ひらがな 練習。 国語プリント幼児~小学1年生

国語プリント幼児~小学1年生

ひらがな 練習

子どもに「ひらがな・カタカナ」の読み書きをそろそろ覚えさせたいな・・・ そう考えているあなたにおすすめの練習法があります。 それは ヨコミネ式95音と呼ばれる練習法で「ひらがな・カタカナ」の読み書きを学習する方法です。 ヨコミネ式とはプロゴルファーの横峯さくらさんの伯父である 「横峯吉文」氏が発案した教育法で2018年12月9日(日本時間)にカナダのバンクーバーで開催されたフィギュアスケートのグランプリファイナルで初出場初優勝を果たした 紀平梨花(きひらりか)選手の出身の幼稚園でもこのヨコミネ式の教育法を導入しているということで話題となりましたね。 紀平梨花(きひらりか)選手の出身の幼稚園について知りたい方はこちらの記事を参考にされて下さい! そんなヨコミネ式ですが、ヨコミネ式95音と呼ばれる練習法で「ひらがな・カタカナ」の読み書きの練習をするとスムーズに覚えることができてとてもおすすめです。 今回はヨコミネ式95音と呼ばれる方法で「ひらがな・カタカナ」の読み書きの練習するやり方をご紹介したいと思います。 ヨコミネ式95音の特徴!ひらがなの覚える順番が違う!? 引用: まず上の画像をご覧ください!五十音順と違いますよね。 これがヨコミネ式95音の特徴です。 「ひらがな・カタカナ」の読み書きの練習する一般的な教材は 「あ」から始まっていくのに対して、ヨコミネ式95音では 「一」「|」「十」の順番で始まっていきます。 つまり、ひらがな・カタカナ・漢字の覚える順番がバラバラなんですね。 どうしてヨコミネ式95音ではひらがなの覚える順番が違うの? これにはもちろんちゃんとした理由があります。 一般的にひらがな・カタカナの読み書きの練習をする場合、「あ」から始めていきます。 でも実際は子どもは 「あ」「い」「う」などのふにゃふにゃした文字が苦手でなかなか読み書きができず覚えることができません。 子どもにとっては「ひらがな」よりも直線の多い「一」や「十」などの漢字や「カタカナ」の方が覚えやすいのです。 ヨコミネ式95音の練習ではこれらに着目し、五十音順で覚えていくのではなく、覚える順番を変えて書きやすい文字から練習していくことで子どものやる気を継続していく狙いがあります。 ヨコミネ式95音でのひらがな・カタカナの練習!いつからがいいの? このヨコミネ式95音を取り入れた覚える順番を変えてのひらながの読み書きの練習ですが、 2歳くらいから始めるのがおすすめなようです。 実際、ヨコミネ式の教育法を導入している幼稚園・保育園では2歳後半頃から、ひらがなの読み書きの練習を始めて、一年後くらいには習得しているそうです。 ヨコミネ式の教育法を導入している幼稚園・保育園の情報が知りたい方はこちらの記事を参考にされてみて下さい! ヨコミネ式95音を活用したひらがな・カタカナの読み書きの練習の仕方 ひらがな・カタカナの読み書きの練習をする際に上記でもお伝えしたように、覚える順番にこだわる必要はありません。 大人はついつい五十音の順番通りに覚えさせたいと思いがちですが、そこはグッと堪えて見守ることが大切です。 ひらがな・カタカナの読み書きの練習をする際、最初は文字をなぞるだけでも大丈夫です。 文字もかたちにもこだわる必要もなく、子どもが好きな順番で書かせてあげることがポイントです。 ひらがな・カタカナの読み書きの練習を行う上で子どものやる気を上手く継続させる4つのスイッチ スイッチ1 子どもは競争をしたがる スイッチ2 子どもはマネをしたがる スイッチ3 子どもはちょっとだけ難しいことをやりたがる スイッチ4 子どもは認められたがる こうやって見ると、なるほどなと思っちゃいますよね。 子どもは常に成長したいと思っており競争をしたがる。 そして人のマネをしながら学んでいき、ちょっとだけ難しいことに挑戦したがります。 このちょっとだけというのがミソで 難しいことは嫌がり、簡単なことにはすぐ飽きてしまいます。 ですので、ちょっとだけ難しいことに挑戦させることがやる気を継続させるコツになります。 そして、子どもには認めてもらいたいという欲求があります。 子どもは何かをやって認められたときに達成感を覚え、その次のステップに挑戦します。 その積み重ねが子どもの成長を上手く促すのだそうです。 ひらがな・カタカナの読み書きの練習をする際でも同じことが言えます。 通常の五十音で「あ」「い」「う」「え」「お」の順番で覚えるのは子どもにとって難しくすぐに飽きてしまいます。 そうならないためにヨコミネ式95音を活用して ちょっとだけ難しい「一」「十」などの漢字から読み書きを始め、見た文字を写してマメをしながら書いて覚えていく。 そして、できたことに対してちゃんと褒めて認めてあげる。 そうすることによって、子どもはやる気を継続させながら「ひらがな・カタカナ」の読み書きを覚えることができるということですね。 ヨコミネ式でひらがな・カタカナを覚えさせた後は? 子どもにひらがな・カタカナなどの日本語を覚えさせたあとは、 英語教育にも挑戦してみませんか? 今日、日本人は先進国の中で「英語力」が弱いとされています。 私たち、親の世代では英語が話せなくても、日常でも仕事でもあまり問題はないですがグローバル化が進む中で、これからの子どもたちはどうでしょうか? おそらく、あなたも 「これからの時代、英語は必要だ!」ということをわかっていると思います。 身近なところでも海外の英語だらけのショッピングサイトで普通に買い物したり、SNS等で海外の人と英語でコミュニケーションをしたり、英語で話している海外のYouTubeの動画を楽しんだりする人が増えてきているのも事実です。 これからもっと英語が話すことが当たり前の時代がやってくるかもしれません。 そんな時、子どもたちが困らないように少しでも英語を話せるようになったらいいなって思いませんか? 英語の教育は幼い時期から始めるのがオススメです。 子どもの脳はとても柔軟なため母語と英語の区別なく言葉を素直に受け入れることができるからです。 子供用の英語教育には 英会話スクールや オンラインスクールなどいろいろあります。 英会話スクールは体系的なカリキュラムで英語を学べ、外国講師による英語会話で直接的にふれることができるため、習熟度も早くおすすめです。 「子どもに英語の教育をしたいけど、いきなり英会話スクールに通わせるのはハードルが高いな~」 といった方は などの オンラインスクールがおすすめです。 実際に通わせなくもいいですし、パソコン一つでインターネット環境があればできますので、とてもお手軽ですよ。 一か月間の 無料体験などもありますので、オンラインスクールってどんなかんじだろう?って思った方は一度体験してみるのもいいですね^^ 「英会話スクールやオンラインスクールではなく、もっと簡単に英語にふれることができる教材はないかな~」 といった方は などのCD教育で子どもに英語を聞かせることから、始めてみてはいかがでしょうか? こちらは 楽天市場でもランキング4部門で1位を獲得した実績があるので、とても安心できる教材だと思います。 決して料金は安いとは言えませんが、英会話スクールやオンラインスクールに比べてると比較的、お手軽だと思いますので、子供の英語教育に興味がある方は良かったらどうぞ^^ まとめ 今回はヨコミネ式95音と呼ばれる方法で「ひらがな・カタカナ」の読み書きの練習するおすすめのやり方をご紹介しました。 子どもの4つのスイッチを入れて上手にやる気を引き出してあげることで、「ひらがな・カタカナ」の読み書きの練習もスムーズに行うことができそうですね。 「ひらがな・カタカナ・漢字」など覚える順番は特に気にせず、ちょっとだけ難しいことから挑戦させてあげて下さい。 カテゴリー•

次の

ひらがな練習

ひらがな 練習

利用ガイド 個人利用の方 無料 個人利用の方は無料で、このサイトの学習教材をご利用いただけます。 学力アップに役立てていただければ幸いです。 「個人利用」とは、「自己のための利用」と「家族間での利用」を指します。 家庭内以外で、問題を配布する場合は二次利用・有料となりますので、ご注意ください。 なお、広告なしで利用できる「」の会員も募集しております。 ぜひこちらもご検討ください。 二次利用される方 有料 個人利用以外・家庭内以外でのご利用・配布をされる場合 二次利用 は、有料となります。 メニューにある申請フォームからご登録の上、年会費をお振込ください。 学習塾・学校・幼稚園・保育園・各種施設 無料配布でも有料 ・医療機関での配布・家庭教師での利用をされる場合が有料となります。 施設拠点単位 住所単位 での登録が必要になります。

次の

国語プリント幼児~小学1年生

ひらがな 練習

泣いても笑っても、寝ているだけでも可愛らしい赤ちゃん。 何気なく呼んでいますが、なぜ赤ちゃんは「赤ちゃん」と呼ぶのでしょう。 不思議に思ったことはありませんか? この理由は、赤ちゃんの見た目にあります。 生まれたての新生児の皮膚はとても薄く、血管が透けて見えるほどです。 そのため、新生児が泣いた時は、顔が真っ赤になります。 顔だけではなく、体中で何かを訴えるような時は、全身が真っ赤になっていきます。 このことから 赤子という単語が生まれたと、一般的には考えられています。 「赤子」に「ちゃん」を付けるのは、親しみを込めているためです。 そして、生まれて1歳未満の赤ちゃんを、一般的には乳児と呼びます。 ここからは、乳児期の赤ちゃんがどのように発達するのか、月齢ごとに見ていきましょう。 乳児の知覚は、聴覚が先行する 人間には 視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感が存在します。 私たちは、この5つの感覚を用いて自分の置かれている環境を感じることができています。 大人の場合、「百聞は一見にしかず」とうことわざがあるくらい、聞くことよりも見ることの方が、多くの正しい情報を手に入れることができます。 一方の乳児は大人とは違い、 視覚よりも聴覚の方が先に発達するため、見て覚えるのではなく、聞いて覚える方が、先行しているのです。 対象となる乳児(生後8~12か月)に音と図形のセットを同時に聞かせたり、見せたりし続けると、乳児はその音と図形に慣れて、飽きてしまいます。 これを、馴化(じゅんか)するといいますが、再び新しい音や図形の刺激を加えると、また刺激の方を見つめるようになります。 結果として、音の刺激を新しくした方が、刺激に対する興味を持つことが分かりました。 このことから、赤ちゃんは「聞く」ことを優先していることが分かります。 概念化まで脳が発達すると、さまざまなものを見たときに、文字とイメージとを区別するようになります。 幼児向けの絵本が、文字が大きく、イラストがカラフルになっているのは、目に入ってくる情報を、色や形で覚えることを手助けしているためです。 hss. ocha. fun. jstage. jst. jstage. jst. しかしこの結果には、強制的な教え込みが介在しているのではないか、との指摘があります。 その一方で、 いやがる子供をつかまえて文字の練習を無理強いする指導方法は、文字や読み書きを嫌いにさせてしまう可能性があるので、行ってはならないとの考え方もあります。 これは文字や読み書きを嫌いになるだけではなく、さらに危惧すべき課題として、子供の遊びの変化が挙げられました。 ひらがなの読みの前提となるのは、音に対する意識の発達です。 これは自然に発達してくるものであり、それを支えてきたのが、乳幼児期からの大人とのことばのやりとりと、ことば遊びです。 ママとの会話やことば遊びが不十分なまま、いきなり文字を読む、書くような指導法は、子供の学習意欲を削いでしまう可能性があるのです。 2008年に3歳、4歳、5歳を対象に行われた、ひらがなの読み・書きに関する調査では、3歳児でひらがなを全て読めたのはわずかでしたが、4歳児ではおよそ3分の1、5歳児では半数以上の子供が、読むことが出来ていました。 また、どの年代でも「0~4文字が読める(つまり、ほぼ読めない)児」が数%はいて、5文字から60文字くらいまでは、どの年代でも読める児の割合がほぼ一定、という結果になっています。 これらを総合的に考えると、個人差は大きくなりますが、 ひらがなを正しく読めるようになるのは4歳前後であると考えられます。 全年齢では、およそ3分の1の子供が満点、4歳児では半分以上、5歳児ではほとんどの子供が、ひらがなを書けるようになっています。 ただし、0~4文字書ける(つまりほぼ書けない)子供はどの年代にもいますし、ほぼ満点の子供も、どの年代にもいることが分かっています。 しかし、3歳から書けるようになる子供がいる一方で、5歳でもほぼ書けない子供がいることも事実です。 その理由としては、発達のスピードが考えられます。 子供が文字を覚える過程として、耳から入る「言葉の意味」を覚え、ひらがななどの一文字ずつの形を覚えていきます。 1文字ずつの形を読めるようになり、指先が思い通りに動かせるようになると、徐々に「書く」ことができるようになります。 その後、一文字ずつから複数の文字を組み合わせた単語へ、さらに 意味のある単語へと発展していくことになります。 ひらがなにたくさん出合うことが、必要というわけです。 ひらがなをスムーズに書ける子供の多くは、小さいころから絵本などでひらがなに触れる機会が多いと考えられます。 最初は誰しもひらがなが読めませんし、もちろんその意味もわかりません。 子供に読めないものを見せても、と思うかもしれませんが、 子供は文字を形として覚えることから始め、徐々に読めるようになっていきます。 最終的には書けるようになることが目標ですが、まずはひらがなに触れる機会をたくさん持ち、読めるようになることが第一でしょう。 実はひらがなって、大人が書いても結構書くことが難しい、上手くバランスを取るのが難しい文字なのです。 子供が書くとなると、ますます難しいでしょう。 最初のうちはキレイに書けなくて当たり前。 ちゃんと覚えて書けていたら、「よく書けたね」とほめてあげます。 字を書くことが嫌いにならないように、焦らず見守ってあげましょう。 国語力は、すべての学力の基本となりますから、 「語彙力」「読解力」が重要になってきます。 「 語彙力」は、言葉の知識とそれを使いこなす力、「 読解力」は、文章の内容を理解する力をいいます。 文章を読むために必要な語彙力や読解力を発揮するのは、国語の授業だけではありません。 数学の文章問題や社会の穴埋め問題にも、語彙力や読解力は必要です。 とはいえ、「語彙力」「読解力」はすぐに身につくものではありません。 たくさんの文章を読み、たくさんの言葉に触れることで、徐々に身についていくものです。 小さいうちから文字に触れ、本を読む習慣をつけてあげることが大切です。 まずは読めるようになることに重点をおいて、たくさん本と触れ合ってみましょう。 外出すれば、駅構内やビルの看板など、見渡せば、あらゆるところに文字が書かれています。 家庭内においても、お菓子や食品のパッケージにたくさんの文字が書かれています。 電車が好きな子の場合は、駅や電車に使われている文字をいち早く習得していくのではないでしょうか。 子供は、自分の興味があるものや好きなものから文字を習得していきます。 意味は分からなくても、声に出して読めるようになったらほめてあげることで、子供はさらに文字を習得しようとします。 お子さんと一緒に、周りにある文字にたくさん触れ、読める文字を増やしていきましょう。 これは、小学校に入学すると急に、それまでの生活とは大きく変わることにより、子供がそれを受け入れられなくなって起こる問題と考えられています。 例えば 遊びから学びが中心になること 授業中は、席を立つ、お友だちとおしゃべりをすることが「悪いこと」になること 経験のカリキュラムから、学問の体系を重視したカリキュラムへ変わること などの変化を受け入れることができず、 集団生活が出来なくなってしまうのです。 小学校では、教科書が学びの中心ですが、そこには文字が書かれており、読める、書ける、単語を使って表現することが、求められるようになります。 さらに、「文字を使って誰かに何かを伝えたい」と考えられるようになれば、自分なりの物語を作り出すようになり、想像力が豊かな大人へと成長していきます。 hss. ocha. fun. jstage. jst. 例えば、家の中にあるものに限らず、外出した時に見た看板の文字や、ロゴに使われる文字などの読み方を、 家族が答える形で覚えていくことが多いでしょう。 図鑑なら、そこにあるイラストや写真の名前を耳から覚え、一緒に書かれている文字を形として覚えていきます。 場合によっては、カレンダーにある漢字の形と、読み方を覚えていることもあります。 保育園や幼稚園に通うようになると、お友だちの名前、自分の名前、教室の名前など、いたるところに貼られているひらがなを、読み方と文字の形で覚えていきます。 この文字が出ると番組が終わる、ということに気づくと、「終」という文字は「おしまい」という意味を表す、ということを理解してきます。 すると、ひらがなやアルファベットが読めないときでも、「終」という文字の形、意味を理解することもあるのです。 しかし最初の頃は、あまり複雑な形状や色を認識できないため、形は丸、色は赤、青、黄などはっきりとした色を覚え、区別ができるようになります。 実際、複雑な形の「を」や濁音のある文字よりも、「あ」や「み」などを先に読めるようになる子供が、多いようです。 hss. ocha. fun. takamatsu-u. arskiu. jimu. yasuda-u. pdf 親と子の接し方で、ひらがなの習得はこんなに違う 躾スタイルで変わる、子供の文字習得率 前掲の、2008年に行われたひらがなの読み・書きに関する調査では、家庭での躾スタイルを3パターンに分け、それぞれのスタイルと、読み書き能力の習得には、一定の関係性があることが示されています。 中でも、 共有型と呼ばれる躾スタイルをとっている家庭の子供は、読み書きともに比較的習得率が高く、 強制型と呼ばれる躾スタイルの家庭では、習得率が比較的低くなるという結果になったのだそうです。 例えば、 絵本を読むとき、「子供と物語を楽しむ」ことを優先しますか? あるいは、子供に「内容を理解させる」ことを優先しますか? この2つの場合を比較すると、 前者の方が読み書き能力が高くなる傾向にある、ということです。 つまり、ひらがなを教える時には、読み方でも書き方でも、無理に「覚えなさい」と教えるのではなく、 覚えようとする子供の気持ちを優先し、覚えることを楽しめる環境を作ってあげることが必要なのです。 hss. ocha. mext. pdf ひらがなを覚えるベストなタイミングと教え方 自宅でひらがなを教えるのであれば、あいうえお表や、読み・書きができるワーク(ドリル)などがあり、ひらがなを覚えるには良い道具となります。 学びをスタートするベストなタイミングは、子供がひらがなに興味を持ったときです。 子供が興味を持ち、自分から取り組める 年齢の目安は、読みは4歳、書きは4~5歳です。 自分の名前や、お友だちの名前の字から覚えるのも、楽しいですよね。 最初は「く」「し」「つ」「へ」のような、一筆で書ける文字から始めると良いでしょう。 気を付けたいのは、 最初から厳しく添削すると、子供はやる気をなくしてしまうということです。 子供自身が「何が違うのか」を理解し、楽しみながら学べる工夫も必要です。 ひらがなで何かを書いてみよう 鉛筆を握るのも初めてで、握り方も知らない。 筆圧も不安定。 ましてや、ひらがなは大人でもバランスを正しく書くのが難しい文字なのですから、最初からキレイに書ける子供はいません。 しかし、上手く書けないからと、書くことが嫌いになることは避けなければなりません。 読めたからすぐ書けるわけではありませんから、焦らず、ゆっくりと進めていきましょう。 直線と曲線の書き分けができるようになったら、ひらがなに挑戦しても大丈夫です。 上手に書けたら、自信につながります。 書くことが面白いと感じれば、習得スピードも速くなるでしょう。 50音表全体をみてみると、「あ」は、ひらがなの中でも難易度の高い文字なのです。 直線、ほんの少しカーブした直線、さらに大きく円を書くようにカーブした曲線、これをバランス良く配置しなくてはいけません。 普段、私たち大人は何気なく「あ」を書いていますが、こうして動作を分解して考えると、「大人でも難しい」ことがお分かり頂けるのではないでしょうか。 まずは、自分の名前にあるひらがななど、身近で簡単なものからはじめると良いでしょう。 子供が書きたいひらがなを、好きなだけ書かせてあげましょう。 そして、親は書いた文字に対して花丸を付けたり、ほめてあげることが大切です。 つい、 「ここはこうしたほうがいいよ」と口を出したくなりますが、ここは我慢です。 漢字が先?ひらがなが先? もちろん、 ひらがなを先に覚えなくてはならないということはありません。 カタカナでもよいですし、漢字でも良いのです。 「ノ」「へ」「エ」「コ」「ト」などのカタカナや「一」「二」「土」「日」などの漢字の方が、簡単にキレイに書けるかもしれません。 しかし本来は、書くことに興味を持つことが大切なので、子供の思うままにさせてあげましょう。 子供は何事も興味を持つと、学びたいという感情になると考えられます。 文字に興味を持ったならば、おそらく「これって、なんて読むの?」「この漢字書きたいんだけど、どう書くの?」など、質問攻めになるかもしれません。 時には子供と手紙の交換をするなど、文字に触れ合う機会をたくさん作ってあげるようにしましょう。 少しずつ文字が書けるようになれば、自信につながり、もっと文字に触れたいと感じるようになるでしょう。

次の