タガタメ 開眼 スキル。 武具開眼スキルについてもう少し詳しく

武具開眼【剣】

タガタメ 開眼 スキル

結論:エフェクトがかっちょいい しかも一・二段目スキルにも用意されてる 武具開眼スキル大剣編。 では独断と偏見に基づいてスタート。 大剣武具開眼の傾向 全体的に攻撃技として扱い易いものが揃っているので使用キャラに応じて欲しい攻撃範囲を選んでいきたい。 が、 基本的に破刃飛斬1強。 他のスキルについても色々書いているが、大剣ジョブで気軽に撃てる菱形というだけで便利過ぎる。 また、大剣と言えば『時止縛の大鎌』であり『奇慟魔断』。 ライルシリーズの先駆けである高性能大剣があるので参考として評価を記載。 効果自体は悪くないが狙って活用するのは難しい。 ネクロマンサーの十字スキルと似た性能で火力・消費・射程・範囲など全てのバランスが極めて良い。 なんなら にとってはどの武具開眼スキルよりも便利。 レベル1でイーラッシュ、レベル3ではを超える火力を持つ。 ザハルビームよりももちろん上。 要するにのどのスキルよりも強い エンチャントは別。 範囲火力に乏しい一般の救世主。 3ターン継続は嬉しいが狙って活用するのは難しそう。 破刃飛斬以外のスキル 専用技を含む を選ぶときは、 まず破刃飛斬と比べてからにしよう。 もっとも死の宣告の性質上、プレイヤー側が使う分には通常の宣告と大きな違いはないかもしれない。 だがそもそも「付与率100の範囲宣告」「射程3横一列の範囲攻撃」のどちらとして見ても優秀。 使用者はネクロマンサーとローザに限定されるので注意。 大剣用の無双闘舞とでも言うべき性能。 【】【イェーガー】のHP消費技や【】の詠唱技には劣るが、それ以外の大剣ジョブにとっては最大火力となり得る。 射程1故に取り回しの良いスキルではない。 報復の刃の上位互換に近い性能。 上級スキルに手が届く倍率・狭いとはいえ範囲攻撃・地味に助かる防御無視・消費回数も問題なし。 破刃飛斬に次ぐバランスの優等生スキル。 ただし、「ただの近距離攻撃技」の域を出ないので範囲・効果・火力で強い個性をもつ上記3つに一歩譲る評価。 自分中心とはいえ味方を巻き込まず消費もお手頃で回数も2回。 光属性の大剣には せっかくだし 是非持たせたい。 使用者は光属性キャラ スズカ・ク・スーイー他 に限定されるので注意。 インモータルと似た性能だが射程が1長く、攻撃技としてはより便利。 超物防を持つ敵との戦闘に耐え得るレベル。 ただし、時止縛で覚えられないのは大きな-ポイント。 使用者は火属性キャラ ラハール・ドロシア・マサムネ他 に限定されるので注意。 便利な中距離単体スキルでクラッシュスラッシュに次ぐスキル倍率を持つ…のだが、イマイチパッとしない。 破刃飛斬や地摺り飛斬を押しのけて選ぶ理由があるようには見えない。 特に地摺り飛斬との倍率差は微々たるものなのが辛い。 使用者は及びECCCに限定されるので注意。 ただし周囲一マスなのが扱い辛い。 沈黙を飛ばす遠距離技か、リアクション無視を活かす単体高火力技かのどちらかに振り切れていれば… 沈黙目当てならばあり。 使用者は雷属性キャラ ・メイファン・オライオン他 に限定されるので注意。 近付いた敵を遠くへ飛ばしてついでに動けなくする。 と言うと強そうだが、それは大剣の仕事ではないような… 効果自体は面白いが使用者に恵まれない・必要とされないスキル。 片手剣に寄越せ。 エフェクトが派手で好き。 ブスピン 水 使用者は水属性 ・シャ・ユウナギ他 に限定されるので注意。 ジュエル吸収の効果付きだが、吸収量は高くない。 スキル倍率も大剣開眼の中では最低で、菱形3マスのシャインスピンにも劣る。 火力・範囲・射程の全てが他のスキルに劣り効果もイマイチ 2人巻き込めば元が取れる程度 なので選ぶ理由が見当たらない。 魂奪の大鎌やイーター系、バシーニ念装もあるので他の開眼スキルを捨ててまで喰い車輪でジュエル吸収が欲しいキャラも思い浮かばない。 火力にしても本当に微々たる差で、しかも上にはダークフォースがいる。 強い弱い以前になんで存在しているのかわからない。 …えっ、それだけ?というスキル。 勘違いしてはならないが、スキルレベル3の開眼スキルは 特に火力面で 全体的に高性能。 ブレードスパイラルもやネクロマンサーのスキルと比べれば普通に使えるかちょっと強いレベル。 しかし 『貴重な武具』に 『多大な労力』をかけ 『一つを選んで』覚えさせる開眼スキルとして見ると、はっきり言って ゴミである。 飛刃衝波は破刃飛斬という上位互換がいるからこそ選ぶ理由が迷子だったが、ブレードスパイラルは 『ほぼ全ての大剣開眼スキルの下位互換』。 射程1ならクラッシュスラッシュ、周囲範囲ならついでにジュエルを吸える喰い車輪があるし そもそも射程の長いスキルも目の前に撃てる。 強豪ひしめく大剣開眼の中にこれがある意味って何…? 端的に言ってハズレ枠。 選ぶ価値なし。 無駄に派生先が増えて面倒になっただけ。 クラッシュスラッシュをベースにした技だがと呼べるレベルの変貌を遂げている。 元から高かった倍率は更に大幅上昇・3ターン継続のスタン・大罪特効・属性一致。 ここまでやってなんと消費は据え置き! 安いよ安いよ! オライオンが倍率難民なこともあり大剣開眼でもっとも強化されたキャラの一人と言える。 地摺り破斬ベースだがこちらも組。 地摺り破斬の時点で攻撃技として優秀だったがこちらは広範囲攻撃になって大罪特効ついて闇属性化。 攻撃範囲が9マス増えて消費据え置き。 安いよ! ちなみにローザは鎌スキルも剣スキルも扱える特殊枠。 ルージュリーパーが強力なので他を選ぶ理由は薄いが属性スキル以外選び放題。 ダークフォースベースのスキル。 射程5と射程4の間には大きな壁がある と思っている のでダークフォースと比べてかなり使い易くなっている。 ザハルの火力で遠距離を飛ばせるのは中々の魅力。 ただしザハルの火力で菱形連発するのも魅力的なので悩みどころ。 高い物攻の代わりに扱い易いスキルに恵まれないザハルにとって開眼スキルはかなり重要。 倍率強化・種族特効追加・火属性化。 どちらのマサムネにとってもクリティカルなしの最大火力。 とはいえ射程1なのは変わらず、専用武具を持った時点で 多少火力で劣るとはいえ 映像スキルがあるので必須ではない。 rakkatagatame.

次の

オススメ武具開眼 その4〜刀〜

タガタメ 開眼 スキル

武具種『槍』の武具開眼とは 武具種『槍』の武具開眼とは、 武具種が『槍』の武器で敵を攻撃し、開眼スキル(インスピレーションスキル)を習得することを意味します。 開眼スキルは武具種ごとに派生しながら習得できるスキルが決まっていますが、特定のユニットなど限定で習得可能な 特殊な開眼スキルも存在します。 また、習得条件を満たして敵を攻撃しても開眼するかどうかは確率となっています。 尚、2019年7月現在の槍の武具開眼は、下記6種の槍に限定されています。 「グレイスランサー」「セントサクリファイス」「セイントバイコーン」「リザードマンの槍」「魔鋭槍・暁闇」「螺旋風狼」 ちなみに『槍』は、ラメセスなどが装備可能な『ランス』やジェラルドなどが装備可能な『ガンランス』とは武具の種別が違うので注意しましょう。 武具種『槍』の開眼スキル例 【例】武具種『槍』の開眼スキル:『火炎一閃撃』 このように敵に対して強力な威力を発揮します。 武具開眼スキル(通常)一覧表 武具種『槍』の開眼スキル(インスピレーションスキル)の派生ツリーは下表のとおりです。 武具種『槍』の特殊な開眼スキル(インスピレーションスキル)の派生ツリーは下表のとおりです。 武具開眼スキルの強化 開眼スキルは、ランク3に達すると更にスキル自体を強化することができます。 強化素材には、 『同じ武具』か 『同じスキルを開眼した武具』が必要となります。 ただし、まれに該当開眼スキルを使用しているとスキルLvが上がることもあるようです。 (読者の方から情報頂きました。 ありがとうございます) 詳しい強化仕様は『』の記事をご覧ください。 攻略分析・感想 槍の武具開眼は、杖に比べてバラエティにとんでいる感じです。 通常開眼では、刺突耐性ダウンが可能な『ハリケーンスラスト』、クロススキルのような汎用性の高い『高速スパイラル』は様々なクエストで活躍しそうですね。 尚、他の武具種の開眼状況から想定すると、今後、「水」や「光」の属性付き開眼スキルも増えてくることが予想されます。

次の

武具開眼

タガタメ 開眼 スキル

結論:凄まじいカバー範囲 武具開眼スキル杖編。 では独断と偏見に基づいてスタート。 杖開眼の傾向 攻撃技・サポート技・妨害技…効果は多岐に渡る上、そのどれもが高性能。 杖装備ジョブそのものも範囲火力に優れるジョブから回復能力に特化したジョブまで様々なので、戦い方に似合うものを選ぼう。 片手剣同様に属性賢者専用スキルがあるが、 こちらは使用者がいるので問題はない。 また、使用者に制限のない属性魔法2段目スキルでも 賢者のダイン系と張り合う火力が出るものは記載。 要するに杖は ハズレなしの優等生。 バランスが良く、非の打ち所のない非常に優秀な攻撃スキル。 ただし、平均レベルの高い杖開眼の中で飛び抜けているわけではない。 誰でも使える・誰が使っても強い汎用性を高く評価しての1位。 デュアルカースとは選択になるか。 特に範囲スキル回数に難のある固有ジョブ連中に持たせたい。 射程3と 杖にしては 短めなため、せっかく採用するならなるべくレベル3にして火力を上げたい。 身を守るためのデバフとしては最高レベルに入る性能。 スキルレベルでデバフ効果値が上昇するのでレベル3にしたい。 しかしそれを補って余りある 非常に高い火力のあるスキル。 使用者は雷系賢者に限定される。 ブラストマジックの火力が高いのはもちろん、は風属性スキルを Wレーザーにされるという ひどいいじめを受けているので、まともな風属性技を確保する意味でもオススメ。 回復スキルを持たないキャラに持たせるのはもちろんだが、レベル3なら回復ジョブよりも回復倍率が高い。 召喚師はそろそろ泣いて良い。 バフ技を持たないキャラに持たせるのはありっちゃありだが、 効果の低さはしっかり確認するように。 賢者は上位スキルにしない理由がない。 他のジョブも基本的にはデュアルカースを持たせた方が良いが、属性特効の高いキャラなどで属性スキルにこだわる場合はあり。 他の3属性はやや倍率が低いので微妙なところ。 フレイムマジックと同じ範囲だがこちらは無詠唱。 火力も十分で扱いやすいが、消費は 開眼スキルの水準では やや重め。 スキル性能それ自体以上に、ニーナの教杖が最強のステータスを持つ点と スキルを誰でも使える点を評価。 消費・範囲・効果ターン・回数などなどが優秀で覚えることで使い勝手が大きく変わる。 要するに商人みんながランカになれるのだ。 じゃあ ランカを使えば良くね?と言ってはならない スキルレベルで効果ターンが上昇するがレベル1でも「ジュエリークレジット」より長く、「石は天下の回り物」と同じ。 要するに上記2スキルの 上位互換。 攻撃技として 弱いところが見つからない上についで感覚でバフまで解除する高性能スキル。 超高倍率で攻撃スキルとして強力。 全防御デバフは 火力用のデバフとして最強の1種。 希少なデバフでもあるので敵の属性が限定されるとはいえ高評価。 全防御デバフは 火力用のデバフとして最強の1種。 希少なデバフでもあるので敵の属性が限定されるとはいえ高評価。 貴重なバフ解除技でありおまけでジュエルも配れる。 効果は強力だが範囲はやや狭め。 ルスト限定、運参照、雷属性なので実質専用スキル。 非常に高い倍率で攻撃技として優秀だが単体だし詠唱あるので、基本的に 神鳴で良い。 クイーンに乗せやすい二重特効を持つので特にクイーンには高ダメージを期待出来るが、普段は 神鳴で良い。 のエンチャントで倍率アップしたので 神轟で良い。 憤怒開眼でさらに倍率が上がり耐性ダウンまで得たので 神極で良い。 決して弱くはないのだが、用スキルのはずなのに に必要ないという悲しい矛盾を搭載している。 高倍率な上になんだか山盛りな効果だが、 範囲の使い辛さは変わっていない。 カグラ固有ジョブのスキル倍率は度重なる上方にも関わらず 劫火焦天以外ゴミなので基本魔導を装備しない場合は貴重な攻撃手段となる。 また、最近は属性耐性よりも敵の補正を気にしなくてよい区分耐性バフの時代なのでその意味でもやや微妙。 というか、ラッカは一本しかないスターロッドに 傲慢の破光を覚えさせていてこっちを使っていないので正直良くわからない。 rakkatagatame.

次の