抱っこ 紐 サン アンド ビーチ。 サンビーチsun&beachの抱っこひも・おんぶ紐

いつから必要?抱っこ紐の種類と選び方を徹底解説!

抱っこ 紐 サン アンド ビーチ

メーカー公式サイトでは紹介されないであろう厳しい意見もあります。 他社の抱っこ紐と比較検討したときのチェックポイントを教えてください。 それまで使っていた抱っこ紐は肩で支えるタイプのものだったので肩が痛くて辛かったです。 なので、腰で支えるタイプの抱っこ紐にしようと思っていました。 また、他の人とかぶりにくいものにしようと思いました。 購入前に不安を感じていたことを教えてください。 sun&beachはネットでしか販売していないので、実際に触ったり装着出来ないので、装着した感じがわからないのが不安でした。 sun&beach サンアンドビーチ の抱っこ紐を選んだ決め手は? 子どもが生まれてしばらくはニンナナンナの4wayの抱っこ紐を使っていました。 横抱きの頃は便利だったのですが、首が座り縦抱きになると、肩で支えるのがつらくなってきました。 うちの子は大きめだっので6ヶ月になる頃には8キロを超えていて、肩だけで支えるには限界でした。 しかも抱っこやおんぶをしていないとすぐにぐずるのでほぼ一日中抱っこしていたので、肩こりと痛みで悩まされました。 そこで、もっといい抱っこ紐はないのかと口コミサイトを見てみると、腰で支えるタイプの抱っこ紐があることを知りました。 さらに探すとエルゴが出てきましたが、5年前はカラーが少なく、シンプルなものばかりでピンと来ませんでした。 そこでsun&beachのことも知り、サイトを見てみると、カラーがたくさんあってデザインも豊富でかわいいものがたくさんあり、これだと思いました。 他の腰で支えるタイプの抱っこ紐は外国製で日本人の体型に合わないことがあるのに対して、sun&beachベビーキャリアは日本製なので日本人に合ったものだというのも魅力的に感じました。 柄は迷いましたが、持っている服に合わせやすそうなピンク系のストライプのものにしました。 実際に使ってみた使用感はどうでしたか? 実際に商品が届いて触ってみると、柔らかくでもしっかりとしたものでした。 装着方法の説明が写真付きで細かく書かれていたので、すぐに抱っこすることができました。 おんぶは抱っこの形からぐるんと後ろに回すのですが、初めは怖かったけれど何度かするとコツがつかめて簡単におんぶができるようになりました。 腰で支えるので安定性もバッチリでした。 今までは近所のスーパーに買い物に行くにも肩が痛くて休憩しながらじゃないと辛かったのですが、sun&beachベビーキャリアにしてからはどんどん歩け、ゆっくり買い物ができるようになりました。 コンパクトにまとめられるので、持ち運びも便利でした。 汚れたらすぐに洗濯できるのも良かったです。 今は2人目の子どもに使っていますが、5年使ってもへこたれず、まだまだじゃんじゃん使えそうです。 購入後に困ったこと、もう少しこう改良して欲しいなどありますか? 私がなで肩なので、肩紐がズレやすいのが難点でしたが、肩バックルをしっかり固定することで、ズレにくくなりました。

次の

抱っこ紐が悩ましい…身長が低い人にはnapnap(ナップナップ)かsun&beach(サンアンドビーチ)か。比較してみる

抱っこ 紐 サン アンド ビーチ

人生の一日一日を楽しく送ることができたら、それ以上の幸福はないと思うのです。 子育て生活では、寝不足だったり、思うようにいろいろなことができなかったり、大変だと感じることが誰でもあるでしょう。 お気に入りのベビーキャリアを使って、街に出かけてみよう。 子供とお菓子を焼いてみても楽しいよね。 海へ行って砂浜を子供と歩いて貝を拾ったらどうだろう。 眠った子供を抱いたまま、カフェでコーヒーを飲めるかも。 晴れた日に、窓を磨こうかな。 なんでもない一日の、なんでもない楽しいことが増えますように。 ささやかな幸福が光っているのが目に留まりますように。 私からあなたへ、あなたから誰かへ。 毎日を、楽しく。 しかし、長時間のスリングは肩への負担は大きく、肩こりや腰痛に悩まされていた上、スリングはおんぶができず家事が思うようにはかどらないことにちょっとしたストレスを感じていました。 そんな時、海外では一般的な腰で支えるタイプのおんぶ紐に出会いました。 これは体に負担が少なく、10キロを超す次男でも2、3時間楽におんぶできました。 こんなに楽なおんぶ紐があったなんて、と感動したものです。 しかし、海外製のため日本人の体型に合わず余分なひもがたれさがってしまうこと、日本人のようにおんぶをして家事をする文化ではないため、デザインもアウトドア風のものが多く、着ていく洋服が限られてしまうことなどに不満を感じていました。 どこにいくにも、そのお手製のおんぶ紐をしていたある日、公園で全く知らない方に「そのおんぶ紐どこで買ったのですか?」と声をかけられました。 そのあと、何人もの人に同じ質問をうけました。 自分のつくったおんぶ紐がこれほど多くの子育て中の人々に興味を持ってもらえたことは大きな驚きでした。 「遊び心溢れる、楽しい毎日を。 人生の一日一日を楽しく送ることができたら、それ以上の幸福はないと思うのです。 子育て生活では、寝不足だったり、思うようにいろいろなことができなかったり、大変だと感じることが誰でもあるでしょう。 お気に入りのベビーキャリアを使って、街に出かけてみよう。 子供とお菓子を焼いてみても楽しいよね。 海へ行って砂浜を子供と歩いて貝を拾ったらどうだろう。 眠った子供を抱いたまま、カフェでコーヒーを飲めるかも。 晴れた日に、窓を磨こうかな。 なんでもない一日の、なんでもない楽しいことが増えますように。 ささやかな幸福が光っているのが目に留まりますように。 私からあなたへ、あなたから誰かへ。 毎日を、楽しく。

次の

抱っこひも サンアンドビーチとエルゴはどっちがいいの??

抱っこ 紐 サン アンド ビーチ

Margaret Annie OM-1 は、 デザイン性だけでなく、赤ちゃんとママの双方が快適に使える工夫が随所に感じられる非常に優秀な抱っこ紐で、全24商品中1位に輝きました! 特に驚くのは装着時のフィット感です。 腰ベルトが固すぎずカーブ状に体に沿うように作られていることや、肩ベルトや背当ての間など細かなところにまで調整ベルトを取り入れており、快適性だけでなく安全性もバッチリ。 また海外製品では難しかった体型の差による密着感の不具合を肩・腰ベルトの幅を工夫することで解決し、 小柄な日本人女性にも見事にフィット。 それでいて180センチ以上の大型パパにも使えるという便利さです。 抱っこひもをお探しの方にはぜひおすすめです。 抱っこの使用方法をご紹介します。 まずウエストにウエストベルトバックルをゴムバンドに通して止めて、お子さんを素手で正面に抱きかかえてください。 ベビーキャリアの背当てをお子さんの背中に沿わせて持ち上げたら 脇の下にベビー安全ベルトをしっかり固定。 片手でお子さんの背中を支えながら、両肩ベルトを肩にかけます。 この時ウエストベルトよりお子さんのお尻が上になるように調整。 肩の後ろの安全バックルを止め、余った肩ベルトを手繰り寄せて引き、両脇からお子さんのお尻の下に手を入れて姿勢を調整。 最後に 密着ベルトを搾ることがコツ!よりフィットし楽に感じることができるので、しっかり密着させましょう。 外し方は両脇から手を入れお子さんに装着した安全ベルトを外し、片手で安全ベルトバックルを外せば完了です。

次の