを目指して解凍してから食べてみてください。 冷凍フルーツは自分でも作れる 冷凍フルーツは自分でも作ることができます。 売られている冷凍フルーツは外国産の果物を使っているものも多く、気になる方もいるのではないでしょうか? こちらの記事で詳しく説明していますので、よろしければご覧になってみてください。 ケーキのトッピングに冷凍フルーツは向いているのか さて、ようやく本題です。 はっきりと結論から書きます。 冷凍フルーツは、 基本的にケーキのトッピング向きではありません。 解凍方法やらを長々と書いておいてこの結論かと思われるかもしれませんが、理由を一つずつ書いていきます。 理由1 解凍中に水分が出る 解凍方法でも書きましたが、冷凍したフルーツを解凍する際、フツールの種類や冷凍方法にもよりますが、結構な量の水分が出ます。 凍ったままケーキのトッピングに使ってしまうと、 時間が経つにつれて水分が出てきてしまいます。 その結果、以下のようなことが起きます。 生クリームが水っぽくなる、だれる• フルーツの色がクリームに溶け出す• ケーキ全体が水っぽくなる つまり、冷凍フルーツは凍ったまま・半冷凍状態のままではトッピングに使えません。 理由2 水分が出ることによってフルーツの見栄えが悪い 凍ったままではダメだとするなら、「解凍してからトッピングに使うのは?」と思いますよね。 フルーツの種類にもよりますが、解凍したフルーツは水分がたくさん出るため、 冷凍状態よりも形が崩れ、大きさも小さくなります。 水分をよく拭き取ったとしても、生の果物に比べると見栄えが悪いことが多いです。 特に、カット済みの冷凍フルーツは果肉が潰れることが多く、ケーキのトッピングに使うにはやはりおすすめできません。 理由3 完全に解凍した後も水分が出る しっかり解凍し、解凍後の見栄えも悪くない状態のフルーツだったとしましょう。 理由1・理由2はクリアしたことになります。 では3つ目の理由です。 しっかり解凍し、しっかり水分を拭き取ったとしても、冷凍フルーツは生物に比べて水分が出やすいです。 つまり1つ目の理由同様、生クリームがだれてしまったり、見栄えが悪くなる可能性があります。 生クリームを使ったデコレーションケーキには、冷凍フルーツは不向きだということになります。 どうしても冷凍フルーツをケーキのトッピングに使いたい場合 それでもどうしても冷凍フルーツを使いたい場合もあるかと思います。 そのような場合は、 生クリームでのデコレーションを全て終えた後、 食べる直前に半解凍状態のフルーツをのせてください。 半解凍状態なら果肉もあまり崩れておらず、水分もすぐには出ません。 きれいなトッピングのまま食べられます。 プレゼントや持ち寄りにはできませんが、家で作ってすぐに全て食べきってしまう場合ならなんとか使える方法です。 生のフルーツが使えない場合、缶詰フルーツがおすすめ 価格が高い、季節外れ、早めに買っておきたい……。 そのような理由から、冷凍フルーツを使いたいと思った方もいると思いますが、そのような理由なら、缶詰のフルーツを使うことをおすすめします。 缶詰のフルーツは年中いつでも同じものが売っていますし、価格も生の果物に比べると安価です。 買い溜めしておけるので、安売りの時に買っておくこともできます。 缶詰のフルーツを使う場合も、生クリームがだれてしまわないよう、 しっかりとシロップを拭き取ってから使ってください。

次の

冷凍ホタテが絶品に! 生ホタテ並みにおいしく解凍する方法を実践!

冷凍 いちご 解凍方法

春が近づいてくると、スーパーの果物売り場から いちごのいい匂いが漂ってくるようになりますね。 売り場でも多くの面積を占めるようになりますね。 いちごはとてもおいしいので、私も子供たちも大好きなのですが、少しお値段もはってしまうため、少し安くなっているときに大量に買い込んできています。 また、家族でいちご狩りに行ったときに、新鮮ないちごを、その場で食べるだけではなく、たくさん持ち帰ってきます。 このように、大量に手に入れてきたいちごですが、 数日以内に食べきれず、傷んでしまって、困ってしまいますよね。 そんな時に便利なのが冷凍なのですが、冷凍したいちごをいざ食べようとすると、上手に 解凍できず、べちゃっとなってしまいます。 ではどのように冷凍したいちごを楽しめばいいでしょうか。 それではこれから、いちごを冷凍した後、どのように解凍すればおいしく楽しむことができるのかについて紹介します。 その後、キッチンペーパーなどで水気をしっかりととってから、 ジップロックなどに重ならないようにいれていきます。 このとき、 グラニュー糖などをまぶしておくと、いちごどうしがくっつかないので、使いやすいですし、食べやすいですよ。 その後、冷凍庫に入れて、 冷凍します。 この方法なら、一か月くらい鮮度を保つことができますよ。 ではこの冷凍させてたいちごはどのように楽しむのがいいのでしょうか。 べちゃっとならずに上手に解凍できるのでしょうか?それでは次に、冷凍いちごの上手な解凍方法について紹介します。 冷凍いちごはどのように解凍すればいいの? 冷凍させたいちごを解凍させるときは、冷蔵庫でゆっくりと自然解凍をするようにしてください。 そうすると上手に解凍できます。 ただ、注意点があります。 冷凍させたいちごは、どうしても解凍するときに水分が出てきてしまいます。 これは、冷凍させることで、いちごの細胞内の水分が膨張しまうからなんです。 それにより、細胞が 破壊されているため、解凍した時に、そこから水分がでてきてしまうからべちゃっとしてしまうんです。 なので、 解凍するときには、バットなどにキッチンペーパーなど、水分を吸い取るものを敷いてから、ひとつづつ並べて解凍させるといいですよ。 いちごといえば ショートケーキ!ですが、いざ家で手作りしようと思った時、いちごの旬が過ぎていてスーパーで買えないってことありますよね。 我が家でもそんなことがあり、冷凍してあったいちごがあった事を思い出して、のせてみました。。 が、やっぱり水分が出てしまってダメでした。 やはり、解凍するときにいちごから 水分がでてしまうため、解凍したいちごをショートケーキにのせることはあまりおすすめできません。 どうしてもケーキに冷凍いちごをのせたい!ってときは、 解凍しきってべちゃっとなる前に、シャーベット状で食べたほうがおいしいですよ。 スポンサードリンク おすすめの冷凍いちごの楽しみ方 普通に解凍して食べるより、 冷凍いちごを美味しく食べられる方法をご紹介しますね. 我が家では、冷凍させたいちごを 解凍せず、冷凍のままミキサーにいれ、はちみつや、生クリーム、牛乳、砂糖などと一緒に攪拌させ、シェイクなどとして楽しんでいました。 また、冷凍いちごを、砂糖やレモン汁と一緒に煮詰めてジャムにすることもできます。 早い段階で冷凍しておけば、新鮮なので、おいしくできあがりますよ。 解凍したいちごは、スポンジやクッキーをちぎって容器に入れ、その中に、生クリームなどと一緒にいちごをいれると、おいしいですよ。 また、いちごミルクプリンにしたり、生地と一緒にまぜて、パウンドケーキにいれたりすると、 べちゃっとした感触を気にせず、おいしくいただくことができます。 おいしいいちごを傷ませることなく、早めに冷凍しましょう。 そして、冷凍いちごを、上手に利用して、長期間おいしくいただきましょう。

次の