蝗害 日本。 日本でバッタが大量発生!その理由や原因と対策は?

『蝗害』と日本について質問です。 『蝗害(こうがい)』とは、トノサマバッタなど相変異を起こす一部のバッタ類の大量発生による災害のことである。

蝗害 日本

バッタの大発生と聞くと、外国の出来事を思い浮かべてしまいますが、かつて日本においても悩まされていました。 今回は日本におけるバッタの大発生について、紹介していきたいと思います。 日本でバッタが大量発生したのはいつ?その理由や原因は? バッタの大発生により作物などが大打撃を受けることを、「 蝗害」といいます。 明治初期に北海道で、 2回も蝗害に見舞われました。 1875年(明治8年)9月27日、道東の太平洋沿岸を台風が直撃し、大洪水が起こりました。 その結果、ヨシやススキなどイネ科の植物が生い茂る草原が現れました。 その後、数年間天気に恵まれたため、トノサマバッタの大繁殖を招くこととなりました。 1879年(明治12年)から発生の兆しが見られましたが、本格的には1880年(明治13年)8月のことです。 翌年(明治14年)にも再び大発生し、この年は渡島国軍川まで進出しました。 当時の記録では、捕獲した数、なんと約 400億匹とまったく想像もできません。 蝗害はその後も続き、1883年(明治16年)には道南の日本海側まで達することになります。 日本で大量発生したバッタへの対策措置は? スポンサードリンク この事態に対して、陸軍は大砲を撃ちこむなどしてバッタの駆除にあたりました。 しかし、民家の障子紙まで食い尽くされ、北海道の各地でとても大きな影響が見られました。 これから開発が進む予定だった、十勝国では開発が進んでいなかったので、大きな被害は出ませんでした。 1884年(明治17年)には延べ 3万人のアイヌの人々が駆除に駆り出されましたが、それでも 終息しませんでした。 北海道では翌年の予算に前代未聞のバッタの駆除費用を組み込むこととなりました。 しかし、1884年(明治17年)9月の長期にわたる降雨によってバッタの多くが子孫を残すことができませんでした。 蝗害は昭和の初期まで、その後も何度か起こっています。 まとめ まさかこれほどまでの被害が出ていたとは思いもしませんでした。 開発が進み、生態系のバランスが崩れたところへ、天災に見舞われた結果、バッタにとって好環境が誕生しました。 天災とも言えますが、間接的には人災の要素も含んでいるような気がします。 スポンサードリンク.

次の

【動画】イナゴの大群が中国インドを破壊!寿命は短いが卵に注意

蝗害 日本

イナゴ(サバクトビバッタ)の大群がアフリカ大陸からインドを通過し現在は中国に来襲しています。 その数は4000億とも言われており、大群は幅40km、長さ60km、重量80万トンと過去最悪の規模で世界各地の農作物を食い荒らしながら移動しています。 特に中国は新型肺炎のコロナウイルスで混乱しており、泣きっ面に蜂状態となっています。 中には日本にもやってくるのではと心配している方もいました。 以下動画と飛んでいる巨大イナゴの画像も含まれますので、苦手な方閲覧注意です。 アフリカではヘリコプターからの消毒液を巻いていましたが焼石に水状態でした。 イナゴの大群は東アフリカで発生、ソマリア、エチオピア、ケニア、南スーダン、ウガンダ、中国、インドが主な被害地となっています。 コロナウイルスとのダブルパンチで流通不全と食糧危機も危惧されています。 日本には多分来ない アフリカから欧州ではなくインドから中国に向かったのは偏西風によりでしょうか。 偏西風は日本にも向かっていますが、日本海があるので恐らく日本までは来ないはずです。 (アフリカ大陸からサウジアラビアに移動した際紅海を越えているようなので、サバクトビバッタの飛行能力があれば物理的には日本への来襲は可能ではあるようです。 ) ただし土の中に卵を産む性質があるので、土ごと人の手によって移動すれば、ヒアリのように今後日本で定着し大量発生しないとも言い切れないです。 虫が苦手な私としては何としてもこのイナゴの大群だけは阻止してもらいたいです。 先週「アフリカでイナゴが大発生!」 今朝「イナゴがインドに到達!」 夕方「イナゴが中国で大暴れ!」 無茶苦茶やね。 カラコルム越えられる訳ないね。 — 皿屋敷 sarayashiki ちなみに寿命も1か月から長くても3か月とかなり短いとのこと。 ネットの反応まとめ まずくて食べられないそうです。 しかし硬くて食べられなかった。 大量発生し群体になると、特殊なホルモンにより茶色の硬いイナゴへと変わる。 翅を硬く強固にし、長距離の飛行を可能にし、多くの個体に餌を確保させるための変化です — Herp-about. これを相変化と呼ぶ。 数が減ると、元の緑に戻るんだとか、日本でバッタと言われているのはイナゴの一種で、こういう変化は起こさない。 バッタとイナゴの違いは相変化するかしないか。 とんだ風評被害だなあ」と思っているのだ。

次の

日本史蝗害が起こると食料不足が深刻になり、餓死者が多く出ますよね。...

蝗害 日本

このバッタ類の大量発生は、水稲や畑作作物などに限らず、全ての草本類(紙や綿などの植物由来の製品にまで被害が及ぶ)を短時間のうちに食べ尽くしてしまう。 当然、被害地域の食糧生産はできなくなるため、住民の間に食糧不足や飢饉をもたらす事が多い。 また、大発生したバッタは大量の卵を産むため、数年連続して発生するのが特徴である。 さらに航空機の飛行を妨げるなどといったケースもあるが、ここで質問です。 隣国の中国では、蝗害が天災の一つに数えられている程で、その存在は多くの資料に頻繁に見られ、地域規模ですべての食料を食い尽くし、餓死者が大量発生するのはもちろん、人肉を食うといった事態も多発した。 そのため、国家や地方政権に与える影響も当然大きく、それまで続いていた戦争が勝敗・優劣に関係なく停止したり、時に民衆暴動が起こり王朝が崩壊する場合もあった。 それに対し、我が国日本にも、『蝗害(こうがい)』が発生しているが、中国と比べると被害が少ないか、小規模であった。 中国と日本、なぜ同じ東アジア諸国なのに、これ程までに発生率と被害が違うのでしょうか? 中国と日本、なぜ同じ東アジア諸国なのに、 これ程までに発生率と被害が違うのでしょ うか? * 【日本には砂地の様な背の高い草 が少ない貧弱な土壌が少ないからです】 * バッタ科の雌は、産卵管を使って土や砂地の 地下数センチメートルに産卵します。 背の高 い草が密集している場所ではあまり産卵をし ません。 * その為、大量に産卵が 行われるには砂地が必要です。 * 中国は万里の長城の外側は乾燥地帯です。 * その為、中国やアフリカなど乾燥地帯 が多い場所では蝗害が頻繁に起こります。 * 反対にヨーロッパや日本 では蝗害はあまり起こりません。 * 特にアフリカでは現在 も蝗害に苦しんでいます。 ナイス: 0 回答.

次の