ヒロアカ エリちゃん。 【ヒロアカ】デクはエリちゃんを助けるべきだったよな

壊理 (えり)とは【ピクシブ百科事典】

ヒロアカ エリちゃん

強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• 【画像】からかい上手の高木さん、とんでもないイチャラブをみせてしまうwwww• 【画像】漫画史上、1番かっこいいと思ったシーンを挙げてけ• 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• 【厳選】デスノートのコラ画像、今思えばめちゃくちゃクオリティ高かったよな• 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• コナンの鈴木園子さんが前髪を下ろした結果wwwwwwww• 【名シーン】ジャンプ史上最高の『敵同士の対決』ってなんだと思う?• 【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件 関連記事.

次の

ヒロアカのエリの年齢や両親は?治崎との関係をネタバレ!

ヒロアカ エリちゃん

パッと読むための目次• ヒロアカ173話ネタバレの要点まとめ エリちゃんの雄英見学 爆轟の喝により全員の迷いが消え、不揃いだった足並みもようやく整ったA組は、文化祭へ向けて着々と準備を進めていました。 耳郎と爆轟を軸に練習に臨むバンド組と、芦戸の指導でロックダンスの習得に勤しむダンス組、轟を中心に企画の練り込みを続ける企画組に分かれるA組。 そこへ、文化祭当日の前に外の世界の雰囲気に慣れてもらいたいという相澤やミリオの計らいによって病院を飛び出したエリが顔を出します。 (堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」173話より引用) 年頃の女の子らしい洋服で身を包んだエリの可愛さに沸く一同。 エリの付き添いでA組の練習場所に来たミリオは、緑谷に自分やエリと一緒に校内を巡ろうと持ちかけます。 文化祭まで1か月あるにも関わらず活気で溢れる雄英校内を歩いて回る緑谷・ミリオ・エリの3人。 その途中、演劇の準備をしているB組の面々に出会います。 例によってA組を見るとイキり出す物間が緑谷に突っかかります。 イキり出したら止まらない物間を抑える役割の拳藤の不在に気づいた緑谷は、偶然雄英ミスコンの存在を知らされます。 そしてそのミスコンに対して並々ならぬ気合を見せている、昨年準グランプリに輝いたある人物のこともミリオから聞かされます。 (堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」173話より引用) 艶やかな衣装に身を包み、個性の波動によってふわふわと浮遊している波動ねじれに照れる緑谷は、「準」の部分について尋ねます。 誘われて出ただけのミスコンでも、ライバルに敗れたことで意外な楽しさや悔しさを覚えたと語るねじれは、学生最後のミスコンで優勝することを誓います。 緑谷…クビ? 次に発目明のいるサポート科を訪れた3人。 サポート科のための展示会も開かれる文化祭は、体育祭の時のような副次的なアピールの場ではなく、自分たちが主役となれることを嬉々として語る発目。 いつものように発目の開発した機械が爆発してしまい、その場を去った後も、文化祭の準備に取り掛かる現場を順々に見て回った3人。 一度食堂に腰を落ち着け、エリに感想を求める緑谷とミリオ。 エリはよく分からないと言いながらも、必死に感想を絞り出します。 エリ 「たくさんいろんな人ががんばっているから」 「どんなふうになるのかなって…」 (堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」173話より引用) エリが期待を抱いてくれたことに顔を見合わせて喜ぶ緑谷とミリオに、エリが外出する許可を出した根津校長が声をかけます。 自身も文化祭を楽しみにしていると語る校長でしたが、隣にいたミッドナイトが「警察からの圧力」があったことを漏らしてしまいます。 相次いだヴィランの襲撃とオールマイトの引退により社会情勢が不安定化した現状を警戒する警察庁長官から、直々に文化祭の自粛を求められていた根津校長。 反論の口を開こうにも強硬な姿勢を貫く警察庁長官に遮られてしまいます。 それでも根津校長は深々と頭を下げ、長官に食い下がります。 根津 「……こんな今だからこそ生徒たちに必要なイベントと考えています」 「万全は尽くします」 「だからどうか…!! これ以上暗い未来を指し示すワケにはいかない」 (堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」173話より引用) そうした詳しい経緯を伏せつつも、セキュリティ強化と、警報が鳴ったら誤報であろうとも即時中止という条件の元に文化祭が開かれることを緑谷に伝えるミッドナイト。 別れ際にはA組の催しを楽しみにしているとも語り、暗い話から明るい空気になったことで、エリも緑谷たちの催しに興味を持ちます。 音楽とダンスで楽しませることを笑顔でエリに伝える緑谷。 しかし、練習開始から一週間が経った頃… (堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」173話より引用) 暗く沈む蛙吹や佐藤たちを背後に従えた芦戸から、唐突に「クビ」を突きつけられたのでした。 スポンサーリンク ヒロアカ173話ネタバレの考察 僕のヒーローアカデミア173話を読んだうえでの考察をまとめておきます。 クビ、すなわち当日は… 最後のコマで唐突に突きつけられた「クビ」。 しかし、ここで思い出してみましょう。 雄英文化祭を襲うと宣言したジェントル、次のレベルに踏み込んだ緑谷のワンフォーオール、文化祭までの1か月という時間、そして文化祭の催しに関われないことが告げられました…。 ここまでの一連の流れから導き出される答え、それは「緑谷の成長を最初に披露する相手はジェントル」というフラグです。 様々な生徒たちの文化祭へ注ぐ意気込みの強さを垣間見ただけに、それを潰されることに緑谷が怒りを爆発させるのは火を見るよりも明らか。 新スタイルのお披露目と、次のステップへの足掛かりとなる敵との戦闘が描かれる。 八斎會強襲作戦以降、落ち着きを見せていたヒロアカに再び血生臭さが漂ってきました。 攻めてくるのはジェントルだけ? ところで、新ヴィランのジェントルと新スタイルの緑谷の激突が待たれる文化祭編ですが、攻めてくるのはジェントルとラブラバだけなのでしょうか? これまでのヒロアカを振り返ると、ヴィランに襲撃されても、八斎會を襲撃しても、敵は平均5人以上いました。 もし2人組での雄英襲撃となれば、ステインと脳無2体での保須市襲撃を下回る過去最少人数を更新することになります。 本当にほぼ単独での潜入を成し遂げるのか。 どんな方法で強固になる一方の雄英の防御を突破するのか。 また次がオールマイト引退後初のヒーロー側が受けに回る襲撃編となるため、雄英側がどんな対応を見せるのかも気になります。 そして導かれるように雄英文化祭を観て回ることになったエリの存在。 いくつにも伏線が絡まっているため、文化祭編終了時には色々なことが大きく進展しそうです。 ヒロアカ173話ネタバレのまとめ 今回は僕のヒーローアカデミア173話のネタバレを紹介しました。 文化祭の準備でてんやわんやの雄英を訪れたエリちゃん。 様々な生徒たちの頑張りを肌で感じ、はじめてのワクワクも得ました。 荒れることが確定しているだけに、多くの生徒が悲しみの淵に沈むであろう文化祭後に、エリちゃんがどんな心境になってしまうのか、今から不安で仕方がありません。

次の

【ヒロアカ】256話ネタバレ!エリの角に異変が!?なにかの前兆か?

ヒロアカ エリちゃん

ヒロアカ242話ネタバレ!クリスマスプレゼント交換が心温まる! 前回のヒロアカ241話では、久しぶりの雄英高校の授業の一幕でした! 今までヴィラン連合と異能解放軍のシリアスな戦いだったので、なんか安心できる回でしたね。 それにしても爆豪はインタビューで暴走するなど相変わらず。。 一方の轟は父であるエンデヴァーのトラウマから解放され、かなり大人になった印象がありますね。 >> ヒロアカネタバレ242話:インターンシップの再開 雄英高校の先生たちが、会議をする様子が。 そこでは、突然のインターンシップ再開に関して議論されている。 校長の話によると、公共の安全機関から、 全てのヒーロー科の生徒に実践のトレーニングを積んでほしいという要請があったようだ。 ヴィラン連合の巨大化によって、かなり危機感を覚えているのでしょうか。 >> おそらく、差し迫った危険が起こりうることを想定して、今まで以上にヒーローを用意しておきたいという意向がありそう。 あのデイカ市の悲劇をきっかけとして、より安全な街を作るためにヒーローが必要になっている。 校長は、トップヒーローたちに連絡を取り始めるとした。 会議から数日後、校長は塚内警部とオールマイトとテレビ会議をしている。 どうやら、 内通者の可能性を探っているようだった。 インターンシップを再開するとなると、やはり内通者のことは気になってしまう。 しかし敵側に目立った動きはなく、内通者の存在がまだ明らかになっていない様子。 >> >> オールマイトは、生徒たちを信じている。 生徒たちは、本当のヒーローの心を持っている、と。 ヒロアカネタバレ242話:エリちゃんがサンタクロース姿で登場しクリスマスプレゼントの交換が始まる 場面は変わり、1年A組が生活する寮。 ここでは、クリスマスパーティーが開かれていた。 おもいおもいのサンタコスチュームに着替えている生徒たち。 爆轟だけは、相変わらずサンタコスチュームとかになっていない。。 クリスマスパーティーでも、話題はどこにインターンシップにいくか。 緑谷が前回のインターンシップでお世話になったナイトアイ事務所は忙しく、緑谷はどこにいくかまだ決まっていない。 そして一方の爆轟。 前回のインターンシップで行った ベストジーニストはまだ失踪中。 なので、爆轟もどこにいくかまだ決まっていない。 >> インターンシップの話をして少し暗い雰囲気なった中、峰田が 「今日は聖なる夜だぞ!いつまで学校の話をしてるんだ!」と怒っている。。 確かにそれもそうだ、とシチメンチョウの丸焼きを持ってきた砂糖が言う。 そして、エリちゃんがサンタの格好をしてパーティーに登場! 「トリックオアトリート」はハロウィンだね。。 メンバーが揃ったところで、クリスマスパーティーが再開!! プレゼント交換で、なぜか切り餅を当てる緑谷。。 常闇が持ってきたなんかわからないようなプレゼントを、エリちゃんが引き当てる。。 楽しい雰囲気で、クリスマスパーティーは終了した。 そしてクリスマスパーティー終了後、轟が緑谷と爆轟に声を掛ける。 「もしインターンシップで行くとこなければ、一緒にエンデヴァーのところに行くか?」 ーーー次回243話に続く ヒロアカ242話:感想 まだ内通者が明らかになっていない状況でのインターンシップ再開。 先生方に不安はあると思いますが、ヴィラン連合が大きくなった今、ヒーローの育成は急務なのでしょう。 そして、インターンシップの行き先が決まっていない緑谷と爆轟は、エンデヴァーのところに行くのでしょうか! エンデヴァーはオールマイトが引退した今、No. 1のヒーロー。 成長するにはうってつけの場所ですね! >> それにしても轟は、本当に成長しました。 今までなら、爆轟を父親であるエンデヴァーのところにインターンを誘うなんて考えもしなかったでしょう。

次の