ペリー 就学 前 プロジェクト。 「幼児教育」が人生を変える、これだけの証拠

小学生でも分かるヘックマン教授の研究【グラフ8個で解説】

ペリー 就学 前 プロジェクト

日本ではまだ数少ないが、海外では教育効果を探る大規模縦断調査が以前から実施されている。 数々の調査で明らかになったエビデンスを紹介。 第1弾は、アメリカの「ペリー就学前プロジェクト」を紹介。 from USA ジェームズ・J・ヘックマン教授が研究 「ペリー就学前プロジェクト」 ノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・J・ヘックマン教授の研究で有名になった「ペリー就学前プロジェクト」。 この調査結果から導き出されたものは、アメリカ政府の政策決定にも影響を与えたと言われている。 ペリー就学前プロジェクトは、1962年から1967年の間、アメリカ・ミシガン州に住む低所得者層家庭の3〜4歳児の子供たちを対象にして実施されたもの。 このプロジェクトでは123名の子供たちを2つのグループに分け、就学前教育を施す子供と施さない子供を比較するという実験が行われた。 このときに行われた就学前教育は、子供達は毎日2時間ずつプレスクールに通い、週に一度は先生が各家庭を訪れて90分間にわたり指導。 同時に親に対しても指導が行われた。 この2つのグループの子供たちに対しては長期間の追跡調査が実施され、調査は子供たちが40歳になるまで続けられた。 追跡調査の結果、教育を受けた子供と受けなかった子供を比較すると、14歳時点での基礎学力の達成度、高校卒業率、40歳になった時点での月収や持ち家率はいずれも前者のほうが優れているという結果になった(表1参照)。

次の

「幼児教育」が人生を変える、これだけの証拠

ペリー 就学 前 プロジェクト

計算や読み書きなど、テストで測れる力のことで、一般的に「IQ」と言われるものになります。 非認知能力が注目される背景 非認知能力が注目されている理由として挙げられるのが、2000年にノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・ヘックマンが行った「ペリー就学前プロジェクト」の研究結果です。 そこでは 「幼児期に非認知能力を身に付けておくことが、大人になってからの幸せな生活や経済的な安定につながる」という結論が導かれました。 また、実際に小学校教師たちの感覚でも、幼児期にしっかり遊んで 非認知能力を身に付けた子どもたちの方が、小学校高学年からの伸びが良いという認識があるようです。 「非認知能力」は幼児期に育てることが重要 では、なぜ 「非認知能力」が幼児期に重要視されるのでしょうか。 横山洋子先生によると「人間の一生を1本の木に例えるなら、幼児期は根っこの時代」とのこと。 幼児期は 人として成長する土台であり、 人生を楽しむための価値観を身に付ける時期。 十分に愛されることにより自己肯定感を身に付けた子どもは、自殺したり、人を傷つけたりすることはありません。 もちろん、幼児期を過ぎた小学生~高校生でも非認知能力を伸ばすことは可能ですが、 真剣に対峙してくれる大人がいることが必要です。 小学生の場合、「あなたは生きる価値がある人間だ」としっかり抱きしめるところから、踏み固めなければなりません。 また、大人でも「もっとこうなりたい」と願い努力することで、非認知能力を伸ばすことができます。 家庭での「非認知能力」の育て方 では、どのように非認知能力を育てればいいのでしょうか。 それは、特別なことが必要なのではありません。 家庭での声かけや遊びを工夫することで、 十分に育てることができます。 非認知能力を育てるコツ• 夢中に遊ぶことのできる環境をつくる 遊びを自分で見つけ、自分なりにめいっぱい楽しみ、試行錯誤を重ねることで、 主体性を身に付けていきます。 この時、親はニコニコして見守ってあげましょう。 うなずき、一緒に楽しんで共感します。 そうすることで、子どもは自分が認められていると感じ、 自尊心や 自己肯定感が育ちます。 自分で選ぶ子どもは決定権を持てることで、自分が尊重されていると感じます。 判断力が付いて、 自立心が育まれるだけでなく、 自尊心・ 自己肯定感も育ちます。 子どもの成長を喜ぶ 以前はできなかったことができた!という進歩を認め、肯定的な言葉をかけましょう。 そうすることで、 自己肯定感や、次もやってみようという 挑戦意欲・ 自立心が育ちます。 子どもに「ありがとう」と言う状況を作る 「ありがとう」は最高の褒め言葉。 子どもに家でのお手伝いのひとつを任せ、継続させます。 そして、パパやママは「いつもありがとう」と声をかけましょう。 他にも「~について話してくれてありがとう」「うちの子に生まれてきてくれてありがとう」といった声かけもいいですね。 褒め言葉をもらった子どもは、 自己肯定感を身に付けることができます。 親がしてはいけない、3つのこと• 子どもが失敗をしても先回りをしない 人生、うまくいくことばかりではありません。 小さな失敗を重ねることで、 なぜうまくいかなかったんだろうと考えたり、 めげずに前へ進む強さを身に付けたりするのです。 なんでも「やりなさい」と言わない 子どもの考えを聞かず、強制的にさせることは、子どもの選択権を奪うことになります。 友だちや兄弟と比較しない 「お兄ちゃんはできたのに」とくらべることは、劣等感を持つ原因になります。 おわりに 「非認知能力」を育てることは、普段の生活で無理なく実践できることばかりです。 パパやママのたくさんの愛情で、豊かな人生を送れるお子さんに育ってほしいですね。

次の

「幼児教育」の重要性 ペリー就学前プロジェクト|FQ JAPAN 男の育児online

ペリー 就学 前 プロジェクト

保育園と幼稚園の教育目標は同じ。 ひとことで言えば「人間として生きていく力を育む」ということです。 このことは世界の幼児教育のトレンドでもあります。 キーワードは「非認知的能力」です。 非認知的能力とは? 非認知的能力とは、例えば、目標に向かって頑張る力、他の人とうまく関わる力、感情をコントロールする力などです。 数がわかる、字が書けるなど、IQなどで測れる力を「認知的能力」と呼ぶ一方で、IQなどで測れない内面の力を「非認知的能力」と呼んでいます。 いまなぜ、非認知的能力が注目されているのでしょうか? 世界の乳児教育に詳しい遠藤利彦さん(東京大学大学院 教育学研究科教授)に聞いてみました。 非認知的能力が注目される理由 教育経済学の代表的な研究者に、2000年にノーベル経済学賞を受賞したジェームズ・ヘックマンさんがいます。 ヘックマンさんの主張は大きく2つです。 ひとつは、子どもの教育に国が公共政策としてお金を使うなら、就学前の乳幼児期がとても効果的だということ。 もうひとつは、幼少期に非認知的な能力を身につけておくことが、大人になってからの幸せや経済的な安定につながるということです。 ヘックマンさんの代表的な研究に「ペリー就学前プロジェクト」があります。 アメリカのミシガン州で行われている、1960年代からはじまり、現在まで続く調査です。 この中の約半数の子どもに、週3回、1日3時間のプリスクールに2年間通ってもらいました。 さらに、週に一度、教師による家庭訪問も行いました。 プリスクールに通ったグループと通わなかったグループ。 その後の人生にどんな変化が起こるのか追跡調査をしたところ、40歳の時点で明らかな違いが現れました。 プリスクールに通ったグループは、通わなかったグループに比べて、収入が多い、持ち家率が高い、学歴が高いなどの差が見られたのです。 この結果の理由を「教育を受けてIQが伸びたからではないか?」と考えてしまうかもしれません。 しかし、子どもたちのIQを調べると、プリスクールに通っている間は急激に伸びていますが、9歳ごろになるとIQの差はほとんどなくなります。 ヘックマンさんは、彼らが大人になってもより幸せでいられるのは、プリスクールに通って認知的な能力を伸ばしたからではなく、認知的な能力以外(非認知能力)を身につけたことが大きな要因ではないかと考えたのです。 日本での取り組み 日本でも、非認知的能力が注目されています。 2017年3月に改訂された「学習指導要領」に、その内容が組み込まれ、学習指導要領に合わせて保育所保育指針・幼稚園教育要領も改定されました。 保育園・幼稚園も変わろうとしています。 非認知的能力が大事だというのは、どうしてですか? 目標の達成まで粘り強く頑張る力 回答:汐見稔幸さん 私たちは「文字が読める、うまくブロックを積み上げられる、三角形と四角形と五角形を区別できる」といった、目に見えて知的に賢くなったと感じる認知的な能力を重視しがちです。 しかし、幼児期に認知的な能力を高めることが、その後の人生の成功や安定につながっているのか、いろいろ調べた結果、あまり関係がないことがわかってきました。 大事なことは、うまくいかないときに諦めず「どうしてかな」「こうやってみよう」「これがだめなら、ああやってみよう」など、あくまで目標の達成まで頑張る姿勢を身につけることです。 我慢できること、感情をコントロールする力なども大事です。 そのような力は一生残ります。 大人になって社会で成功する力につながります。 非認知的能力は、どうやって身につけるんですか? 非認知的能力は、子ども主体の遊びで育つ 回答:大豆生田啓友さん 子どもの自発的な部分を大事にしましょう。 させられるのではなく、自分からやっていく中で育ちます。 特に、幼児期の場合は遊びです。 子どもたちは遊びこむ中で、やる気、意欲、粘り強さ、探求していく力が身についていきます。 「頑張ればできる」を積み重ねる 回答:汐見稔幸さん 子どもに任せきりでなく、大人がサポートすることも大切です。 例えば、子どもが遊んでいるときに失敗しかけたら「こうしたらどう?」とフォローしてあげると、頑張りが続きます。 すると「頑張ればできるんだ」と、いつのまにかわかってくる。 このような経験を積み重ねていけば、後で必ず生きてくる力になります。 これを非認知的能力と言っています。 すくすくポイント.

次の