三 つの 密 と は。 【4月17日首相官邸チラシ追加】3つの「密」を避け、ゼロ「密」を目指しましょう/新型コロナウイルス感染症特設サイト/とりネット

「三密」という標語がうまくできすぎていたための弊害とは何か?

三 つの 密 と は

密閉、密集、密接。 新型コロナウイルス感染症の予防を巡り、政府や自治体はこれら三つの「密」を避けてほしい、と繰り返し呼び掛けている。 それぞれは「換気の悪い密閉空間」「多数が集まる密集場所」「間近で会話や発声をする密接場面」。 三つが重なると、感染者の集団発生が起きやすいことが国内外の調査で分かったためだ。 これまでに、屋形船、ライブハウス、懇親会などの場で集団感染が確認された。 どの「密」も、会話などで飛び散るしぶきに含まれるウイルスを吸い込みやすい環境。 軽症や自覚症状がない人もウイルスを排出するという、新型コロナの特徴が拡大に拍車を掛ける。 東京都では、ナイトクラブなど接待を伴う夜間営業の飲食店で感染が疑われる事例が多発し、小池百合子都知事が3月30日、これらの店やカラオケ店などの利用を当面自粛するよう要請した。 いずれも三つの「密」が重なる場所だと指摘した。 (共同).

次の

「異議あり」は公民館に電話 自治会の総会「三密」どう回避? ネットで生配信の地域も

三 つの 密 と は

私はサプライチェーンのコンサルティングに従業している。 新型コロナウイルスの影響が顕在化した2020年2月以降、クライアントやサプライチェーン関係者らと、何度も対策の会議を重ねてきた。 ほぼ毎週のようにビデオ会議システムを利用しながら、意見交換会を実施している。 2月から3月上旬までは、中国に生産地や調達先を集中させていたことへの反省が多かった。 私自身も「グローバリズムがアンチグローバリズムを生んだ」と様々な原稿で書いた。 中国依存への見直しが進んでいると感じた。 しかし、3月下旬からは異なる意見が目立ってきた。 まず東南アジア各国で生産が止まり、欧州は絶望的、米国もひどい状況にある。 時間差であらゆる地域に影響が生じた。 すると、「やはり国内生産が正しいのではないか」という意見も出てきた。 (出所:PIXTA) その後、経済産業省が「サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助金」を発表した。 2020年度補正予算案に組み込まれたもので、総額は2200億円に上る。 海外に生産拠点を持つ企業が日本国内にも確保するために建物や設備を導入する費用について、国が基金設置法人を通じて補助するというものだ。 費用の全額が補助されるわけではないが、補助率は大企業が費用の1/2、中小企業が2/3と高い。 同じく補正予算案に盛り込まれたものとして、「海外サプライチェーン多元化等支援事業」も挙げられる。 東南アジア諸国連合(ASEAN)などにおける生産拠点や調達先の多元化を支援するもので、総額は235億円である。 経産省の資料には「FS調査等を支援」とある。 FSはフィージビリティースタディーの略だと思われるので、調査費用を補助するのだろうか。 詳細が判明するのを注視していきたい。 私の属する未来調達研究所には、サプライチェーン関係者1万3000人強が会員登録している。 意見交換会でこのような補助金による国内回帰について意見を聞くと、思わぬほど評判が良くない。 まず、実務家として、たとえ建物や設備を安価に導入できたとしても、国内生産を選ぶ可能性は非常に低い。 それらイニシャルコストを軽減できても、ランニングコストですぐに吹き飛ぶからだ。 それぐらい国内生産のコストは高い。 まだ可能性があるのは、後者の「海外サプライチェーン多元化等支援事業」だ。 それも、現時点では支援金をどう手に入れられるのかが分からない。 「調査の支援だけならほとんど意味がないのではないか」という意見があった。 「中国外し」が一転、「中国が頼み」に 現実は、国内回帰とは全く異なる方向に踏み出そうとしている。 私たちが実施している意見交換会では、4月になってから興味深い意見が出てくるようになった。 4月は、中国の生産が完全ではないにせよ、復活しつつあった。 企業や工場によっては、「ほぼ通常に戻った」という声もあったほどだ。 3月までは中国外しが議論されていたにもかかわらず、中国の生産が復活すると、どの地域よりも中国が頼みの綱という状況が誕生したのである。 中国は、まず悲劇として私たちの前に降り掛かってきた。 ところが、次はまるで喜劇のように復活を果たしたのだ。 これはまさに奇妙なねじれだった。 そこで、私たちは現時点での結論を出すに至った。 すなわち、「中国を使う/使わない」という2項対立ではないのだということである。 必要なのは、さらに生産拠点や調達先を分散させることだ。 そして、それによって一層のリスクヘッジを図ることだ。 私たちは、調達・購買部門を通じて、各取引先に次のような依頼を出した。 <短期的施策>• 直ちに資金繰り表を作り、現金のショートがないように注意する。 何よりも生き延びることが重要。 資金繰りが厳しければ、なり振り構わず金融機関から融資を受ける。 必要に応じて、私たちも支払金の決済短期化や手形の現金化などで協力する。 マーケティング費用を削減する。 さらにいえば、それを企業存続のために使う。 長期的な発展にマーケティングは欠かせないが、今は死なないことが最も重要。 予算うんぬんにかかわらず、まずはお金の流出をいったん止める。 設備投資支出を止める。 途中まで進めている案件でも、ためらうことなくストップする。 サンクコストとして諦めて、目の前の危機を乗り越えるために留保する。 製造業でも日本企業は平均で月商の1. 7カ月分しか保有現預金を有していない。 だいたい2カ月分の仕事が止まってしまえば、運転資金は底を突く。 何よりも、まず「止血」に重きを置いた施策だ。 これらの短期的施策で急場を乗り越えつつ、次のような中・長期的施策で将来に備える。 <中・長期的施策>• 落ち着いたら、リスクマネジメントのために生産拠点や調達部材を分散化させる。 国内回帰は答えではない。 日本は災害リスクがあり、国内一極集中はむしろリスクを高める。 戦略部材は、在庫化を検討する。 これまで「在庫は悪」といわれてきたが、今回のような緊急時に在庫を持っていたので生産を止めずに済んだ事例が報告されている。 重要部材については、「在庫は悪」と限らず、在庫を有しておくのも戦略といえる。 この記事は会員登録で続きをご覧いただけます。 次ページでログインまたはお申し込みください。

次の

新型コロナウイルスに向き合う仏教の「三密」 ‐ 壽徳寺 住職 松村妙仁さん(福島県猪苗代町)

三 つの 密 と は

密閉、密集、密接。 新型コロナウイルス感染症の予防を巡り、政府や自治体はこれら三つの「密」を避けてほしい、と繰り返し呼び掛けている。 それぞれは「換気の悪い密閉空間」「多数が集まる密集場所」「間近で会話や発声をする密接場面」。 三つが重なると、感染者の集団発生が起きやすいことが国内外の調査で分かったためだ。 これまでに、屋形船、ライブハウス、懇親会などの場で集団感染が確認された。 どの「密」も、会話などで飛び散るしぶきに含まれるウイルスを吸い込みやすい環境。 軽症や自覚症状がない人もウイルスを排出するという、新型コロナの特徴が拡大に拍車を掛ける。 東京都では、ナイトクラブなど接待を伴う夜間営業の飲食店で感染が疑われる事例が多発し、小池百合子都知事が3月30日、これらの店やカラオケ店などの利用を当面自粛するよう要請した。 いずれも三つの「密」が重なる場所だと指摘した。 (共同).

次の