あたらよづき。 【デレステ】義勇忍侠花吹雪に魅せられた男、いざ尋常に好きを語る~花吹雪で舞う~

義勇忍侠花吹雪 (ぎゆうにんきょうはなふぶき)とは【ピクシブ百科事典】

あたらよづき

彼女らで「インディゴ・ベル」!• 彼女がちゃん! 今年の第9回シンデレラガール総選挙にて、パッション1位、総合6位という好成績を残すゆるふわなパッションアイドル! パッションユニットを代表する元気なトリオ『ポジティブパッション』の一員でもありますが、今回は穏やかで平和な一面を見せてくれそうですね。 彼女がちゃん! ドジっ子な巫女さんであるキュートアイドル! よくずっこけたり噛んだり、バナナの皮を踏んだりします。 だけど神社の境内では一度も転んだことはないようです。 霊験あらたかとも言えるし、歌鈴ちゃんの信心のおかげともいえますね。 代表的な参加するユニットは『 可惜夜月 ( あたらよづき )』です。 彼女とちゃんとちゃんによる和風なトリオですよ。 ということでイベント予告「ほほえみDiary」についてでした。 ガシャ更新もその時であります。 次のガシャ更新にはちゃんのブライダルが欲しいです。

次の

浜口あやめ

あたらよづき

今回のイベント曲は可惜夜月が歌う「義勇忍侠花吹雪」 今回のイベント曲は 「義勇忍侠花吹雪」でした。 ぎゆうにんきょうはなふぶきと読みます。 曲名だけを見ると向井拓海さんが喜びそうですねw 可惜夜月のメンバーはこの3人だ! そしてそんな曲を歌うメンバーは… 道明寺歌鈴ちゃん! 脇山珠美ちゃん! 浜口あやめちゃん! 以上の3人です。 チーム名は「可惜夜月」、 あたらよづきと読むみたいです。 今回は漢字の勉強が捗りますね。 実はこの3人組がイベントで登場するのは2回目です。 1回目もこのLIVEParadeで登場しました。 その時に歌ったのは 「キミのそばでずっと」です。 本来は第5回目シンデレラガール総選挙上位のアイドルが歌っているのですが、デレステではこの3人が歌っています。 そしてこの3人に小早川紗枝、依田芳乃を加えたユニット、春霞では 「桜の頃」を歌っています。 デレステの和風ユニットとして今後も活躍してくれると嬉しいです。 今回のドレスコーデはイベント衣装に合わせました 今回もドレスコーデ頑張りました。 イベント衣装に頑張って合わせた結果がこちらです! カラーが思っていたより豊富ではないので大変でしたが、こんな感じではないでしょうか。 青っぽい緑色のベースカラーが欲しいですね。 無いのでそれっぽい色の組み合わせにしてみました。 今回は3人分のカラーを考えたので楽しかったです! 今回のイベント報酬 今回のイベント報酬は、 下位報酬が 道明寺歌鈴ちゃん 上位報酬は 浜口あやめちゃんでした! イベントの結果と反省 このイベントは自由度が高い上にイベントランキング報酬がありません。 しかしイベント終了日翌日にハイスコアランキングの発表はあります。 まあいつものことですねw 正直ハイスコアは捨てているのでそこは大丈夫です。 LIVEParadeあるあるだけど、ハイスコアが他のイベントと比べて数字が小さいですね。 これはゲストが設定できないので全員共通です。 次は達成pt報酬状況! 無事に全部の報酬を貰うことが出来ました。 今回の目標だったので達成できてよかったです。 続きまして達成動員数ボーナス! こちらは全報酬貰うことはできなかったものの、スタージュエルは全部回収できました。 正直今回はのんびりしていたのもあってここは反省点ですね。 そしてLIVEParade特有のアイテムの存在を今まで忘れていました。 営業で手に入れることが出来るこれらのアイテムですが、 1年以上存在自体を失念していました。 お前何年デレステやってんだよ!!!! って言われると思いますが、今回のイベントで思い出して本当に良かったです。 2か月後は忘れずにきちんと使用したいですね。 そしてアイテムが無くなったらマニーで動員数を上げることが出来るのでこちらも有効活用したいですね。 いつもの譜面の感想 今回も譜面の感想を書いていきます。 MASTER 初見AP出来たぜ! この譜面ね、本当に楽しかった。 ノーツは多いけど癖が少なくて本当に遊んでいて楽しかったです。 しかしスライドが未だに苦手なのですよ。 きちんと練習しないとできないと思うので…苦手意識を…なくそうじゃないか…。 が…がんばりまし! 和ロックってかっこいいね と言うわけで、LIVEParadeの振り返りでした! 今回は譜面が楽しかった上に和ロックでとてもかっこいい曲でとても良いイベントだったと思います。 MVの演出もかっこいいので今日も何回か見ましたね!.

次の

(CD)THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 36 義勇忍侠花吹雪 (浜口あやめ、脇山珠美、道明寺歌鈴、北条加蓮、神谷奈緒、星輝子、向井拓海、村上巴(CV:田澤茉純、嘉山未紗、新田ひより、渕上舞、松井恵理子、松田颯水、原優子、花井美春) 他)

あたらよづき

初めまして、ぺいといいます。 依田芳乃、神谷奈緒を担当しており、今回のライブを経て佐久間まゆの担当にもなりました。 大阪公演の2日間、そして7thツアー全編終了お疲れ様でした! 今回の7thツアー、幕張、名古屋、大阪と続いていきましたが、初めて全通する事が出来ました。 半年間頑張った達成感が半端ないです。 二の腕が未だに悲鳴を上げています。 それでも指と頭は動くので鮮明に記憶できているうちに色々書き連ねたいと思います。 2月15日(土)Day1のセトリとなっております。 早速、Day1から振り返っていきます。 後程Day2も振り返っていきますが、2日間共披露した曲の感想はDay1の方にまとめて書きます。 1.ガールズ・イン・ザ・フロンティア もうこの時点で今回の大阪公演はやばいぞ!、って分かりましたよね。 今まで5人で歌われてきた曲を、全体曲で、スタンドマイクで、1曲目で、生バンドで。 クリムゾン・ロッカーズという新衣装を携え、赤いマントをたなびかせながら歌う姿はかっこいいの一言。 そしてふーりんの「拓け!」はやっぱり最高だなぁ…と。 6thの時のまつえりやすみぺも最高だったんですけど、やっぱりガルフロのこの部分はふーりんだなぁ、って再認識させられました。 2.Unlock Starbeat デレステで事前に発表されていた大阪公演のテーマ曲。 ガルフロよりも明るくて楽しそうに歌っているのが印象的でした。 サビの最後の「Here we go! 」は多分叫んで正解だったはず…。 3.Lunatic Show 1日目はアリーナBブロックだったのですが、今まで聞いてきたルナショは何だったんだくらいの音圧の違いをぶつけられました。 ドラムが響く響く。 さっつんがちよちゃんと楽しそうに肩寄せて歌っているのが最高にエモかったのと、Shock'in Pink! ってユニットを組んでいる美玲と里奈も最高にかっこよかったです。 ルナショはサビのラストの指を空に突き上げるのを少し溜める振りが凄く好きです。 一緒に上げてしまいます。 4.美に入り彩を穿つ りっか様がMCで触れていましたが、ベースがマジでやばかったです。 これは現地じゃないと味わえないなぁ…と感動していました。 美彩の時だけお揃いの折り鶴のピアスを付けていたとか羽衣小町尊いがすぎる。 5.Spring Screaming Day1のみ あぁ!この曲楽しい!ってなりました。 初披露とは思えないほどコールが揃っていたので楽しかったです。 皆待ち望んでいたんだろうなぁ…。 あわよくばDay2でもやってほしかったなぁ…っていうのが本音。 -Heart Beat Version- * Asterisk が揃っていて、かつ生バンドという事もありこのバージョンを期待していました。 JUNGOありがとう! オーバーは安定して盛り上がるし楽しいし完璧でした。 2番Aメロで2日連続ハイキックをしてくれたるーりぃには感謝しかない。 7.Nocturne スタンドマイクではない、振り付きのノクターン。 オリメンが川島さんしかいなかったのかと気付いたのはライブ後でした。 クール色が強い中で、牧野さんと花井さんは強いなぁ…と思いました。 ここまでMCを挟まずに通しでやっていたのですが…、Day1の時は(これ休ませる気ないな…?)って思っていました。 序盤から飛ばしすぎなんだよ…!!! 8.オウムアムアに幸運を MCを挟んで、個人的にはすごく聞き慣れた曲。 何回も聞きました、主に奈緒ソロリミックスですが。 正直この曲に関しては今回、回収できるとは思っていなくて…というのも、この曲はヴァリサの初ライブの時に披露するんだろうなぁ…と思っていたんです。 オリメンもちとせと奈緒の二人しかいませんでしたし。 なので、イントロ流れた瞬間思わず「やってくれるのかよ…!」って口から零れていました。 誰が歌うんだろうと思っていたら、佐倉さんとまつえりの二人。 私はアイマス声優の知識はある程度勉強してきましたが、佐倉さんがどのくらい場数を踏んできている方か、どのくらいの力量をお持ちの方か正直知らなくて。 だから正直この二人で初披露って大丈夫なのか…?って思っていました。 まぁ、そんな心配は全く以て杞憂だったのですが。 いやぁ、佐倉さん凄いですね。 あのまつえりに付いて行くどころか肩を並べて歌えるんですもの。 全然負けてないどころか、ちゃんと闘えてる…って感動しました。 まつえりに関しては、本当に好きだなぁって思いました。 声に籠った力強さ、振りの激しいダンス、どれをとっても最高だ!と。 本当に気持ちよさそうに、楽しそうに歌うまつえりの姿が大好きなんですよね。 「飛び交う速度はマイナス」の部分の歌い方が、もうまつえり好き!って感情が溢れ出しました。 いつかオリメン5人で歌ってくれることを楽しみにしています。 9.義勇忍侠花吹雪 可惜夜月(あたらよづき)の初披露曲ですね。 最高でした。 元々ライブ映えする曲だとは思っていたのですが、生バンドで更に進化していましたね。 独特なダンスの振りが可愛くカッコ良かったです。 にしても新田さんの髪がしゃなりしゃなりサラサラと動いて別の生き物のように跳ねていました。 可愛い。 10.Gaze and Gaze フォーリンシーサイド(川島瑞樹、村上巴)による未発表初披露曲。 全く聞いたことのないかっこいいイントロだったので、この二人が歌うのかと分かった瞬間は驚きでした。 果たしてどんな歌なのか。 もうVo力とVo力によるぶつかり合い。 もう間奏中とか(やべぇ…!やっべぇ…!!)ってなっていました。 (多分口に出していたかもしれない)ミリオンのハーモニクスみたいな印象でした。 ただひたすらにカッコいい。 今回のライブ、巴役の花井さんの可能性を見せ付けられたように感じました。 まぁ、演歌も歌える時点で実力はデレ声優の中でも抜きん出ている方だと思いますが。 11.生存本能ヴァルキュリア オリメンの洲崎さんと亜美菜さん、そしてVelvet Roseの佐倉さんと関口さんの4人によるヴァルキュリア。 無事生き残れました。 やっぱりこの曲は盛り上がるなぁ…。 そしてギターがカッコいい。 関口さんの表情が全く変わらないのが千夜ちゃんって感じがして好きってなりました。 12.Trust me オリメンのまりえってぃ、舞さん、飯屋さん、牧野さんに加え、LittlePOPSの朝井さん、ちよちゃん、志貴くんの計7人で歌っていました。 前述していますが、Day1はアリーナBブロックと割と前めだったんです。 なので、例のアレをいきなり食らってしまったわけですよ。 「発火!」を。 いやぁ…、まさか本当にステージ上から発火するとは誰も思わないでしょう。 「あっつ!!!!」ってなりました。 Day2はスタンド下段だったので熱さは感じませんでしたが、あんなに火柱高く上がっていたんだ…って冷静に見られました。 発火一発3万円だそうです。 私達の天井が演出の一部になっていると考えると安いもんですね。 (?) 13.薄荷 -ハッカ- Day1のみ MCを挟むと今までとは打って変わって静かなステージに。 生バンドとはいってもアコースティックライブに変わりました。 このアレンジが本当に良かったんですよね…。 舞さんの歌声に聞き入ってしまいました。 感情の籠め方の違いや、歌詞の汲み取り方や、もう普段聞く薄荷とはぶつけられた感情の量が違うように感じてしまって…。 今回のライブ、連番相手が加蓮Pの方だったのですが、隣からすすり泣く声が聞こえてきて(まぁそうなるわな…)と思いました。 かくいう私も泣いていたのですが、周囲からも泣き声が聞こえてきていたので皆同じ気持ちだったのでしょう。 MCで言っていましたが、発火からの薄荷という流れは色んな意味で完璧だったと思います。 14.in fact Day1のみ アコースティック・アレンジされると歌い始めるまで誰のどの歌を披露するのか全然分からなくてとても面白い試みだったと思います。 ありすは幕張の時に"to you for me"を披露していたので、この曲もどこかで聴きたいなと思っていましたが、まさか生バンドの大阪でこのようなアレンジで聴けるとは思わなくてびっくりしました。 普段よりも悲しげではなく、少しだけ明るくて前向きな"in fact"。 この曲が披露される時というか、ありすのソロ歌う時ってステージに一人ぽつんと立っているイメージが強かったので、生バンドの人と視線を合わせたりして皆で作っている印象を受けてとても良きでした…。 亜美菜さんの表現力の高さにただただ圧倒されていました。 15.Frost Day1のみ 今回絶対に回収したかった曲。 真礼さん来て下さって本当にありがとうございます…オリメン最高でした。 この曲の記憶がほとんど無くて…ずっとまつえりを見続けていました。 少し切ない笑みを浮かべながら歌うまつえり綺麗だなぁ…って思っていました。 この曲って会場全体のペンライトの色どんな感じだったんでしょうね。 個人的には真っ白になってくれていたらすごく嬉しい。 16.White Again Day1のみ ピンクチェックスクールと羽衣小町が歌ってくれていましたね…。 右側で踊っていたりっか様とルゥちゃんの二人をずっと見ていました。 可愛い…尊い…ってなっていました。 気のせいではなかったら"Frost"もこの曲も生バンドでは無かった?ような気がします。 17.夢をのぞいたら Day1のみ この歌尊い…。 歌詞が本当に良い…。 エモい。 声付きたての子達が歌うのが更に良さを際立たせますよね。 そしてりあむも雪美ちゃんも演じられている声優さんが本当に凄すぎる。 星希さん、中澤さんこれからもよろしくお願いします…。 正直大阪は二日間とも"Sun! High! Gold! "を聴くもんだと思っていたのでこの曲も回収できて良かったです。 18.Palette ピンクチェックスクールの初披露曲ですね。 この曲を生バンドでやるとどうなるんだろう…?と思っていたのですが、生バンドらしいアレンジが施されていて良いなぁ…と感じていました。 あと結構曲自体が早くてダンスも激しい曲だったんだなぁ、とびっくりしました。 振りが細かくて難しそうだけどデレステのMVと全く同じだやべぇ、ってなってました。 ホテル連番した相方が美穂Pだったのですが、Day1終わった後に感想を聞いたら、間違いなく見たはずなのに記憶が無いと嘆いていました。 Day2は来るタイミングが分かっていたから前もって気持ちを作れていたみたいです。 19.おんなの道は星の道 Day1 お嬢最高です。 生バンドの演歌とかもう聞くことがあるのかってレベルで希少ですよね。 花井さんはこの曲を披露する度にどんどん上手くなっている気がします。 元々歌お上手なのにどれだけ上手くなれば気が済むのか…。 少しずつ「お嬢!!!」って叫ぶ人が増えているのが良いですよね。 かくいう私も叫んでいましたが。 20.PANDEMIC ALONE Day1 Day1のMVPだと思っています。 めちゃくちゃぶち上がりました。 何回「ヒャッハー!」って一緒に叫んだことか。 あとアリーナ何回も燃やされて熱かったです。 UOが何本お亡くなりになった事か。 さっつんの表現力と歌唱力の高さに驚かされる大阪公演でしたよね…。 Day2でも大活躍すぎて、大阪公演全体を通してのMVPと言っても過言ではないですよ…。 本当に良かった。 21.Max Beat 待ちに待った"Max Beat"。 レーザーがめちゃくちゃ激しく動いていて盛り上がりましたね…。 あっちゃんと新田さんがクール面子に混ざって歌っていましたけどとても良かったです。 Day2の時に会場全体を見ていたのですが、青曲によくあるサビ前まで青色一色なのにサビに入った瞬間UOが焚かれてオレンジが混ざるのが綺麗なんですよね~。 22.Fascinate miroirもVelvet Roseの二人もそうなんですけど、これが初めて出演したライブで、初披露された曲の完成度なのか…?って思いましたよね。 圧倒的物量で殴られている感覚。 たまらなかったすね…。 佐倉さんが本当に歌上手い人なんだなぁ…と思ったのと、関口さんが歌っている時本当に千夜ちゃんみたいなんですよね。 もしかしたら緊張していたのかもしれないですけど、表情が全然動かなくて、淡々と歌っている感じがして、だけどちとせお嬢様に負けないぐらい力強く歌っていて、とても良かったです。 赤と白のペンライトが揺らめいていてとても素敵な光景だなぁ、と思っていました。 スタンドから見ている感じですが、この曲はUOよりもUR(ウルトラレッド)の方が似合う感じがしますね。 UOだと眩しすぎる印象を受けました。 23.双翼の独奏歌 もう大阪行く前からこの曲が楽しみで楽しみで…。 ダークイルミネイト最高でした。 台詞パートの尺が2日間とも完璧でしたね。 真礼さんも志貴くんもとてもカッコ良かったです。 MCで真礼さんと志貴くんがイチャイチャしているのを知さんを筆頭とした小学生男子たちに弄られている二人が可愛かった。 てかステージにいる全員可愛かった。 次披露されることがいつになるのかってレベルだと思うので現地で見られて嬉しかったです。 24.Rockin' Emotion Day1 *(Asterisk)withなつなな(なつきち以外)とノーティギャルズによる披露でしたね。 生バンドが良く映える曲です。 この曲やってくれてありがとう!!!だけど!!!なつきちには来てほしかった!!!!!!!!!という感想に尽きる…。 25.アンデッド・ダンスロック ちっすーとちよちゃんの声のバランスの良さ凄いですよね。 この激しい曲でちっすーの強い声だけしか聞こえないなんてことは無く、ちよちゃんの声もちゃんと聞こえるこの曲凄いなぁ…と思いました。 あと、アリーナ熱かったです。 サビの「 Undead Dance-rock 」は私達がコールする所だよ…ね…??割と私は叫んでいました。 26.Absolute NIne Velvet Roseと可惜夜月による披露でした。 やっぱりこの曲強いし盛り上がるし最高ですわぁ。 「絶対!!」って叫ぶのが楽しすぎる。 ライブ特有の特殊イントロ流れた時点でUO準備しましたよね。 そして生バンド映えする曲やなぁ…って思いました。 この感想多いな。 オリメンの美玲と輝子、そしてデレのアイドルの中でも個性が強めなみくにゃん、ウサミン、美波、瑞樹さんという面子で歌っていましたねぇ。 (まぁデレのアイドルの中で個性が弱いアイドルなんて全然いないんですけど。 ) もうこの曲は定番になってきていますよね。 あとこの曲も熱かった印象です。 28.Trinity Field 「光る螺旋を描いて行く」の時点で、来たぞーーー!!!ってなりました。 今回3人のペンライトを準備していたのでトライアドのマークを作る事が出来ました。 Day1のアリーナにいた時は目の前にまつえりが来ていたのでテンションがめちゃくちゃ上がりました。 流石トライアドのダンス担当と言われるだけあってダンスが激しいし上手いし、それでいて本当に楽しそうに歌うし、「(あぁ…担当で良かった)」って思いました。 Day2はスタンドから俯瞰で見られたのですが、会場の至る所に見えるトライアドのマークが綺麗だったし、3人のペンライトの色が混ざり合っていてとても綺麗だったんですよね…。 ふーりんも舞さんもまつえりも流石のパフォーマンスを安定して見せてくれるしトライアドって最高だなぁ、ってなりました。 (Trancing Pulseも聞きたかったけど、綺麗な景色が見られたので満足です…。 次を楽しみにしています。 ) 29.HOT LIMIT Day1のみ イントロ流れた瞬間は(これ何の曲だ…?)って全然分かっていなくて、はっしーが「島村卯月!HOT LIMIT歌います!!」って言うまで気付かなかったです。 予想外すぎましたね。 めちゃくちゃ盛り上がりました。 正面から送風機受けているはっしーが面白…可愛かったですね。 なんでこの曲を卯月らしさを出しながら歌えるんでしょうね、やっぱり声優さんって凄いなぁ…。 そして(この曲をDay1でやってくれた後に、Day2は何を歌うんだ…???)ってなりましたよね。 同じT. Revolutionの"HIGH PRESSURE"か"WHITE BREATH"とか、SPYAIRの"RAGE OF DUST"とか、アンダーグラフの"ツバサ"とか色々予想が立っていましたが…。 まさかDay2であの曲をやってくれるとは。 30.純情Midnight伝説 炎陣(なつきち以外)と春色姫君(美穂、紗枝)による披露でしたね。 津田ちゃんの力強い感じ、りっか様のはんなりした感じ、炎陣のいつも通りの疾走感が重なっていて凄く良かったです。 コールが楽しいし、UOは自然と無くなっていくし、この曲をラストに持ってくる理由が分かるなぁ…って感じでした。 春色姫君の新曲も欲しかったですけどね、それはまた次の機会に。 31.EVERMORE はっしーが「次が最後の曲です!」って言った瞬間、(え?もう???)ってぐらい体感の時間が短かったように感じました。 特にDay1が。 イントロ流れた瞬間、(あ、エモい曲だ)ってなりました。 悲しくならない〆る曲がデレは本当にたくさんありますよね。 また次が、この先があるよ、って曲でPを泣かせてくるのは本当にずるいなぁ…って思いました。 もう最近はこの曲を聴くと、(7th終わっちゃったんだなぁ…)って気分になります。 涙が出そうになる。 何回聴いても色褪せない曲でした。 32.TRUE COLORS この曲の為に色んな色のペンライトを購入して用意したんだ、って思いでした。 "TRUE COLORS"って本当に良い曲だなぁ…、って公演を経るごとに感じました。 「一人一人 違う色抱えて 素敵な旅路は 続いてくから」 「あなただけの色と わたしらしい色で 虹の橋を架けよう」 個性が輝くシンデレラだからこその歌詞ですよね。 さっつんが挨拶の時に「輝子は万人受けするアイドルではないかもしれない」って言っていたのが印象的で、個性が輝いているアイドル達が集まっているからこそ、全く同じ内容が無い、Pの予想外を狙える面白いステージが作れるんだなぁ、と思いました。 次にこの曲を聴けるのはいつになるのかな…。 新しく声の付いたアイドルが出る度にこの曲を歌ってほしいですね。 33.お願いシンデレラ この曲に関して言う事は無いでしょう。 楽しかった。 いっぱいありがとうを伝えられた。 それだけで十分。 次の9月に行われるライブまでお預けになるかもしれないけど、また次があるって決まっているのは良い事ですね。 Day1はUO余らせていたんですけど、Day2はこの時点でUOが0本になっていたんですよね…。 58本…。 Day1の感想は以上になります。 生バンドってこんなに違うんだなぁ…って印象でした。 そして、アリーナに行ったのが初めてだったので、今回生バンドでアリーナに行けて良かったです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ここから下はDay2のみに披露された曲の感想を書いていきます。 もうこの時点でだいぶ文章多いですね。 読んでくださった方ありがとうございます。 もうしばらく続くのでお付き合いください。 2月16日(日)Day2のセトリとなっております。 5.Virgin Love Day2のみ Day1の内容が濃すぎてホテル帰るまで(そういえばやってなくね…?)って気付きませんでした。 無事回収できて良かったです。 両端のステージから全速力で走っていく原ぼうと金子さんかっけぇ、って思いながら疾走感を感じていました。 あと二人の声量がやばい、よく通る。 間奏のギターソロ、IMAJOさんぱねぇ。 13.Voyage Day2のみ Day1のアコースティック・アレンジのコーナーの攻撃力が高かったのでDay2ははたして誰が歌うのかと思っていた矢先、女神の登場。 声が透き通っていて、清い空間が生まれていました。 P達が振る青いペンライトが波のように揺れていてすごく綺麗だったんですよね。 このコーナーでやった曲、全て音源化してほしいくらい完成度が高かったです。 大阪の円盤の購入特典にCDお願いします。 幕張公演で亜美菜さんと二人で披露した"エブリデイドリーム"も相当衝撃的でしたが、今回のメドレーは反則ですよ…。 1番の"エブリデイドリーム"を聴いた時、とても悲しい歌に聴こえたんです。 牧野さんはまゆが日記帳を読んでいるイメージで歌っていたそうですが、過去を思い出しているといっても、悲恋の歌に聴こえてしまったんです。 すごく熱のこもった牧野さんの歌い方が、自分にそう錯覚させたのかもしれませんが。 もう1番の時点で目の前が霞んでほとんど何も見えてなかったです。 赤いペンライトがゆらゆら揺れている景色が微かに見えていました。 2番から少しテンポが変わって"マイ・スイート・ハネムーン"に変わった瞬間のP達の溜め息といいますか、歓声が未だに忘れられません。 なんか、まゆの恋が報われた感じがしてまた更に涙を流してしまっているわけですが…。 歌い終わった後の拍手の長さが、このメドレーがどれだけ素晴らしかったか物語っていました。 本当に現地で聞けてよかったです。 このメドレーを通して、牧野さんの歌唱力とか表現力の高さに完全に魅せられましたよね。 ありがとうございました。 おかげさまでこの時から佐久間まゆの担当になりましたので頑張って勉強していきたいと思います。 15.夏恋 -NATSU KOI- Day2のみ 前の曲がまゆメドレーだったので、(この後にやる曲は記憶に残りづらそうで可哀想だな…)なんて思っていた当時の自分を殴りたい。 めちゃくちゃ良かったです。 正直、こんなにライブ映えする曲だとは思っていなかったからこその驚きだったと思いますが、Bメロのコールがあんなに共鳴するとは思っていなかったんですよね。 それとオリメン3人の声のバランスの良さ。 高域の亜美菜さん、中域のルゥさん、低域のちっすーが組み合わさった時の破壊力といったら凄いですね。 これは夏恋-NATSU KOI-バイブス記念日になりますわ…。 16.Great Journey Day2のみ イントロの時点で(全く知らない曲だ…)と思ったので誰が歌うんだってステージを凝視していたらすごーーーーく見覚えのある3人が並んでいるのが見えたんです。 大きなモニターに3人の名前が出た瞬間叫びましたよね。 「ニュージェネじゃん!!!!!!」って。 ニュージェネの新曲って本当に久しぶりですよね。 誰もが待ち望んでいたと思うのでめちゃくちゃ嬉しかったです。 コールらしい部分があったのが分かりましたが、もうP達も訳が分からず叫んでいる感じありましたよね。 あれはあれで楽しかったです。 振りの一部に今までの曲の振りが使われているのが分かって、(うっわ、尊い)ってなりました。 やっぱりニュージェネ尊いがすぎる。 事前に発表されていたプリコネとのコラボ曲だそうですね。 デレステにも後日追加される予定との事で楽しみです。 17.Sun! High! Gold! Day2のみ もうこのパート情報量が多すぎてつらいのに、ここにきてこの曲を初披露とか本当に頭がおかしい。 (褒め言葉) 1番はゲストの2人で。 2番からは未央と加蓮を含めた4人で歌っていました。 コールが楽しいんだ、またこれが。 2番の「だいぶかかったよ それでも咲いたんだよ ようやく 満開のひまわりが」を未央に、「思い出は美化されがちだけど 育つ過程もぜんぶ金色」を加蓮に歌わせたのは本当に神だなと思いました。 すごく明るい曲なのに、涙が出そうになる。 総選挙曲は色んな思いが込み上げてくるから本当に好きです。 19.Twilight Sky Day2のみ だりーのソロを* Asterisk の二人で披露してくれました。 デレパのCDに収録されているんですね、持っていなかったので知らなかったです。 買います。 Day2がスタンドからだったのでトワスカの綺麗なオレンジと青が見られて最高でした。 P達流石仕事出来るなぁ…、と感心していました。 (まぁ、本当に綺麗に分かれていたのは1番くらいまででそれ以降は少しずつUO焚かれてんなぁ…って感じでしたが) 今回るーりぃが出番あった時って全部* Asterisk で出てたんですね。 "Sparkling Girl"も好きなのでやってほしかったなぁ…とは思いました。 ロックですし。 20.無幻ノ救憐唱 ~堕チル星ノ調ベ~ Day2のみ 蘭子のソロ、やっぱり未披露だった曲を歌ってくださいました。 ぶち上がりました。 あんなに難しい曲を歌いあげる真礼さんすっげぇ…ってなってました。 そして蘭子らしく、可愛くてかっこいいんですよね。 皆待ち望んでいたんだな…ってのが分かる盛り上がり方でしたよね。 流石シンデレラガールは違いましたわ。 もっと蘭子は色んなユニットで出番増えて欲しいです。 まぁ、キャラとか性格とかを加味するとソロで披露しているのが凄く似合っているのでしょうがない部分はありますが…。 もっと他のキャラと絡んでいただいて真礼さんをもっとデレのステージに呼んでほしいですね!(本音) 24.毒茸伝説 Day2のみ ORANGE RANGEの"O2"をカバーした3人での披露でした。 流石この3人は声量が段違いだなって圧倒されましたよね…。 輝子のソロ曲で他のキャラと一緒に歌うというのが想像できなくて、完全に予想外でした。 あと今回のライブ、メロイックサインしすぎて普通のピースに違和感覚える程度には生活に支障が出ています。 さっつんのここぞって時の出番多すぎ。 そして、ここで輝子のソロをやるってことは、後ろの方でやるカバーで例のあれはやらないんだろうなぁ…とこの時は思っていました。 はい、この時までは。 29.紅 Day2のみ Day2のMVPです。 めちゃくちゃ聞き覚えのあるギターソロ。 モニターに表示される、Pがペンライトで作った赤い"X"。 ステージ上にスポットライトが当たる一人のアイドル。 「紅だぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああああああ!!!!!!!!」 なんかもう叫びながら涙が出ましたよね。 感情を処理するのが忙しかったです。 生バンドでこの曲を聴けることがこれから一生かけてもあるかないかってレベルだろうし、本当に希少な経験をさせていただきましたありがとうございます。 この曲のおかげで喉が完全に死亡しましたし、UOほとんど使い果たしていたんですけど、もう折るしかないでしょうって感じでした。 だけど全く後悔は無いです。 ただただ楽しかった。 さっつんの喉の負担は激しくないか大丈夫かと思ったのはライブ終演後でした。 改めて、さっつんお疲れ様でした。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 以上大阪公演の感想でした。 正直、やってほしい曲はいっぱいありました。 "炎の華"、"One Life"、"無重力シャトル"、"共鳴世界の存在論"、"Bloody Festa"、"Sparkling Girl"、しぶりんのソロ、羽衣小町どちらかのソロ…。 生バンドで聴きたいなぁ、って曲はいくらでもあったんですけど、個人的に今回のセトリにほとんど文句は無いです。 (ちょっとソロが少ないかな…?ぐらいです。 )むしろよくまとめ上げたなぁ…、って印象の方が強いです。 次は9月ですね。 SS5Aになるのか、8thになるのか。 会場もメラドになるのか東京ドームになるのか、非常に楽しみです。 それでは、だらだらとした長文読んでいただきありがとうございました。 また現地で興奮を味わいましょう。

次の