スーパー 歌舞 伎 オグリ。 スーパー歌舞伎II(セカンド) 新版 オグリ|新橋演舞場|歌舞伎美人

お家で歌舞伎:スーパー歌舞伎Ⅱ「新版オグリ」動画見られた。猿之助オグリも隼人オグリもどっちも感動!

スーパー 歌舞 伎 オグリ

新開場した南座に、あの伝説の舞台が装い新たによみがえる! 平成3年に梅原猛と市川猿翁がつくり上げ、演劇界に新風を巻き起こした伝説のスーパー歌舞伎『オグリ』。 その創造の心を継承し、全国動員数40万人を達成した大ヒット作スーパー歌舞伎II(セカンド)『ワンピース』に続き、今回も日本を代表するクリエイティブスタッフが集結。 このスーパー歌舞伎屈指の人気作が、装いも新たに『新版 オグリ』としてよみがえります! 市川猿之助・中村隼人が小栗判官役 交互出演、そして新開場した南座の新機構を駆使し、かつてないスケールでお贈りする、夢と浪漫、そして 壮大なスペクタクルがあふれる超大作活劇。 あらすじ 武芸学問に通じた美貌の若者、藤原正清後に小栗判官=オグリ(市川猿之助・中村隼人)は、縛られることを嫌って心のままに生き、集まった若者たちとともに自らを小栗党と称していた。 ある日小栗党は、横山修理の娘、照手姫を輿入れ行列から奪い去る。 照手姫とオグリは強く惹かれ夫婦となることを誓うが、修理は二人の仲を許さず、オグリたちは殺され、照手姫は川に流されてしまう。 閻魔大王の前にやってきたオグリたちは地獄で大立廻りを繰り広げるが、ついには捕えられ、オグリは顔も手足も重い病に侵された姿で娑婆に送り返される。 生き返ったオグリは、遊行上人(市川猿之助・中村隼人)の導きで善意の人が曳く土車に乗り、熊野を目指すこととなる。 その道中、照手姫と再会するが、姫はオグリに気づかず再び別れていくのであった。 果たして二人は再び会うことができるのか、オグリの旅の行く先は— 続きを読む 関連動画•

次の

スーパー歌舞伎II(セカンド) 新版 オグリ ※公演中止|南座|歌舞伎美人

スーパー 歌舞 伎 オグリ

原作:梅原 猛 脚本:横内謙介 演出:市川猿之助 杉原邦生 スーパーバイザー:市川猿翁 《 出演 》 藤原正清後に小栗判官、遊行上人 市川猿之助(交互出演) 藤原正清後に小栗判官、遊行上人 中村隼人(交互出演) 照手姫 坂東新悟 小栗一郎 市村竹松 小栗二郎 市川男寅 小栗三郎/山賊 市川笑也 小栗四郎 中村福之助 小栗五郎/山賊 市川猿弥 小栗六郎 中村玉太郎 鬼次/銀鬼少将/商人 市川弘太郎 カメ婆 市川寿猿 金坊 市川右近(交互出演) 大納言の妻/閻魔夫人 市川笑三郎 横山修理太夫/長殿 市川男女蔵 鷹乃/薬師如来 市川門之助 翁 石橋正次 フグ婆/女郎屋女将 下村 青 鬼王/赤鬼大将/女郎千早 石黒英雄 横山家継/鬼頭長官 髙橋 洋 高倉久磨/黒姫/女郎蒲公英 嘉島 典俊 閻魔大王 浅野和之 《 スタッフ 》 美術:堀尾幸男 照明:原田保 音楽:藤原道山 作調:田中傳左衛門 衣裳:竹田団吾 ヘアデザイン:宮内宏明 映像:上田大樹 音響:藤原和憲 振付:尾上菊之丞, 穴井豪 特殊効果:田中義彦 舞台監督:井口祐弘 製作: 《 掲載記事 》 ・OTOCOTO 本日も劇場なり32[2019. 13] ・ステージナタリー [2019. 6] ・エンタメ特化型情報メディア SPICE[2019. 6] ・Time Out TOKYO[2019. 5] ・「演劇界」2019年11月号[2019. 4] ・東京新聞 TOKYO Web [2019. 4] ・産経新聞 sankei. com [2019. 1] ・@BAILA[2019. 30] ・act guide[アクトガイド]2019 Season3[2019. 26] ・おけぴ感激!観劇レポ[2019. 10] ・ニコニコチャンネル 歌舞伎チャンネル[2019. 21] ・歌舞伎美人[2019. 6] ・エンタメ特化型情報メディア SPICE[2019. 2] ・ローチケ演劇宣言![2019. 2] ・ステージナタリー[2019. 1] ・エンタメ特化型情報メディア SPACE[2019. 31] 日程・会場 東京 日程 2019年10月6日 日 〜 11月25日 月 会場 福岡 日程 2020年2月4日 火 〜 2月25日 火 会場 京都 日程 2020年3月4日 水 〜 3月26日 木 会場.

次の

歌舞伎の新しいカタチ・スーパー歌舞伎の魅力とは|歌舞伎|趣味時間

スーパー 歌舞 伎 オグリ

1986年に3代目市川猿之助さんが始めたスーパー歌舞伎。 最初の演目は、「ヤマトタケル」というものでした。 3代目市川猿之助さんは現在は2代目市川猿翁を襲名している方で、本名を喜熨斗 政彦(きのし まさひこ)さんといいます。 3代目市川猿之助さんは、その名を襲名した後すぐに祖父と父を亡くすという悲劇に見舞われます。 しかし他門の助けを得ることなく、自身の歌舞伎を確立させ、それらは「猿之助歌舞伎」の名で今でも知られています。 猿之助歌舞伎は、それまでの保守的な歌舞伎とは違い、エンターテイメント性の高いものとして、観客の高い支持を集めました。 しかし歌舞伎界では同感を得られず、酷評を受ける結果となってしまったのです。 しかし少し経つと、猿之助歌舞伎の代表作である「義経千本桜」の「四ノ切」で披露した宙乗りを、他門も上演するようになります。 理由としては、代々受け継がれてきた「四ノ切」が観客の評価を得られなくなったことが挙げられますが、それまでは酷評していた者たちも挙って宙乗りを演出として取り入れるようになったのです。 それ以降、宙乗りは多くの歌舞伎役者によって、様々な演目で取り入れられています。 3代目市川猿之助さんは、スーパー歌舞伎以前にも、歌舞伎界に新風を巻き起こした偉大な方でもあったのです。 ちなみに彼の実のお子さんは、俳優としてもマルチな活躍を見せている香川照之さんです。 スーパー歌舞伎の主な演目 1986年に初演を迎えたスーパー歌舞伎ですが、2015年までに11作品もの演目が封切されています。 実際に演出された主な演目をご紹介していきましょう。 1986年「ヤマトタケル」 「ヤマトタケル」は、スーパー歌舞伎の初演作品としても有名な演目です。 2013年にはシネマ歌舞伎として上映もされ、話題を集めました。 主人公であるヤマトタケル役を3代目市川猿之助さんが、そのほか市川中車さんや市川右近さんがわきを固めることとなっています。 こちらは新橋演舞場で開演されたもので、香川照之さんの9代目市川中車襲名のほか、香川照之さんの子息である五代目市川團子の初舞台としても注目を集めた演目だったようです。 この演目は、哲学者である梅原猛さんが3代目市川猿之助さんのために書き下ろしたものでもあります。 梅原さんはその後、1991年に幕をあげた「オグリ・小栗判官」でも脚本を務めています。 1989年「リュウオー・龍王」 3. 1991年「オグリ・小栗判官」 4. 1993年「八犬伝」 5. 1996年「カグヤ」 6. 1997年「オオクニヌシ」 7. 1999年「新・三国志」 8. 2001年「新・三国志II・孔明篇」 9. 2003年「新・三国志III・完結篇」 10. 2014年 スーパー歌舞伎II(セカンド)「空ヲ刻ム者」 ここから、スーパー歌舞伎II(セカンド)となります。 といいますのも、ここからは4代目市川猿之助さんが中心となり演じることとなるからです。 2015年 スーパー歌舞伎II(セカンド)「ワンピース」 「ワンピース」は、人気漫画を歌舞伎化したとして、大きな話題を集めた演目となりました。 2015年に封を切った、スーパー歌舞伎II(セカンド)としての「ワンピース」。 世界的にも大人気な漫画を歌舞伎化するという前代未聞のこのニュースは、歌舞伎界だけでなく多くの方が震撼したと思います。 また、歌舞伎化されたシーンは、本作でもファンが多いといわれている感動的なシーンともあって、多くの原作ファンもスーパー歌舞伎を目にするために新橋演舞場へと足を運んだようです。 原作ファンの中には、それまで歌舞伎に目もくれなかった方も多かったのではないでしょうか。 実際に、歌舞伎を初めて鑑賞するという声も多かったようです。 ここが、スーパー歌舞伎の一番の魅力でもあります。 従来の歌舞伎は、どうしても古典的な演目を主に取り上げるため、若い方や難しいことが苦手な方にはあまり評価を得ることがありませんでした。 しかし、現代的な演目を取り上げ、親しみやすく演じることで、それまで以上に多くの方を歌舞伎へと引き寄せることに成功しているのです。 「ワンピース」はその最たる演目かと思います。 実際に、「ワンピース」は評価もよく、原作ファンの多くを魅了したようです。 いかがでしたか? スーパー歌舞伎は、今後も時代に寄り添って進化が期待されているものでもあります。 ぜひ歌舞伎の新しいカタチとして、スーパー歌舞伎も鑑賞してみてください。

次の