携帯 小説。 ケータイ小説映画全作品リスト

ケータイ小説映画全作品リスト

携帯 小説

長い人生を歩んでいく上で、私達に必要なものといえば、様々なものが挙げられると思いますが、その中の一つに娯楽が存在しています。 例えば、自分自身にとって何かしらの楽しみを見つけるということは、人生を楽しいものに変化させたりする上でとても大切なことになりえるということです。 具体的には、自分にとって楽しいと思えるような趣味を見つけたり、行っていて楽しいと思えるようなことを自分なりに考えてみるということが求められます。 自分にとって楽しいと思えるようなことを見つけることができれば、楽しい時間を過ごせるだけでもなく魅力的な人間関係を形成することもできます。 例えば趣味を通じて理解し合えるような仲間を見つけたりすることも出来ますし、楽しい時間を過ごすことで生きていてよかったと思えるようになるということです。 何か楽しいと思えるようなことがないと、つまらない人生だと感じてしまいがちになり、結果的に楽しくない日々を送ってしまうようになります。 なので、人生において娯楽という存在は必ず必要であると考えることができます。 もちろん娯楽という存在は人によって千差万別であり、何に対して楽しみを見出すことができるかということは全く違います。 体を動かすスポーツが自分にとっての楽しみだと感じるような人もいれば、何かを知ることに対して楽しみを感じたりするような人もいるはずです。 このように、様々な娯楽が存在する中で、今回は娯楽の中の一つであるをテーマにして携帯小説が流行った理由、流行らなくなった理由についてご紹介していきます。 携帯小説って知ってる? 携帯小説という言葉を聞いて、懐かしいと感じたりするような方もとても多いと思います。 そしてその反面で携帯小説という言葉自体がいまいちどのような意味を持っている言葉なのかよくわからない方も多いと思います。 最近では携帯小説という言葉をなかなか聞かなくなったかもしれませんが、一時期は携帯小説という言葉は非常にホットなキーワードとして認知されていました。 特に若い世代の人が携帯小説に対して強い関心を持っていたりすることなどが多く、今の20代や30代の方などは懐かしいと感じるかもしれませんね。 携帯小説とはその名前の通り携帯電話で読む小説のことを意味しています。 小説といえば、どちらかといえば紙媒体で販売されている本などを想像したりすることがとても多いと思います。 しかしながら、携帯小説は紙媒体のものではなくあくまで携帯電話を使って読むようなものになっています。 今ではなかなか聞いたりすることがないかもしれませんが昔はとても流行ったものであり、一時代のブームを築いたコンテンツであるということを覚えておいてください。 携帯小説の発端 携帯小説という言葉は昔は一時代のブームを築いた存在であるということをご紹介していきました。 今の若い世代の方はその存在を知らないかもしれませんが、今の20~30代の方は必ず一度くらいは携帯小説を見たことがあると思います。 それほどまでにたくさんの方に認知されている存在である携帯小説ですが、もともと携帯小説がなぜここまで有名になったのか不思議に感じる方もいると思います。 そこで、簡単に携帯小説の発端についてご紹介していきたいと思います。 携帯小説がたくさんの方に認知されるような存在になるまでには、実はある程度の経緯が存在しています。 元々の経緯としては1980年代にパソコン通信が普及してから、アマチュアの作家が自分自身が執筆した作品をインターネット上に公開することから始まりました。 簡単に言えば自分自身で情報を発信することができるようになったことによって、自分の作品を知ってもらいたいということから始まったと考えられます。 今ではSNSで自分から情報を発信することができる時代になっていますが、昔はそれが当たり前ではなかったので、大きな変化であると考えることもできます。 そして、次第に小説投稿サイトなどができるようになり、そこにたくさんの小説が投稿されるようになりました。 それが時代の変化とともに携帯電話でも確認ができるようになり、携帯電話で小説を読むということが様々な世代で行われるようになりました。 そこから、携帯電話を使用している若年層の方がたくさんアクセスするようになり、次第に大きなブームを生み出していったと考えることができます。 また、様々な作品が存在する中で、非常に多くの注目度を集めた携帯小説なども生まれて、最終的に爆発的なヒットを生み出す作品へと変化していったということになります。 浜崎あゆみのテディベア 携帯小説がなぜここまで爆発的なブームを生み出すことになったのかという過程を簡単にご紹介していきました。 ある程度ブームを築き上げる過程を理解いただけたところで、ここからは携帯小説の中でも非常に注目度が高い作品を簡単にご紹介していきたいと思います。 携帯小説が有名な存在になった理由としては、やはり魅力的な作品が多数投稿されていたということも一つの理由になり得ると考えられます。 数ある作品の中でも、非常に認知度が高く有名な作品としては「浜崎あゆみのテディベア」が挙げられます。 これは浜崎あゆみさん自身が携帯小説を執筆したというわけではありませんのでその点は勘違いしないようにしてください。 浜崎あゆみさんがリリースしているテディベアという楽曲のオマージュとして作られたものであると考えていただくとわかりやすいと思います。 非常に簡単に内容を伝えると女子高生の主人公とある男性の恋愛を描いた小説になるのですが、内容が非常に感動する内容になっています。 そのストーリーが浜崎あゆみさんのテディベアという楽曲の歌詞と被る内容でもあるため、後程オマージュではないかという考え方が持たれるようになっています。 この携帯小説は非常にたくさんの方からの関心を持たれ、最終的には書籍化されており、爆発的なヒットを生み出しています。 なので、間違いなく携帯小説の中でも大きなブームを生み出した作品の一つであると考えることができます。 恋空 数ある携帯小説の中でも爆発的なヒットを生み出した作品の一つとして「恋空」が挙げられます。 恋空は2005年から執筆が開始され、なんと2006年には書籍化されるなど非常に爆発的なブームを生み出した携帯小説作品です。 携帯小説をあまり読んだことがないという方においてもこの作品を知っているという方はとても多いと思います。 それぐらい認知度がある携帯小説の作品であると考えることができますが、その後には漫画化や映画化もされ、最終的にテレビドラマなどでも放送されています。 もともとは携帯小説として若い女性に読まれていましたが、そこから作品の内容や完成度の高さからたくさんの方に読まれるようになっています。 簡単なあらすじとしては主人公である女子高生と同じ高校に通う男子高校生の恋愛を描いた作品ですが、様々な事件なども絡み、非常に複雑で感動的なストーリーになっています。 切ないストーリーということもありますが、生きるということの意味を考えさせられるような話で非常に魅力的な作品でもあります。 たくさんの方から共感を呼んだり、感動を呼び、まさに携帯小説の中でもダントツで有名で大きな影響を与えた作品であると考えられます。 なので、恋空はまさに世の中の様々な人に携帯小説の存在を知らしめた作品であると断言することができます。 携帯小説を知らない世代がいる?! ここまでは携帯小説の発端や携帯小説がたくさんの方に知られる存在になった作品をご紹介していきました。 しかしながら残念なことに携帯小説という言葉自体を聞いたことがないと感じてるような世代も存在しています。 そもそも携帯小説が有名になった年代としては2006~2008年なので、当時の世代よりもあとに生まれた方などは知らないのが当たり前かもしれませんね。 それ以降の年代でも携帯小説は存在していますが、残念なことにブームが過ぎ去った以降はあまり高い関心が寄せられていないのも現実です。 なので、ここからは改めて携帯小説を知らない世代に対して携帯小説とはどういうものなのかということを簡単にご紹介していきたいと思います。 携帯小説がどのようなものなのかよくわからないと感じている方はこれからご紹介する内容確認していただき、改めて携帯小説の魅力を感じてみてください。 携帯小説って何? そもそも携帯小説を知らない世代からしてみると携帯小説がどのような意味を表している言葉なのかよくわからないかもしれませんね。 携帯小説とは簡単に言えば携帯を使って読むことができる小説のことを表している言葉です。 一般的に小説といえば紙媒体で呼んだりすることが一般的ですが、時代の変化とともに携帯電話を使って小説を読むことができるような技術が生まれました。 今はさらに技術が進化しており、電子書籍と呼ばれるように、漫画などをダウンロードして端末で読んだりすることなども可能になっていますよね。 なので、難しく考える必要性はなく、あくまで携帯電話で読むことができる小説ということを理解していれば、解釈はそこまで難しくないものになるはずです。 現代の学生は知らない人がほとんど 先ほどもお伝えした通り携帯小説がブームになった年代でしては2006~2008年が一般的に知られています。 なので、今の20~30代などは知っている人が多いかもしれませんが、それよりも若い世代などに関しては知らない方も多く、特に学生の方などは知らない方が多いはずです。 そもそもその世代はブームの時期に認識している可能性が低かったり、場合によっては携帯電話などをもっていなかったことなども考えられます。 なので、残念ながら携帯小説の存在自体を知らない方がおおくいたとしても不思議ではありません。 しかしながら、ブームが去ってしまったとしても携帯小説の魅力がなくなってしまったということにはなりません。 今でも携帯小説などは確認をしようと思えばインターネット上で確認をすることは可能であり、魅力的な作品などを読んだりすることは十分可能です。 なので改めて携帯小説の魅力を認識し、興味があれば携帯小説を読み進めていただき自分にとって魅力的だと感じる作品を見つけていただきたいと思います。 携帯小説は消えた? 携帯小説の部分が過ぎ去ったと同時に携帯小説行きたいがなくなってしまったと感じている方も多いと思います。 しかしながら先ほどお伝えした通り携帯小説自体はブームが去ってしまったとしてもまだ存在しており、まだまだ公開されているような小説はたくさんあります。 また、携帯小説を原作としたような映像作品などは次々に制作されており、業界の中にはまた携帯小説のブームの再燃を期待するような声も沢山上がっています。 なので、携帯小説自体はまだまだ今後も生まれ続ける可能性があり、また注目される可能性なども十分考えられます。 だからこそ、携帯小説を知らないような世代の方に携帯小説の魅力を感じていただきたいと思います。 インターネット上で携帯小説と検索をすれば様々なインターネットサイトなどが該当するようになりますので、自分なりに気になるサイトがあれば確認してみてください。 携帯小説が消えた理由はこれ?考える6個のこと 携帯小説は非常に大きなブームを生み出したと考えることができますが、残念ながらムーブが過ぎ去っていくのもとても早かったのは事実です。 今でも一部の人からは携帯小説は大きな需要が存在しており、継続して楽しまれているコンテンツとして存在し続けています。 しかしながら大きなブームを生み出した携帯小説がなぜなくなってしまったのか、ということがとても不思議に感じたりするかもしれませんね。 そこでここからは携帯小説がなぜ消えてしまったのか、なぜブームが過ぎ去ってしまったのかということなのについて簡単にご紹介していきたいと思います。 ブームが過ぎ去ってしまった理由を改めて知ることによってその当時の時代の流れなどを確認することもできます。 時代の変化とともにブームなども過ぎ去っていき、新しいブームが生まれるようになりますので、それを念頭に置いた上で時代の流れを確認してみてください。 ガラケーの消滅 まずはじめにご紹介する携帯小説が消えてしまった理由の一つとしては「ガラケーの消滅」ということが挙げられます。 これはどういうことかと言いますと、そもそも携帯小説がブームになっていたころの携帯電話といえば、ガラケーが主流になっていました。 ガラケーとはガラパゴス携帯の略称言葉であり、いわゆるパカパカして二つ折りの携帯電話の名称として知られています。 このガラケーが時代の変化とともに消滅してしまったことによってそれと同時に携帯小説も廃れてしまったということが理由になるということです。 もちろんガラケーがなくなってしまったからといって携帯小説がなくなるというわけではありませんので、あくまで理由の中の一つに過ぎないということは覚えておいてください。 携帯小説が好きな人はガラケーでなくなったとしても見る人もいますし、そもそもゲーム自体が1. 2年経てば冷めてくるのは当然だという見解はあります。 しかしながら、ガラケーがなくなってしまったという事象だけではなく、ガラケーがなくなったことによって発生することが大きな理由につながっているということになります。 その発生していることについても詳しくご紹介していきたいと思います。 スマホの普及 携帯小説がブームの真っ只中にあった時には、たくさんの方がガラケーを利用していたということをご紹介しました。 そして、ガラケーが消滅してしまったことによって携帯小説のブームが同時に廃れていったということをお伝えいたしました。 では、ガラケーが消滅したことと携帯小説のブームが去ったことにどのような因果関係があるのかと考えてみると、それはスマホの出現であると考えられます。 スマホとはスマートフォンの略称であり、簡単に言えば高機能携帯電話と考えることができます。 今の若い世代に関してはスマートフォンがあって当たり前だと感じているかもしれませんので分かりづらいかもしれませんが、ガラケーを利用していた方などはわかるはずです。 様々な部分においても昔の携帯電話とは比べ物にならないほど高い機能を持っており、今ではスマホがないと生活できないと感じている人もとても多いはずです。 ガラケーとは違い、非常に高い画質で映像を確認することもできますし、画面も大きく、操作性能にも優れていますので、非常に魅力的なアイテムです。 そのようなスマホで携帯小説を確認しようとするとどのようなことが起きるでしょうか。 携帯小説の場合は小さい画面の中で確認するために、文字だけが書かれているような簡素な文体になっています。 なので、スマホで携帯小説を確認するとどうしても物足りなさを感じてしまうような印象になってしまいがちになるのです。 そのような側面もあり、スマートフォンに切り替えた人が携帯小説を読んだりすること自体が少なくなっていたという結果につながっているのです。 またスマートフォンに切り替えたことによってスマートフォンでしか感じることができないような作品や、コンテンツなどがたくさん存在するようになっています。 それらの存在と比べ合わせて考えてみると、やはり携帯小説が利用される頻度というものは圧倒的に少なくなっていったと考えることができます。 なので結果的にスマートフォンが普及したことによって携帯小説が読まれなくなりブームが過ぎ去ってしまったということに繋がると断言することができます。 無料で読める漫画がでてきた 次にご紹介する携帯小説が消えてしまった理由の一つとしては「無料で読める漫画がでてきた」ということが挙げられます。 これはどういうことかと言いますと、漫画などが好きな方などは知っていると思いますが、最近は無料で読める漫画などが数多くインターネット上に存在しています。 なので携帯小説を読んでいた世代の人たちが結果的に無料で読める漫画作品のコンテンツに移行するような結果になり、ブームが過ぎ去ってしまったと考えることができます。 では、人によってはなぜそもそも漫画が無料で読めるのかということ自体を疑問に持つ方もいるかもしれませんね。 これは何故かと言いますと、そもそも漫画作品を無料にすることによって、大きな宣伝になったり、アプリをダウンロードしてくれるような人が増えていきます。 そうすることによって広告収入を得ることがしやすくなり、結果的にインターネットサイト自体が儲かるような結果につながっているのです。 また一部を無料にすることによってそれ以降の漫画の内容を有料化して漫画を購入してもらうようなシステムにすることによってさらに漫画の売り上げなども上がります。 また、インターネットサイト上でアップロードすることにより実際に会社に原稿を渡すよりも原稿料などがかからないようにすることができます。 なので、漫画化にとっても有利な条件で執筆することができ、結果的にどんどん新しい漫画作品が生まれ、面白いコンテンツをより多く楽しめるような結果になっているのです。 なので、結果的に無料にしてもお金を儲けることができ、なおかつ視聴者も楽しめるようなコンテンツ内容に変化しているといえます。 スマホアプリへ移行 次にご紹介する携帯小説が消えてしまった理由の一つとしては「スマホアプリへ移行」ということが挙げられます。 これはどういうことかと言いますと、ガラケーからスマートフォンに移行することによって様々なアプリケーションを利用することができるような状況になったといえます。 そして、様々なアプリケーションがある中で、アプリの中でも非常に爆発的なヒットを生み出すアプリがリリースされたということが携帯小説離れの理由になっています。 非常に簡単に言えば新しいブームの代用が生まれてしまったと考えることもできます。 ではスマホアプリの中で非常に爆発的なヒットを生み出しているものはどういったアプリがあるのかということについて簡単にご紹介していきたいと思います。 今の時代で爆発的なヒット持っているアプリはどのようなアプリなのかと言いますと、SNSなどが圧倒的な存在を誇っています。 SNSとはソーシャルネットワーキングサービスと呼ばれており、簡単に言えばインターネット上で社会的ネットワークを構築可能にするサービスです。 もっとわかりやすくお伝えすると、アプリを利用することによって相手とコミュニケーションを築き上げることができるものと考えていただくと分かりやすいと思います。 昔は相手と関わりを持ったりするためには直接会ったりすることが一般的でしたが、今の時代は直接会わなくてもコミュニケーションをとることが可能になっています。 インターネット上で自分の情報発信して相手の情報を受け取ることによってそれを繰り返してコミュニケーションや信頼関係を築き上げることができるということです。 そのようなアプリケーションが生まれることによって結果的に携帯小説よりもスマホアプリの方が需要が高まり、結果的にたくさんの方の関心を寄せる結果になっています。 では、具体的にどのようなアプリが存在するのか、まとめてご紹介していきます。 SNSなど SNSにはどのようなアプリが存在しているのかと言いますと、例えばFacebook、LINE、Twitter、Instagramなどが挙げられます。 これらのアプリケーションは、私たちが住んでいる日本だけではなく全世界で利用されているようなアプリケーションであると考えることができます。 全世界に住んでいる人が利用しており、たくさんの人が関心を持っている芸能人なども使用しているので、圧倒的な認知度と魅力が存在しているアプリです。 また、これらのアプリを利用することによって、簡単に相手とつながることができるようになっています。 友達は当然ながら、場合によっては芸能人とのつながりを持ったりすることもできますので、非常に若い世代にとっては魅力的なアプリでもあります。 また、利用すればインターネット上だったとしても現実の世界とそれほど変わらないようなコミュニケーションをとることが可能になっています。 今までなかなかそのようなアプリなどが存在していなかったので、人とのつながりを持てる、非常に魅力的なアプリとしてたくさんの方に認知されています。 利用してみれば、簡単に自分の情報を周りの友人に対して発信することができますし、友達の情報などを取得することが可能になっています。 若い世代の方にとっては、もはやなくてはならない存在であり、逆にこれらのアプリを利用していない人の方が少ない状況になっているはずです。 なので魅力的なアプリケーションがリリースされたことによって結果的に携帯小説がされてしまったと考えることができるのです。 そもそも現代の学生が小説を読むことがなくなった 次にご紹介する携帯小説が消えてしまった理由の一つとしては「そもそも現代の学生が小説を読むことがなくなった」ということが挙げられます。 これはどういうことかと言いますと、スマートフォンが出現したことによってたくさんの若いからの関心がスマートフォンに写ってしまっているということになります。 スマートフォンという基準に利便性の高い魅力的なアイテムがあることによって、今まで目が向けられていたものに目が向けられなくなっているのです。 その中の一つには小説が存在しており、昔と比べて娯楽として本を読んだり小説を読んだりするようなことなどが少なくなってしまっています。 小説や本を読んだりするような時間があれば、スマホなどをいじって様々なコンテンツを楽しんだりするほうが楽しいと感じているような人が増えているということです。 なので、移り変わっていく時代とともに現代の学生は小説を読むことが少なくなってしまったので結果的に携帯小説も興味を持たなくなってしまったということになるのです。 アイドルやアーティストの誕生 次にご紹介する携帯小説が消えてしまった理由の一つとしては「アイドルやアーティストの誕生」ということが挙げられます。 これはどういうことかと言いますと携帯小説がブームになった少し後に、魅力的なアイドルやアーティストがたて続けに誕生したということです。 具体的な名称としてはAKB48、三代目JSoulBrothers、AAAなどが挙げられます。 これらのアイドルやアーティストが誕生したことによって、世の中全体のブームが切り替わってしまったということになります。 先ほどもお伝えした通りブームに関しては必ず過ぎ去っていく新しいブームがやってくるようになります。 なので、携帯小説のブームから今度は新しいアイドルやアーティストのブームがやってきてそれが切り替えられてしまったということになるのです。 また、携帯小説においては先ほどお伝えした通り浜崎あゆみさんに関係した携帯小説などがリリースされています。 当時、浜崎あゆみさんは非常に大きなカリスマ性を持っており若者に対して絶大な支持を持たれていました。 その浜崎あゆみさんに代わって新しいカリスマ性を持ったアイドルアーティストなどが誕生したことによってそれ自体が切り替わってしまったことも理由になります。 なので新しいアイドルやアーティストの誕生が携帯小説が廃れてしまった原因の一つであると考えることができます。 携帯小説が時代についていけなくなった 次にご紹介する携帯小説が消えてしまった理由の一つとしては「携帯小説が時代についていけなくなった」ということが挙げられます。 これはどういうことかと言いますと、スマートフォンを持つことが当たり前の時代に変化したことによって、携帯小説の文体が合わなくなったということです。 具体的には、携帯小説はガラケーで見ることを前提として書かれていたので、スマートフォンで見ると非常に分かりづらくなってしまいがちになるのです。 例えば画面が小さいことによって改行がとても多かったり、一文一文がとても短くなってしまっています。 また、当時の流行った文体である小さい「わ」などが使われており、今の時代では使わなくなってしまったような言葉などが多くなっています。 なので、これらの文体がスマートフォン経由で見た時に、非常に時代遅れのように感じてしまう結果になっているのです。 なので、時代の変化とともに携帯小説はついていけなくなり、昔のコンテンツという印象になってしまったことが否めなくなっています。 携帯小説は再ブーム到来するか?(まとめ) 今回は携帯小説をテーマにして、携帯小説がなぜ廃れてしまったのか、そしてなぜ携帯小説が流行ったのかということについてご紹介していきました。 携帯小説は今では廃れてしまったと考えられがちですが、実際には携帯小説などはまだまだアップロードされています。 今では携帯小説ではなくスマホ小説と呼ばれているような新しい形の小説などもたくさん出てきています。 小説以外にも様々な面白いことがある今の時代だからこそ、改めて小説の楽しさを理解していただきたいと思いますのでぜひスマホ小説を確認してみてください。 意外と自分自身が魅力的に感じるような小説に出会うことができるかもしれませんよ。

次の

夢小説の検索結果 フォレストページ

携帯 小説

ケータイ小説の閲覧によく使われる携帯電話(参考写真) ケータイ小説(ケータイしょうせつ)とは、携帯電話(特に)を使用して執筆し閲覧される(、)である。 を用いて執筆されることもあるが、多くは携帯電話を使用して執筆され 、一般のウェブサイトではなく携帯電話用のサイト()上で公開される。 (以下「ネット」)上のなどにおいて発表されるの一形態であるが、媒体の違いから明確に区別される。 ウェブ上に公開されることに変わりはないので、多くのケータイ小説サイトは携帯電話以外からのアクセスも可能である。 携帯電話からのブラウジングを明確に意識した小説を、独自に発表したという意味においてが祖であると言われる。 ケータイ小説はに誕生したとして注目され、・・・・など各種方面から言及された。 発生から現状までの経緯 [ ] 発生以前のネット上の小説 [ ] にが普及して以降、アマチュアの作家が自身の執筆した作品をオンライン上で公開するというジャンルが誕生し、一般の書き手(アマチュア作家)による投稿(発表)と読み手からの感想・批評が相互に行われた。 パソコン通信のブームが去った後は、ネット上のにその舞台が移った。 しかし、PCサイトでのオンライン小説から、後述のケータイ小説書籍のヒットに匹敵するような爆発的なブームは起こらなかった。 ケータイ小説の誕生 [ ] 21世紀になってから(2001年以降)は、携帯電話による通信が生活に密着したレベルで飛躍的に普及し、さらにインターネット接続機能の一般化によって、場所や時間を選ばずに行われる様々な世代による電子コミュニケーションが可能となった。 特に日本の若年者層においては、生まれながらに高度に発達した"ケータイ環境"が存在するようになった。 そのような中で、「ケータイ」で表現し「ケータイ」で読むというケータイ小説が受容されていくようになる。 PCに比べ、オペレーションには制約制限が伴う携帯電話だが、携帯から利用できるSNSやブログの登場といった、若年層を中心に広がる携帯電話コミュニティ文化の興隆、およびのブック機能にみられるような入力支援機能などの実装が一助となった。 ケータイ小説の始祖ともいえるのがが個人サイト上で連載していた『』であり、これが出版・シリーズ化されベストセラーとなった2002年から2005年頃までが「第一次ケータイ小説ブーム」とされる。 2003年から2004年にかけては、「ケータイ小説の女王」ともいわれるプロ作家のによる『いじわるペニス』『ラブ・リンク』がケータイ小説として有料配信され、ヒットしている。 ケータイ小説のブーム [ ] その後、無料ホームページ作成サイトの上での素人による小説投稿のブームが発生し、そこからの『』を皮切りに美嘉の『』やの『』といった作品が人気となり、やはり書籍化されるとベストセラーとなった(魔法のiらんどへのアクセスが急増した背景には、当時制が普及したことがあると考えられる )。 これらのように、実話を元にしたとされる素人によるケータイ小説は「リアル系」・「実話系」・「素人系」ケータイ小説などと呼ばれ 、ケータイ小説を巡る言説では、リアル系ケータイ小説のことを単にケータイ小説と呼んでいることが多々ある。 また『恋空』は化作品もヒットした。 これが2006年以降の 第二次ケータイ小説ブームとされる。 2007年の調べの文芸書のベストセラーランキングではトップ3をケータイ小説書籍が独占し、トップ10の中にも5作品が食い込んでいる。 ケータイ小説がブームになった頃は実際だれが愛読しているのかはっきりせず、の文脈において「統計上は大ヒットしているが売れているという実感の伴わない商品」の例として挙げられたこともある。 ケータイ小説ブームのきっかけをつくった作品は『Deep Love』といえるが、この作品の当時の読者とその後ブレイクしたリアル系ケータイ小説書籍の読者層はリンクしていないと見る編集者もいる。 また、『Deep Love』の作者であるYoshiは男性作家であり「ふだんあまり小説を読む習慣がない10代」を読者として想定し戦略的に執筆を行ったが、その後のリアル系ケータイ小説の作家は大半が女性であり、「書きたい、読んでもらいたい」といった純粋な動機から執筆をしており戦略的な意図をもっていないケースが多い。 ケータイ小説の流行がはじまったころは文壇からは黙殺された状態で、情報誌に特集が組まれる程度であったが、ケータイ小説の書籍化作品が売り上げランキングで上位を占め無視できない存在になると、『』で座談会が組まれるなど文壇からケータイ小説への言及がはじまった。 そしてその後、インターネット上などで識者・インテリ層を中心にバッシングがおこった。 ケータイ小説に対する批判の主な内容は、短絡的・類型的なストーリー展開、語彙の少なさや文章表現の稚拙さ、投稿される際の推敲の不十分さ、安易な性的・暴力的描写などである。 小説家・著述家のは、文学において新しいジャンルが興隆したとき、「まず黙殺し、次に否定し、そのあと制度内にそのジャンルを取り込もうとする」という、かつてやが辿ったのと同じ流れをケータイ小説はなぞりつつあるし、ケータイ小説についても「制度への取り込み」が始まる可能性を示唆した。 ブーム以降 [ ] 2008年からは紀伊国屋書店年間ベストセラーランキングのトップ100にも入らない作品が増えたため、ブームは過ぎたと見る向きもある。 『』のは、そもそもブームは一時的なものなので1、2年たてば、市場が冷めてくるのは当然であると述べた。 永江はブームは過ぎた要因はいくつかあるが、中でも読者対象であった女子中高生に飽きられたことが大きいと分析している。 話題性から1冊は購入してみたものの、それ以上何冊も買って読むには至らず、リピーターを生むような引き付け方が出来なかった。 結果、マーケティング全体に行き渡ったところで、ブームが終わった。 しかし、ブームが去った後もケータイ小説を原作とした映像作品は次々に制作されているため、ブームの再燃を期待する声も業界内にはあり、今後もこの市場の動向は注目すべきだろうとしている。 ケータイ小説書籍の売り上げが2008年から落ちているのは、魅力的な作品がほぼ出版されつくしたからだという意見もある。 ブームが沈静化したこの2008年頃から、ケータイ小説に言及する書籍や論文が増え始め 、ケータイ小説を新しい文学の波として賞賛・歓迎するような言説もみられるようになる。 ただし、日本文化研究者のは、ケータイ小説が新たなリアリズムを表現しているといった主張は誤りであり、から派生したルポルタージュ小説の存在などを考えればわかるように、過去にも自身の新しさを強調して登場したリアリズムが存在したことを忘れていると述べている。 その後、ケータイ小説が議論の俎上に載せられること自体も減少していったが、ジャンルとして消滅したわけではなく、地方を中心にその市場は依然として残っている。 ブーム沈静化以降は、実話テイストのあるリアル系作品よりも的な感性のもの(あるいはもの )の割合が増えており、主人公の少女が「俺様系王子」や「不良男子」に助けられて付き合い始めるといった作品がケータイ小説サイトのランキングに頻繁に入るようになっている。 2011年頃になると、高機能携帯電話の普及に伴って スマホ小説が徐々に浸透している。 ケータイ小説と同様に素人による作品投稿が大部分を占める。 ケータイ小説では、するように従来の携帯電話(いわゆる)の比較的小さなディスプレイでの表示を前提とした簡素な文体になっていることが多いが、より大きなディスプレイを備えたスマートフォン向けのスマホ小説ではそういった制約が無いため表現の幅が広がっている。 ただスマホへの移行に伴い、従来から存在するPCベースの(等)との境界が消滅しつつあることから、ジャンルとしての「ケータイ小説」は衰退し、最終的にに吸収されるという見方もある が、4月24日にが運営するコミックアプリ内にてケータイ小説とをミックスしたハイブリッドスタイルの『 comicoノベル』といった形で再び日の目を見ており、いまだに健在の小説の形態であることが伺える。 しかし、ブームの時のように、書籍化されるほどの人気は得られていないようだ。 ネットメディアは、ケータイ小説が急速に廃れた背景として、「代用品」がたくさん生まれた点を挙げている。 例えば「」、「」のようなアイドルグループや「」、「」といったダンスグループ、という新しい音楽ジャンルなど、ケータイ小説に大きな影響を与えたに代わる若者のカリスマの出現、「」などである。 は上記のねとらぼなど急速に廃れたとすることに反論する形でブームは完全に終わりミリオンヒットが今後出る可能性も低いが 、2017年時点の魔法のiらんどの月間ページビューは15億で小説家になろうと同等で書籍化も毎月一定量行われていることから廃れたり風前の灯火とする論調を否定、簡単に過去のものとなったとする風潮になってしまうのは年齢を重ねて対象年齢より上になり関心が下がった、視界に入らざるを得ないほどの物量で見かけることはさっぱりなくなった、ねとらぼでは東京都内の女子高生に読んでもらって感想を聞いているが読者層は他の都会ではない地域に住む人たちでオンラインで面白い小説を広めたりしないことを挙げてブームは終わったが内容の質は過去より上昇して定着した文化になったとした。 ケータイ小説の特徴 [ ] 文体の特徴 [ ] ケータイ小説を語る上では、しばしば内容だけでなくその文体が関心の的となる。 ケータイ小説の文体には、以下のような特徴が見られる。 が多い• 一文一文が短い• 会話が多い• である• 情景描写・心理描写が少ない• ・・半音(「ゎ」など)の使用• 主人公の主観視点 ・的記述 改行を多用することにより余白が多く生まれることになるが、これは実際にケータイの画面上で読んでいるときのスクロール速度を想定して適当な「間」をつくるために行われている。 場合によっては空白のページを1つ挟むこともある。 文章の末尾に句点をつけず、改行やスペースによって文章の区切りを示すこともしばしば行われるが、これは歌詞や漫画のふきだしでの表記でみられるもので、ケータイ小説の文体はこれらから影響を受けている面がある。 中にはが使われる作品も存在するが、ケータイ小説全体の中ではそれほど多くは使用されていない。 これらの文体上の特徴のうち横書きであったり文章が短いといった部分は携帯電話というデバイスの特性によるものであり、会話ばかりで描写が浅いといった部分は若年の素人の書き手が直接サイト上に投稿するシステムの特性によるものである。 は日本の名作文学を横書きにするなどケータイ小説に近い文体に直して出版している。 評論家のによると、上でもケータイ小説の文体を模倣する遊びが行われることがあるなど、既存の物語に対する変換装置として文体が機能しているともいえる。 ケータイ小説の文体は、日本語の可塑性の高さの極限を表しているとみることもできる。 後述するように、人気が出た作品は書籍化されることもある。 この場合、日本語の出版小説の一般的な体裁(・右開き)をとらずに、で左開きという特殊な体裁(ノートと同じ)で出版される。 ただし、書籍化するときに縦書きに直すことを望む著者もおり 、実際、例えば『』『』のように縦書きで書籍化・出版されるケースもある。 内容の特徴 [ ] ジャンルとしては・・・・・ など多岐にわたるが 、特に少女を主人公としたが多くを占める。 特にリアル系ケータイ小説では悲劇的な出来事が矢継ぎ早に主人公の少女に襲い掛かるものが多い。 その悲劇的な出来事として、のは「、裏切り、()、、、、病気、恋人の死、自殺未遂、」を挙げている。 は、リアル系ケータイ小説でしばしば題材として描かれる()・レイプ・妊娠・薬物・不治の病(や)・・真実の愛の7つを「ケータイ小説七つの大罪」と呼んでいる。 実際、ケータイ小説がヒットするきっかけとなったの『』では、これらの大罪全てが描かれている。 「七つの大罪」について、ライターのはこれら大罪の中に明らかに()が漏れていると指摘し、援助交際・妊娠・薬物・不治の病よりもDVのほうがケータイ小説には頻繁に登場しており、例えば『』や『』の主人公と恋人の間の関係にデートDVの構造が見て取れると述べている。 のもケータイ小説・などのギャル層が好むコンテンツにDV描写が多いことを指摘している。 書評家のはケータイ小説における『1年間ほどにおける語りのの恋愛、失恋、性交、妊娠、レイプ、、中絶、自殺未遂()、不治の病、動物、死』という詰め込み展開のパターンを コンデンスライフ(濃縮人生)と批判的に呼んでいる。 のは、ケータイ小説における羅列的に連続する悲劇を、これが現実なんだとリアルさを実感させるものという意味で「現実」と表現し、従来の「現実から逃げる」という形での現実逃避ではなく「想像された「現実」へ逃げる」という形での新しい現実逃避が起こっているのだとみている。 また、これらの悲劇は哲学者のが提唱した「新しい傷」に相当するものともいえると指摘し、物語的想像力を失った現代を象徴する現象の1つとみている。 現代社会の負の側面を映し出すような壮絶な事件の連続の最後にはヒロインが真実の愛に目覚めて救済されることによって物語を終えることが多く 、ケータイ小説は映画『』や『』のヒットに代表される「」のひとつ(純愛小説)であるとも考えられる。 また、レイプや援助交際のような性的描写がケータイ小説の特徴としてよく挙げられるが 、こういった描写の占める割合はケータイ小説全体では下がっている。 その背景には、ケータイ小説書籍の購入層には実際に小説を読む中高生の母親が多く含まれており、過激な性描写を多くするとそういった層へのイメージが悪くなることもあると考えられる。 ケータイ小説の中には、ケータイ世代の読者にやの正しい知識を身につけてもらうための、産婦人科医が執筆した「教育的」な作品も存在する。 強姦や妊娠などが描写される背景として、ヒットした当時の若者の性関係の実態を反映したものであると指摘されることもある。 このほか、文学研究者のは、リアル系ケータイ小説においてレイプされた女性が自分を「汚れている」と感じることや、男性が女性に愛の告白をすることが重要な意味を持つなどの特徴の大枠をの構図で説明できるとしている。 は、ケータイ小説全般において「負債と償却のサイクル」(起こった出来事やしたことのツケを支払わなければならないということ)をモチーフとした作品が多いと述べており、その例として『』『』『』を挙げている。 ケータイ小説論はの問題と切り離せないものとしばしば指摘され 、ケータイ小説の作品内でも物語のプロットを進行させるアイテムとして携帯電話を中心に・など様々なコミュニケーションツールが用いられている (速水健朗は、リアル系ケータイ小説全般においては『』での・『恋空』での闘病ノートといった旧来的なメディアが重要な鍵として扱われていることが多いことを指摘している )。 現代の若者が(特に携帯電話のメールを通じて)行うコミュニケーションは、情報の意味内容の交換というより相手とつながること自体を目的とした形式的・接続志向のものであると論じられるが 、ケータイ小説の内部で登場人物たちが交わすコミュニケーションの様式もこれにあてはまったものとなっている。 そして批評家のは、『』を例にとって、そこには通常のストーリーの水準のリアリズムではなく、登場人物が行う形式的な携帯電話の操作ログの集積という形でのリアリズムが存在すると述べている。 ブームが既に去った2017年時点では上記のDV、性犯罪や死がよくある要素ではなくなり主流の1つとして「暴走族と姫」が挙げられ 、女子中高生の家庭や学校に居場所のないヒロイン、関東や全国ナンバーワン暴走族で族幹部はみんなイケメンで熱狂的ファンもいる町のアイドルのような存在でリーダーの彼女となって姫と呼ばれ、彼から溺愛され他のメンバーからは奉仕を受ける存在だというタイプが2009年頃から大きく増え、実話告白タイプより妄想全開のシンデレラストーリータイプの方が支持を受けやすくなり 、姫ジャンルの誕生は09年頃に暴走族総長の彼女を姫と呼ぶ作品が魔法のiらんどで大ヒットして書籍化されたことがきっかけであるとみられている。 小池未樹はブームが去って以降は切ない実話タイプでは全く受けず、魔法のiらんどや野いちごに恋空、赤い糸のような作品は皆無でヒロインが男を乗り換えたりレイプや流産、最愛の相手との死別のような波乱万丈ストーリーがアピールされることはまずなく、溺愛されて悲惨な実話と謳わず非現実的な上に激甘なフィクションの方がずっと受けているが 、七つの大罪と呼ばれた要素が消えたわけではなく甘さや幸福も確保しつつ虐待や売春、重いいじめなどエグさを詰め込んでいる作品は多く、薬物や不治の病はあまりにも未来に禍根を残し過ぎる溺愛を妨げるため排除され、死などの本格的な悲劇はなくなるも大罪は残ったとしている。 また、本田の提唱する七つの大罪のうち自殺は自殺未遂を含み、真実の愛はヒロインによる自己完結的な愛の誓いと言い換えた方が本田が言うニュアンスとして正確かもしれないとする。 執筆過程での特徴 [ ] ケータイ小説が執筆される過程には、双方向性という特徴がある。 すなわち、携帯電話用の小説投稿サイト上での連載中に、読者から作家へ感想などが届き、それに対して作家がその後の物語の展開を変えるなどの反応をするといったふうに、作家と読者の間に直接的な交流が生まれる。 このことは、後述するケータイ小説の持つ「リアル」「リアリティ」といった問題とも深く関わっている。 読者から直接的に反応を受け取ることができるということが作家にとって執筆の強い動機付けとなる反面 、人気ランキングで上位に入る小説を連載していたにもかかわらず、内容に読者からの批判が集まったことがきっかけで執筆を途中で断念してしまうようなケースもある。 のは、ケータイ小説の執筆過程における双方向性をふまえると、ケータイ小説家の役割とは若い女性の間での無意識をとしてすくい上げてメディア化することだと述べている。 ケータイ小説以外で、ネット上での書き手・読み手の相互作用により作品が成立した例としては、2004年に書籍化された『』がある(このような作品はといわれる)。 ただし、『電車男』は実際の掲示板上での書き込みを出版社側が適当に取捨選択し編集して感動的な純愛物語に仕立て上げたのに対し、ケータイ小説は書籍化される際も元のテイストをなるべく維持するように配慮されている点が異なる。 リアル・リアリティ [ ] ケータイ小説を語る上で、「」「」といった言葉が頻繁に用いられている。 前述のようにリアル系ケータイ小説の内容は主人公の女性に不幸な出来事が連続的に降りかかるものが多く、一般的な大人の感覚からすれば非現実的な「リアリティの無い話」のように感じられるが、読者からはケータイ小説の魅力は実話をベースとした「リアル」な話であることだとされている。 つまり、ケータイ小説は一部の読者層にのみ共有されるような「限定的なリアル」によって成り立っているのだと説明されることもある。 は、ケータイ小説における「リアル」について、それは単に「実話である」と謳うか謳わないかというだけのことであるとしている。 実際、例えば『』の著者のYoshiは、作品の一部を読者からもらったメールを元に構成したとしており、『』や『』・『』でも「フィクションである」という断りをいれながらもそれぞれ「実話を元にした」「本当の話でもある」「わたしの体験談である」ような物語であるとされている(『恋空』や『赤い糸』の主人公の名前はそれぞれ美嘉・芽衣であるが、作者のペンネームはそれと同じ美嘉・となっている)。 そのため、そういったケータイ小説は(作者の実体験を題材とする小説)であると考えることもできるが 、私小説は作者の実体験がモデルであったとしても作者と主人公は別の視点に切り離されて読まれるという前提があるのに対し、ケータイ小説では前述のように作者名と同一の名前の主人公が設定されていることがあり、私小説とも異なる印象を与える面がある。 『恋空』のように、事実であるとうたわれているにもかかわらず作品中に不合理な点があるとして、その真実性を疑問視されて批判が行われることもあり 、これも従来の小説では考えられないことである。 ケータイ小説が「実話をベースにした作品」と称して発表されることが多い背景には、などの携帯用ホームページ作成サイトには日記投稿機能と小説投稿機能の両方があり、の延長として小説をかくという面があると考えられる。 多くのケータイ小説家は同様にはじめは小説を書くというより自分の体験を日記に書き留めていくような感覚で執筆したと述べている。 児童文学評論家のによると、ケータイ小説が誕生し受け入れられていった背景として、末の「リアル系」というジャンルが挙げられるという。 これはの『十七歳』などをきっかけとして生まれた、10代の作者が半生をつづった作品である。 また、1990年代後半以降には、の『』やの『だから、あなたも生きぬいて』のように、十代の頃の過酷な生い立ちを大人が振り返って告白する自伝がベストセラーとなっており、ケータイ小説と似たような傾向が見られる。 は、リアル系ケータイ小説が少女に「リアル」と受け止められる理由を次のように説明している。 それによると、リアル系ケータイ小説の内容・文体の特徴の多くは例えば1966年創刊の雑誌『』などに掲載されていた少女向け小説ですでに見られるものであり、リアル系ケータイ小説にみられる「(内容・文体ともに)社会的に正しくない」という特徴以外は新しいものではない。 これによって従来では修正を余儀なくされていた「社会的に正しくない」ような内容や文体が出現し、大人が押し付ける社会的な正しさが剥奪されたことによって、少女たちにとっての「リアルさ」が保障されたのだという。 郊外文化としてのケータイ小説 [ ] 幅広い年齢層に支持されるベストセラー作家の本が主に都心で消費されるのと対照的に、リアル系ケータイ小説は地方都市やを中心に消費されている。 は、取材の結果、都市型の大型書店ではケータイ小説専門の棚を設けているケースは少なかったが、郊外の大型ではそういった棚を設けていることが多く、そこがケータイ小説市場を支える本丸であるとしている。 そして、ケータイ小説のヒットの背景として、からにかけての書店の(出版業界におけるのいう「」)があるとしている。 ケータイ小説の物語の中でも、(を舞台とした『』のような例外はあるが)多くの場合作品舞台はではなく地方都市に設定されており、進学や就職の際に上京するという選択肢がないことが多い。 ケータイ小説が地方で売れる理由として、は3つの理由を挙げている。 1つは後述するように携帯電話を持っていない中学生の層が地方に多いこと、そしてあとの2つは「出版社が文芸書を首都圏に大量供給し、売れ残りを地方に送るという流通システム」と「地方のほうが恋愛信仰が根強いこと」であるとしている。 中高生があまり利用しないなどのネット書店ではケータイ小説書籍はあまり売れない。 Amazonのサイト上では、ベストセラーケータイ小説の『恋空』のページのカスタマーレビュー欄に、から誘導されたと思われるユーザーによる批判のレビューが殺到してするという事態も発生している。 著名人の意見 [ ] ケータイ小説は文学か [ ] 「ケータイ小説はか」といったことが議論の対象となることがある。 は、そもそも「文学とはなにか」の定義が困難である以上、ケータイ小説が文学か否かという議論はほぼ無意味であるとした上で、「文学として社会に認められているか」という点については、出版業界から文学として扱われてはいるものの、(2008年時点で)まだ社会から認められたとはいいがたい状況だと述べている。 は、ケータイ小説はであって制度側・権威側という意味での「文学」とは明確に異なるという意味で、「ケータイ小説は文学ではない」と述べている。 「」編成部長のは、ケータイ小説が文学といえるかどうかはわからないとしながらも、ケータイ小説を生み出した世代は携帯電話をコミュニケーションツールとして使いこなしており、そういったコミュニケーションも文学の形としてありえるのではないかと述べている。 ヒットの理由・背景 [ ] ケータイ小説がヒットした理由を、は次のように分析している。 しかし、例えばなどの多くが東京を舞台としており、地方都市の少女は自分が共感できるような物語を既存の文学の中からは得られなかった。 そこへだれもが簡単に「自分の物語」を発表したりそこにアクセスしたりできる携帯電話というツールが登場したことによって、需要と供給が一致し、ケータイ小説の市場が成立したのだという(ケータイ小説は前述のように主に地方都市で消費されている)。 評論家のは、ケータイ小説の発生の背景にはの定めたに依存する「」という大きな物語の失効があるという。 それによっては衰退し、文体の代わりにの肥大化によって強度を獲得したものがであり、の肥大化によって強度を獲得したのがケータイ小説だと考えられる。 批評家のは、ケータイ小説のヒットはライトノベルのそれと同様に「新たな読者層の発見」にすぎないとしている。 にはオタクは本を読まないと出版業界でささやかれていたにもかかわらずライトノベルのヒットによりそうではないとわかったように、ケータイ小説の主な読者層(広義の層)はそれまではあまり小説を書いたり読んだりしないと考えられていたが、携帯電話という技術改革によって条件が揃ったことによりそういった層が文学の新しい市場として再発見されたのだという。 のは、『』などのケータイ小説がヒットした背景には、若い女性の間で人間関係に対する「願望水準」が低下し、濃密な人間関係が描かれた従来の文学作品には共感できなくなってしまったことがあると指摘し、かけがえのない関係性が描かれず登場人物が交換可能なとしてしか扱われていないケータイ小説を批判している。 小説家・劇作家のはケータイ小説・(発)が生まれた背景には読み手が書き手の才能を見抜けなくなっている実際があるとしている。 「表面的に似ていても本質的にレベルの違う作品の区別がつけられず、自分でも簡単に書けると思って(錯覚して)しまった。 だから・ケータイ小説が生まれた」と発言している。 また、背景を考えれば当然の流れだとも発言している。 その他 [ ] のは、ケータイ小説をに喩えて、ここから新しい文学は生まれず、少女たちに消費されるだけのものとした。 は、自身が名誉実行委員長を務めた第3回授賞式にて、同委員長を務めるに当たって「ケータイ小説は日本の文学を悪くすると言われていますが、読まれているのには理由があるはず。 なぜ読まれるのか知りたくて書いてみた」と語り、自ら筆名「ぱーぷる」で『あしたの虹』をにて連載したことを明らかにした。 は、ケータイ小説にジャンルとして一定の強度があると認めながらも、リアル系ケータイ小説はどの作品も最終的には「真実の愛」を見出して結末を迎えるというところに弱さがあり、大人から与えられた道徳という枠組みの中でしか描いていないため新しい物語をつくりだしてはいないとしている。 小説家のは、ケータイ小説の文体を「一行ごとのテンポ感は、小説というより、マンガの一コマを思わせるところがある。 (中略)いずれにせよ、何らかの形で文壇にデビューした作家が、編集作業を経て本を出版するシステムでは流通し得なかった文体であり、面食らった否定的な意見が多く聞かれたが、この文体だからこそ成功したコミュニケーション空間が、今の社会には存在するという事実は誰にも否定できないだろう」 と述べている。 映画プロデューサーのはとは連動していると考えているが、映画の質の低下は文学の世界を見ても分かるという。 「はほとんど読まれなくなって、売れるのは『』『』やケータイ小説のような「これが小説なのか」と思ってしまうものばかりだ」と発言している。 は、近代とは「自他の区別」を重視する世界であり、近代の小説がこの枠組みの中で書かれてきたのであるとした上で、その「自他の区別」の消滅への願望が特徴的に見られるのがケータイ小説であり、そこでは「『作者』を、他の存在から区別して見出すことができない」と評した。 若年層の教育への影響 [ ] 本を読まない・読んだことの少ない世代(主に中高生)にとっては手を出し易く、支持を受けることが多いとされる。 また、ケータイ小説を読むことから発展し、を防いで文章を読ませたり文芸への興味を湧かせたりすることを期待されているふしがある。 学校教育の場では、朝の授業前に読書の時間を設定している場合があり、そのときにケータイ小説の書籍版がしばしば持ち込まれている。 全国学校図書協議会の調査では、2007年の小中学生の一ヶ月の読書の量は調査を始めた1955年から過去最高に増加している。 しかし女子中学生の読む本の上位10位のうち9点がケータイ小説であり、「ケータイ小説から卒業できない」との現場の教師からの声があるほか 、ケータイ小説書籍を買う人がの棚をみることはあっても一般の文芸書の棚には興味を示さないという書店員の声もある。 また、過激な内容にもかかわらずケータイ小説をに入れたり教師が課題図書として指定することを疑問視されることもある。 日本近代文学を専門とするは、ケータイ小説は実話を元にした話として発表され読者もその前提で読む慣習ができていること(の節を参照)などからそれはもはや「小説」とはいえないとし、を教材にすることはできてもケータイ小説を教材とすることはほぼ不可能であると述べている。 しかし、ケータイ小説が登場した当初に実話を下敷きにした作品という触れ込みによって普及した側面はあるが、現在のケータイ小説の分野ではそういった作品は減少傾向であり、フィクションの一分野として発展を遂げているようだ。 メディアミックス [ ] 書籍化 [ ] 2002年にの『Deep Loveアユの物語』がケータイ小説として初めて書籍化されから刊行、シリーズは2007年2月の時点で計270万部の大ヒットとなった。 2003年から2005年までは年に4点程度刊行されたが、2005年10月に刊行されたの『』の大ヒット以降、扱う出版社も増え、など純文学の賞を主催する出版社からも刊行されている。 の集計によると、2006年には22点、2007年には98点の新刊が刊行された。 2007年には無名の新人でも初版が5万部から10万部が相場となった。 最初にケータイ小説を書籍化してヒットさせたは当時は小さな出版社にずきなかった。 当初はもともとネット上で無料で読めてしまうケータイ小説を書籍化しても大ヒットにはならないだろう思われていたが、実際には前述のようにヒットとなった。 これについて、もともとネット上でその小説を愛読していた人が、あらためてファンアイテムとして書籍版も購入しているのだという見方がある 一方、携帯電話を所持していないため携帯電話では読めない地方の女子中学生がケータイ小説書籍を買っているのだという見方もある。 実際、ケータイ小説書籍は前述のように地方都市で主に売れており、主な購入層は女子中学生(またはその母親)である。 また、携帯電話の所有率は都市部より地方の方が低いとされている。 ケータイ小説が書籍化される際には、横書きであることや空行が多いなどのケータイ小説特有の文体のテイストがなるべく維持されるように配慮されることが多く、過剰な余白を削減するなどの編集を行うとファンから苦情が寄せられることもあるとされる。 東京大学情報理工学系研究科の田中久美子は、ケータイ小説において言語表現はその一部分でしかなく、例えばケータイ画面上での背景・の色や種類などを含めた空間全体の表現の総体がケータイ小説であるとし、書籍化されて紙媒体となった時点でケータイ小説とは呼べないと述べている。 も同様に、ケータイ小説は「ケータイで読む」という行為が重要であり、書籍版ではケータイ小説とはいえないと述べている。 こういった意見について石原千秋は、ケータイ小説を携帯電話上で読むのと書籍が読むのとでイメージが異なることを認めつつも、携帯電話で読むことを読者に強いるような原理主義を批判し、最初に発表されたときの形態に固執するならばという出版形態まで否定することになると述べている。 文芸小説は実際に出してみないと売れるかどうかわからない面が大きいが、ケータイ小説の場合は書籍化する前に携帯サイト上での読者数の多さによってある程度売り上げが予測できるという面があるのも特徴であり 、ブームの頃はケータイ小説を書籍化すればサイトアクセス数の1割程度の売り上げが期待できると考えられていた。 しかし、2008年頃からは書籍の売り上げと閲覧数が比例しなくなってきている。 ファンアイテム的に購入されることもあって装丁はハードカバーでしっかりしたものが多いが、ブーム以降は(非リアル系のライトな作風のものを中心として)文庫本の形で販売されるケースも多くなっている。 作品によっては化されるものもある(『』・『』など)。 批評家のは、ケータイ小説はプロットが純化されているだけに、適当な演出を与えて漫画化されることによって原作以上に面白い作品になりうると述べている。 映像化 [ ] エピソードの羅列的なケータイ小説を映像化するのは難しいと考えられるが、『』が2007年に化されて予想を上回るヒットを記録したことから、ケータイ小説は映像業界からも注目を集めた。 ただし、ケータイ小説書籍では複数作品が記録的なヒットとなったのに対し、ケータイ小説を原作とする映画作品で大ヒットしたのは『恋空』1本のみであると指摘されることもある。 『恋空』のほかにも『』『赤い糸』『』など多くの作品が実写映画化・化されている。 また、実写映画化は前述のとおりよく行われていたが、2010年代後半から化もされるようになった。 『』や『』など、ジャンルは、恋愛をメインに扱った作品はなくやに傾向が偏っている。 しかも、『カラダ探し』はコミカライズのアニメ化であるため、厳密な意味でケータイ小説のアニメであるとは呼びづらいといえる。 ゲーム化 [ ] 用のゲームとしてゲームソフト『みんなで読書 携帯小説ですぅ〜』が用と(こちらは『みんなで読書DS 携帯小説ですぅ〜』)用に2008年に発売されている。 メディアミックスの一環としては『赤い糸』がニンテンドーDS用にマルチエンディングの『赤い糸 DS』『赤い糸 destiny DS』を発売している。 ケータイ小説の化は少ない。 しかし、これら以外にでプレイできるがいくつかある。 2009年に『』がプレーヤーの行動によってストーリーが分岐し、原作にはないエピソードなども用意されるを配信、2010年に『ワイルドビースト』が原作者の書き下ろしストーリーで登場人物のひとりとの恋愛シミュレーションゲームを配信(ネイティブアプリ)。 2010年に恋愛シミュレーションゲーム『2』がとで、2011年に『わたし専属! 』がGREEで、同年にはソーシャルノベルゲーム『天使の恋』がGREEとMobageにて利用可能だった(ブラウザゲーム)。 恋愛シミュレーションゲームとしては2013年に『家政婦さんっ! 』でネイティブアプリのゲームが配信。 恋愛色の少ない作品では、カードバトルを目的とした化されており、『』(2011年)、『サバンナゲーム』(2013年)といった作品で行われた。 日本国外での動向 [ ] 2008年4月に『』で発表された学際情報学府の金ヨニの論文 によると、ネット上で連載・公開されるという文化は日本国外にも存在するが、携帯電話によって執筆・公開されその後も携帯電話用のコミュニティによって支えられる、というような日本発祥のケータイ小説に相当するジャンルは日本国外ではあまりみられないとされる。 同論文では、日本と同様に携帯電話の普及率が高いやでも日本のケータイ小説に相当するジャンルが存在しないことから、携帯電話の普及率の問題だけでは日本のみでブームとなっている現象を説明できないとしている。 そして、韓国では携帯電話というツールが「コミュニケーションの回路を開けるため」に使用されているのに対し、日本ではそれが「公共空間で自分の世界を創るため」に使用されている側面があり、それがケータイ小説の持つ「個人の内面化された世界」という小説の構造と一致していることが背景にあるのではないかと分析している。 では、2009年に『Kontax』というケータイ小説が流行し、若年層のを向上させる効果が期待されるということがあった。 ケータイ小説賞 [ ] 2006年、日本国内で初めてのケータイ小説を対象としたとして、「」が設立された。 第1回は・・の3社での主催であったが、2007年の第2回以降は魔法のiらんどが主催から外れ、独自に「魔法のiらんど大賞」 を設立し、これら2つの賞は2010年現在まで続いている。 ケータイ小説の多くの作品が書籍化に至った。 ケータイ小説サイト [ ] ケータイ小説は、以下のようなケータイ小説サイトや作成サービス・のサイトのBOOK機能を使って執筆される(括弧内は運営会社名)。 「しおり」機能が搭載されているサイトも多く、その機能を使えば何ページまで小説を読んだかを記録しておくことができる。 BOOK機能は必ずしもケータイ小説の執筆に使われるとは限らず、他の目的(の作成など)に用いられることもある (プロフィールを近況報告に用いるなど、ケータイサイトの機能が設計されたときの想定と違う目的で用いられるようになる現象はしばしばみられる )。 のによると、初頭から台頭し始めた(によるサークル)はサークルのホームページをケータイ小説サイト上に設置しているという。 利用者の男女別では、男性は・女性はを使っている人が多い。 2007年ぐらいまでケータイ小説のブーム以降、年少者のケータイサイトへのアクセスの制限が強まる傾向にあるため、ネット上ではなく書籍版を買う形での消費に移行する傾向がある。 (パピレス)• (魔法のiらんど)• (・)• (フェイス・ワンダーワークス)• (ビジュアルワークス)• (、現在閉鎖 )• () ケータイ小説家 [ ] ケータイ小説の作家のことを ケータイ小説家という。 ほとんどのライターがで、プロフィールはあまり公開されない。 ケータイ小説家は、実話をもとにした作品を発表することが多いこともあり、あまりメディアに顔を出さない傾向にある。 特にケータイ小説家の多くが苗字を欠いた名前だけのハンドルネームを使用しており、社会学者のはこの理由について、ケータイ小説家は(従来の文学作品のように)社会に対して何らかの価値観や意義を提示しようとするのではなく、自身と近しい感性のひとだけを想定して作品を発信している意識の現われであると説明している。 小説家のは、やなどネットでの創作活動を通して、小説家が現われることはないと考えている。 そして「あの発表形式がお手軽に自己顕示欲を満たしてくれるから」、「うまく書いて感心させてやろうという意識には、結びつかず、私の書いていることに価値があるのだという意識に流れてしまう」と述べ、仮にベストセラーになる作品があっても、その著者が時の人になっても、小説雑誌から原稿依頼が舞い込むような本格的な小説家にはならないだろうし、本人もそれを望んでいるわけではないだろうと結論付けている。 も、そもそもケータイ小説家には作家になることを望んでいないものが多いとし、作家を生業とするつもりがなければ客観的にはであってもかまわないし、携帯電話というメディアがあれば新しい書き手は供給され続けると述べている。 前述()したように体験記・日記のような感覚が執筆する例が初期には多かったが、時間の経過につれて小説家になることを志望して執筆を行う傾向も生まれている。 主なケータイ小説家 [ ]• - 『イメクラの血液。 - 『』• - 『』• - 『』• - 『』『』• - 『』シリーズ• sin - 『』• タンジール() - 『』• - 『』『』• - 『』• - 『』• - 『』• - 『いじわるペニス』• - 『』• ぱーぷる() - 『あしたの虹』• - 『』シリーズ• - 『』『過去で君が待っている。 - 『』• - 『』• - 『』『』• - 『』• - 『』• - 『』 関連する文化 [ ] ライトノベルの作家でもあるは、ライトノベルとケータイ小説には「若年層に支持されている」「会話や擬音が多い」「字が少なく文が短い」などの共通点があるとしながらも(杉浦由美子は作者が顔を出さないことも共通点として指摘している )、両者は対極の位置にあるとも捉えられるとしている。 例えば、ライトノベルはの世界を舞台としその読者は虚構と現実の区別をつけながらもその空想の世界を享受しているが、リアル系ケータイ小説はファンタジー性を排した実話テイストの物語であり、大人からすれば非現実的な展開の物語であっても読者はそこに現実を重ねて読んでいるという。 評論家のは、ライトノベルがキャラクターを前面に押し出しているのに対し、ケータイ小説はの純度を高めたものだと対比している。 評論家のの場合は、ライトノベルはやはりキャラクター小説であり、ケータイ小説は物語もキャラクターも退化しているが、日常の会話ややりとりなどの細部のリアリティを追求したものだと説明している。 社会学者のは、「ベタな展開」をなるべく回避しようとするのがライトノベルであり、逆に「ベタな展開」を多く含むのがケータイ小説だと対比する。 なお、リアル系ケータイ小説のブーム以降は、ライトノベル的な設定のケータイ小説も増えており 、ライトノベルの携帯配信の動きから、境界線は曖昧になっている。 の歌詞 作家のは、ケータイ小説は既存の文学の代わりというよりJ-POPの代わりのような形で消費されていると述べている。 はリアル系ケータイ小説の文体の特徴のうち「回想的モノローグ」「固有名詞の欠如」「情景描写の欠如」の3つについて、これらはケータイ小説と同じく女子中高生から支持されている歌手であるの歌詞の特徴と共通していると分析し 、また多くのケータイ小説が持つ「回復」というモチーフ自体が、浜崎あゆみ自身の持つキャラクターと重なるとしている。 『』・『』・『』のように、タイトルが浜崎あゆみからの引用であるものもある。 鈴木謙介は、『赤い糸』にみられる「いろいろあって、いま」という独特な時間感覚は、やの歌詞に通じるものがあるとしている。 ケータイ小説には、少女漫画的な世界観を持つものも多い。 また、実話テイストのある悲劇的な展開という特徴がと類似するという指摘もある。 ケータイ小説の文体の特徴として一文一文が短いことが挙げられるが、これは少女漫画におけるモノローグを書き出しているととらえることもできる。 さらに、ケータイ小説における改行の多さから生まれる行間が、少女漫画における台詞と台詞との間に対応しているとみることもできる。 の『』のように雑誌とコラボレーションした作品もある。 ・ ケータイ小説のスタイルは昔話・説話に近いという指摘がしばしばなされる。 例えば昔話では「昔々、あるところにおじいさんとおばあさんが…」というように時間・空間・人格を具体的に明示しないことが多いが、これはケータイ小説における固有名詞がほとんど明示されないという文体上の特徴と符合する。 作家のは、ケータイ小説を小説ではなくに近いものとし、小説として批判したり新しい文学だと持ち上げたりするのは間違っていると述べている。 本田透はリアル系ケータイ小説のことを「現代が生み出した宗教的な民間説話」であると分析しており 、石原千秋はリアル系ケータイ小説に登場する、レイプされるなどしながらも男性遍歴を重ねていく少女のことをにおける貴種のようなものだと述べている。 雑誌の投稿欄 社会学者のは、レイプや妊娠といったエピソードの多いリアル系ケータイ小説と雑誌『』の読者投稿欄のエピソードの告白の類似性を指摘しており、速水健朗も雑誌『』におけるそれとの共通点を分析している。 杉浦由美子も、月刊誌『』などの読者投稿欄の流れの先にケータイ小説があるとし、ケータイ小説書籍を若い世代に買い与える母親の年齢層は当時の『ギャルズライフ』の読者層に相当するとしている。 ・ロマンス 速水健朗は、ケータイ小説とハーレクイン・ロマンスの連続性を指摘している。 それによると、携帯電話という新しいメディアやケータイ小説サイトというが用意されたことによって素人が執筆するケータイ小説というジャンルが勃興したのと同様に、ハーレクイン・ロマンスは家庭用が普及して小説執筆の障壁が下がったことによって誕生したものであり、どちらも新たなの登場によってこれまで作家になりえなかった層を執筆者として取り込むことによって成立した経緯が共通している。 また、物語の結末については、ハッピーエンドが終わるのがお約束となっているハーレクイン・ロマンスに対して悲劇的な結末の多いケータイ小説という意味では対照的であるが、恋人の死によって永遠の愛を手にすることができると考えれば両者は同じこと裏返しであると考えられる。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 『なぜケータイ小説は売れるのか』『ケータイ小説的。 ケータイ小説とこれらの文化との関係についてはの節も参照。 浅野智彦によれば、ケータイ小説がヒットした2006年頃、強姦・妊娠・中絶・性感染症といった性のトラブルが都内の中高生からの聞き取りで多発していたという。 のはこれをと呼んでいる。 を参照。 米光一成は「ケータイ小説の新しさと古くささ」(『國文學』2008年4月号)にて、「少女的リアル」「大人的リアル」と使い分けている。 を参照。 を参照。 出典 [ ]• 『なぜケータイ小説は売れるのか』62頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』30頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』20頁。 『ケータイ小説がウケる理由』49-50頁。 「ケータイ小説は『作家』を殺すか」『文學界』2008年1月号、194頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』21頁。 『ケータイ小説のリアル』23頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』21-23頁。 『ケータイ小説のリアル』34-35頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』154-169頁。 『子どものケータイ-危険な解放区』 、2010年、114-115頁。。 『なぜケータイ小説は売れるのか』188-192頁。 J-CASTニュース. 2009年2月. 120。 『ケータイ小説のリアル』68頁。 『ケータイ小説は文学か』9-10頁。 「クール・ジャパノロジーの不可能性と可能性」『日本的想像力の未来〜クール・ジャパノロジーの可能性』 、2010年、157頁。。 『』日経トレンディネット(2011年4月27日)• 『本当に怖い「ケータイ依存」から我が子を救う「親と子のルール」-最新ケータイトラブルの実例と解決策』、2009年、103頁。。 藤谷千明 「自分語りからキャラ萌えへ-『恋空』以降のケータイ小説の世界を探る」『PLANETS vol. 7』第二次惑星開発委員会、2010年、318-319頁。。 小林伸也「」 news(2011年10月27日)• 「」 smatcha(2011年8月2日)• - 週刊『フクダデスガ』・2011年1月23日• 2017年7月18日. wezzy. 2017年8月4日. wezzy. 2017年8月4日. 『神話が考える ネットワーク社会の文化論』 、2010年、187頁。。 佐野正弘 『大人が知らない携帯サイトの世界 登場したリアリズムが存在したことを忘れていると述べている• 「クール・ジャパノロジーの不可能性と可能性」『日本的想像力の未来〜PCとは全く違うもう1つのネット文化登場したリアリズムが存在したことを忘れていると述べている• 「クール・ジャパノロジーの不可能性と可能性」『日本的想像力の未来〜』 、2007年、93頁。。 『大人が知らない携帯サイトの世界 登場したリアリズムが存在したことを忘れていると述べている• 「クール・ジャパノロジーの不可能性と可能性」『日本的想像力の未来〜PCとは全く違うもう1つのネット文化登場したリアリズムが存在したことを忘れていると述べている• 「クール・ジャパノロジーの不可能性と可能性」『日本的想像力の未来〜』91頁。 」『』2007年7月号、211頁。 『大人が知らない携帯サイトの世界 登場したリアリズムが存在したことを忘れていると述べている• 「クール・ジャパノロジーの不可能性と可能性」『日本的想像力の未来〜PCとは全く違うもう1つのネット文化登場したリアリズムが存在したことを忘れていると述べている• 「クール・ジャパノロジーの不可能性と可能性」『日本的想像力の未来〜』92頁。 『ケータイ小説がウケる理由』120-122頁。 『ケータイ小説のリアル』50頁。 「ケータイ小説は『作家』を殺すか」『文學界』2008年1月号、201頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』206頁。 『ゼロ年代の想像力』 、2008年、47頁・310-311頁。。 『キャラ化するニッポン』 講談社、2007年、160-163頁。。 例えば『ケータイ名作文学・斜陽』(、2008年、)など。 『神話が考える ネットワーク社会の文化論』188頁。 「ホモ・エコノミクスの書く偽史」『〈vol. 3〉特集・アーキテクチャ』 、2009年、255頁。。 「ケータイ小説は『作家』を殺すか」『文學界』2008年1月号、191頁。 読売ウイークリー(2007年10月28日)• 米光一成 「ケータイ小説の新しさと古くささ」『國文學』2008年4月号、23頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』12-18頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』38頁・92頁。 『ケータイ小説的。 杉浦由美子 『101人の腐女子とイケメン王子 登場したリアリズムが存在したことを忘れていると述べている• 「クール・ジャパノロジーの不可能性と可能性」『日本的想像力の未来〜腐女子研究』 、2009年、185-188頁。。 『なぜケータイ小説は売れるのか』167頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』17頁。 森直人・前田智也・福田彩乃・宇野常寛 「惑星開発会議 愛のむきだし」『PLANETS vol. 6』2010年、273頁。 『シャカイ系の想像力(若者の気分)』 、2011年、9頁。。 『大人が知らない携帯サイトの世界 登場したリアリズムが存在したことを忘れていると述べている• 「クール・ジャパノロジーの不可能性と可能性」『日本的想像力の未来〜PCとは全く違うもう1つのネット文化登場したリアリズムが存在したことを忘れていると述べている• 「クール・ジャパノロジーの不可能性と可能性」『日本的想像力の未来〜』89-90頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』93-94頁。 『ケータイ小説のリアル』51-53頁。 『ケータイ小説がウケる理由』100-101頁。 『趣味縁からはじまる社会参加 (若者の気分)』 、2011年、25頁。。 『ケータイ小説は文学か』103-104頁。 『神話が考える ネットワーク社会の文化論』191-193頁。 『思想地図〈vol. 1〉特集・日本』 日本放送出版協会、2008年、428頁。。 3〉特集・アーキテクチャ』 、2009年、277頁。。 『ケータイ小説的。 濱野智史の情報環境研究ノート」. 2008年1月16日時点のよりアーカイブ。 2013年7月24日閲覧。 福嶋亮大「ホモ・エコノミクスの書く偽史」『〈vol. 3〉特集・アーキテクチャ』 日本放送出版協会、2009年、231頁。。 『ケータイ小説的。 『ケータイ小説的。 wezzy. 2017年8月6日. wezzy. 2017年8月6日. wezzy. 2017年8月6日. wezzy. 2017年11月24日. wezzy. 2017年11月24日. wezzy. 2017年11月24日. 『なぜケータイ小説は売れるのか』 36-37頁。 『ケータイ小説のリアル』40頁・67頁。 『ケータイ小説のリアル』201頁。 佐々木俊尚 CNET Japan(2007年12月20日)• 『ケータイ小説のリアル』31-33頁。 『ケータイ小説的。 『ケータイ小説がウケる理由』180頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』56-59頁。 『ケータイ小説は文学か』36頁・41-42頁。 『ケータイ小説的。 【A面】犬にかぶらせろ! (2007年11月28日)• 『ケータイ小説は文学か』39-41頁・58-59頁。 瀬戸内寂聴「ことばも流転する」『』• 『ケータイ小説のリアル』155-156頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』60頁。 『電子書籍の衝撃』 、2010年、213-124頁。。 『ケータイ小説的。 『ケータイ小説的。 米光一成 「ケータイ小説の新しさと古くささ」『國文學』2008年4月号、25-29頁。 『ケータイ小説的。 『なぜケータイ小説は売れるのか』85頁。 『ケータイ小説的。 『ケータイ小説的。 『ケータイ小説のリアル』58-62頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』84頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』169-170頁。 『ケータイ小説のリアル』25頁。 『ケータイ小説は文学か』17-19頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』184頁。 中村航・草野亜紀夫・鈴木謙介「ケータイ小説は『作家』を殺すか」『文學界』2008年1月号、201-202頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』228-229頁。 『ゼロ年代の想像力』47頁・310-311頁。 宇野常寛 「文体の「消滅」について」『文學界』2008年6月号、277頁。 ・「工学化する都市・生・文化」『批評の精神分析 東浩紀コレクションD』 、2007年、384-385頁・398-399頁。。 ・宮台真司「ヤンキーから日本を考える」『ヤンキー文化論序説』 、2009年、23頁。。 宮台真司 『日本の難点』 、2009年、24-25頁。。 「筒井康隆 迷える文学界にベテラン作家が問題作で一石を投じる」『』第11巻第7号、、2007年5月、 pp. 「ケータイ小説はブンガクの夢を見るか」『』2007年10月26日号、。 共同通信社. 2008年9月24日. 『ケータイ小説は文学か』124-125頁。 平野啓一郎 『小説の読み方 感想が語れる着眼点』 PHP新書、PHP研究所、2009年、224-225頁。。 「上半期興収ランキング 意外なヒット作、大コケ映画は? 角川春樹を直撃『蒼き狼』が惨敗したワケ」『』第11巻第13号、、2007年8月、 pp. 2009-2-20. 大人にはわからない日本文学史. 204. , pp. 『ケータイ小説は文学か』28-29頁。 『子どものケータイ-危険な解放区』114頁。 MSN産経ニュース 産経デジタル. 2009年4月10日. の2009年4月16日時点におけるアーカイブ。 『ケータイ小説のリアル』189頁。 『子どものケータイ-危険な解放区』115-116頁• 「〈読者〉としての〈ヤングアダルト〉 ライトノベルを〈教材〉にする」『ライトノベル研究序説』、2009年、196-197頁。。 コラム. 出版科学研究所 2007年2月13日. 2013年7月24日閲覧。 出版月報 2008年1月号. コラム. 出版科学研究所 2007年8月10日. 2013年7月24日閲覧。 『なぜケータイ小説は売れるのか』28-29頁。 『ケータイ小説がウケる理由』62頁。 『ケータイ小説のリアル』51-53頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』63頁。 田中久美子「ケータイ小説の表現は乏しいか」『國文學』2008年4月号、42-44頁。 『ケータイ小説がウケる理由』59-60頁。 『ケータイ小説は文学か』23-27頁• 『なぜケータイ小説は売れるのか』67頁。 『ケータイ小説のリアル』51頁。 『ケータイ小説のリアル』68頁。 『ケータイ小説のリアル』195-196頁。 森直人・前田智也・福田彩乃・宇野常寛 「惑星開発会議 愛のむきだし」『PLANETS vol. 6』2010年、276頁。 金ヨニ 「メディア人類学からの視点-韓国からの研究者が語る「ケータイ小説」」『國文學』2008年4月号、46-53頁。 ケープタウン新聞(2009年11月16日)• スターツ出版株式会社(2006年8月3日)• 魔法のiらんど(2007年6月18日) [ ]• CNET japan(2007年9月28日)• ポケクリ. 2008年12月10日時点のよりアーカイブ。 2013年7月24日閲覧。 中経出版(2008年3月25日)• 『電子書籍の衝撃』207頁。 「」ITmediaニュース(2009年3月6日)。 『子どものケータイ-危険な解放区』116-119頁。 「」Business Media 誠(2011年4月27日)。 『ケータイ世界の子どもたち』 、2008年、35頁。。 「ケータイ小説は『作家』を殺すか」『文學界』2008年1月号、202頁。 『ケータイ小説のリアル』78頁。 『友だち地獄-「空気を読む」世代のサバイバル』202頁。 『小説家になる方法』 、2007年、78-81頁。 『ケータイ小説のリアル』7頁・205頁など。 佐野正弘 『』日経トレンディネット(2011年4月27日)• 『ケータイ小説のリアル』170頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』190-191頁・230-235頁。 『ゼロ年代の想像力』310頁。 荻上式BLOG(2008年2月24日)• 『電子書籍の衝撃』 209-211頁。 中西新太郎「読者を後押しするの物語」『國文學』2008年4月号、6-7頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』70頁・81-82頁。 「ライトノベルvsケータイ小説」『』2007年2月号、34頁。 「ケータイ小説は『作家』を殺すか」『文學界』2008年1月号、197頁。 『ケータイ小説的。 『ケータイ小説的。 『』・『』については該当記事を、『MARIA』については「自分語りからキャラ萌えへ-『恋空』以降のケータイ小説の世界を探る」『PLANETS vol. 7』319頁を参照。 「ケータイ小説は『作家』を殺すか」『文學界』2008年1月号、203頁。 『ケータイ小説のリアル』74頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』82頁。 『神話が考える ネットワーク社会の文化論』189頁。 『なぜケータイ小説は売れるのか』65-66頁・207-208頁。 『神話が考える ネットワーク社会の文化論』186頁。 『王様は島にひとり』 、2010年、103-106頁。。 『なぜケータイ小説は売れるのか』139頁。 『ケータイ小説は文学か』116-117頁。 『ケータイ小説的。 『ケータイ小説のリアル』90-91頁。 「新連載! 「デフレカルチャー」 第2回 「ケータイ小説とチックリット」」『』 2010年7月16日。 参考文献 [ ]• 『なぜケータイ小説は売れるのか』 、2008年。。 『ケータイ小説は文学か』 、2008年。。 『ケータイ小説的。 『ケータイ小説のリアル』 、2008年。。 『ケータイ小説がウケる理由』 、2008年。。 ・・「ケータイ小説は『作家』を殺すか」『』2008年1月号。

次の

幅広い恋愛小説が大人気の携帯小説投稿サイト『エブリスタ』

携帯 小説

エブリスタはDeNAとNTTドコモとの共同出資企業が運営する携帯小説や漫画の投稿サイトです。 大手企業がバックボーンにいるだけあって、少年ジャンプやヤングマガジン、別冊フレンドなど有名な雑誌を刊行している出版社と協業して、様々なジャンルで書籍化や漫画化の機会を与えるエブリスタ小説大賞を開催しています。 またエブリスタでは、書いた小説や漫画を有料で販売出来る機能もあります。 1話(最大40ページ)を40~120円(エブリスタ図書券40枚~120枚)の間で値段をつけて販売でき、作者は作品売上の49%を印税として受け取る事ができます。 そんなエブリスタの特徴をさらに詳しく解説していきたいと思います。 4つのメリット ・携帯やスマホで小説を読み書きしたい人 ・他の作家と横のつながりを求める人 ・自分の作品を書籍化したい人 ・小説で稼ぎたい人 エブリスタは携帯小説サイトなので、1ページ1000文字までしか投稿できません。 なのでパソコンで投稿したり読んだりするより、携帯やスマホの方が使い勝手が良いです。 アプリで投稿できる機能もあるようなので、入れておくと便利かもしれません。 エブリスタには、サークル機能というものがあります。 会員専用の交流の場みたいな感じです。 つまり、横の繋がりがある方が絶対的に有利となります。 エブリスタは大手企業のバックボーンがあり、有名出版社とよく協業してエブリスタ小説大賞を開催しています。 コラボ出版社から書籍化のチャンスを最大限に提供しているといううたい文句通り、受賞作品はひとつとは限りません。 良い作品は何作品でも書籍化されるチャンスがあります。 さらに賞を逃しても上位100位以内の作品には、エブリスタ編集部より選評がもらえます。 自分の作品のどこが及ばなかったのか、プロの編集さんに教えていただける機会があるのはエブリスタだけです。 もう一つ、忘れてはいけないエブリスタの最大限のメリットは自分の作品を販売できる所です。 小説を投稿してお金に変えれるサイトは、このエブリスタと投稿インセンティブ制度のあるアルファポリスくらいです。 売れれば売れる程利益になる小説投稿サイトは、エブリスタだけです! エブリスタに投稿する4つのデメリット 4つのデメリット ・純文学の小説に慣れており、空白の多い文章に抵抗のある人 ・細切れに投稿するのが苦痛な人 ・あまりコミュニケーションを取りたくない人 ・小説の表紙を準備できない人 携帯小説の特徴として、文章の間によく余白を入れる風習があります。 詰まった文章に慣れている方は、投稿する際に少し抵抗を覚える可能性もあります。 こちらの読者の方はその余白に慣れているので、詰まった文章を投稿すると嫌煙される可能性もあります。 郷に入っては郷に従えという言葉もありますので、それが苦手な方は『カクヨム』の方が良いかもしれません。 1ページ1000文字までの制限のあるエブリスタでは、必然的に細切れ投稿するしかありません。 パソコンで作業をする人にとっては、結構煩わしい作業だと思います。 新規投稿者の場合、新着更新情報で読者を集めて新作ランキングにのれなかったら、埋もれてしまう確率が高いです。 横の繋がりがあれば、他の方にその作品をマイリストで紹介してもらえる可能性もあります。 なのでコミュニケーションを取るのが億劫な方は、苦戦を強いらされる可能性があります。 またエブリスタのランキングを見たら、ほぼ表紙をつけられています。 華やかな表紙があればそれだけで目を惹きます。 あるかないかで、その作品に対する印象も変わってきますので、出来れば用意した方がいいと思います。 まとめ エブリスタで人気なのは、 中高生向けの恋愛小説から大人向け恋愛小説、BL恋愛小説と女性向けの現代恋愛小説です。 携帯小説投稿サイトなので、1ページの文字数は1000文字までと限られており、携帯やタブレットなどのモバイル機器で執筆している人には向いているサイトだと思います。 また大手企業がバックボーンについているので、書籍化にかなり力を入れてあります。 自分の作品を販売できる機能もあるので、売れれば自作小説を現金化することも可能です。 ちなみに私は、会員登録はしていますがエブリスタで小説を投稿した事はありません。 会員になると、毎日一話、有料で販売されている作品が無料で読めます。 日にちさえかければ、無料で全て読むことが出来ます! それが目当てで登録しただけなので、こちらのサイトでは読み専です。 読者の目線からみたエブリスタの良い所は、ランキングが分かりやすく親切な所かなーと思います。 すべての作品、完結作品、新作作品、短編作品、急上昇作品のランキングがワンクリックで見れます。 検索条件を選んで、選んで、検索という面倒な作業が要りません。 親切 イズ ザ ベスト! ということで、私的には見やすくて便利な小説投稿サイトです!.

次の