バーチャルyoutuber 作り方。 【初心者向け】バーチャルYoutuber(Vtuber)を作るための、機材やソフトをまとめた。

バーチャルYouTuberにスマホ1台で簡単になれる方法とは。顔出し無しで誰でも配信者になれる時代に

バーチャルyoutuber 作り方

バーチャルYouTuberは3Dモデル以外のやり方もある!FaceRig(フェイスリグ)+Live2Dモデルを使おう 2018. 04 もっと簡単にバーチャルYouTuberやりたい人はHitogataもおすすめ。 【VTuber】ひとつのソフトでモデル作成からトラッキングまで!神ソフト『Hitogata』をご紹介 : MONOTONE なんだか最近 「バーチャルYouTuber」という存在が流行しているようですね。 「最近」というか、わりと以前からなので、すでにもう結構手あかのついた話題だとは思いますが…… Twitterでも、特にそっち方面の技術者や動画配信者をフォローしているわけではないのですが、流行の話題としてバズったツイートは私のTLにも流れてきていました。 特に目についたのが、モデラーさんにありえない待遇での3Dモデル制作依頼が舞い込んでいる「らしい」といったもの。 ただ、私は実際に 「自分モデラーだけど、こういう依頼あったやで」といったツイートは見かけていないので、正直どこまで現実なのかわからないと思ってるんですけど。 経験がなければ経験者に依頼をしたいと思うのも無理はない、それはわかります。 しかし経験者が依頼で作るのもあまりにも大変な作業ですから、 それなりの報酬を用意しなければいけないのは当然ですよね。 3Dモデルを動かすためには、自分の動きを読み取り連動して反映させるモーションキャプチャーの機材が必要になります。 これは個人が趣味程度で導入するには決して安くはない投資です。 そこで、これから バーチャルYouTuberとして後追いデビューしたいと考えている人に手軽でオススメのツールが、 FaceRig(フェイスリグ)+Live2Dモデルです。 出典:FaceRig Live2D Module FaceRigは、その名の通り顔のモーションしか拾えません。 全身の身振り手振りが重要になるトークオンリーでは勝負せずに、ゲーム実況の片隅に添えるといった使い方をしましょう! Live2Dは、2Dイラストをまるで3Dであるかのように見せかけて動かす技術です。 3Dモデルを作ったことがなくても、2Dイラストをそこそこ描ける人は多いのではないかと思います。 そういう人がこれから始めるのであれば、 3Dモデル制作をいちから勉強するよりLive2Dを使用するやり方のが断然早い! また、FaceRigには3Dのモデルもありますが、同じソフトを使う人とキャラクターがかぶってしまうリスクもあります。 自分の代理として動画に出演させるアバターなのですから、やはり他人とかぶらない オリジナルなキャラクターがいいですよね。 FaceRigを使ってLive2Dモデルを動かす方法なら、それが 比較的簡単に実現できるのです。 FaceRig用Live2Dモデルの作り方 【バーチャルYouTuber】FaceRig特化型Live2Dモデルを作ろう!【作り方】 : MONOTONE 実際に作ってみました(解説付き) 【DLファイル付き】ド素人がキャラデザからLive2Dモデルを作ってみた【自作】 : MONOTONE WEBカメラがない人はスマホアプリのFaceRigを使う手もあるFaceRigをPCで使うには、 WEBカメラが必須です。 カメラを持っていないのなら、購入するのが早いですが…… スマホアプリ版のFaceRigを使うという手段もあります。 スマホには最初からカメラがついていますから、わざわざカメラを別途買う必要はなし。 スマホ画面をPCにミラーリングするアプリを使えば、PC内でFaceRigの出力映像を得られます。 あとはこれを録画ソフトや配信ソフトで画面取り込みするだけ! 当ブログで以前触れた、音声入力から合成音声出力を連携させるリアルタイムゆっくり実況()を組み合わせれば、バーチャル感がさらにアップ! ライブ配信であっても完全な匿名性を確保できるでしょう。 参考リンク FaceRig FaceRig Live2D Module アプリ版FaceRig Live2D AirMore.

次の

2次元バーチャルYoutuberのやり方(Mac、FacerigなしでOK)

バーチャルyoutuber 作り方

バーチャルユーチューバー(バーチャルYoutuber)とは、動画配信サイトYoutubeで動画を配信している架空のキャラクター。 VTuber ブイチューバー やバーチャルライバーとも呼ばれています。 キャラクターについて大きくわけると、Live2Dを活用した2DイラストCGキャラクターとMMD MikuMikuDance やUnity、Blenderで制作された3DCGキャラクターに分かれています。 カメラ、VR機器 OculusRift・HTC Vive・WindowsMRなど 、各種モーションキャプチャーデバイス Kinectなど を使って配信者の顔の表情や体の動きを取得し、CGキャラクターに反映させることで臨場感あふれる演出や人物表現をしています。 2016年にバーチャルYoutuberキズナアイが登場した後、2017年12月からさまざまなバーチャルYouTuberが登場し、2018年2月現在では400名以上のバーチャルユーチューバーが存在し、2018年3月に1,000名以上、2018年4月には1,500名を超えています。 2018年12月には、6,000名を超えました。 画像引用元:日本テレビ NEWS ZERO 2018年のバーチャルユーチューバーが配信する動画コンテンツはゲーム実況配信が中心となっており、今後どのように発展をしていくか注目を集めています。 バーチャルユーチューバーとしてキャタクターを動かすためには、 キャラのモデルデータが必要になります。 キャラクターのモデルには、アニメイラストのように作る2Dモデル 平面 と、3Dモデルの2つのパターンがあります。 3Dモデルは、一度つくればどのようなカメラアングルからでも撮影ができるので表現力は高いのですが、3Dモデリングの知識や3Dモデラーの協力が必要になります。 2Dモデルは、イラストレーターやデザイナーさんにキャラクターのイメージを伝えて、キャラクターのイラストを作ってもらうことになります。 2Dモデルでは『Live2D』を使うことが多く、3Dモデルでは『Blender』などの3Dモデリングソフトウェアを使うのが一般的です。 また、現在はまだリリースされていませんが、今後はスマートフォンでオリジナルの3DCGキャラクターが作れるアプリも登場してくることでしょう。 年間の動画再生時間が4,000時間以上であること。 Youtubeにどんなに動画投稿をして再生回数が増えたとしても、この2つの壁を乗り越えていなければ、収益化対象にはなりませんから、収入はゼロ円です。 実際に動画配信活動を行なってみればわかりますが、これは、知名度もコンテンツ制作能力も低い、始めたばかりのVTuberにとっては非常に高いハードルであり、ほとんどのVTuberは、収益化の問題を解決することができません。 そのような状況のとき使えるのが、Youtubeではなく、SHOWROOMに代表されるライブ動画配信サービスです。 SHOWROOMなどのライブ動画配信サービスであれば、アカウント開設後、すぐにギフティングという形でリスナーや視聴者さんから、有料ギフトを頂けるようになります。 有料ギフトの一定割合が配信者さんに直接振り込まれるので、始めたばかりのVTuberさんでも収益化の機会を得ることができるわけです。 もちろん、有料ギフトを頂くというのは簡単なことではありません。 Youtubeへの動画投稿とは、視聴者さんが求めているものはまったく違いますので、配信者さんによってはさまざまな改善が必要になってきます。 詳しくはにも書いてありますので、ご覧になってみて下さい。

次の

バーチャルYouTuberの作り方は?制作費は?参入障壁について考察してみる

バーチャルyoutuber 作り方

今回こちらの記事では最近各方面で話題となっているバーチャルYouTuber(VTuber)の作り方について説明していきたいと思います。 今はまだ専門的な技術が必要とされるため、実際にチャレンジできるのは一部のクリエイティブ精神をもつチャレンジャーに限定されておりますが、 どういう仕組みで動画が成り立っているかという事など、コンテンツの「裏側」に興味がある方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか? 今回はどういった道具をつかって、どのようにして作成されているのかという 作り方を中心に紹介していきたいと思います。 バーチャルYouTuberでYouTubeデビューをお考えの方も必見です。 バーチャルYouTuberの仕組みについて バーチャルYouTuberはキャラクターを使った動画配信になり、キャラクターは3DのCGデータをもとに製作されています。 キャラクターの声は上の動画のように声優さんが担当する事もあれば、Vocaloidの初音ミクのように機械の声を使用する場合もあります。 そしてキャラクターの動きは、実際の人間の動きを反映させているのが今は一般的で、上の動画のように専用の機械を体に取り付ける形で撮影を行なっています。 バーチャルYouTuberを作成するために必要な技術や道具について バーチャルYouTuberの動画を作成する際は、大きく以下の4つを使って作成を進めていくことになります。 3Dモーションキャプチャー こちらは人間の体の動きをセンサーを通して記録し、それを3Dモデルデータに反映させるための技術になります。 実際にデータを取り込む際に使用するものはNeuronやKinectというツールが有名で、上の動画を見ると実際の仕組みが理解しやすくなっています。 フェイスモーションキャプチャー こちらはWEBカメラを使って人間の口や頭の動きを取り込み、それを3Dモデルデータに反映させるための技術になります。 実際に使用する機械はFacePlusやFaceRigというソフトが有名です。 3Dモデルデータ こちらは人間の動きを反映させるための対象データです。 今回のバーチャルYouTuberはもちろんですが、VRやARなど様々な分野で使われているものになり、 こういった3Dデータを使った作品やエンターテイメントが今後もさらに増えてくることが予想されます。 Unity Unityは、3Dモデルデータに動きを反映させる際に必要となるプログラミング言語のことです。 これまでにプログラミング経験のある方であれば、バーチャルYoutuberの作成をする際にそこまで難しい技術は必要ないとも言われています。 バーチャルYouTuberを作成するまでの流れについて ここからは実際にバーチャルYouTuberの動画を作成する方法や流れについて説明していきます。 今回はというブログを運営されている方が、バーチャルYouTuberの勉強会に参加した際のメモを引用させて頂きました。 ちなみに今人気のバーチャルYouTuber「シロちゃん」が所属している、株式会社アップランドさんでの勉強会の内容になります。 動画データを作成する際の流れについて 1 2Dイラスト(ここが本来だと大変、すでに別企画で使うイラストがあった) 2 モデル作成・表情 3 モーションで動かすシステム開発(Unityで取り込んだモデルを動かす) 〜ここまで1ヶ月未満〜 4 撮影環境構築 その他 OP,ED BGM,SE用意 2Dイラストの素材があって約1ヶ月ということなので、実際はこの部分が大変ということを踏まえるともっと大幅に時間がかかると思っていたほうがいいかもしれません。 また3Dモデルデータの作成だけではなく、別に撮影環境の構築も必要になるようです。 動画の企画〜投稿までの流れについて 1 動画企画 2 動画構成・台本作成 3 撮影環境準備: バーチャルに物を出したりするのが意外と大変。 5の記述にもあるように、3Dモデルデータへモーションや動きを反映する方法は、この事例のように「別撮りで後から編集でミックスする方法」と「一緒に撮影する方法」の2種類あるようです。 もう少し機材やツールなどが便利になっていけば、ある程度効率的に作成をすすめていく事が可能になるとは思いますが、 通常のYouTube動画を作成するより、値段も工数も圧倒的に多くかかるため、現段階ではビジネス用途には向いていないといえます。 しかし、本気でやりたい方がいらっしゃるなら、諦めてはいけません。 企業の方がやるクオリティは敵わなくても個人で活躍しているバーチャルYouTuberもいらっしゃいます。 また、安価で利用できるものや3Dモデルや、クラウドファンディングで運営資金を集めることや、 SNSでモデリングやプログラムができる人をを募集してチームで運営するなど、「バーチャルYouTuberドリーム」を叶えるためのアプローチは様々です。 まとめ 今回引用させていただいた株式会社アップランドさんの勉強会からの内容によると バーチャルYouTuberの「シロちゃん」は、ほぼ採算は度外視で面白そうだからやってみたという実験的なプロジェクトだったそうです。 結果は言わずもがなですが、多くの人に受け入れられて既にその人気は盤石のものとなっています。 企業として採算度外視のプロジェクトは中々良しとされませんが、 好奇心・情熱優先で取り組んだことが功を奏し、魅力がユーザーにもしっかり伝わり、このような成功につながっていると思われます。 これからどんな新しいYouTuberが出てくるか、今後もひき続きウォッチしていきましょう! .

次の