胡蝶カナエ 性格。 鬼喰の血刃【きじきのやいば】

栗花落カナヲ(つゆりかなを)のプロフィール!蟲柱の胡蝶しのぶの継子でめちゃ強い!!壮絶な過去を過ごし、感情を忘れてしまっている少女【鬼滅の刃ネタバレ】

胡蝶カナエ 性格

CV: 概要 の姉。 享年17歳。 の一員だったが、鬼に殺されてしまったという。 「とは仲良くできる」という持論の朗らかな人物だったらしい。 が、実際にカナエが「仲良くしたい」と言っている描写はないので、しのぶの思い込みの可能性もある 以下、ネタバレ注意 「まあまあそんなこと言わずに 姉さんはしのぶの笑った顔が好きだなあ」 「きっかけさえあれば人の心は花開くから大丈夫」 「」の使い手であった少女剣士。 長い髪に、頭の左右に蝶の髪飾りをつけている大変な美人。 生前はだった事が、168話のの回想で判明した。 アニメ第25話によると、しのぶの物と似た形状のを使用していた模様。 幼少期に両親を鬼に殺され、寸での所をに助けられた。 その後は 「自分達と同じ思いを他の人にはさせない」という決意を胸に、妹しのぶと共に鬼殺隊へと入隊する。 しのぶが常に笑顔を絶やさず「鬼とも仲良く」を掲げているのはカナエの意志を引き継ぐため。 カナエはと同様に 「鬼は哀れで悲しい存在である」と考え、今際の際ですら哀れんでいたそうで、鬼殺隊への入隊を決めたのも 「人だけでなく鬼も救いたい」と思っての事でもあった。 妹には命を落とす直前に 「鬼殺隊を辞めて、普通の女の子の幸せを手に入れてお婆さんになるまで生きて欲しい」と伝えるが、両親のみならず姉までも鬼に殺されたしのぶはその言葉を受け入れられなかった。 後の話にて彼女を殺した鬼はの弐・だったと判明。 無限城でようやく姉の仇と相対したしのぶは、それまで心に押し込めていた憤怒と憎悪を剥き出しに毒の刃を振るう。 その最中に幽霊か幻影かは定かではないが、重傷を負わされた事で心が折れかけたしのぶの前に現れ、「 しっかりしなさい 泣くことは許しません」「 しのぶならちゃんとやれる 頑張って」と叱咤激励していた。

次の

【鬼滅の刃・胡蝶しのぶ】性格や冨岡等との関係から紐解く人気の秘密

胡蝶カナエ 性格

妹のしのぶは、常に怒っていることが表情にわかりやすく現れてしまうので、対照的と言えるでしょう。 そして、蝶の髪飾りを身に付けているのですが、蝶の髪飾りは胡蝶姉妹の象徴とも呼べるものです。 カナエの意思を受け継ぐように、しのぶと栗花落カナヲも身に付けています。 責任感が強く面倒見が良い カナエは長女ということもあり、しっかりとした責任感を持っています。 両親が死んでしまったこともあり、妹のしのぶの面倒を見なくてはならないのですが、そのことを嫌がっている訳ではありません。 それよりも、頼られることを嬉しくも思っているところがあります。 姉として母親代わりとして頼ってほしいというのが、見ていて分かるのです。 血の繋がりのないカナヲに対しても、本当の妹同然にかわいがっていて、立派に育てようとしていました。 妹たちに幸せになってほしいと思っている 妹しのぶやカナヲには、普通の女性として幸せになってほしいとカナエは思っていました。 そして、汚れ役などは自分一人でいいとも考えていたので、自らを犠牲にしてでも妹たちの幸せを最優先していたのです。 そのため、自分が鬼に殺されても妹たちに復讐して欲しいと思っていませんでした。 そのことをカナエが死に際にしのぶに話していたのですが、妹たちはそれを素直に受け入れることはできず、鬼に対して憎悪しかありません。 カナエを殺したを殺すことだけを考えていました。 鬼とも仲良くなれると思っている カナエの考え方は、と同じです。 鬼は、元は人間なので鬼になる理由が必ずあると考えています。 やむを得ない理由があり鬼になった者もいるだろうし、好きで鬼になった訳ではないと思っているのです。 そのため、鬼は救うべき存在であり、自分たち人間と何ら変わりはないと差別することがありませんでした。 両親を鬼に殺されているのに、鬼を恨まない気持ちを持っているのはと全く同じです。 鬼殺隊の柱でありながら、この考えを持っているのはカナエしかいません。 カナエは、復讐から産み出される悲しみの連鎖を止めたくて、このような考えになったのでしょう。 そんな性格や雰囲気は、炭治郎に近く、関わる人間を幸せにしてくれるような力がありそうです。 カナヲを受け入れる時も、深く考えず自然に受け入れていました。 そして、カナヲのトラウマのような過去からの脱却のきっかけを作っています。 苦しさや悲しさを表に出さない 幼い頃に両親を失い、しのぶを育てなくてはならなくなったカナエの覚悟は相当のものでした。 しかし、それを表に出すこともありません。 鬼殺隊に入隊して、柱になるまでも相当の努力が必要だったでしょうし、同時にしのぶの面倒もみなくてはならなかったのです。 そんな毎日が続くことで、肉体的にも精神的にも苦しいこともあったはずなのに、しのぶの前ではいつも優しい姉でいました。 そこには、妹にだけは辛い姿を見せたくないという気持ちの現れでもあったのかもしれません。 カナエはかなり強靭な精神の持ち主ということになります。 しかし、任務の最中に命を落とすことになります。 その相手は上弦の弐ので、流石にカナエひとりの力では勝てなかったようです。 カナエを殺した相手が童磨ということは、しのぶたちが後に知ることになるのですが、童磨は殺した人間を全て食べることにしています。 しかし、カナエだけは食べることができずにその場を去ることになりました。 そして、死ぬ間際にしのぶと話すことができて、しのぶには鬼との戦いの世界から降りてほしいと懇願します。 しかし、しのぶは姉カナエを殺した童磨に対しての復讐心に支配されるのです。 そこから、しのぶの憎悪と執念に満ちた童磨探しが始まることになりました。 イヤーセラピストとダイエット指導師の資格を持っているので、エステティシャンと声優の二刀流という異色の声優でもあります。 他の代表作は、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の本間芽衣子、「ノーゲーム・ノーライフ」の白、「この素晴らしい世界に祝福を!」のダクネス、「3月のライオン」の川本あかり、「四月は君の嘘」の相座凪、「冴えない彼女の育て方」の霞ヶ丘詩羽、「戦姫絶唱シンフォギア」の暁切歌、「氷菓」の伊原摩耶花などがあります。 胡蝶カナエの名シーン・名セリフ 胡蝶カナエには、いろんな人間をやさしく温かく包んでしまうような名台詞があるので、紹介していきたいと思います。

次の

「表の性格」と「裏の性格」 鬼滅の刃「胡蝶 しのぶ」について考察する エニアグラム6w5→1w2

胡蝶カナエ 性格

栗花落カナヲの過去は? 鬼滅の刃にメインキャラクターとして登場している炭治郎との同期組や柱達、また上弦の鬼達は、そのキャラクター達の個性がどのように出来上がったのか?を際立たせるために各々の過去の生い立ちが細かく描かれています。 その中では一際心が痛み、そして心が惹かれるのはカナヲの生い立ち。 虐待を受けた過去 カナヲは生まれてから常に両親から虐待を受けており痛々しい過去を経験している。 両親の虐待が酷すぎて、カナヲの兄弟達も亡くなってしまうほどの酷い虐待を受けていた。 泣くと蹴飛ばされたり、引き摺り回されることが日常茶飯事でした。 虐待を受ける中でカナヲは人間らしさである心 感情 を失ってしまいました。 奴隷として両親に売り飛ばされる そして奴隷として両親に売り飛ばされてしまいます。 親に売られた時でさえも、悲しいう心 感情 を失ってしまいました。 胡蝶姉妹との出会い 奴隷として売り飛ばされるらめに連れられているところを、 たまたま通りかかり運命の出会いとなるのが胡蝶カナエと胡蝶しのぶ姉妹。 胡蝶姉妹はカナヲの姿を見てカナヲを救うために奴隷の運び人に達に激怒し、運び人にお金を投げつけてカナヲを助けるために無理やり解放しました。 胡蝶姉妹との生活の始まり そこから胡蝶姉妹達とカナヲのストーリーが展開していきます。 胡蝶姉妹達の無償の愛に包まれてカナヲは生活していきます。 虐待の影響で心 感情 をカナヲは失っていまっており、カナヲは自分の意思というものを失っていました。 胡蝶姉妹の話や指示には快く応じるが、 それ以外のことは自分では決めらない状態であったため、 カナエがカナヲに 「何かに迷った時はコインが表か裏でどちらになったかで進む道を決める」という提案をしました。 カナヲはそれを受け入れ、何か決める時はコイントスにより行く道を決めることになりました。 胡蝶姉妹達の無償の愛を受け、そして姉妹が鬼狩りをする姿を見て、カナヲは鬼狩りになることを決意します。 この頃には少しずつ心 感情 というものが芽生えてきてコイントスではなく自分の意思で物事を少しだけ決められるようになってきたようです。 そして時が経ち、カナヲは炭治朗と同じ時期の最終選抜へという過去からの流れになります。 カナヲは凄まじい虐待を受けて心を閉ざしてしまっていましたが、胡蝶姉妹の無償の愛により徐々に心が溶けて自我というものが芽生えて成長していく姿が生い立ちのシーンでは見て取れます。 スポンサードリンク 栗花落カナヲの性格・魅力は? カナヲの魅力は、何と言っても壮絶な過去を体験して心を閉ざしてしまったところから胡蝶姉妹の無償の愛により心が溶けていき自分の意思を徐々に持ち始いく姿、そしてカナヲの感情が溢れ出るシーンが魅力的です。 炭治郎との稽古から恋の初体験 極めたつけは炭治郎との稽古を通して、そして別れ際を通してさらに心が溶けて、自由意思というものが芽生えました。 炭治郎の温かい心がカナヲの心に染み渡りカナヲを感化させたのでしょう。 カナヲは初めて男の人に「キュン」となるような恋を経験。 カナヲ自身は胸の辺りで「キュン」とするが自分ではそれを感じていない、 というように自分の本当の心の声を認めたくない様子。 年頃の少女として自分の心の変化を素直に感じています。 胡蝶姉妹の仇・上弦の弐 童魔との戦い カナヲの感情が溢れ出る魅力的なシーンは、メインの戦闘シーンである胡蝶姉妹の仇である上弦の弐 童魔との戦いで見せるカナヲが怒りをぶつけるシーン。 因縁の仇の童魔との出会いはまさに胡蝶しのぶが吸収されているところからスタートします。 吸収されていくところを見てカナヲは助けようとします。 間に合わず、童魔にしのぶを吸収される。 そして、カナエとしのぶの仇を討つために童魔に必死に挑んでいくカナヲ。 自分よりも強い相手に必死にくらいつき、仇を討つことにコミットしている。 可愛い顔をしながらとてつもない言葉を童魔に放つカナヲ。 どんな状況になってもカナヲは諦めずに伊之助と協力して捨て身で童魔の首をカナヲ自身が切ることができました。 無償の愛をくれた胡蝶姉妹達の仇を討つために感情を丸出しにして、 挑むカナヲの姿がとても魅力的に映ります。 初めの頃のカナヲの性格は、いつも冷静で穏やかでありながら、任務に対しても堅実に忠実に任務をこなしていく性格です。 ですが、徐々に人間の温かい心に触れることで内に抑圧していた感情が外に溢れ出てきて、前半の理性的な行動ではなく、後半は自らの意思に従い感情的な行動に成長していきます。 とても感情が豊かになり、喜怒哀楽が湧き出てきています。 スポンサードリンク 結論・まとめ 壮絶な虐待を両親から受けたことにより心を失うカナヲ。 胡蝶カナエとしのぶとの出会いから姉妹の無償の愛を授かることにより、 人間らしさ「心」を徐々に取り戻していきます。 何よりも、カナヲ自身が胡蝶姉妹が奴隷から自分を解放して、自分を育ててくれたことに感謝しており、強い恩を感じています。 そして、炭治郎との出会いによりさらに心が溶けて心を取り戻し成長していく姿。 童魔戦では、感情を露わにして捨て身で戦い自分より遥かに強い相手に挑み撃破します。 鬼滅の刃で登場するカナヲの魅力はなんといってもカナヲ自身の心の変化の成長が時を経つことに描かれていくところ。 改めて、マンガでカナヲの成長を見返したくなりますね。 鬼滅の刃のメインキャラクターの栗花落カナヲについて記事をお読みいただきましてありがとうございました。 スポンサーリンク.

次の