ブラック ペアン 10 話。 ブラックペアン(第10話最終回感想) 渡海先生の学習机にぐっとキた

ブラックペアン|視聴率一覧を速報更新中【二宮和也主演ドラマ】

ブラック ペアン 10 話

「ブラックペアン」あらすじ TBSでは4月期の日曜劇場 毎週日曜よる9時 で、嵐・二宮和也主演の『ブラックペアン』を放送する。 二宮が日曜劇場で主演を務めるのは初めて。 また、TBSの連続ドラマに出演するのは、2008年10月期放送の金曜ドラマ『流星の絆』以来10年ぶりとなる。 原作は海堂尊の小説「新装版 ブラックペアン1988」 講談社文庫。 日本の医療問題を、エンターテインメントを通して提起し続けてきた海堂。 彼が最初に発表した小説「チーム・バチスタの栄光」の原点となるのが「ブラックペアン1988」である。 シリーズ累計150万部を突破しており、熱烈なファンを持っている。 二宮が演じるのは、天才的な手技 縫合技術 を持つ外科医・渡海 征司郎。 大学病院にいながら出世に興味のない一匹狼で、万年ヒラの医局員だ。 そんな渡海がメスを握る東城大学医学部付属病院に、他大学出身の新任の医師によって「外科医の腕を全く必要としない」手術用最新医療器具が持ち込まれ、新しい手術の形が導入されようとする。 技量に左右されず誰でも扱えるという心臓手術用の医療機器に、外科医として手術の工程の一部を本当に任せることが出来るのか? この技術導入に裏はないのか…? と疑い、反対する渡海の闘いが始まる。 そしてこの闘いは技術導入だけの問題にとどまらず、病院・研究室と製薬会社、医療機器メーカー、そして厚生労働省などとの癒着問題にまで発展していく。 外科医としてのプライドを守ろうとする渡海が嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かい、新技術導入を巡る様々な不正や隠された過去を暴いていく、痛快な医療エンターテインメントドラマだ。 皮肉屋で真意がどこにあるのかつかめない渡海を、二宮がどう演じるのか? 第39回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を始め、数々の演技賞で高い演技力を評価されてきた二宮。 彼の新たな一面が見られる作品となるはずだ。 また、二宮は外科医を演じるのは初めて。 天才的な手技を持つ役とあって、すでに手術見学などの事前勉強を始めている。 渡海が医療の歴史が変わる渦の中に飛び込み闘う一方で、「ブラックペアン」と呼ばれる真っ黒なペアン 止血用鉗子 に隠された真実をめぐる駆け引きと、渡海自身が抱えるある因縁も明らかになっていく。 大きな権力や、医学の限界に立ち向かっていく男の生き様を描いた人間ドラマ、日曜劇場『ブラックペアン』をお楽しみに。 引用:ドラマ公式サイト 同枠ドラマ(日曜劇場)の視聴率 同時間帯の過去ドラマの視聴率は どの程度だったのか確認していきましょう。 9-刑事専門弁護士- SEASON2 2018年冬ドラマ(1~3月) 最高視聴率:21.

次の

ブラックペアン第10話の無料動画や見逃し配信動画は?あらすじや感想も | コトログ

ブラック ペアン 10 話

まさかの佐伯教授の命令に背く渡海! 今まで従順だったけど・・・。 あの、渡海の持ってるレントゲン写真と何か関係あるのかも?なんて思ってます。 最終局面を迎えたこの戦い、ついに論文の功績を手にしたのは西崎だった。 師である西崎を選んだ高階は東城大を去り、帝華大に戻る準備を始める。 検査の結果、小春にはスナイプ手術を行ったことによって別の問題が発生していた。 開胸手術が出来ない小春に、高階は内視鏡下手術支援ロボット・ダーウィンでの手術を提案する・・・。 引用元:「ブラックペアン」公式ホームページwww. tbs. 失敗したら、「 高階に罪をかぶせる」って言ってた西崎教授なんだけどな・・・ ーー;。 」公開! 「誰だ。 高階の同期であり、出世を争うライバルでもあります。 なので、高階が西崎教授にスナイプの功績を褒められていることが面白くありません。 高階vs松岡。 この戦いはどう決着がつくのでしょうか!注目ですね! そんな松岡仁を演じるのが、あの2017年秋ドラマでも人気を誇った「陸王」のダイワ食品陸上競技部の監督を演じた音尾琢真さん! 「陸王」では、厳しいがその裏では優しさに溢れる、あの熱い演技に何度も涙しました。 なくてはならない存在でした。 これで理事長選は西崎が濃厚となってしまった。 帝華大学の高階の同期の松岡は、そんな高階をよく思っていなかった。 東城大学に戻った高階は、みんなから冷たい目で見られていた。 また渡海は、小春ちゃんのデータを見て、引っ掛かるものがあった。 小春ちゃんのリハビリに同席した高階は、小春ちゃんからサッカーを誘われ、高階は小春ちゃんと約束する。 小春ちゃんは、「 やったー!」と喜び、高階の小指に両手で飛びつき、「 じゃあわたしがんばるね」と無邪気に笑った。 手術室で話す美和と世良。 世良は、美和から小春ちゃんが元気になったら、それでいいのではと言われ、考える。 そして、なぜ佐伯の名前を書かなかったのか高階に聞いた。 高階の脳裏には、佐伯の「 論文、楽しみにしてるよ」という言葉と、渡海の「 佐伯清剛を信じるな」という言葉が蘇る。 佐伯にとってスナイプは、ただの理事長選の道具にすぎず、一人でも人を救うのために西崎選んだだけだと答えた。 「 きれいごとだけでは、一人の命も救えない」と世良の肩をポンポンと叩き、去って行った。 その頃、渡海は、佐伯に小春ちゃんのデータを見せ、血液検査をするようお願いする。 佐伯は、日本外科ジャーナルへ出向き、編集長の池永にスナイプの論文の撤回を要求した。 「 医師として、不完全な論文を世に広める訳にはいかない」と。 手術をした小春ちゃんの血液検査をして、その結果で判断するということで話はまとまった。 西崎も、佐伯の言い分を無視するわけにはいかず、血液検査を待つことにした。 高階に検査結果が出たらさっさと退院するよう言った。 そして、血液検査の結果出たー 高階は、何もなく正常であることに安心しながら見ていたが、一つ異常が見られた。 心臓の中隔に感染の疑いがあったのだ。 さっそく西崎に相談するも、スナイプのせいで感染したとなると論文が撤回されてしまうことから、検査結果に気が付かなかったふりをして退院させろと命令される。 高階は、迷っていた。 そこへ世良と美和が入って来て、 美和 「 小春ちゃんの退院もうすぐですね。 」 世良 「 サッカー出来る日も近いんじゃないですか?」 と言われ、高階は、「 ・・・ああ。 そうだな」と答えたが、表情は曇っていた。 そこへ渡海が高階の隣に座り、高階に退院届を差し出す。 渡海 「 こいつ出して、もうあのガキと一緒にとっと出てけよ。 そうすりゃ、スナイプは全国に普及する、より多くの命を救える。 ・・・でも」 と小春ちゃんの資料を見つめ、くしゃくしゃにして捨てた。 渡海 「 いい研究が出来て良かったな」 そう言い、仮眠室へと入って行った。 世良と美和は、渡海が言っていた意味を、小春ちゃんは無事に退院できるのか問いかけるが、高階は何も答えられない。 高階は、小春ちゃんと約束をした事、西崎が言っていた言葉を思い出していた。 高階 「 ばかだな、私は。 」 そう言うと、退院届を破り、 高階 「 私は、医者なんだ」 と決意をした。 そして、佐伯のもとを訪れた。 そして小春ちゃんについて、会議を開かせて欲しいとお願いした。 佐伯は、「 都合のいい話」だと言いながらも、感染が起きた理由を聞いた。 感染が起きた理由 僧帽弁手術を行ったとき、中隔に栓をした。 そこにゆるみが起きたことで、感染が発症したのではないか。 というものだった。 佐伯は 「 こんな危険なことが起こるならスナイプの使用を控えなければな」 と高階へ伝え、スナイプが直接原因ではないと言いたかったが、その続きは会議ですることになった。 その一連を西崎に報告すると、スナイプのせいだと認めたと思っている西崎は激怒し、 西崎 「 手術の結果がどうであれインパクトファクターが獲得できなければ失敗だ!! お前に戻る場所などない。 二度と私の前に顔を見せるな!!」 と電話は切られてしまった。 その西崎の後ろに、松岡が。 高階のことはもういないものとし、松岡に期待を寄せた。 スナイプの論文は白紙に戻され、西崎のインパクトファクターも取り消され、佐伯が新理事長のせんが濃厚になった。 佐伯に振られた渡海も、「 薬に切り替えるべきだ」と答えた。 佐伯が、薬の投与をするという結論で会議を終わらせると、高階が、 高階 「 一つだけ方法があります。 しかし、ダーウィンは東城大にはなく、帝華大学にしかなかった。 高階は、帝華大学に転院させ、手術を行うと。 周りからは、反発の声があがり、佐伯も、「西崎教授は受け入れてくれるのかな?」 と問いかけた。 高階は、答えられない。 佐伯は、高階を小春ちゃんの主治医から外し、渡海を主治医にした。 高階は、東城大でも帝華大でも、立場がなかった。 小春ちゃんの病室では、小春ちゃんが高階が来てくれないのか気になっていた。 世良は、渡海が主治医になったことを優しく説明した。 渡海 「 小春ちゃん。 高階先生は干されたんだよ」 と言った。 慌てて世良と美和がフォローする。 世良は、歩きながら渡海に言い方を説教していた。 医務室に戻ると高階が、小春ちゃんの引継ぎ資料を手渡してきた。 高階はいつまでも薬物治療をしていることに不満があった。 薬物治療は根本的治療にはならず、このままだと小春ちゃんは亡くなってしまうからだ。 小春ちゃんが命を落としてしまえば、スナイプを推進した西崎の責任になってしまう。 高階は、 「 佐伯教授の命令なんですよね?」 と渡海に問いかけた。 高階を睨みつけるような目をし、 渡海 「 だったらなんだよ」 そう言うと、ニヤッと笑い 渡海 「 じゃお前がやれよ。 お前がやれよ」 と言い、仮眠室へと入って行った。 小春ちゃんの病室へ来た美和。 小春ちゃんは「 たかしな先生・・・ほされたって」と呟きながら寂しそうに外を眺めていた。 美和 「 大丈夫。 高階先生、絶対戻って来てくれる。 だって約束したんでしょう?だから安心して、小春ちゃんは治療に専念しよう」 と励ました。 医務室に戻って来た高階を、世良と美和が待っていた。 世良は高階に小春ちゃんの血液検査の結果を見せた。 美和 「 小春ちゃん、このままだと死んじゃうんですよね。 小春ちゃん高階先生を信じてます。 小春ちゃんが頼れるのは高階先生しかいないんです!なのに、そんな簡単に諦めないでください」 世良 「 必要ならルールを変えるんじゃなかったんですか?だったらルールを変えてでも小春ちゃんの手術を押し通すべきです!」 高階は背中を向け、ぐっと自分の中で何かと闘っていた。 そこへ、容体が急変した患者さんがいて、急いでオペ室に向かう。 渡海が執刀することに。 しかし、その患者は手術不可能だった。 その時、高階が「 一つだけ方法がある」と、その難しい手術をアメリカで助手をしたことがあり、自分がやると言い、 高階 「 必要ならルールを変えろ。 責任なら私がとります!」 渡海は助手をすることになった。 高階は、細かい作業を行い無事に手術は成功した。 渡海に 「 お前が死にそうじゃないかよ」 と言われた。 手術が終わり、美和は高階にさっき言ったことを謝った。 高階は、ふっと笑い 「 自分で言うのも何なんだが、今の私がどうやって責任をとるんだろうな。 おかげでようやく気付いたよ。 私には、もう失うものは何もない。 でもだからこそ、できることがある。 小春ちゃんにもうすぐ戻ると言っておいてくれ。 」 そう言い、去って行った。 美和はその後ろ姿に深々と頭を下げた。 高階は、帝華大学へ出向き、西崎にダーウィンを借りに行った。 西崎は、承諾し、条件をつけた。 ダーウィンのオペを松岡に任せることだった。 高階はそのことを佐伯に報告し、承諾を得た。 ーそしてダーウィンが東城大へやって来た。 松岡は、初めてダーウィンを見る東城大の医師たちをバカにしたような言い方をした。 小春ちゃんの手術のシュミレーションをした松岡は、自信たっぷりだった。 高階はダーウィンで子供の手術はしたことがない松岡を心配するも、上から目線で大丈夫だといい、さらに心配性だとバカにして帝華大学の医師や看護師たちは馬鹿にしたように笑った。 高階は、渡海にダーウィンの資料を渡そうとするが、渡海に拒否される。 高階 「 今回の手術で、私が得をすることは何もない。 私が望むことは、小春ちゃんの命が助かることだけです。 そのためだったら、自分にできることは何だってします。 」 そう言い、去ろうとすると 渡海 「 人って変わるんだな。 」 高階 「 何もかも失いましたから。 だが、おかげで気づいたこともある。 大学病院では、出世に興味のない人間が一番強い。 渡海先生のように。 」 そう言い、出て行った。 美和が渡海を訪れたが、渡海はいない。 しかし、美和はあるものを見てしまう・・・。 ーそして、手術の日。 西崎と池永が手術を見に来た。 そして、ダーウィンによる手術が、いよいよ始まったー 松岡は意気揚々と 松岡 「 さぁ、ショーの始まりだ」 と手術を始めた。 誰もが成功したと思った。 -その時、問題が発生。 アームが動かなくなった。 そして出血量が増え・・・。 手術をモニター室で見学していた美和は、今さっき渡海を訪ねたときに見た、ダーウィンについて勉強していたことを思い出し、探しに出る。 高階は、松岡に撤退するよう促すが、松岡は、このまま感染層を切除すると言う。 松岡 「 立場をわきまえろ!高階!」 カチンときた高階は 「もともと私に、立場なんてない!」 そう言うと、渡海を探しに出た。 高階が走っているとそこへ渡海と猫田が 高階 「 渡海先生!力を貸してください!」 そう頭を下げると、 渡海 「 ついてこい」 と言った。 渡海は、松岡を責めた。 そして「 お前の退職金、一千万で助けてやる」と言い、 高階は、松岡に 「そこをどけ!邪魔だ!」と寄らせた。 高階と渡海いいコンビネーションでダーウィンをのけ、手術をすることになった。 小春ちゃんは輸血が出来ないが、自分の血なら輸血できるという渡海。 今まで血液が増殖するネスパという薬を投与していたのは、そういう目的があったからだ。 猫田に30分持つことを聞いた渡海。 松岡 「 ここから30分で?できるわけない!」 渡海 「 出来ちゃうんだよ。 東城大は、出来るんだ。 」 そう言うと、渡海の手術が始まった。 渡海の激が飛ぶ。 モニター室へ戻った美和は、渡海の姿を見て安心した。 渡海の手術は凄かった。 手術は成功し、出ていこうとした渡海に 高階 「 渡海先生!ありがとうございました!」 渡海 「 これぐらい当然だよ。 」 そして松岡を見て、 渡海 「 医者だからな・・・」 と言って、出て行った。 モニター室では、西崎はぼうぜんとしていた。 そして、立ち上がり、帰っていくその表情は、怒りに満ちていた。 西崎を追いかけた松岡。 その松岡を追いかけた高階。 西崎は、松岡を無視し、高階に話しかけた。 西崎 「 高階くん。 よくフォローしてくれた。 今後のことで話がある。 あとで私のところに来てくれ。 」 と握手をしてきた。 そして松岡には 西崎 「 もう君に、戻る場所はない」 と言い放ち去って行った。 そして小春ちゃんは、退院の日が近づいていた。 高階は、世良にサッカーを教わっていた。 高階 「 もうちょっと、東城大にいられそうだからな」 と呟いた。 《回想》 高階は、西崎に呼ばれた日、西崎から次なる指示をされた。 また東城大で治験を行い、症例を集め、西崎のインパクトファクターをあげるために論文を書くことだった。 西崎 「 これが最後のチャンスだ」 高階 「 結局、立場から逃げることは出来ない・・・か」 その様子を聞いていた渡海の表情はどこか寂しそうで、そのままその場から立ち去った。 看護師長の藤原が郵便物だと、あるDVDを渡す。 それは、渡海が持っているペアンが刺さったレントゲン写真と同じものだった。 感想 【第5話放送まであと3時間です💉】 高階先生、西崎教授、松岡先生の帝華大トリオ🏥🌸 スナイプの次は、ダーウィンを投入してきた帝華大。 せっかく、かっこいいお医者さんになってたのに、最後、やっぱり西崎の言う通りに動くんですね・・・。 どうして、松岡はちゃんと準備をしないのか不思議。 ちょっといい加減すぎるなって思ってしまいました。 なぜ今それを見てるのか気になりますね。 渡海と佐伯の間に何があるのか、分かりそうですね・・・。 「ブラックペアン」5話の視聴率 第5話の視聴率は 13. 4% 「ブラックペアン」関連記事はこちら! まとめ 「ブラックペアン」に福澤朗、音尾琢真の出演が決定!(ザテレビジョン) — Yahoo!

次の

ブラックペアンの動画(ドラマ)を1話〜最終回まで無料視聴|PandoraやDailymotionも

ブラック ペアン 10 話

ブラックペアン 第10話最終回 「さらば渡海!二人の天才の宿命とは・・・」 渡海先生の部屋 渡海先生(二宮和也)の事を知るために、実家へ押しかけた世良くん(竹内涼真)。 マジナイス 渡海先生のプライベートルームに最高に興奮しました。 いつまであの部屋使ってたんでしょうねっ 市民病院に勤めてた頃はその部屋使ってたってことですよねっ? 小学生が使うみたいな学習机・・・た、たまらんっ・・・ あそこに座って黙々と勉強してたんですか?渡海先生。 20代になってもずっと。 えーなにそれー超かわいいやーん 若干、洋服とかタオルとかお布団が使ったまんまな状態になってるっぽくて「え、それは洗濯したり押し入れにしまった方がいいんじゃ・・・?」みたいな気持ちになりましたが。 そいや渡海先生ずっと仮眠室で寝泊まりしててお布団とか干してなさそうだったんで、あまり気にしない家だったって事でいいかな? 辻褄あっちゃった。 あと、手術の紐結ぶ練習したやつ残してたみたいですが・・・ なぜ残す? 個人的にはホコリとかたまって掃除しにくいし捨ててーと思っちゃうんですけど・・・ 「初めて練習してから今日で1000個目」とかカウントしてたんでしょうか。 えーだとしたらかわいいー 床ドン レストランで倒れちゃった佐伯教授を助けた時の、渡海先生の意図せぬ床ドン。 あーでもトキメキすぎて心肺停止しちゃうかな・・・ 凄腕の渡海先生も、心停止の原因がトキメキとなると、呆れて助けてくれなさそうだな・・・「死んどけ」とか言われそう。 むしろ全国にはブラックペアンで挟めば助かる人もいっぱいいるかもしれないわけで。 だったらそれを論文にしてもいいぐらいじゃないんだろうかと思ってしまいました。 きっと佃製作所あたりが体に害のないペアン作ってくれんじゃないかな。 妄想ですけど。 (by下町ロケット) あと挟むだけならあんなにデカイ器具じゃなくても・・・ てかそもそも、ペアンでしか助けられなかったってその場で言えば良かったのに。 過去に救命病棟24時ってドラマでも、進藤先生(江口洋介)が緊急手術した患者のお腹にペアンを残したまま閉じて、小嶋先生(松嶋菜々子)がいる大学病院に患者を送り届けたってことがありましたよ! その時は「こんな応急処置、見たこと無い・・・」みたいな感じでみんな感動してたし! そんな感じで良かったじゃないすか! うーん、佐伯先生にも見せてあげたい。 救命病棟24時。 佐伯組とは・・・ 論文の発表会で急遽黒崎教授が教壇に立ちかわりに演説をしたわけですが・・・ あんなに佐伯先生を崇拝していたわりに、全然理解してないやないかーい 確かにぶっつけ本番ではシドロモドロになるのもわかります。 でも、佐伯先生の信念とか、論文の内容とか、熱い想いとか、そういうの伝えなきゃ!!ってならないもんすか!? もっと佐伯先生の魂の叫びを叫びましょうよ! 部外者の日本外科ジャーナル編集長の方が佐伯教授の思いを代弁するってどういう事ーー!! 佐伯教授というより、東城大のチーム体制に疑問が残っちゃいますよねー。 佐伯先生も渡海先生の成長を楽しむ前に後輩指導ちゃんとやろ? 渡海先生しか育ってないよー!! ペアンを取ったら大出血 お父さんの無念を晴らそうと、ただただ一心不乱に癒着したペアンを取り外そうと躍起になる渡海先生(と高階先生)。 いや、ちょっと待ってちょっと待って 医者じゃない私だって「それ、突然取ったら大出血じゃない!?」って思いましたよ!!?? なぜ気づかないのだ!!どうした!!ご乱心?やっと復讐が終わるってことで慌ててたの!? 佐伯先生もそら慌てるわ! 「渡海!なぜわからない!それを取ったら大出血だぞ!」って言ってあげてー! 猫ちゃんもわかりそうなもんなのにー! なんか、飯沼達二さん、色々巻き込んじゃってごめんね。。 って気持ちになりました。 私がw 結局猫ちゃんの正体とは? 全部の謎が解ける的な予告を見た気がしたんですが、渡海先生と猫ちゃん(趣里)の関係、結局わからず終いでしたよね? もう勝手にいろんな妄想が広がって、佐伯先生とあのやたらと声の色っぽい師長との隠し子じゃない!?とか、 飯沼達二の娘なのかな?とか、 実は渡海先生の彼女?とか、色々考えたんですけどね。 渡海先生の邪魔をするなら、あなたを許さない、みたいな感じでめっちゃ美和ちゃん(葵わかな)を脅してた理由はなんだったんでしょうかぁ・・・ うーん、焦らしに焦らされ放置プレイ! 今度スペシャルでもやるんでしょうか。 その時に明らかになったりするなら、うん、まぁ許す! 渡海先生の次のモチベーション お父さんの復讐に燃えていたけれど、蓋を開けてみたらお父さんと佐伯先生の固い絆に打ちのめされて、復讐必要なーしって感じになりましたが。 渡海先生、しばらく燃え尽き症候群みたいになっちゃいそうですよね。 毎日あのレントゲン見て奮い立たせてたのに・・・ 突然その目標が無くなったら、やる気でなくなっちゃいそうです。 風邪とか引かなきゃいいけど・・・ スペシャルとかやるかな? 最終回で佐伯教授がいっきにハンドルを切って超聖人キャラになってしまいましたが! これこそが日曜劇場って感じで良かったですねw ブラックペアンでスペシャルドラマとか、第二弾をやるとなると、また次の敵を作らないと中々ストーリー作るの大変そうだな、と思いますが、むしろ次は復讐とか関係なく完全なる医療ドラマになったとしたら、それはそれで面白そうなんで見てみたいなーと思いました。 渡海先生の、佐伯先生の処置中に言った「こういう時に声届くぞ」って一言、すごく良かったと思うんですよ。 そういうの、もっとやりましょ!! あ、そういえば、渡海先生って下の名前「征司郎」って言うんですね。 渡海征司郎。 なんでしょうか、この、くすぐったい感じw 最終回にして、やっぱり渡海先生にトキメイちゃったなー。 よし、明日の朝は卵かけご飯にしよーっと。 第10話最終回感想 渡海先生の学習机にぐっとキた.

次の