社会人一年目 一人暮らし 辛い。 社会人実家暮らしが最強な理由をFPが解説 一人暮らしとの比較

社会人実家暮らしが最強な理由をFPが解説 一人暮らしとの比較

社会人一年目 一人暮らし 辛い

【このページのまとめ】• ・社会人が辛いと感じるのは「職場の人間関係」「勤務環境の悪さ」「仕事の適性」など ・社会人1年目は慣れない環境に適応できずに「辛い」と感じる人が多い ・社会人3年目では、仕事や責任が増えたり仕事についていけなくなったりすることが辛い ・社会人のメリットは自由に使えるお金が増え、視野や価値観が広がること ・そもそも会社に属することが向いていない人もいるので、自分の適性を見極めよう 社会人となり、忙しい日々を送っている方のなかには「辛い」「学生に戻りたい」と考える方も少なくないようです。 なぜ多くの人が「社会人は辛い」と感じるのでしょうか。 このコラムでは、辛いと感じる代表的な理由と、辛さを乗り越える方法を紹介しています。 また、時期によって辛い理由が変わることも。 「辛い」の理由を知ることで、自分に合った働き方が見つかるでしょう。 社会人は辛い?代表的な理由 学生に比べて働く時間が増え、求められるものも変わる社会人。 代表的な「辛い」と感じる理由は、以下のとおりです。 社内の人間関係 上司から理不尽をいわれる、先輩から常に怒られている、些細なことが噂になるなど、人間関係に不満を持つ方は多いようです。 学生なら付き合う相手を自分である程度選べますが、社会人はそうはいきません。 会社に属している以上、職場のなかで人間関係を構築する必要があります。 苦手な人とも協働を求められる点が、社会人は辛いと感じる原因でしょう。 勤務環境が悪い 残業が慣例化している、雑談が多くて業務に集中できないなど、気持ちよく勤務できる環境が整っていないと、「仕事が辛い」と感じます。 また、職場の環境が悪ければ仕事のパフォーマンスにも影響を及ぼし、悪循環に陥ってしまうこともあるでしょう。 周囲との比較 同僚に比べて仕事の効率が悪い、対等だと思っていた同級生に収入や役職で抜かされた、同期が早く昇進したなど、自分と周囲を比較し、劣等感を覚えて「辛い」と思う方もいるようです。 「社会人の常識」 「社会人たるもの、毎日のニュースは知っておきべき」「政治問題や社会情勢、株価や為替など金融に関する知識もあって当たり前…」など、社会人としての常識を求められることが辛い方もいるでしょう。 仕事ができない 業務が覚えられない、成績が伸びない、ミスが多いなど、業務そのものが苦手な場合。 周囲にいわれるだけでなく、仕事ができない自分に対して自己嫌悪に陥り「辛い」と感じるようです。 休息時間が少ない 日々の業務が忙しく、帰宅後は入浴と食事しかできなかったり、休日も仕事で駆り出されたりすれば、心身ともにストレスが溜まって「仕事が辛い」と感じるでしょう。 <関連記事>• 経験年数別に「辛い」と感じる理由 社会人経験年数によって、仕事を「辛い」と感じる理由は異なります。 以下で、年数別に詳しく見ていきましょう。 社会人1年目が辛い理由 ・人間関係を築かなければいけない ・慣れない仕事でミスが多い ・覚えることが多く余裕がない ・入社前のイメージと入社後の業務内容にギャップを感じている ・上司とどう関係を築いて良いか分からない 学生から社会人になり、大きな環境の変化を迎える1年目。 慣れない環境の中でも早く環境や仕事に馴染もうという努力と、なかなか思うようにいかないというプレッシャーから挫折感を味わい、苦しくなってしまう傾向にあるようです。 社会人2年目が辛い理由 ・1年目より仕事量が増える ・十分な経験を積んでいないのでミスや叱咤を受けることがある ・仕事ができても「2年目だから当たり前」と低い評価を受ける ・新人扱いが終わっても仕事に慣れない 「新人」「新入社員」という枠組みから外れ、1人で仕事を任されることも増える2年目。 社会人としての経験は少なく、仕事に慣れきっていない部分も大きいため、「責任は増したのにスキルや経験が追いつかない」状態で悩む方もいるでしょう。 社会人3年目が辛い理由 ・仕事ができない、ついていけない ・指導する機会が増える ・責任と仕事の量が増える ・会社の内部情報を知ってしまう 人によっては、社会人1年目よりも辛いと感じる3年目。 周囲からは「社会人として3年過ごしているから、できて当たり前」と思われることも増えますが、同時に仕事量や責任も増加。 それに加えて、後輩の指導もスタートします。 後輩がミスをしたら、、怒られるのは指導者である自分…という理不尽な結果に不満を感じることも。 また、社内の派閥や昇給・昇格の条件といった、1、2年目では気づけなかった点に気づいてしまい、辛くなることもあるようです。 <関連記事>• 社会人ならではの「辛い時期」がある? 「辛い」と感じるのは、経験年数だけではありません。 繁忙期や生活面でも、辛いと感じる時期があるようです。 繁忙期 年間や期間を通して最も会社が忙しくなる時期は、人や商品の出入り・入れ替わりが増えるので自ずと仕事量も増えます。 これまで複数人で当たっていた業務を1人でこなさないといけない、連日残業が続く、次から次へと業務を与えられるなど、忙しい状態が続けば「辛い」と感じることも増えるでしょう。 1人暮らしに慣れないとき 就職を機に1人暮らしを始める方は多いと予想できます。 掃除や洗濯、自炊といった家事を1人で行ううえに、仕事も始めたばかりで落ち着かない状態のうちは、辛いと感じることが多いようです。 <関連記事>• 社会人は辛いことばかりじゃない! 社会人は辛いという考えがある一方、社会人は楽しいという意見も多くあります。 下記を参考に、辛いことばかりではなくメリットにも目を向けてみましょう。 【お金が自由に使える】 学生だとアルバイトができる時間は限られており、稼げる額にも限界がありますが、社会人になれば収入は増加傾向に。 自由に使えるお金が増えることで、行動の選択肢も広がります。 交友関係、趣味活動、自己啓発、リフレッシュ、好きなものを買うなど、何にお金を使うかも自分次第。 休日が充実し、楽しく過ごせます。 【価値観が広がる】 学生時代の交友関係は飲み会やサークル活動などで広げられますが、実際に長く・深く付き合う相手となると、特定の集まりに偏ってしまいがち。 社会人になると必然的に多くの人と接しなければならず、自分とは違う価値観や、さまざまな考え方に対して理解を示す機会が増えます。 多様な価値観は自分の視野を広げ、新しいステップへ導いてくれることもあるでしょう。 <関連記事>• 「辛い」を乗り越える方法 ここでは、「辛い」を乗り越える方法について紹介します。 以下を参考に、ご自身の「辛い」と向き合い、解決に向けて行動してみませんか? 人間関係が辛い 職場の人間関係で悩んでいるなら、基本的な解決策として「挨拶」が挙げられます。 挨拶は、関係構築の基本。 相手に苦手意識を持っていても、気持ちよく挨拶をすれば印象が良くなり、関係改善が期待できます。 スキルアップをして自身の評価を上げるのも効果的。 上司からの信頼を得れば、周囲の評価も変わります。 また、上司との関係性に悩んでいる場合も、スキルアップはおすすめ。 「仕事ができる人」という印象を与えることは、信頼関係の向上に繋がるでしょう。 相手に迷惑をかけるのが辛い 自分が原因で相手に迷惑をかけるのが辛いなら、その「原因」を明らかにすることが大切です。 始めから聞くよりも印象が良くなりますし、自分の考えに対するアドバイスを受けられるので業務改善につながります。 単純にミスが多くて周囲に迷惑をかけているなら、メモを取る・見直しをするなど適切な対処を行ってください。 プライベートの時間が持てなくて辛い 激務でプライベートの時間が持てない場合は、まずは上司に相談しましょう。 仕事が終わらないのは、自分自身に原因があることも。 改めて仕事の進め方を見直し、効率化を図りましょう。 業務時間にメリハリをつける、1つずつ確実に進める、独自のチェックシートやフォーマットを作成するといった対策がおすすめです。 どうしても業務量が減らなければ、周囲を頼ることも考えてください。 仕事が終わらずに困っていることを素直に伝えれば、フォローしてくれるはずです。 <関連記事>• どうしても「社会人」が辛いなら 社会人がどうしても辛い理由として、「そもそも会社員が向いていない」と、「勤務先の会社に合っていない」が考えられます。 以下に、それぞれの解説と対処法をまとめました。 会社員として働くのが向いてない可能性 集団生活や他人から指示を受けるのが苦手、毎日決まった時間に会社に行く理由が分からない、会社特有の理不尽が嫌いなど、「企業に属して」働くこと自体が向いていない人もいるでしょう。 そういった方は、フリーランスで働く方法と、起業する方法が考えられます。 フリーランスは、基本的に会社に属する必要がありません。 働く場所は、自宅やカフェ、レンタルオフィスなど決められておらず、働く時間も自由なので、一般的な「働く」から脱することができるでしょう。 また、1人で作業を進められるので、人間関係が煩わしい・チーム作業が苦手といった方にもおすすめです。 起業は、会社を興して自分が代表となること。 従業員を雇うかどうかは自分で決められますし、人事に関して発言することも可能。 また、会社のルールや決め事も、代表者である自身で決定できるので、「自分にとって働きやすい環境の会社」を作り上げることが可能です。 どちらも自由な働き方ですが、リスクがあります。 フリーランスは個人で仕事を請け負うため、会社員のようにある程度の額を毎月得るのは難しいのが実情。 全く仕事がなくなる可能性もありますし、1人で仕事を行うので効率良く作業を進めないと納期に間に合わず、顧客からの信頼を失うこともあるでしょう。 起業すること自体は簡単ですが、会社を成功させるには資金や人脈、知識が求められます。 また、「自分にとって働きやすい環境」が従業員にとっても良い環境とは限りません。 人を雇うのであれば、周囲の声も取り入れる必要があります。 その会社に合っていない可能性 会社や部署のルールに馴染めない、社内の派閥や人間関係が苦痛、いくら働いても仕事ができるようにならないといった場合は、その会社や部署に合っていない可能性が高いです。 どんなに努力しても、会社や部署に適性がなければ働くことが辛くなるもの。 解決策としては、同じ会社内で異動する方法と、転職する方法が挙げられます。 同じ企業内でも、部署や部門が違えばカラーも異なります。 異動することで勤務環境や人間関係が変わり、辛いと感じる原因を排除することもできるでしょう。 会社そのものの社風や考え方に合わなければ、転職を検討するのがおすすめです。 仕事は、ある程度の期間続ければ自然と慣れるもの。 数年勤めているけど馴染めない場合は、その仕事に適性がない可能性も考えられます。 適性のない仕事を続けても、スキルアップやキャリアアップは望めません。 また、適性はあるものの、働く環境が劣悪である場合も要注意。 ブラック企業や人間関係が悪い職場、残業が多すぎる環境は辛いと感じやすい傾向にあるでしょう。 いずれにしても、自分にとって合わない・働きづらいと感じるなら、自分に合う企業を探してみましょう。 転職エージェントのハタラクティブでは、実際に取材した企業の求人を揃え、求職者の希望や適性に合う会社・職種をご紹介しています。 現在お勤め中の方も転職活動しやすいよう、スケジュール調整も代行。 そのほか、書類作成や面接対策など転職に関わるサービスを全般的に提供しています。 努力しても仕事の辛さが変わらない…という方は、ぜひ一度ハタラクティブにご相談ください。

次の

一人暮らし(新社会人)の費用平均は?社会人一年目の場合。

社会人一年目 一人暮らし 辛い

今までは何となく適当に生きてこれたのに、急に社会に放り出されるあの感覚。 あまりにも色々なことがいきなり変わってしまう辛さ。 5月病になるのは当たり前だと思います。 私は現在30代半ばの零細企業経営者ですが、学生時代から既に色々稼いでいた側の人間です。 平均月収で40万円程度はありましたので、社会人になる際は収入が半減しましたよ。 どちらかと言えば意識が高い側の学生だったと言えると思います。 そんな私も社会人一年目はそれはもう苦労しましたね。 ホントに辛かった。 学生時代から自力で稼ぐことは経験していながらも、やはりサラリーマンという生活はあまりにも違いがありました。 新卒で入社した会社は定時で帰れることが多かったですが、それでもめちゃくちゃきつかったのを覚えています。 精神的にも肉体的にも疲れたから明日はとりあえず休みたい。 一日中寝ていたい。 それが許されない環境というのは辛かったですね。 ちょっと神経をすり減らし過ぎたのか、身体中がチクチク変な痛みで大変でしたよ。 病院に行っても原因が分からないと言われてしまうしね。 首の牽引をして治療していましたよ。 これだけはやっておきたい 現在進行形で上記のような辛さを味わっている社会人一年目の人はたくさんいると思います。 また、うまく社会に適応して社会人生活を楽しみまくっている人もいると思います。 特に何も感じずに平凡な社会人生活を送っている人もいるでしょう。 起業を目指して日々終電まで頑張っている鼻息の荒い人もいるかもしれませんね。 そんな社会人一年目に対し、30代半ばを迎えた私が、 「これだけはやっておくべきだったな」 と思うことがあります。 この記事が社会人一年目の皆さんに届くことを願いつつ自分の想いを書いてみます。 スポンサーリンク 社会人一年目の問題点 まず、前提の話。 社会人一年目の皆さんというのはどういう人種なのでしょうか? 多くの社会人一年目の人は、 「頑張ってこの会社で働いていこう!」と前向きな気持ちを持っています。 もちろん、 「働きたくないけどとりあえずやらなきゃなー」なんてネガティブな人もいるでしょう。 いずれにしろ、 新しく始まった「社会人」「サラリーマン」という新生活に対し適応することでいっぱいいっぱいです。 やっぱり新しい環境に適応するのは大変なことですからねー。 これによる問題点が一つありまして、社会人一年目の人はどうしても 「視野が狭くなりがち」なんですよ。 どうしても近視眼的になってしまう。 目の前のことが全てになってしまうんですよね。 よーく考えてみれば分かるんですが、 今のこの環境というのは広い世界、長い人生の中でのほんの小さな世界であり、ほんの一瞬の出来事と言えます。 しかし、「毎日の労働」と「適応しようという気持ち」のあまり、気づいたら視野が狭くなってしまうんですよね。 今あるこの現実が人生の全てというか、妙に重いもののように感じてきます。 社会人生活に依存してしまうというか。 5月病で追い込まれて鬱になってしまったり、最悪自殺してしまうような人はまさにこれだと思います。 本当は逃げ出せばいいし、逃げ出しても何とでもなるのに、目の前にあることが現実の全てのような錯覚に陥るわけです。 これは別に 社会人生活がうまくいっていない人に限った話ではありません。 むしろ一見うまくいっている人のほうがその文化に染まりきってしまうんですよね。 現実が楽しければそこに依存し始めるのは当然のことだと思います。 人生の大変革期を迎えたことにより、 誰もが客観的な視野を失ってしまう状態にあると言えます。 客観視できないのは危険 自分を客観視できないということは、人生にとってマイナスにはなりえてもプラスにはなりません。 まずはがむしゃらにサラリーマン生活を頑張ってみるという気持ちも大切ですが、冷静に客観的な判断力を持てる自分というのも重要なんです。 サラリーマン文化に染まっているだけでは危険だと思いますよ。 仕事だけの生活はやめましょう 上記を踏まえ、私が社会人一年生にお伝えしたいのは、 「サラリーマン生活以外の何かを必ず持っておく」 ということです。 趣味でもスポーツでも副業でもなんでも構いません。 「サラリーマン生活が人生の全て」になってしまうことを避けてほしいわけですね。 現代は散々言われている通り終身雇用は崩壊し始め、むしろサラリーマンという生活を誰もが定年まで勤めあげる時代は終わりつつあるでしょう。 今の新卒一年目の皆さんの中で、今の会社で定年まで勤める人は5%もいないと思います。 30年前の常識で言えば一つの会社を勤め上げた人が勝ち組でしたが、現在の新卒世代の中で一つの会社を勤めあげる人は負け組と言えるでしょう。 しかたなく一つの会社に依存し続ける、ぶら下がり続ける状態。 もしもぶら下がっている土台が崩れたらどうしますか? ここが親世代と意見が食い違ってしまう最大のポイントですね。 どうしても意見が噛み合わない。 視野を広げられる環境が重要 ですので、常にフラットな価値観、新しい知識、仕事とは違う人間関係を持つために、サラリーマン生活以外の何かを必ず持っておくべきなんです。 何度も言いますがこれは別に 真面目なことでなくてもいいんです。 資格の専門学校に通うとか、そういうことではありません。 むしろそんな時間があれば他の経験に当てて欲しいですね。 ブログを書いて副業を狙ってみるのもいいし、会社以外のスポーツコミュニティに所属するのもいい。 新しい刺激や知識が入ってくる環境を作り上げることが重要です。 「言ってることは分かる。 でも現実は仕事でいっぱいいっぱいで何かする気が起きないし時間もない」 そんな人もたくさんいることでしょう。 私も実際、仕事でいっぱいいっぱいでした。 株式投資は新卒一年目で始めましたけどねー。 そんな「何をやっていいのか分からない」という人は、 まずは何もやらなくていいです。 何かするのはハードルが高いので。 その代わり、 とにかく視野を広げられる環境を持ってください。 サラリーマン生活以外の情報、刺激が入ってこないことがまずいんです。 一番お手軽な方法は、ズバリ 「転職サイト、転職エージェントに登録しておくこと」です。 別に転職なんて考えていなくてもいいんですよ。 とにかく 「自社以外の情報や常識」「自分の客観的評価」を知っておくことが重要なわけです。 自分に他に生きる手段があることを理解しておく 例えば、自分が手取り20万を切って毎日サービス残業で働く中で、何もしなければそれが全てになってしまうんですよね。 その現実しか知らないという状態。 ただ、客観的な情報があれば、 自分がいつでも他の環境に動けることを理解できます。 実際に動く動かないは別にして、そういう意識があることで 本業の仕事への取り組み方や意識の持ち方も大きく変わるということなんですよ。 それが仕事をする上でどれだけプラスに働くことか。 逃げられないと思うから、どんどん視野が狭くなって悪循環に陥るわけです。 会社で上司に怒られる毎日では、自分の人生を否定されたような気がして無駄に落ち込みます。 「自分は社会で何の役にも立たないんじゃないか?」 そんな気すらしてくるでしょう。 そこに、転職サイトからスカウトメールが来たらどうでしょう? 転職エージェントから、「あなたを月収25万で欲しがっている企業がある」と提案を受けたらどうでしょう? 自分が他の企業から求められる立場にある、自分を欲してくれるところがあることがリアルに実感できると思います。 その自信さえあれば、怒られた上司に対して言い返す勇気を持てるかもしれません。 もちろん言い返すのが必ずしも正しいとは限りませんが、フラットに判断できることが大切なんです。 とにかく視野を広げてみる あなたが現在余裕があれば、趣味でも副業でも何でもいいのでサラリーマン生活以外の行動を具体的に起こしてみてください。 もしも全く余裕がなければ、転職サイトに登録して色々な企業の転職情報を見たり、スカウトメールを受け取れるようにしておいてください。 それだけであなたの視野は確実に広がります。 転職サイト最大手はリクナビなので、ここに登録しておけば大丈夫です。 リクナビネクスト公式サイト: また、具体的なアドバイスが欲しい、客観的な意見をもらいたい場合は、転職エージェントに相談に行くことをオススメします。 無料で使えますし、エージェントはあなたに親身になって相談を受けてくれます。 悩んでいる人は、とりあえず誰かに話すだけで色々整理できますよ。 もちろん相談したからと言って必ず転職しなければならないわけではないので安心です。 とりあえず代表的な以下の2つくらいは登録しておいてください。 【知名度No. 5月病で背中チクチクに苦しんでいた私も、転職サイトや転職エージェントを使って何度か転職してキャリアアップし、今では代表取締役という立場になってしまいました。 分からないものですよ。 できることからでいいので、何か一つでも行動を始めてみましょう。 「男性看護師は嫌」という場面に遭遇したとき、どう対応するのが最善か 「ついこの間も女性の患者さ type転職エージェントへ面談に行ってきた私の体験談です 転職エージェントの登録というと、 失業給付はやることをやれば早くもらえてしまう 自慢じゃないですが、私は転職回数が多いです(ホン 転職を「逃げ」と言われると腹が立つ 転職はどうしてもネガティブなイメージで捉えられがちです。 転職を考えている40代女性へ 今の仕事に満足していますか? 定年まで今の会社で勤めることがで 年収を上げる具体的な方法は意外と少ない!? 「もう少し年収を上げたい!どうしたら年収は上がるん 電話が鳴ると極度の緊張が走る 新卒社員が社会人として仕事をする中で、まず最初に壁にぶち当たるの Webディレクターのキャリアについて真面目に考えてみる こんにちは。 web軍師です。 私 転職の面接にはコツがある? 現在私は法人の代表ですが、独立する前に会社を4社経験しています。 リクルートエージェントで登録・面談を受けて転職が決まった私の体験談 転職しよう!と思い立ったら 大喜利の力!に日々ご参加いただいている皆様、誠にありがとうございま 産後リカバリー、動画で自宅エクササイズなら便利 産後の体型戻し、 親子ヨガは幼児のおうち時間にぴったり 子供との家での過ごし方、毎 初心者でも自宅でできる!ゆったりヨガ動画の選び方 家で過ごす時間 医療脱毛、クリニック脱毛って何なの? あなたは現在全身脱毛をして 子どもの英語教育は自宅でお金をかけずにできる 子どもの英語教育、 大喜利の力!に日々ご参加いただいている皆様、誠にありがとうございま コロナの影響により不要不急の外出がためらわれる現状。 SNS 相場が荒れまくっています。 名称はもうコロナショックで良いのでしょう 妊娠中~授乳中のノンカフェイン選び、悩みました 妊娠中~授乳中の.

次の

【極少】社会人1年目のボーナス平均は?夏冬いつもらえる?【公務員も公開】

社会人一年目 一人暮らし 辛い

しかし、それ以外の9割ぐらいの一般企業勤めの新社会人は、 どうせ辞めても代わりはいるので、さっさと辞めちゃってOKです。 今どき、長年勤めて給料が上がって出世できる人なんてごく少数ですし、下手にブラックな会社で働き続ければ大してスキルも身につかないまま、時間を浪費して体を壊すことにもなります。 そういうクソ企業で、無理して貴重な若い期間を費やすぐらいなら、普通にニートとして本でも読んで知識蓄えておくほうが、有意義に過ごせますから。 当記事では、新社会人1年目で辞めてもOKな理由と、実際の辞め方についてご紹介していきます。 社会人1年目で辞めてもいい理由は? 冒頭の説明はちょっと無責任な感じになっちゃいましたが、新卒1年目で辞めてもいいと言っているのには、しっかりとした根拠があります。 その根拠を知ると、いかに「仕事を辞めてはいけない」「とりあえず3年続けろ」が嘘っぱちかわかってきますので、新社会人1年目で辞めようか迷っている方は、ぜひご参考ください。 社会人1年目~3年目で辞める人は多いから 社会人1年目で辞めてもいいと言っている根拠は、 統計として1~3年目で辞める人が多いからです。 「」と呼ばれる、有名な法則があります。 これは、新卒後に入社した会社で、 中卒:7割 高卒:5割 大卒:3割 …という比率で、3年以内の退職者が出るという統計結果を表しています。 厚生労働省のデータを見てみますと、実際それぐらいの数字になってます。 よく「嫌でも続けろ」とは言われていますが、大企業・公務員クラスでも年収が跳ね上がって報われ出すのは40歳以降です。 画像出典: それまでは理不尽な下働きをしなければいけないわけですが、その過程で大失敗して社内評価が落ちたり、クソ上司や性格悪い部下にハメられてしまい、左遷や子会社への出向などの憂き目にあう可能性だってあります。 もちろん、あなたが社内政治を上手く乗り切って役員クラスとして将来年収数千万クラスのクソつまんねえおっさんになりたい出世欲があったり、たまにヘマしてテレビで出てきて吊るし上げられて減給処分される公務員にならないように完璧に立ち回る自信があれば、新卒入社した会社を定年退職後まで続ければいいでしょう。 ですが、今の日本は少子高齢化で年金が出るかもわからない状態で、大企業でも普通に業績が落ちて、転職市場で通用しなくなった45歳以降に、いきなり退職を勧告されるような時代です。 そんな、将来性も感じない、先も見えない会社ばかり。 社会人1年目で辞めたくなる職場はロクな会社ではない 新社会人1年目で辞めたくなるような会社は、ロクでもない会社が多いです。 例としては、• 残業時間月100時間超えが当たり前と化している• 残業する奴がエライみたいなクソな風潮がある• 上司が超ハラスメント系で威圧的• ノルマを達成できないとねちねち説教される …など、時代錯誤で仕事の成果にまったく関係ない業務を、平然と行っている会社です。 今どき、ハラスメント対策・業務効率化に積極的な会社であれば、流石に新社会人1年目に「この会社辞めたい…」と思わせるような、アホな経営の仕方はしてません。 企業としても、新入社員に辞めてもらわずに育ってほしいので、1年目から辞めたいと思わせないように努力しているのです。 ですが、未だに古くさい価値観で経営されている企業は「辞める奴は根性がない」「会社の文化に若者が合わせろ」という感じで、だいたい上の人間も頭カチカチのガンコジジイばかりです。 そういう会社は「社風が合わなかった…」「企業文化に馴染めなかった…」と思って、前向きに辞めることを考えておくといいですよ。 先輩や上司に魅力がなければ成長できないから 新社会人1年目で辞めてもいい理由としては、先輩や上司に魅力がなければ、大して成長が出来ないからです。 よく成功哲学で 「成長したければ上の人間と付き合え」と言いますが、あれにはしっかり根拠が合って、 目指したい人がいると自然と考え方や仕事の仕方もその人から学べるものなのです。 ですが、職場の上司や先輩がいつもイライラして殺気立っている職場であったり、逆に意識が低すぎて活気がない職場ですと、若いうちに働いても得るものがありません。 とくに右も左も分からない新社会人のうちは、 どれだけ良い上司や先輩と巡り会えるかでその後の仕事の価値観が決まってしまうレベルと言っても過言ではありません。 もし、職場の上司や先輩が1ミリたりとも尊敬できない、学ぶべきこともないと感じているのであれば、思い切って辞めましょう。 配属も上司も選べない理不尽さがクソだから 新卒1年目で辞めたくなるのは、配属も上司も選べないクソさが理由になりやすいです。 とくに多いのが、面接時の希望をガン無視されて、希望しない部署に配属されるパターンです。 俗に言う 「話が違うじゃないか!」という状態ですね。 仮に百歩譲って希望通りじゃなかったり、面接時の説明と違う社内環境であったとしても、しっかり説明してくれれば、納得行きます。 ですが、社員が黙っていることをいいことに、一切説明しない理不尽なクソ企業って結構あるんですよ。 そういう会社は今後も 「社員が文句言ってこないから、理不尽な仕打ちをしてやろう」と思って、断らない・反抗しない良い子ちゃん人材になんでもかんでも押しつけてきます。 ですので、入社後に 「なんか違う…」「事前の説明と全然違う…」と感じるのであれば、辞める準備をしておきましょう。 学校では退職の仕方や転職活動の方法を教えてくれないので、不安になってしまうのもしょうがありません。 ここからは、具体的に新社会人1年目の方が辞めて転職するまでの方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。 まずは転職先を決めておくのが無難 冒頭で「辞めちゃってもいいよ」とは言ってますが、考えなしにいきなり辞めるのはあまりオススメできません。 私もエスパーではないので、仮に読者が 「実は上司が超絶良い人だった」「実は会社が儲かっていて昇給チャンスがあった」「3年働けばめちゃくちゃ転職で有利になる職場だった」という可能性もあるのです。 ですので、すぐにでも辞めたいレベルで今の会社が嫌なのでなければ、まずは転職活動から始めておき、内定先を決めてから辞めましょう。 以下の記事にも書いていますが、一度辞めてから転職先を見つけ出すのは、あまりメリットはありません。 料金が3万円ほどかかるサービスですが、その分しっかりと退職するまでサポートしてくれるので、辞めるのが言い出せない人は使ってみるといいでしょう。 退職代行を使わないにしても、万が一、上司に脅されて退職を言い渡せない自体に備えて「こういうサービスもあるんだ」と知っておくだけでも、強気に出れます。 転職エージェントを使えば内定まで全面サポートしてくれる 新社会人1年目で辞めたい方は、とりあえず転職エージェントを使っておくのが鉄板でしょう。 転職エージェントは無料で使え、第二新卒層も対象としているので、すぐに転職に取りかかれます。 また、キャリアカウンセリング 面談 で、本当に辞めるべきかどうかの判断もしてくれますので、客観的かつ現実的な意見にも期待できます。 もし、転職エージェントの相談してみて、今の会社の方がいいと感じた場合は、退職を踏みとどまって考え直すことも出来るので、辞める前に必ず使っておきたいです。 辞める意志が堅いのであれば、最短3ヶ月のスピード転職も実現可能ですので、どちらにせよ転職エージェントを使っておくだけ、選択肢は広がります。 1…国内第1位のリクルートのエージェント。 求人数20万件以上。 対応がスピーディで3ヶ月内の転職も可。 経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。 有名企業・大手企業の求人がバンバン届く。 中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。 1…世界No. 1の外資系企業アデコの手がけるエージェント。 求人情報に一切広告色がなく精度や質が高い。 アドバイザーが利用者と企業の両面営業を担当しているため非常に融通が利く。 これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。 全て 完全無料で利用できる 採用企業側が費用を負担しているため• 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい 電話だけの面談もOK• 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能• プロのアドバイザーが多数在籍しているので、 自分と相性の良い担当者を見つけやすい• 大手でサービスの質が安定しているので、 転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる• 大手企業が運営しているので、 紹介先企業も信用できる企業ばかり• 事前調査をしているため ブラック企業はない• 効率重視なので、早ければ 最短3ヶ月での転職も可能• 逆に「 転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる• 転職サイトとしての機能もあるので、 メールで求人情報を受け取る使い方も可能• 担当者がサポートしてくれるので、 専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる 転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。 確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。 しかし、これだけメリットだらけですと 「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。 ですが、安心してください。 転職エージェントは いつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。 むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で 「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。 転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。 転職エージェントは 時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。 転職エージェントについてもっと詳しく ・ ・ 転職エージェントの登録方法 転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、 興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。 転職はタイミングが重要です。 とくに 今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので 行動は早めにしておくべきです。 転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、 5分もあれば登録は完了します。 登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

次の