電気 料金 一人暮らし。 東京電力のプランで一人暮らしにおすすめは?最適なアンペア契約は〇A

一人暮らしの電気代

電気 料金 一人暮らし

一人暮らしにかかる光熱費ってどのくらい? 一ヶ月の平均費用 一人暮らしを始める前に、気になってくるのがおおよその 費用。 具体的な費用を把握しておけば、生活費の目安がわかってきます。 単身生活の場合、月々の 水道代・ガス代・電気代の合計は、 10,000円前後になることがほとんど。 それぞれにかかる費用を確認しておきましょう。 水道代 水道代の目安は、ひと月で 3,000円程度。 地域にもよりますが、高くても 4,000円くらいの料金です。 独身だと、水道代は基本料金内に収まってしまうことが多いもの。 水の無駄遣いにさえ気を付けておけば、それほど高い料金を請求されることは滅多にありません。 ただし、お風呂好きな方はご用心。 浴槽にたっぷりとお湯を張ったり、毎日シャワーを流しっぱなしにするような生活をしていると、水道代が跳ね上がります。 実は水道代のうち、多くを占めているのは お風呂にかかる費用なんですね…。 ガス代 月々の ガス代は、平均すると大体 3,000~5,000円です。 都市ガスであればもっと安くすみ、中には月に1,500円程度に収まってしまう場合も。 ただし、物件がプロパンガスと契約している場合、7,000円程度かかることもあります。 プロパンガスの料金は、都市ガスの倍近くかかると思って良いでしょう。 できれば物件を決める前に、使用できるガスの種類は確認しておきたいところです。 また、 ガスで沸かすタイプのお風呂だと、もっと費用がかさんでしまうことも……。 ガス代を安くおさえたいなら、お風呂の給湯が ガス給湯器と 電気温水器のどちらなのか、入居前には忘れずに確認しておきましょう。 電気代 電気代は季節によって使用量が大きく異なります。 なぜなら、家庭内で電気を一番消費しているのが エアコンだから。 エアコンをあまり使用しない 春と 秋は 3,000円 程度ですみますが、 夏や 冬になると料金が 7,000円近くにもなってしまいます。 10,000円を超えることはそうそうありませんが、エアコンをつけっぱなしで過ごすと電気代はもっとかかります。 電気代を節約したい人は、エアコンの温度を適温に設定しておきましょう。 夏は温度を高めに、 冬は低めに設定しておくことがポイントです。 東京と大阪で変わる光熱費 住んでいる地域によって、水道・ガス・電気の使用代は変わってきます。 東京と大阪を比べると、生活にかかる費用の違いがよくわかります。 単身生活を考えているなら、これから暮らす地域のそれぞれの基本料金を確認しておきたいですね。 東京の平均光熱費 物価の高い 東京ですが、全国的に見ると、 水道代・ガス代・電気代は、ほかの地域と比べてそれほど高いという訳ではありません。 都市ガスの供給がある地域であれば、ほかの地域よりも安くガス代をおさえられる傾向にあります。 しかし、物価の高い東京ですから、家賃やその他の生活費を合わせると、 ひと月の費用は多くかかります。 東京で暮らす際には、 家賃とその他の費用とのバランスを考えた生活スタイルが必要になりそうですね。 例えば、 電気代は東京に比べるとかなり割安。 関西電力の最低料金は 320円50銭ですが、これはなんと、 東京電力の半額以下の料金なんです。 次に、 ガス代について。 大阪には、 都市ガスの供給体制が整っている地域があります。 都市ガスが使用できる物件に入居できれば、プロパンガスよりも料金を安くおさえることが可能です。 水道代は市町村によっても異なりますが、大阪市に暮らす一世帯当たり(単身以外の世帯も含む)の上下水道代は平均して 月2,971円。 大阪市の月々の電気代、ガス代の平均使用料と比べると、 かなり低い料金です。 大阪市で一人暮らしをする場合だと、もっと安い水道料金で収まるはず。 やはり大阪は、生活費をおさえたい人にはぴったりな街のようです。 調理・入浴・トイレなど、普通に生活する上で水は絶対に欠かせません。 しかし、そんな欠かせない水だからこそ、節約するチャンスもたくさん。 そんな水を上手く使う方法を 6通り紹介します。 節水シャワーを使う 節水シャワーを は、 少しの水量でより体を流しやすい水流を作り出すアイテム。 「極細の水」・「雨のような自然な水」などさまざまな種類があり、節水シャワーに交換しただけで 毎月約700円ほど料金を浮かせることができたというデータもあります。 最初に交換費用はかかりますが、使い続けることで元を取ることが可能です。 お風呂の残り湯は洗濯に お風呂の残り湯を使うと 二つのメリットがあります。 まず 一つ目は、新たに洗濯機内に水を入れる必要が無いので ダイレクトな節水になること。 二つ目は、洗濯洗剤は冷たい水より温かい水の方が溶けやすいので、厄介な溶け残りの可能性を低くすることができますことです。 ただし、 色の濃い入浴剤を使った際は注意が必要。 色移りが心配な衣類は入れない方が良いです。 また、 入浴剤の種類によって残り湯再利用の可否が表示されているので、商品情報をしっかりとチェックすることも忘れてはいけません。 そのほか、日本の家屋は風呂場とトイレが近いケースが多いので、 トイレを流したりトイレ洗いに水を使うのも手段のひとつです。 食器はため洗い 食器を洗うときに水を大量に流しながら行うと、確かに効率良く思えます。 しかし、水道代のことを考えるのであれば、好ましくはありません。 約5分流しただけで 約60リットルの水を失う計算になります。 食事を終えるたびに、水を贅沢に使いながら洗っていると 約2200円ほど無駄に。 それを防ぐには、 水をためて洗うこと。 二つの桶を用意して 一つは洗剤入り、 もう一つは真水を入れます。 洗剤の入った桶で洗ったあとに真水の桶に入れることで、しっかりと洗うことができます。 節水コマを使う 節水コマとは、 取り替えるだけで流水量が約半分に抑えられるアイテムです。 通常であれば、蛇口を捻った分だけ勢いよく水が出ますが、それが抑えられるか否かでは大きな違いがあります。 流水量が半分ということで水の勢いは失われますが、 水の音や水ハネを防止することができるので、メリットが多いです。 余裕があれば食洗機がオススメ 食洗機は、飲食店や宿だけの機械ではなく一軒家でも使われます。 食洗機を使うと更に水が使われるのではないかと思う方も多いですがそれは全くの間違い。 逆に食洗機の水の使用量は通常で使う量の 10分の1程度で済みます。 水の使用は少ないですが、水の勢いでしっかりと汚れを落とします。 決して安価な物ではありませんが、寒い冬でも冷たさを感じることなく食器洗いを済ませることができたり、厄介な手荒れになることもありません。 トイレは大小レバーをきっちり使い分け トイレには通常大小レバーがありますが、面倒なのでつい全て 大レバーで流してしまいがち。 しかし、当然大と小では水の流れる量が異なるので、小の時に大で流すと水が無駄になってしまいます。 気持ちの面では大で流した方がより綺麗になると思ってしまうものですが、小の時は小レバーで問題ありません。 各会社によって違いはありますが、 大と小で約2リットルもの差があります。 毎回2リットルを無駄にしていると一か月で約500円ほど失うことになります。 電気代を上手に節約する方法 一人暮らしと 実家暮らしでは、お金の使い方に違いがあるもの。 一人暮らしの方が、何かとお金がかかるため、節約傾向にあるのでは。 しかし、無理に我慢しなくても、工夫次第で月々の出費を抑えられます。 今回は 電気代の節約について紹介します。 電気料金プランとアンペアなどの契約を見直す 契約アンペアというのは、 一度に使える電力の上限のこと。 これを超えて一気に使ってしまうと、ブレーカーが落ちてしまいます。 例えば、 「エアコンを付けながら炊飯器をかけてドライヤーを使ったらブレーカーが落ちた」という場合が挙げられます。 およそ一般家庭の契約アンペアは 10Aから60アンペアくらい。 自宅の契約アンペア数を知る場合には、ブレーカー部分の左側に書いてある数字が契約しているアンペア数となります。 この契約アンペア数が小さいほど、月々の基本料金が安くなります。 最大でも 月1000円以上違ってきますので、案外節約では重要なポイント。 一人暮らしに適しているおよその契約アンペア数は 20Aほどだといわれています。 支払い方法を見直す 月々の 電気料金を払う方法によって、お得になる方法とそうでないものがあります。 例えば、毎月の電気料金をコンビニや銀行での振り込みにするよりも、 口座振替を利用すると割引が適応される場合など。 なかにはクレジットカードを使って払ってポイントを溜めている方がいらっしゃいますが、こちらのほうがお得になるケースもあります。 契約している電力会社のサイトなどで調べてみましょう。 待機電力を減らす方法 待機電力というのは、 使っていない家電などがコンセントに繋がっている状態でも消費される電力のこと。 例えば、テレビや冷蔵庫、電子レンジなど常に稼動していなければならない家電やリモコンで操作できる製品などに待機電力が発生します。 一般家庭の中で、待機電力が必要な家電といえば、 電気ポット・電話機・テレビ・エアコン・オーディオ機器などたくさんの物があります。 これらの待機電力を減らす方法として一番効果のあるものは、 普段からあまり使っていない家電の主電源を切ってしまう方法。 冷蔵庫や電話などどうしても電源を切れない物以外、例えば、 オーディオ機器やパソコン、扇風機など数時間以上使わないものを基準としてコンセントを抜いてしまうという方法がオススメです。 いちいちコンセントを抜いたりするのは面倒という方には、 スイッチ式の電源タップが家電量販店などで売っています。 家電(エアコン・冷蔵庫・テレビ)の使い方を見直す エアコンの節約は我慢以外にも色々工夫することができます。 効果的なのは、 定 期的なフィルターの掃除。 なぜならフィルターにホコリやよごれが付いたままだと、冷房・暖房効率が悪くなってしまい、余計な電力が必要になるからです。 毎日使っている人なら、 1ヶ月に1度の清掃が理想的。 風力設定は 「弱」よりも 「自動」にするのがおすすめ。 エアコンに入っているマイコンが、 弱よりも微弱な設定にすることができるからです。 冷蔵庫は、設定温度がもし 「強」になっていたら 「弱」に設定しなおしましょう。 これだけで電気代を 約5分の1節約することが可能です。 余裕があれば省エネ家電に変える 家電製品は、日々進歩して、どんどん省エネのものが出てきています。 思い切って買い替えをすることで、将来的にお得になることも多いです。 しかし、いきなりすべての家電を買い換えるのは難しいもの。 そこで、 買い替えの目安は、家電の寿命と比較することが重要。 例えば、 冷蔵庫やテレビ、洗濯機など使用頻度の高いものは壊れる前に寿命を意識して買い変えるのが良いでしょう。 特に、 冷蔵庫などは壊れてしまってからでは、中のものがダメになってしまいます。 使用頻度がそこまで高くないものは、壊れていなくても 10年くらいを基準として徐々に買い換えていくのがちょうどよいでしょう。 都市ガスではなく プロパンガスを使用している場合、月々のガス代が高額になってしまうというケースもあります。 一人暮らしを始める方は、 ガスの節制をぜひ心がけてみましょう。 お風呂のお湯を減らす ガスで沸かすお風呂だと、浴槽にお湯を張った分だけガスの使用量が増えてしまうもの。 大家族であれば、湯船にお湯をためた方がガスの節約につながることもありますが、一人暮らしなら話は変わってきます。 浴槽には、それほど たっぷりとお湯を張る必要はありません。 少なめに張ったお湯でも、意外と入浴は楽しめるものです。 なるべくお湯の量を減らせる入浴方法を意識してみましょう。 シャワーを使う時間を決める 一般的な浴室だと、浴槽のお湯一杯分はおおよそ 200リットルですが、これは出しっぱなしにしたシャワーを、 約17分間浴びた際のお湯の量に相当。 つまり、17分以内の シャワーであれば、浴槽に浸かる入浴よりもガスの消費が抑えられるのです! 冬であれば温かいお湯にゆっくり浸かりたいところ。 しかし、 夏場などの暑い日は、シャワーだけで入浴を済ませてみても良いかもしれませんね。 設定温度を下げる 熱いお湯を好む方もいると思いますが、 ガスの消費を抑えたいならお湯の温度を下げた方が経済的。 また、 適温のお湯を使うことも大切です。 お風呂に適温のお湯を張ったあとは、なるべくすぐに入ってしまいましょう。 調理する料理は、「煮る>蒸す>炒める」の優先順位で コンロの火を使う時、一番ガスにお金がかかるのが 煮物の料理。 煮込む時間が長いほど、ガスの使用量も増えてしまいます。 蒸気を利用する 蒸し料理も、やや時間がかかる調理法です。 ガスの節制を心がけるなら、 水を使わずにサッと炒める料理を中心に、毎日の献立を考えてみましょう。 蒸し料理を作るのであれば、少ない水で調理可能なレシピが経済的でおすすめです。 あるいは、 電子レンジを使った煮込み料理を作ってみるのも上手な節制術のひとつですね。 火は鍋底からはみ出さないように 強火で調理をしていると、鍋底からはみ出た炎がもったいなく感じませんか? ガスの無駄遣いにならないよう、 なるべく炎の調節をしながら料理をしてみましょう。 おすすめは、鍋底から炎がはみ出ない 中火での調理方法。 中火を使用した調理方法を続けると、ガスの使用量が年間で 2.38㎥節約できるというデータもあります。 余熱を利用 火をかけっぱなしにした調理方法よりも、 蒸気を上手に使った保温調理を心がけることが、ガスの消費を抑えるコツ。 乾麺やゆで卵を作る時は、ぜひ保温調理を取り入れてみてください。 例えばパスタを茹でるなら、 水が沸騰したところで、火を止めて蓋をします。 この時、通常のゆで時間を確認し、 1~2分くらい長めに蒸らしてください。 あとは普通に湯切りをするだけで、美味しいパスタが茹であがります。 ゆで卵をつくる場合は、最初に卵と水を鍋に入れます。 水が沸騰したら火を止めて蓋をしてください。 その状態で 20分ほど蒸らせば、ゆで卵のできあがり。 半熟にしたい場合は、蒸し時間を 10分ほどにしてみてください。 揚げ物は避ける 油の加熱時間が長い 揚げものは、多くのガスが消費されています。 どうしても揚げ物をつくりたいときは、 揚げ焼き調理がおすすめ。 少量の油を使って、フライパンで調理ができる食材とレシピを探してみましょう。 一人暮らしのうちは、揚げ物を作る頻度を減らしたり、スーパーでお惣菜を買ったりした方が、時間もお金もかからずに済んで良いかもしれません。 まとめ いかがでしたか? 節約は自分自身の生活のためでもあり、地球環境を守る上でも大切な心構えなので継続した節制を心掛けたいものです。

次の

一人暮らしの電気使用料って何KWh?平均値を知って節制しよう!

電気 料金 一人暮らし

一人暮らしの電気代・平均KWh 1-1. 7KWh」です。 これを30で割ると、一人暮らしの1日あたりの平均消費電力は「 7,99KWh」ということになります。 比較として複数人数の世帯の月平均電気消費量全国標準値を見てみましょう。 2014年全国平均消費電力 世帯人数 消費電力 1人世帯 239. 7kWh 2人世帯 367. 3kWh 3人世帯 431. 8kWh 4人世帯 444. 3kWh 5人世帯 525. 3kWh 6人世帯 637. 1-2. 次いで消費電力量の多い7~9月期は冷房器具の使用による電気料金増加が見られます。 1-3. 単身世帯平均月額電気代 2018年の単身世帯平均月額電気代は 5,852円です。 1-4. 1-5. 電気代節約方法 2-1. 電気カーペットの温度設定を低くする ポッドに2. 2Lの水を入れ沸騰させ、1. 2Lを使用したのちに6時間保温状態にした場合と、プラグを抜いて保温をせずに再沸騰させ使用した場合の省エネ効果は年間で107. 45kWh、 約2,900円の節約になります。 節約金額としては大きいですが、思い立ったらすぐにお湯が使えるという電気ポッドのメリットがなくなってしまうのが少々ネックとなります。 2-3. 契約アンペア数を下げる ほとんどの電力会社は契約アンペア数を下げると、基本料金が安くなります。 (サービスによっては基本料金固定のところも) たとえば東京電力の場合、10A契約なら月々280. 80円、60A契約なら月々1,684. 80円の基本料金がそれぞれ掛かり、 両者の差は1404円となります。 生活に支障のない範囲でのアンペアダウンは効果的な節約と言えますが、ブレーカー落ちに気をつけなければなりません。 2-4. 電力会社を変える 2016年4月以降、電力自由化によって私達は電力会社を選ぶことができるようになりました。 特定の時間帯に安くなるプランや各種サービスのセット契約による割引など、自分にとってお得な電力会社のサービスを利用したいですね。 しかし、現在利用している割引プランによっては逆に高くなってしまう可能性があるので、 電力会社変更には十分なリサーチが必要です。 2-5. 白熱電球をLEDランプに変える.

次の

一人暮らしの電気料金が4000円は普通? 全国平均とライフスタイルによる違い

電気 料金 一人暮らし

こんな人におすすめ! ・電気をあまり使わない人 ・電気もガスもお得にしたい人 ・電気とガスをまとめて管理したい人 ・Amazonプライムを利用しているor利用したい 一人暮らしの方に今最も安くておすすめなのがCDエナジー。 CDエナジーには一人暮らしの方向けの「シングルでんき」が用意されています。 さらに首都圏ではガスの供給も行っていていて、 電気とガスをセットで契約するとエリア最安水準の低価格で利用できるのが最大の魅力! 一人暮らしで電気をあまり使わない方では、電気代だけで節約できる額にはどうしても限界があります。 そこでCDエナジーでは電気とガスをセットで契約することで、電力会社単体で切り替えるより光熱費全体で大きくお得にすることができるのです。 電気だけでも相当安いですが、電気ガスをまとめるとさらにお得。 電気もガスもお得にしたいという一人暮らしの方にピッタリの電力会社です。 さらに、Amazonプライムの年会費を負担してくれる「エンタメでんき」というプランも選べたり、電気代100円につき1ポイントが毎月付与されるなど特典が豊富なのも魅力。 ポイントはTポイントやdポイントなどの提携ポイントと交換でき、電気代の支払いに充てることもできます。 これから夏は電気代が高くなる季節なので、少しでもお得に乗り換えたいという方はこのタイミングでの申し込みがおすすめです! こんな人におすすめ! ・家にあまりいない人 ・環境に優しい電気を使いたい方 ・30A以上で契約している人 ・解約金や違約金を支払いたくない人 基本料金が0円のLooopでんき。 電気を使った分だけ料金を支払えばいいというシンプルさが魅力です。 特に基本料金0円は 契約しているアンペアが大きい方や、一人暮らしでも 月4,000円~5,000円程度になるなど電気を使う方に特に大きなメリットになります。 またLooopでんきは再生可能エネルギーを多く使っているのが特徴で、自然に優しい電気を使いたいという方にもおすすめ。 環境に配慮した電力会社は電気代が割高なところが多い中、 Looopでんきは安さと環境への低負荷を両立させた数少ない新電力と言えます。 初期費用や解約金、違約金などの費用が一切かからないのも、Looopでんきが人気な理由です。 こんな人におすすめ! ・電気をあまり使わない人 ・関西、中国、四国、沖縄在住の人 ・日中にほとんど家にいない人 シン・エナジーはすべてのエリアに共通して、電気をあまり使わない方がお得になるような料金プランが特徴。 特に 関西、中国、四国、沖縄エリアでお得に利用できるのがポイント。 上記のエリアでは従来の電力会社が既に十分安いため、他の新電力ではほとんど安くできないか、むしろ割高になってしまうことが多いのです。 これらのエリア在住の一人暮らしの方は、 シン・エナジー一択と言っていいでしょう。 また、通常のプランと別に夜間(22時~8時)の電気代が安くなる「生活フィットプラン」も用意。 平日は仕事で日中ほとんど家を空け、電気は主に夜間に使うという生活の方にピッタリです。 寝てる間はエアコンをかけっぱなしという方にも最適なプランです。 関西、中国、四国、沖縄エリアに限らず他のエリアに住んでいる方でも、夜に電気を使う割合が高いという方はお得に利用できますよ。 こんな人におすすめ! ・電気とガスをまとめたい方 ・電気代の支払いでポイントを貯めたい方 深キョンのCMでおなじみの東京ガスの電気にも、一人暮らしなど電気をあまり使わない人向けの「ずっとも電気1Sプラン」があります。 電気を使っても使わなくても、必ず東京電力より安くなるように設定されています。 さらに、毎月の電気代の支払いで パッチョポイントが貯まり、貯まったポイントはdポイントやPontaポイント、Tポイント、WAONポイントなどと交換ができます。 ポイント還元率 電気代1,000円=15ポイント ガス代1,000円=5ポイント また、レシピ動画サービス『クラシル』の有料機能の一部が使えたり、電気トラブルに24時間無料で対応してもらえるなどのサポートが充実しているのも魅力です。 ガス料金は変わりませんが、 電気とガスを東京ガスにまとめたい、様々なサービスやサポートもあわせて利用したいと言う方におすすめです。 こんな人におすすめ! ・関西エリアに在住 ・電気をあまり使わない ・電気とガスをまとめたい 関西エリアにお住まいの一人暮らしの方は、関西電力に電気とガスをまとめるというのもお得です。 関西電力では電気とガスのセットプラン「なっトクパック」を用意していて、 電気とガスをまとめると電気代、ガス代ともに今の関西電力・大阪ガスの料金より必ず安くなります。 「なっトクパック」に申し込むことで、電気は関西電力の従量電灯A(従来のプラン)から「なっトクでんき」に、ガスは大阪ガスの一般料金(従来のプラン)から「なっトクプラン」に切り替わります。 また、なっトクパックにすることで、電気代・ガス代の支払いで「はぴeポイント」という独自のポイントが貯まります。 ポイントはdポイントや楽天ポイント、ANAマイルなどの提携ポイントに交換することもできます。 ポイント還元率 電気代1,000円=8ポイント ガス代1,000円=5ポイント ポイントを貯めたいという人にもおすすめです。 一人暮らしといっても、生活スタイルによって電気の使用量は様々です。 また、電気の使用量によってお得になる電力会社も変わります。 電力会社の中には80kwhなどあまり電気を使わない場合でお得になるところもあれば、200kwhなど電気をある程度使った方がお得になるところもあります。 検針票や請求書を見れば載っているので、まずは自分が電気をどれくらい使っているのかを知っておきましょう。 契約アンペアはどれくらい? 電気の使用量だけでなく、現在契約しているアンペア数も把握しておきましょう。 契約アンペアとは、電気を一度に流せる容量のこと。 アンペアが大きいほど一度に流せる電気も多くなりますが、その分基本料金が高くなってしまいます。 契約アンペアによってお得な電力会社も変わってくるので、電力会社を選ぶ際には自分の契約種別をしっかり確認しておきましょう(検針票に書いてあります)。 なお、契約アンペアや使用量ごとに安い電力会社は後半の『』で紹介します。 電気だけでなくガスとのセットも検討する 一人暮らしの方は家族が多い方と比べて電気の使用量が少ないため、節約できる額も限られてしまいます。 そこで一人暮らしの方は 電気だけでなくガスとセットで光熱費全体を節約するという視点が大切になります。 電気代だけでなくガス代も節約できる• セット割が適用され、さらにお得になる• 電気とガスの請求をまとめられる ガスの切り替えは電気と同様にWEBから簡単にできますし、契約の費用や解約金などもかかりません。 現在のガス会社に特にこだわりがない方は、ガスもセットで契約できる電力会社を選ぶと良いでしょう。 基本料金は契約しているアンペアに比例して高くなるので、特に40Aといった大きなアンペア数で契約している人ほどメリットが大きいでしょう。 また、長期の出張や旅行などでよく家を不在にするという方も基本料金が0円または安い電力会社はお得です。 ただし、もともと基本料金がない関西、中国、四国、沖縄地方ではお得にならないので注意が必要です。 解約金・違約金がない電力会社を選ぶ 解約金・違約金がかかってしまう=かえって余計な出費が発生してしまうということです。 一人暮らしの方は引っ越しなどで電気を解約する機会も多くなりがちなので、解約金・違約金のかからない電力会社を選びましょう。 今回紹介した電力会社はすべて解約金・違約金がかかりませんが、以下の電力会社では発生するので注意してください。 ・auでんき:1年未満の解約で2,000円 ・ソフトバンクでんき:いつ解約しても500円 ・J:COM電力:最大20,000円 一人暮らしで安い電気料金を比較 一人暮らしにおすすめな電力会社5社の電気料金はどこが安いのか?一目でわかるように比較しました。 東京電力エリア、関西電力エリアの2つのエリアに分けて、それぞれ3つの アンペア・使用量のパターンでシミュレーションしています。 ちなみにCDエナジーはガスも供給しているので、ガスと合わせることで光熱費全体としての差額はさらに大きくなります。 なお、基本料金0円のLooopでんきは20Aなど極端に使用量が少ない場合の他にも、このシミュレーション以上に電気をたくさん使う方(月6,000円~)でもお得に利用することができます。 関西電力エリアの一人暮らしで電気代を安くしたい場合はシン・エナジー一択と言えます。 なお、基本料金0円のLooopでんきはこれくらいの使用量まではあまりお得とは言えませんが、月5,000円を超えるような使用量の多い一人暮らしの方ではお得に利用することもできます。 一人暮らしで電力会社を乗り換える際の疑問解消 最後に、一人暮らしで電力会社を切り替える際によく聞かれる質問をまとめました。 一人暮らしでも必ず電気代が安くなるの? 電気の使用量や契約アンペアによっては 変わらないかむしろ割高になってしまう可能性があります。 電気使用量が極端に少ないと安くならない 電気の使用量が極端に少ない場合、電力会社を乗り換えても安くならない場合もあります。 そもそも新電力の多くは、使用量=電気料金が増えるにしたがって節約できる幅も大きくなるように金額を設定しています。 もちろん一人暮らしでも平均的な使用量の方であれば安くなりますが、月に2,000円未満というような極少使用量の方では残念ながらほとんど安くできないのです。 アンペア数によっては割高になる 電力会社の中にはあるアンペアまで基本料金が同額というところもあります。 例えば丸紅新電力では、10A~30A契約ではすべて基本料金が803円です(東京電力エリアの場合)。 東京電力の20Aの基本料金は572円ですから、現在20Aで契約している方が丸紅新電力に切り替えると月に231円の値上がりになってしまうのです。 20A以下で契約している方は乗り換え検討先の電力会社の基本料金を確認しておくことをおすすめします。 一人暮らしの平均的な電気代はどれくらい? 一人暮らしの方の電気代の平均は月に約4,000円程度。 ただし、エリアや年代、季節によって以下のような傾向にあります。 賃貸マンション・アパートでも契約できるの? 賃貸のマンションやアパート、集合住宅でも、電力会社の切り替えは可能です。 特に大家さんや管理人の許可を得る必要もありません。 一括受電契約では切り替えができない 建物で高圧一括受電をしている場合には申し込みができません。 検針票に「高圧」の記載があるか、契約アンペアが7kVA以上、建物に大きなキュービクルが設置されている場合は一括契約です。 分からない方は大家さんに確認してみましょう。 引っ越しと同時に申し込みできるの? 引っ越し先の住所で新たに電力会社に申し込みたいという人もいると思います。 電力会社によって、 引っ越しと同時に利用できるかどうか違ってくるので確認してみてください。 この記事で紹介してきた電力会社で、引っ越しと同時に利用できるのはこちら。 引っ越しと同時に利用できない電力会社では、まずエリアごとの電力会社 東京電力や関西電力など に申し込んで1か月利用してから、希望の電力会社に申し込むことができるようになります。 今の電力会社へ解約連絡をすべき? 新電力への乗り換え時には、基本的にそれまで利用していた電力会社への解約連絡は必要ありません。 乗り換え先の電力会社が代わりに解約手続きをしてくれます。 初期費用・工事費はかかる? 電気の切り替えは基本的にはすべて無料です。 契約する電力会社によっては契約手数料がかかることもありますが、ほとんどの新電力では初期費用は無料です。 また、スマートメーターが未設置の方は簡単な取替作業が行われますが、工事費も一切発生しません。 切り替え完了までにはどれくらいかかるの? 基本的に次回の検針日から切り替わります。 申し込みのタイミングにもよりますが、およそ 2週間~1ヶ月程度かかるという認識でいましょう。 夏や冬など電気使用量が増える時期は申し込みが混み合い、次々回の検針日切り替えとなる可能性もあるので、なるべくゆとりをもって申し込むことをおすすめします。 他に電気代を安くする方法は? 電力会社を切り替えられない方、あるいは切り替えた上でさらに電気代を安くしたい方は以下の方法を実践すると良いでしょう。 契約アンペアを下げる 現在30Aや40Aで契約している方は、アンペアを20Aに下げることで月に200円~500円の節約になります。 それだけ電気を一度に使える量は減ってしまいますが、エアコン、ドライヤー、洗濯機、電子レンジなどを3つ同時に使わないなどの工夫をすれば問題ありません。 なお、10Aや15Aはさすがに低すぎて不自由になるので推奨しません。 エアコンの使い方を見直す エアコンは特に電気代が高くなる原因になるため、使い方を工夫することで使用電力を減らせます。 設定温度を調整する 冷房は28度、暖房は20度を目安にすることで電気代を抑えられます。 扇風機と併用する 扇風機を併用することで、部屋の空気を循環できエアコンの設定温度を下げずにすみます。 こまめに消さない エアコンは起動時が最も電気を使います。 1時間以内の外出ならつけっぱなしの方が消費電力を抑えられます。 まとめ 新電力への切り替えは、基本的に「電気をたくさん使う人ほどお得になる」と言われています。 しかし、 電気をあまり使わない家庭でもちゃんとお得になるということがこの記事でわかっていただけたかと思います。 ガスもまとめることでよりお得にすることができるので、ぜひあわせて検討してみてくださいね。

次の