消化 酵素 サプリ。 【ゆるく解説】消化酵素とは?効果と働きを知り、サプリを活かそう

酵素サプリ・酵素ドリンクはダイエット効果なし!【管理栄養士監修】

消化 酵素 サプリ

ここでは、 消化を助ける酵素サプリを選ぶコツを紹介します。 世の中の、全ての酵素サプリメントが 事前消化を助けてくれるわけではありません。 「 酵素がダイエットに効果がある 」という現在の流行があり、「 酵素 」が広く認識されているから、 わかりやすく「 酵素 」と表現しているという商品が多く、実際に、酵素の力価や事前消化の役割があるのか?と問い合わせをしてみると「 酵素自体を含む商品ではございません。 」という回答が返ってきます。 「 」で書いたように、酵素ドリンクも同じですね。 ドリンク自体に酵素は入っていません。 そういった商品は、酵素商品の裏面の原材料を見ると、 発酵エキスや、 酵母( 酵素を生む物質 )と書かれています。 発酵エキスは発酵食品のように、すでに酵素による発酵( 事前消化 )がある程度進んだ食品のエキスであり、それをサプリメントなどで摂ることによって、その原料の 栄養素を効率よく吸収できるという優れた利点があります。 これらの商品は、• 普段の食事では栄養が偏っている人• より効果的に栄養補給がしたい人 こういった目的での補助食品として、とても使いやすい商品であることには間違いありません。 事前消化の効果を得るためには、商品選びがとても大切です。 消化酵素サプリメントを選ぶためのポイント 事前消化の働きをしてくれる酵素サプリメントを選ぶためには4つのポイントがあります。 事前消化の助けになるもの( 当たり前ですが… )• 麹菌由来であること• カプセルのもの• 酵素の力(力価)が大きいもの それぞれについて、詳しく説明していきます。 商品選びの際には、 発酵エキスではなく消化酵素を含むものをちゃんと選ぶ必要があります。 原材料の欄に、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなど消化酵素の名前が書かれていたりこれらを含むと書かれているものがわかりやすく選びやすいです。 消化酵素サプリメントには、大きく分けて3種類があります。 豚の膵臓などから抽出した動物性由来• パパイヤやパイナップルを原料にした植物性由来• 麹菌を原料にした麹菌由来 「 」のページの下の方、「 消化酵素のサプリメントを賢く摂る 」でも説明しているので、ちょっと重複しますが、豚の膵臓などから抽出する動物性由来の消化酵素には「 パンクレアチン 」などがあります。 消化酵素サプリメントの原料のひとつとして含まれているものもありますが、パンクレアチン単体でサプリメントとして買えるものもあります。 ( 写真左・/ナウフーズ社 写真右・/ナウフーズ社 ) また、「 牛胆汁エキス 」など含まれているものもあります。 ( ベジタリアンの人は、こういうものは避けるそうです。 )これら動物性由来のものは、 人間の胃の中では働かない酵素なんだそうです。 パンクレアチン:pH7~9のアルカリ性の環境で作用する 人間の胃:空腹時はpH1~1. 5食事中でpH4~5 そのため、事前消化としての効果は期待できず、消化不良を起こした時の解消などで使用するべき消化酵素なんだそうです。 植物由来の酵素サプリメントはパパイン酵素などのパパイヤを原料にしたものや、ブロメラインというパイナップルの酵素を原料にしたものがあります。 よくお肉と一緒にパイナップルを調理すると、お肉が柔らかくなりしますが、これが、ブロメライン( パイナップルの酵素 )の力です。 お肉を食べる時にパパイヤやパイナップルを一緒に食べる事でお肉の事前消化を助けてくれるというのは、「 」の「 他の食品を消化する酵素をもつ食品との食べ合わせ 」でも少し触れていますが、これらの酵素はお肉などの タンパク質にのみ作用する酵素です。 そのため、脂質や糖質( 炭水化物 )に対しての事前消化の効果はありません。 食事にはどうしても色んな栄養素が含まれます。 お肉だけ見ても、タンパク質と脂肪が含まれています。 タンパク質だけでなく、糖質、脂質など、食事に含まれる全て栄養素を事前消化してくれる酵素が必要になるわけですが、それが 麹菌由来の消化酵素なんです。 麹菌由来のものは、糖質、タンパク質、脂質に作用するだけでなくph2~11と、 幅広いpHで働くという性質を持っているため、とても使い勝手が良い酵素です。 食品に含まれる酵素による自己消化と、同じ働きをしてくれることが分かっているためまさに目的を果たしてくれる消化酵素サプリメントです。 その方いわく、栄養素は食品から摂るべきである。 サプリメントに含まれる添加物などの化学物質は体に害があるためサプリメントは害になる。 と、言うのです。 つまり、健康になりたくてサプリメントを摂っていたのに不健康になるので馬鹿らしい。 というような旨の内容でした。 確かに、食事だけで栄養素をバッチリとれたらサプリメントは必要ありません。 しかし、野菜の栄養価の低下や加工食品の乱立、そして酵素を含まない食品や食べ方。 こんな食生活を続けていて一生、健康でいられるかというと正直微妙かも…というのが管理人こぶたが健康マニアに走ったキッカケでもあります。 身の回りにある食品、特におやつは血糖値が急激に上がるものが多く、切れやすい子供が増えたのも、今後、糖尿病患者が増えるだろうと予想されているのも、手軽に簡易な食品( 特に高GI値のもの )をいつでも食べられるようになった食事環境の変化がとても大きいんだそうです。 普通に、周りと同じように外食をして、お腹が空いたらおやつを食べて、なんて普通のように思える食生活が、実は病気のリスクを大きくしている、なんて言われるとにわかに信じがたくても、真実かどうかは病気になってから分かること。 でもその時にはもう手遅れです。 自分の健康、そして美容を守るのは自分自身の「 選択 」だ、そして正しい知識だ。 と管理人こぶたは思いました。 話が凄くズレてしまいましたが、サプリメントには主要の成分以外にも、色んな源材料が使われています。 タブレットなど、サプリメントを固形化するための凝固剤や製造する時に効率よく生産するための添加物、( 抜き型からスムーズに取り出すためのショ糖脂肪酸エステルなど ) また内容量を増やして形を安定させるための増量剤などがあります。 食品添加物は、原材料の欄に表示する義務がありますが、保存料、香料などまとめて表示され何由来かがわからないものもあります。 こればっかりは、どんなに調べても、何が使われているか消費者に分かることはありません。 酸化防止に使用されるビタミンCも食品や植物の由来( レモン果汁など )が書いてあればその材料から抽出されたビタミンCですが、ビタミンC、V. Cなどと表示されるものは、化学的に調合された化学物質なのだそうです。 ひとつひとつの添加物が体に悪さをすることはありません。 安全性が認められているから、添加物としての許可をされています。 しかし、前にも触れましたが、複数の添加物の組み合わせで起こる害や、何十年もそれを摂り続け、体に蓄積された時の毒性はまだ、わかっていない部分も多くあります。 食事の度にサプリメントを取る場合、なるべくだったらそんな心配があるものを口には入れたくないです。 ましてや、自分が妊娠しているとき、または子供に同じものを食べさせたれるかそう考えると、安全性にはこだわりたいです。 そのため、なるべく自然由来のカプセルを使用しているものを選ぶことが大切です。 カプセルはゼラチンやグリセリンといった被包剤を使用しますがタブレットは固めるために、ショ糖脂肪酸エステル、微粒酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウムなど複数の添加物を使用している商品もたくさんあります。 凄く大きな圧を加え固めることで、添加物を使用せず作られたタブレットもありますが( 確か青汁のサプリメントでありました。 安心ですがボロボロにはなりやすかったです。 ) そういったものでなければ、なるべく植物由来のカプセルタイプを選び酵素を消費する食品添加物を避ける方が安心、安全だと思います。 ( 写真右・ 写真左・ ) ただ、画像でもわかるように、消化酵素によって単位が異なるので( HUT,DU,ALUなど )サプリメントを比較する時は同じ単位同士で比べる必要があります。 ( その場合、数値の大きい方が力価が高いことになります。 ) また、力価が表示されていないサプリメントもあるのでその場合は表示されているものを選ぶか、あるいは、問い合わせをすると教えてくれるかもしれません。 しかし、相手は海外のサプリメント。 英語で、販売元に問い合わせる事ができるなら良いですが、管理人こぶたは英語が苦手なので、日本でそのサプリメントを取り扱っている店舗に問い合わせをするなどして調べています。 日本産の酵素サプリメントは、事前消化の効果があるものでも法律上、 力価を表示することはできないそうです。 なので、こちらも商品の販売元に問い合わせる必要があります。 管理人こぶたが厳選した消化を助けてくれるサプリは気になる商品を見つけた時点で、問い合わせをしています。 しかし、実際の返答は、「 詳細情報は一般公開しておりません。 」だったり、「 力価は測っていません。 」という回答の方が多いです。 そうなってくると、回答が明確で安心できる会社のものを選ぶか、ひと月、使用してみて 自分に合ったものを見つけるのも大切です。 ただ、人気商品でも、リピートする人が多くても、販売元のサイトに「 効果があった!」という口コミや体験談が多くても自分に合うかは、また別問題なんです。 詳しくは、次で説明しますが、これだ!!という商品に出会うためには、いくつかピックアップした候補の中から自分に実際に合うものを体感して決めるのが一番確実です。 もし、最初に買った商品で効果が出なくでも、次を探そう!という気持ちでサプリメント探しをするのも必要です。 酵素のサプリメントが自分に合うか、合わないか、は「 友達が成功したダイエット法で自分が痩せない。 」の原因と実は同じです。 「 同じものを食べているはずなのに、私だけ太る…。 」こんな経験がある方は、次の「 販売サイトの口コミやレビューはウソ? 」を読んでみて下さい。 >>「 」を読む。

次の

筋トレに消化酵素は必須のサプリメント│TheHealthyLife

消化 酵素 サプリ

私たちヒトや動物は、生きるためには栄養素が大切ですが、生命を維持する上でもっと大切なものがあります。 それが「酵素」です。 ヒトの体内で作られる「酵素」には大きく分けて、毎日の食べ物を消化や分解し、栄養素を吸収しやすくするための「消化酵素」と、吸収された栄養素を身体の各細胞に届けて有効に働く手助けや、毒素を汗や尿と一緒に排泄させる等、身体の代謝に関係する「代謝酵素」の二つがあります。 いくら栄養バランスに優れた食事をしていても、消化は胃や腸の組織が行うのでなく、そこから分泌される「消化酵素」が行います。 もし、消化酵素が不足したら消化や分解が不十分となり、未消化の物質が腸内で悪玉菌のエサとなり、大腸菌などの悪玉菌が増え、善玉菌の乳酸菌などとのバランスが崩れて身体に害をおよぼす状態になります。 「ほしい酵素があったら麹菌を探せ」といわれるくらい麹菌は酵素の宝庫です。 わかもと製薬は昭和11年(1936年)に麹菌の中から消化酵素の力価バランスに優れた菌株を発見し、「アスペルギルス・オリゼーNK菌」と名付けました。 この麹菌の性質を活かすために栄養素が豊富な「米や麦の胚芽」に注目し、独自に開発した胚芽組成の培地で固体培養することで、アスペルギルス・オリゼーNK菌は胚芽の栄養素で増殖し、アミラーゼ(でんぷん消化)、プロテアーゼ(たんぱく質消化)といった「消化酵素」を産生する胚芽麹の製造に成功しました。 この胚芽麹が「アスペルギルス・オリゼーNK菌培養末」であり、「強力わかもと」と「顆粒わかもと」の主成分として大きな特徴になっています。 【コラム】「酵素」で日本固有の食文化を作った麹菌 日本をはじめ東南アジアの食生活をみると、穀物をさまざまな形に変えて食生活に応用しています。 その時に用いられるのが発酵です。 日本では米を発酵させて日本酒を、大豆を発酵させて味噌やしょうゆを作っています。 その発酵させるときに「麹菌」を入れています。 日本酒を作るには最初に蒸米と麹菌をまぜあわせます。 麹菌が働いて米のデンプンをブドウ糖に分解します(米麹)。 米麹に酵母と水を加えると、酵母がブドウ糖をアルコールに発酵して、日本酒ができます。 味噌を作るには大豆と麹菌と水をまぜあわせます。 麹菌は大豆のたんぱく質を消化しやすく分解し、また、うまみの元になるアミノ酸を遊離します。 一般的に、麹菌は菌体内で作ったたんぱく質を菌体外へ分泌産生する機能が特に優れています。 麹菌の胞子を滅菌した穀物の表面に植え付けて固体培養することで、多種類の「酵素たんぱく質」を生み出すことができ、さらに培養中にこれらの「酵素たんぱく質」が培地の穀物成分も分解して新しくいろいろな物を作り出します。 このように日本の多くの食品には麹菌が使われ、繊細で複雑な味を作り出すもとになっています。

次の

酵素サプリのおすすめ人気ランキング7選【健康維持・ダイエットに!】

消化 酵素 サプリ

皆様大変お久しぶりです。 体重増加コーチの大畑です。 太る指導を行う専門会社SMARTGAINを立ち上げて既に8年たちます。 2年ほど前から体重増加プログラムに参加者する方が著しく増えて、多忙な状態がずっと続いていおります。 ブログ更新もなかなかできずにおりますが、ゆっくりでも更新を続けますので、時々チェックしていただければ幸いです。 今回の記事は、最近聞かれることの多い消化酵素のサプリメントにスポットを当てます。 消化酵素を飲めば太れるか? 消化酵素の量が増えれば消化する力も上がると考えられるので、痩せていることに悩む人の中には、太ること期待して市販の消化酵素サプリを飲む方がいます。 ところが、これで太ったという話はあまり聞きません。 酵素が足りないから痩せているはず。 なのに酵素を取っても何も変わらない... いったい何故でしょうか? メインの消化は小腸で行われる はじめに、消化の仕組みについてやさしく学びましょう。 消化は口から小腸の間で少しずつ段階的に行われます。 まず、唾液に含まれる形で消化酵素が分泌され、おもに炭水化物の消化しやすい部分が口の中で消化されます。 そのあと胃液に混ざって消化酵素が分泌されます。 胃の中ではタンパク質が消化しやすくなるように大まかに分解が行われます。 胃の酸性度はとても高いですし、酸は物を溶かすイメージがあるので、みなさんの中には、消化は主に胃で行われると思っている方も多いと思いますが、実は胃で全てが消化されるわけではありません。 むしろ、本格的な消化に備えた「下処理」のような段階です。 その後、十二指腸で膵液として消化酵素が分泌され、膵液によって小腸内で本格的に食べ物を消化されるのです。 つまり、胃を通過した後で本格的な消化が行われるのです。 胃の中ではあまり効かない消化酵素 消化酵素には様々な種類がありますが、効きやすい条件(温度と酸性度)が異なります。 胃の中に分泌されるものは強い酸性で最も効き目が強くなり、それ以外の、口内や十二指腸に分泌される大半の消化酵素は中性(ph7)で最も効き目が強くなります。 ところが、サプリメントに含まれる消化酵素はアミラーゼやプロテアーゼなどph7付近で活性が高まるものしか普通は入っていません。 胃の中は、これら酵素の効果が出る酸性度ではないので、せっかくサプリとして取っても胃の中で消化を促進する作用はあまりないのです。 酵素は胃を通過すると効き目が落ちる 胃の中で効果が出ないなら、胃から腸に出た時点で効果が出ると思うかもしませんが、残念ながら、酵素は小さな分子のタンパク質であるため、消化酵素自体が胃のなかで徐々に分解されたり変性してしまうのです。 つまり胃の中で時間が経てば経つほど効果がなくなってくるため、消化酵素が効率よく働く環境が整った十二指腸や小腸に到達する頃には、酵素自体の効き目が胃酸の影響で落ちてしまうのです。 それでも効く場合もある ここまで読んだ方は、「それじゃあ消化酵素のサプリを飲んでも効果がないのか」と思ったかもしれません。 理論の一面から見た場合は殆ど効果がないとも言えるので、医師のような専門家の中にもそのような考えを持つ方がいるようです。 実際、「消化酵素は効かない」と医師に言われたという方も体重増加プログラムの参加者にはおりました。 ですが、実はそれでも効く場合があります。 胃の中の酸性度はいつも同じなわけではなく、その時の状況で変わるからです。 例えば、食後しばらくの間は食べ物や食事時の水分量で胃酸が薄まるため、一時的に酸性度が下がります。 痩せ体質の中には胃酸の出が悪くて食べ物の消化が悪い方がいますが、特にこのような方は一般の人以上に食後の胃の酸性度は下がります。 また、食べる量によっても胃酸の濃度は変わります。 一度に食べる食事量や水分量が多い場合は、 胃の酸性度は一時的にですが顕著に下がります。 その酸性度が下がった状態で、 有効成分量の多い消化酵素を飲めば、ある程度は消化を促進させる作用はあるのです。 私自身も様々な体重増加方法を試行錯誤するなかで消化酵素も試しました。 結果としてはある程度の効果はあると感じています。 ただし、製品や飲み方で効き目はかなり変わってしまいます。 消化酵素を飲むならタイミングが重要 消化酵素を飲むなら、タイミング、食事量、水分量、温度に気を配りましょう。 まずタイミングですが、胃の酸性度が下がった状態で飲むのが効果的なので、食後直ちに飲む必要があります。 食事量も関係します。 少量の食事だと胃の酸性度があまり下がらないし、そもそも自分で分泌する消化酵素だけで消化できる可能性が高いので、少量の食事時に酵素をとってもあまり意味がありません。 水分量にも気を使いましょう。 痩せ体質で消化力が弱い方の場合は、消化力をなるべくキープするためには食事時の水分量は少なめにする方が酵素が薄まらないので良いのですが、市販の消化酵素に含まれる酵素は酸に弱いので胃酸をある程度薄めるためにもコップ1杯ほどの水分と一緒に消化酵素を飲むと良いでしょう。 食事時の水分量が多すぎるのも消化には良くないので、多量に飲むのはむしろマイナスです。 食事中は1杯ほど(スープなども含めて)、食後の酵素と同時にさらに水を1杯程で良いでしょう。 ただし、カラダ作りに水分は重要なので、食間にはきちんと水分を取りましょう。 酵素の効き目には温度も関係があるので、冷水で飲むのはお勧めしません。 常温又はぬるま湯が良いでしょう。 もちろん食事も冷たいと効果が下がります。 もっと重要なのは酵素選び 飲み方以上に重要なのは、製品選びです。 製品によって有効成分の量が大幅に違い、効き目もかなり違うからです。 後述する理由から消化酵素はそれほどお勧めするわけではないのですが、もし飲む場合は以下のガイドラインに従って製品を選ぶと良いでしょう。 植物性の酵素の場合は成分量が多い製品を選びましょう - 植物性の酵素の場合は、アミラーゼ、リパーゼ、プロテアーゼなど、それぞれの消化酵素がどれだけ入っているかをチェックし、有効成分の量の多いものを選びましょう。 動物性の酵素は換算値の高いものを選びましょう - パンクレアチンなど動物性の消化酵素の場合は、そのままでは比較できないのですが、アミラーゼやリパーゼにに換算するとどれだけの効き目があるかというデータが通常はラベルに書かれているので、それを参考にします。 酵素の成分量が明示されていない商品は体重増加目的では避けましょう - 酵素の成分量が書かれていない製品は、 どの酵素がどれだけ入っているかをメーカー自体が知らないということです。 酵素が含まれる天然の食品(例えばパパイヤ、パイナップルなど)を乾燥パウダーにしてカプセルに詰めただけのものが「消化酵素」として販売されている場合があるのですが、これらは消化酵素というよりもただの乾燥食品です。 酵素も微量含まれてはいるでしょうが、酵素だけ抽出して濃縮しておらず、単純に酵素が含まれた食品のパウダーが入っているだけのものはさすがに消化力を上げる効果はないと考えられます。 胃が痛くなりやすい人は塩酸ベタインが含まれていないものを選びましょう - 胃酸の濃度を上げる塩酸ベタインが消化酵素に添加されている製品がありますが、胃酸の濃度が低すぎる人には効果的でも、胃酸が普通に出る人や、胃酸の影響で胃が痛くなりやすい人には胃痛の原因になることがあるので、胃が痛くなりやすい人は避けた方が無難です。 一部の製品には体内のphを考えて設計されているものもあるようなので、そのような製品も効果的かもしれません。 あなたには消化酵素は必要ないかもしれません 私は体重増加コーチとして多くの方を指導していますが、 消化酵素の利用を勧めることは稀です。 長年痩せて悩んでいるような方でさえ、大半の方は酵素なしでも体重を増やすことができますし、逆に、消化酵素を飲むだけで簡単に太り始める方も殆どいません。 多くの場合、フードコントロールやトレーニングが必要になります。 とはいえ、消化酵素が効果的な場合もあります。 例えば、極端な痩せの大食いの人です。 体重増加プログラムに参加される方の多くは、計算してみると実際のカロリー摂取はそれほど多くなかった事が分かる傾向があるのですが、中には普段からたくさん食べているにも関わらず体重が長年変わらない方もいます。 本当に沢山食べても体重が長年変わらない方なら、利用を検討しても良いでしょう。 例えば、1日の摂取カロリーが3000kcalで体重50kgならカロリー体重比は60になります。 宣伝です。 「消化酵素を飲んでも太れなかった」「太りたいけど何をしていいかわからない」そんな方は、私の指導するへの参加を是非ご検討ください。 単純に消化酵素を飲むとったことではなく、現在のライフスタイルと体質を把握した上で、フードコントロールやトレーニングと合わせて計画を立て、指導しています。

次の