トンカツ レシピ。 ガッテン!とんかつのレシピ。冷めても美味しい作り方のコツを紹介。

【レシピ・とんかつ】プロに教わる、家庭で必ずおいしく作れるとんかつの作り方

トンカツ レシピ

小さな葉は大きな葉に重ねてくるみ、ひっくり返すと切りやすい。 氷水に浸してパリッとさせ、水気をよくきる。 作り方• 1 豚ロース肉はフォークで細かく穴を開ける。 筋切りの代わりなので、端までまんべんなく刺す。 両面に塩、こしょうをふって約10分おく。 2 薄力粉をつけて余分な粉をしっかりはたき、とき卵にくぐらせる。 パン粉の上に置いて、上からパン粉をかけて軽く押さえ、約15秒おく。 パン粉少量を落としてジュワーっと広がる程度が目安。 4 2の余分なパン粉を落とし、3の揚げ鍋に静かに入れて中火で揚げ始める。 約1分半、衣が固まるまで触らない。 5 浮いてきたら裏返して弱火にし、約1分半揚げる。 色よく揚がったら網に上げてよく油をきる。 2cm幅に切ってつけ合わせとともに器に盛り、練り芥子、ソースを添える。 余熱でも火が入るのでためらわずに引き上げましょう。 鍋にAを合わせてひと煮立ちさせる。 フライパンに玉ねぎとえのきたけを広げ入れ、1を加えてとんかつを並べる。 蓋をして中火にかけ、煮立ったら三つ葉を散らしてとき卵を回し入れ、蓋をする。 卵が好みの煮え加減になったら器に盛って刻み海苔をのせる。

次の

ガッテン!とんかつのレシピ。冷めても美味しい作り方のコツを紹介。

トンカツ レシピ

【材料】• とんかつ肉…2枚• 塩…少々• こしょう…少々• 薄力粉…大さじ1• にんにく…1片 〈A〉• 酒…大さじ1• 砂糖…大さじ1• とんかつ肉を叩いて筋を取り除く。 にんにくは薄切り、玉ねぎも1cmの薄切りにする。 厚切り豚ロースは塩とこしょうで味付けをして、薄力粉をまぶす。 Aの調味料は混ぜ合わせておく。 熱したフライパンに油とにんにくを入れる。 にんにくが色づいたら取り出す。 とんかつ肉を入れて両面を焼く。 焼き色がついたら余分な油をふき取り、玉ねぎを加える。 しんなりとしたらAを加える。 タレが絡んで照りが出てきたら火を止める。 器に盛り付けて出来上がり。 【材料】• とんかつ肉…2枚• ウイスキー…80cc• 塩…少々• こしょう…少々• 小麦粉…適量• サニーレタス…2枚• ミニトマト…3個 〈A〉• バター…20g 【作り方】• サニーレタスとミニトマトを食べやすい大きさに切っておく。 とんかつ肉の繊維に垂直に包丁の刃先を入れながら、筋を数カ所切る。 塩を両面に満遍なく振りかけて、小麦粉を均一にまぶす(余分の粉は落とす)• 熱したフライパンにサラダ油を敷き、肉の形を整えながら入れる。 中火にかけ、薄い茶色の焦げ目がついたらひっくり返す。 とんかつ肉の色が白くなったら弱火にしてウイスキーを入れる。 ウイスキーを絡めるようにしながら、液体が半量くらいになるまで煮詰める。 中火に戻したらAを入れてさっと煮絡める。 バターが溶け切る直前で肉を取り出し、食べやすい大きさにカットする。 再度フライパンに戻し、断面までバターソースがよく絡まったら火を止める。 飾りのレタスやトマトと共に皿へ盛りつけて出来上がり。 【材料】• とんかつ肉…300g• 塩こしょう…少々• パン粉…30g• サラダ油…大さじ1 〈A〉• 水…大さじ2• 中濃ソース…大さじ3• みりん…大さじ1• 砂糖…大さじ1• 醤油…小さじ2 〈B〉• 水…大さじ3• 小麦粉…50g 【作り方】• とんかつ肉を包丁の背で叩き、4等分にカットする。 塩こしょうで下味を付ける。 中火で熱したフライパンにパン粉とサラダ油を入れ、きつね色になるまで炒める。 Bを合わせて水溶き片栗粉を作り、とんかつ肉に付けてパン粉をまぶす。 サラダ油を塗った天板に乗せてトースターで8〜10分焼く。 Aの調味料をボウルで混ぜ合わせ、レンジで2分間加熱する(600W)• 肉をソースにくぐらせたら出来上がり。 冷蔵庫で保管する場合は粗熱を取ってから。 【材料】• とんかつ肉…2枚• 塩…適量• 片栗粉…大さじ2• にんにく…1片• 油…少々• 赤ワイン…50cc• トマトケチャップ…大3• 醤油…小さじ1 【作り方】• 肉全体に塩を揉み込み、1〜2時間ほど室温で放置する。 脂と赤身の間に包丁を入れて筋切りする。 片栗粉を全体にまぶす• 中火で熱したフライパンに油を敷き、肉を焼いていく。 焼き色が付いたら裏返し、反対側も焼き上げる。 空きスペースにニンニクと玉ねぎを入れ、全体に油が回るまで炒める。 赤ワインを加え一煮立ちさせる。 蓋をして弱火に落とし、5分ほど蒸し焼きする。 火が通ったら蓋を開け、トマトケチャップと醤油、オレガノを加える。 手早く絡めたら火を止め、器に盛り付けて出来上がり。 【材料】• 厚切り豚ロース 2枚• じゃがいも 中2個• グリーンオリーブ 10個 種抜き• スライスチーズ 2枚• 白ワイン 50ml• イタリアンパセリ 適量• 塩 適量• こしょう 少々 〈A〉• オリーブオイル 大さじ2• 玉ねぎ 大さじ2 みじん切り• アンチョビフィレ 2枚• ケイパー 小さじ1 【作り方】• 厚切り豚ロースに塩とこしょうを振る。 じゃがいもは6等分、オリーブは2等分に切り分ける。 にんにくをみじん切りに、アンチョビは細かく切る。 フライパンにバターを入れてじゃがいもを焼く。 とんかつ肉の脂身部分を焼き、焼き目が付いたら側面を焼く• 焼き目が付いたらバットなどに一旦取り出しておく。 じゃがいもの入ったフライパンにAを加える。 白ワインを入れて煮立たせる。 煮詰まったらトマト缶とオリーブを入れて再度煮る。 一度火を止めて、チーズを乗せたとんかつ肉をフライパンに戻す。 蓋をして蒸し焼きにし、チーズが溶けたら火を止める。 器に盛り付けて出来上がり。 【材料】• とんかつ肉…1枚• 塩…少々• コショウ…少々• 小麦粉…適量• 溶き卵…1個分• パン粉…適量• 揚げ油…適量• ご飯…200g• ピザ用チーズ…大さじ2• パセリ…適量 〈A〉• 牛乳…200ml• バター…20g• 薄力粉…大さじ1• 塩…少々• コショウ…少々 【作り方】• とんかつ肉の両面に塩コショウを振り、小麦粉、溶き卵、パン粉をまぶす。 油を切って食べやすい大きさにカットする。 中火で熱したフライパンにバターを入れ、しんなりするまで玉ねぎを炒める。 薄力粉を加えてダマが無くなるまで炒める。 牛乳を2回に分けて加え、その都度混ぜる。 とろみが付いたら塩コショウで味を調えて火から下ろす。 ピザ用チーズを散らし、トースターでチーズが溶けるまで5分ほど焼く。 仕上げに刻みパセリを振ったら出来上がり。 こんにちは、料理研究家のYuuです。 今週は「新しいおせち」ということで、私は年末年始の作り置きの定番「角煮」の超簡単アレンジレシピをご紹介させていただきます。 通常、角煮を作るときは、豚のブロック肉を使うことが多いですが、それだと何時間も煮ないといけないので大変。 できれば煮卵も一緒に食べたいところですが、ゆで卵からつくるのもまた一苦労……。 ズボラさんは敬遠しがちですよね。 そこで今回のレシピ、使う食材は「トンカツ用の豚ロース肉」と「水煮のうずらの卵」。 この2つを使えば、圧力鍋や炊飯器を使わなくてもやわらかい角煮風のスピード煮豚が。 甘辛味でご飯にもお酒にもぴったり、年末年始に重宝すること請け合い….

次の

【レシピ・とんかつ】プロに教わる、家庭で必ずおいしく作れるとんかつの作り方

トンカツ レシピ

冷めても美味しいトンカツの作り方 3つのポイントを押さえることで、失敗なく、冷めてもサクサクしたおいしいトンカツにすることができます。 そのポイントとは ・油の量は2㎝の深さまで注ぐ。 ・180度の温度確認を必ずする。 ・揚げ物を入れたら箸で動かして油を対流させる。 という点です。 この3つのポイントは、その他のフライを作る際にも共通することで、変わってくるのは下ごしらえと揚げる時間、余熱の時間だけです。 フライ全般に共通する揚げ方のコツと仕組みは下の記事に詳しくまとめているので、今回は割愛してとんかつの揚げ方を詳しくご紹介しますね。 ボウルに卵を割り入れ、小麦粉、水を加えて箸ではなく手で混ぜ合わせる。 手を使うとだまにならず、素早く混ぜることができます。 ホットケーキミックスより少し柔らかい程度が目安です。 2、バットにパン粉をたっぷりと広げる。 具材をバッター液にドボンと漬け、パン粉の上に置く。 上からたっぷりとパン粉をかぶせ、優しく押さえる。 3、鍋に2㎝の深さまで油を注ぎ入れる。 熱したら菜箸で混ぜ合わせ、対流させて温度を均一にする。 かき混ぜることで温度を均一にすることができます。 4、粗塩を加えて音をチェックし、180度になっていることを確認する。 それから2を寝かせるようにそっと油の中に入れる。 衣が固まるまでの最初の10秒間は触らず、強火で加熱する。 5、10秒待ったらゆっくりと菜箸で動かし、油をゆらゆらと対流させながら揚げる。 表面が色づいたらひっくり返す。 きつね色になるまで、厚み1㎝のトンカツの場合両面を約1分半ゆらゆらさせながら揚げる。 6、揚がったら立てて油を切る。 余熱で約3~4分火を通せば完成です。 まとめ 揚げ物は大人から子供まで好きな方が多いと思いますが、家庭で揚げたてのサクサク感をキープするのって結構難しいと思っていました。 この作り方だとお肉もしっとり仕上がり、時間がたっても衣もサクサクっとした食感がキープされます。 とんかつは試験の前や運動会の前などに作るご家庭も多いと思います。 3つのポイントを押さえるだけなので、是非作ってみて下さいね。 おすすめ関連記事 同じ方法でこちらのレシピも作ることができますよ。 是非試してみて下さね。

次の