伊集院 光 と はい しんと。 2020年6月25日(木)08:30~10:00

2020年6月25日(木)08:30~10:00

伊集院 光 と はい しんと

伊集院光、カール製造中止騒動で湧く世間とネットオークションに皮肉…「実際そこまで人気なら無くならないよね」ラジオ芸人の小ネタトーク5月29日放送TBSラジオ「伊集院光とらじおと」より。 明治製菓のカールが関東での製造中止するという話題を受け、伊集院光がここぞとばかり「残念です」と発言するコメンテーターのに「本当か?」と疑問を投げかけた。 本当に好きだったら無くなってないと指摘した。 伊集院光: 『それにつけてもおやつはカール』のカールが一応、関西ではまだ製造販売するんだけど、関東ではもう作らない・売らないになりますって大騒ぎしてるじゃないですか。 安田美香: はい。 伊集院光: アレってさ、無くなるっていうと欲しくてしょうが無い人が出てくる。 安田美香: そうですよね(笑) 伊集院光: 無くなるっていうとコメンテーターの人とががさ、「残念です」みたいになるけど、本当にお前そんなに食べてるか?っていう。 安田美香: あははは。 そうですよね。 食べてないから無くなっちゃうって。 伊集院光: そうだよね。 かくいう私は、元々事務所のプロフィールの好きな食べ物の欄にも、『カールの湿気ったやつ』って書いてて。 安田美香: えーっ 伊集院光: カールのチーズ味の湿気ったやつが大好きなんですよ。 安田美香: アレ、乾いていたらダメですか?開けた時の… 伊集院光: あー、あんなサクサクの開けたてのサクサクなんかダメですよ。 多少湿気のあるところに放置して、噛むと発泡スチロール噛んでるみたいな、もうカールを開発した人が一生懸命考えてつくった歯応えと逆ベクトルのところにある、噛むと「うーん」ってなるあの…アレする為に俺、軽く霧吹きして冷蔵庫に入れたりするからね。 安田美香: そこまでやってたんですね(笑) 伊集院光: やっぱり事務所のプロフィールにそこまで書いとくとCMの依頼とか来ないね。 安田美香: あ、来ないですか(笑) 伊集院光: 向こうはカリッとサクッとを推したいのに、俺一人、湿気ったやつを言い続けてるから、一度もいい顔された事ないです(笑) 安田美香: 好きなのに(笑) 伊集院光: でも何かこういう風に無くなる騒ぎになりますと、必ず買い占めてオークションとか品薄騒ぎが出るんですけども、普通にネットオークションで買うんなら、だって関西では売ってるわけだから、普通に関西で定価でネットショップに出ますよ。 安田美香: はいはい。 伊集院光: だからここで慌ててここでプレミアムで買うなんてのは、本当にカール好きだったらやる必要ないと思いますけどね。 安田美香: 結構お高いんですかね? 伊集院光: 結構、こういう時とばかりに買い占めて、プレミアム価格になったりとかするんですけど、なんか「牛丼無くなります」とかいってもその時だけ物凄い人も来るし、価格も釣り上げられる、特にあんなネットオークションがあるから、値段が上がったりするけども、まぁ、実際そこまで人気なら無くならないよね。 安田美香: ふふふ 伊集院光: その辺りを思いますけどね。 皆さんは湿気ったカール好きですかね(笑).

次の

久米宏、伊集院光がラジオ番組としてはスポンサーを多く抱えていてTBSラジオを支える存在となり「頑張って下さいね」と発言

伊集院 光 と はい しんと

伊集院光、荒れる成人式とマスコミ報道を徹底批判…「風物詩的な報道は『ああすれば目立つ』と勘違いさせてしまう」ラジオ芸人の小ネタトーク1月9日放送TBSラジオ『伊集院光とらじおと』より。 つくば市の成人式で新成人が暴れた事件を受け、伊集院光が暴れる伝統が受け継がれている事に不快感を露わにした。 マスコミの風物詩的な報道を批判し、「いけない事が。 罪になる」としっかり伝えなければいけないと指摘した。 伊集院光: 毎年の事ですけど、成人式で大騒ぎになるじゃないですか。 もう酷い有様だなと思うのは、成人式自体の式典に中々若者が出席しなくなっている中、馬鹿だけは来るっていうね。 安田美香: あはは 伊集院光: 沖縄なんかの盛り上がりは、アレをやりに来るじゃないですか。 って事はもはややらない方がマシな話で、元々の「成人式で顔を合わせて、自分達は今日から大人です」っていうのと、先に大人になった側からの有り難い言葉みたいなのを言うという伝統は受け繋がないで、暴れる方の伝統を受け継ぐんならやんない方がいいと思うんですよね。 安田美香: はい。 伊集院光: 僕は別におっさんになってるから言ってるんじゃなくて、自分の成人式の時からそう思ってます。 自分の久しぶりに会ったクラスメイトが揉めるんですよ。 ちょっとお酒を飲んだ勢いで近くの団体と揉めるんだけど、その時に僕はもう彼らと付き合わなくていいと思った。 今後付き合わなくていいけど、「今日から俺らは名前が出るんだ。 これが大事になった時にお前、名前が出る事がわかんねーのか」って話になるぐらい、自分が二十歳の時からこういうやり方が大嫌いで。 安田美香: はい。 伊集院光: なんなんでしょうね。 もっとそれを告知した方がいいと思うんですよね。 安田美香: あー、前にですね。 伊集院光: いきなり今年から名前出されたというと、またこういう輩は文句言うんでしょうから、ちゃんと事前に「我が市では、我が区では、我が県では今回こういう事があった場合は、こういった罪を適用して名前が出ます」って言う事を告知してやるべきだと思う。 中村尚登: 逆に、名前が出る事で喜ぶっていうのもいますからね。 今なんかも我々報道する側が、毎年恒例のようにじゃないけど、こうやって暴れてる姿をやったら「ああやって目立つ事が出来るんだ」って言う風に勘違いするのもいるしね。 伊集院光: それは報道側が許されてる雰囲気の報道をするからだと思うんですよ。 風物詩的な匂いをさせるからであって、これはとてもよく無い事で、「こういう罪が適用されて、あなたには前科が付く事だってあるんです」っていう風な報道をすべきだし、「これは良くない行為。 犯罪なんだ」っていう報道をキチンとしないと、いつまで経ってもこんな事で…これだってお金がかかるわけだから、税金のかかる事だから、「税金をかけて何でマイナスの事をやるのよ」っていう話なので、僕はいつもこれに憤りを感じ…自分が二十歳の時からずっと憤りを感じ続けてますね。 とても嫌ですね。 それでも名前は今回も出ない。 中村尚登: 選挙権の年齢が18歳って下がったわけですから、そういうところの部分も含めてね、名前を出すっていうところも改めて 考えるべきですね。 伊集院光: そうですね。 広く告知すべきだと思いますね。

次の

久米宏、伊集院光がラジオ番組としてはスポンサーを多く抱えていてTBSラジオを支える存在となり「頑張って下さいね」と発言

伊集院 光 と はい しんと

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2007年9月) 伊集院 光 Hikaru Ijuin 本名 篠岡 建(旧姓:田中) 生年月日 1967-11-07 (52歳) 出身地 ・ 血液型 O型 身長 183cm 言語 日本語 方言 最終学歴 荒川区立第七中学校 中退 師匠 出身 落語家() 事務所 活動時期 1984年 - 現在の代表番組 過去の代表番組 作品 著書「のはなし」シリーズ 他の活動 、、 配偶者 受賞歴• 1988年 グランドチャンピオン• 1996年• 2001年• 2002年 伊集院 光(いじゅういん ひかる、男性、(昭和42年) - )は、の、、、、元。 本名: 篠岡 建(しのおか けん)、: 田中(たなか)。 は元の。 から、を経て、現在はに所属。 人物 [ ] 大柄な体型の「」だが、体格を活かした仕事は『』を最後に大きく減らしている。 かつて、TBSラジオ『』のコーナー「」(1996年11月 - 1997年3月)では、144. 6kg(1996年時点)から95. 4kg への減量を目指し、コーナー終了までに94. 8kgに落としたことがある。 2016年4月から、『』のコーナー「伊集院光とらじおとダイエットと」で、132. 4kgから再度95. 4kgへの減量を開始している。 雑学に長け、クイズ番組ではその培われた知識や「ひらめきの天才」と呼ばれる 推理力で上位の成績をおさめることが多い。 教養系バラエティ番組で聞き手として起用されることも多い。 テレビ出演は多いが、はラジオ()と考えていて、TBSラジオ『』に力を注ぐ。 ラジオではと下劣ギャグ・珍言妄言・自虐ギャグなど、テレビとは違う一面をみせる。 しばしばテレビ・朝のラジオ(らじおと)のにおける人当たりの良いキャラクターを「白伊集院」、夜のラジオ(深夜の馬鹿力)でのキャラクターを「黒伊集院」とファンに譬えられることがあるが、本人によれば「テレビとラジオでは喋る対象を変えてるので聴いてる人からはそう思われてるかもしれない」としている。 ラジオにて度々自身の陰茎のサイズにふれ、海綿体に血流が流入した際のサイズを12センチと公表している。 略歴 [ ] 落語家時代 [ ] 三ツ組は、5代目圓楽一門のである 7月、不登校を案じられて、叔父の知り合いである「吉河さん」 の紹介により圓楽一門へ入門。 三遊亭楽太郎(現:)の弟子となり、 (さんゆうてい らくだい)として活動をはじめる。 その後、高校を卒業間近の3年生2月(ただし、本人曰く3年次はほとんど出席していなかったため、卒業に必要な出席日数を確保していたかは不明)に中退。 師匠には内緒で「伊集院光」の名でラジオ番組に出演し始める一方でに二つ目昇進。 入門5年目の同年には第17回NHK新人落語コンクール(現:)本選に「」で出場を果たしている。 楽太郎から伝授された噺は40-50席以上。 楽太郎の弟子という関係で、の番組『』の「若手大喜利」にも出演していたほか、楽太郎とペアで『』に出演、優勝したことがある。 、「三遊亭楽大」ではなく「伊集院光」の名で人気を博し、脚光を浴びていたラジオ番組出演が一門に知られ問題となり楽太郎が日々関係各所に出向き伊集院の為に頭を下げていたという。 話し合いを重ねた結果、落語家としての籍を離れる(破門ではなく自主廃業)。 この時、楽太郎は伊集院を擁護しており、4月には三遊亭楽太郎一門会へ出演させたり、毎年正月3日に行われる楽太郎一門の新年会に招待されたり、ラジオやテレビ での共演もあるなど、楽太郎は未だに身内(弟子)として扱っている。 また、伊集院本人も楽太郎のことを「師匠」と呼び敬意を払っている。 現在、の名は楽太郎門下の別の落語家が名乗る。 ラジオ(ニッポン放送時代:1987 - 1995年) [ ] 、元兄弟子の放送作家・(三遊亭花楽京)からの誘い で、のお笑いオーディション番組『』(1987年10月 - 1988年3月)に出演。 このオーディションで優勝したことがお笑いタレントとしてのデビューのきっかけと語っている。 当時のキャッチフレーズは「」を捩った「オペラの怪人」。 で正装し、威風堂々と「」を「のイタコ」、「鰹風味のほんだし」(「ほんだし」)を「鰹風味のふんどし〜」、「静かな湖畔」の歌詞を「の眉間にシワがある〜、クドークドー」など、ギャグを調に歌う ギャグオペラ歌手という肩書きだった。 この頃はテレビの深夜番組や、『笑っていいとも! 』、『』で、上記のギャグオペラを披露する仕事が時々あったが、ギャグオペラと掲げてしまったためその言葉と内容に縛られ、リサイタルと称した舞台(お笑いライブ)でもギャグオペラのコーナーを設けなければならず、また当時は「足立新田高校声楽科中退」後イタリアに留学し、に師事していたと語ってしまったため、ある程度オペラについての知識を勉強せねばならず苦労したという。 本物のオペラ歌手だと間違われて、オペラのCDのライナーノーツ(解説)の依頼があったという逸話もある。 『あごはずしショー』終了後は『のそれゆけ! 土曜日行進曲』のレポーターなどを経て、10月より冠番組『』に登板。 『あごはずしショー』で共演した岩井富士夫が制作スタッフであった『』()にも10月より週1レギュラーで出演を始め、以来、名古屋でも断続的にレギュラー番組を持つようになる。 『オールナイトニッポン』では番組内から生まれた架空のアイドル・が話題になるなど、次第にコアな人気を集めていく。 『』の後枠として一部昇格の候補に挙がったが、局内の対抗派閥が推したに決まった。 その後、平日夜の人気番組だった『』の後番組パーソナリティの最終選考(2名)に残り、選ばれたのは(『』)だったが、ゆたおが精神的なプレッシャーのため11ヶ月で降板し、『』が開始されることとなった。 『Oh! デカナイト』も名物コーナー「ザ・ベースボールクイズ」をメインにしたイベントで西武球場のスタンドを中高生のリスナーで満員にするなど人気番組となるが、4月に降板。 スポンサーとの軋轢や局側と喧嘩別れ したとされる形での4月末という改編期でない時期での終了などもあり、一夜限りの復活としての中で『Oh! デカナイト』を放送するまでニッポン放送の番組への出演は一切無かった。 その時期、『Oh! デカナイト』の企画でと組み「」(略して「ARB」)のクレジットでラップのCDを出している。 、『』で10年ぶりにニッポン放送の番組に出演した。 TBSラジオ時代:1995- [ ] 1995年10月からの深夜番組『』を開始し、主なラジオでの舞台をTBSラジオへ移す(同様にニッポン放送からTBSラジオへ移動したパーソナリティに、などがいる)。 『深夜の馬鹿力』は2019年現在も続いており、4月から3月までの10年間にわたっては日曜午後のワイド番組『』『』のパーソナリティも務めた。 この時、一番長くアシスタントを務めた(当時)のからはその「妻に対する誠実な人柄」により「理想の男性」と評されている。 TBSラジオでの活動にて、いくつかの受賞をしている。 には小桜局長がパーティーを開催(ナイスプレー賞受賞)。 2001年にはTBSラジオから「ゴールデンマイク賞」を授与されたが、トロフィーを自局の番組でリスナーにプレゼントしようとし、局長から止められた。 にはから「DJパーソナリティ賞」を授与され、その授賞式では『深夜の馬鹿力』番組内の企画として成人用紙オムツを装着し、壇上で放尿しながら受賞スピーチをした。 また、『』の2月のスペシャルウィーク企画「どこの誰かは知らないけれど、話してみたらスゲー人スペシャル」にてギャラクシー大賞ラジオ部門を受賞。 春より、30年間放送された『』の後を継ぎ、TBSラジオの平日午前帯ワイド番組のパーソナリティを務めることが2016年1月18日に発表された。 2016年4月11日、『』のタイトルで新番組開始。 同日、オフィシャルブログ「伊集院光とらじおとぶろぐと」を開設した。 との酒席での話から発展する形で、2019年5月18日の『』にゲスト出演し、5年ぶりのニッポン放送への出演となった。 エピソード [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年6月) 家族 [ ]• 家族構成は父、母、兄、姉、弟の6人で、4人の次男。 篠岡家のとなる。 に発生したおよびの際には、余震やを心配して妻をの実家に犬を連れて一時帰宅させていた。 事実上の別居状態であったが、仕事で名古屋・関西方面に訪れた際に会いに行くなど特に不仲ではなかったという。 妻は5月に帰京している。 趣味 [ ]• 少年時代からの愛好家である。 感動したTVゲームに『』を挙げている。 長年『』にコラムを掲載しているためラジオでもTVゲーム関連の話題をすることが多い。 スマホゲームの『』をプレイしている。 2020年、にてYouTubeチャンネル『伊集院光とはいしんとIjuin Hikaru』内で、『』のゲーム実況配信を始める。 は、子供の頃から本拠地が東京だった頃からののファンである。 は長年名古屋の番組に携わってることもありに関心を持っている。 、などの子供の頃から特撮作品のファンである。 音楽はのファンでライブ鑑賞もしている。 伊集院光とらじおとがきっかけで観音巡りを回っており、代参メールを拝読後に参拝している。 巡りでは徒歩で2016年7月頃に制覇し、スタンプラリー(劇場版アイカツスターズ)の後に2016年7月10日から始めた巡りでは距離が長いため電動アシスト自転車や、ができる自転車などがメインとなる。 坂東三十三箇所巡りは2016年12月10日に結願し廻り終える。 が、御朱印帳の最後の欄にはお礼参りとして「」となっており、番組の都合上、ジョギングで走った分だけマイルが溜まる「走ってガッポリ善光寺マイル」を始める。 また、スタッフの調査で善光寺だけでは片参りとなることが判明したため、の分も距離が増加した。 2017年3月18日に両寺院のお礼参りを終え「坂東三十三観音巡り」及び「走ってガッポリ善光寺マイル」は完結した。 出演 [ ] ラジオ番組 [ ] 現在• 1995年 - ()• 2016年 - (TBSラジオ) 終了分• 1989年 - 1990年 ( 木曜日)• 1991年 - 1995年 (ニッポン放送)• 1995年 - 1996年 (夏休みの王様、、)• 1996年 - 1997年 (セントギガ、サテラビュー)• 1998年 - 2000年 (TBSラジオ)• 2000年 - 2008年 (TBSラジオ)• 2012年 - 2016年 (TBSラジオ『』金曜15時台のコーナー) バラエティほか [ ] 現在• 2002年 - (不定期で準レギュラー回答者、TBS)• 2007年 - (「プレッシャーSTUDY」のインテリ芸能人大会に毎回出演、)• 2008年 - (不定期でゲスト出演、日本テレビ)• 2012年 - (司会、)• 2013年 - (不定期でゲスト出演、テレビ朝日)• 2014年5月28日 - (不定期でゲスト出演、TBS)• 2015年 - (不定期でゲスト出演、テレビ朝日)• 2015年 - (不定期でゲスト出演、テレビ朝日)• 2019年 - (不定期でゲスト出演、フジテレビ)• 2012年 - () 終了分• 1989年2月24日 II()• 1990年 (ナン魔くん 被害者の力士役、フジテレビ)• 1990年 ギグギャグゲリラ()• 1992年 - 1993年 (日本テレビ)• 1992年 - 1993年 ()• 1992年頃 CSゲーム()• 1993年8月2日 VOICE93 めざせ!ストリートファッション大賞(司会、テレビ東京)• 1993年 - 1996年 (日本テレビ)• 1993年 (TBS)• 1994年1月22日、3月5日 (日本テレビ)• 1994年4月 - 6月 (・TBS系列)• 1994年 - (テレビ朝日) 不定期出演• 1994年 (フジテレビ)• 1994年頃 ()• 1994年 - 1995年 ()• 1995年 - 1996年 (フジテレビ)• 1995年 - 1998年 ()• 1996年 - 1997年 (TBS)• 1996年 - 1997年 オトナの遊び時間(NHK総合)• 1996年 (テレビ東京)出張鑑定・司会• 1996年 - 1997年 (テレビ朝日)• 1997年 - 1999年 ウイークエンド・ジョイ()• 1997年 クイズ 虎の巻(NHK総合)• 1998年 - 2002年 (テレビ東京)• 1998年 - 2001年 (隔週出演、TBS)• 1999年 - 2001年 歴史たんけん(NHK教育)• 2000年 - 2002年 電画なっ! (のちに『CGTV』に改名、TBS)• 2000年 - 2001年 CX NUDE DV(司会、同出演、フジテレビ)• 2002年 - 2003年 (テレビ東京)• 2002年 - 2004年 (サポーター、テレビ朝日)• 2003年 - 2007年 (「うんちく王決定戦」「ネット検索山崩し」「オールナイ虎の門」放送時のみ、テレビ朝日)• 2004年 - 2005年 ()• 2005年 - 2011年 (準レギュラー回答者、テレビ朝日)• 2007年 - 2010年 (準レギュラー回答者、テレビ朝日)• 2007年 ザ・ゴールデンSP2(フジテレビ)• 2007年 - 2011年 かい決! ふしぎ捜査隊(司会、)• 2007年 - 2009年 ()• 2008年 - 2009年 (テレビ朝日)• 2009年 - 2012年 (司会者、NHK BSプレミアム)• 2009年 ()• 2010年 - 2011年 ()• 2012年 ()• 2010年 - 2011年 (テレビ朝日)• 2010年 - 2012年 GOLD(くま将軍の声、声のみの出演だが進行役を務めるため初のゴールデン司会となる、テレビ朝日)• 2011年 - 2012年 (ナレーター、)• 2011年 - 2012年 (TBS)• 2012年 - 2013年 (テレビ朝日)• 2012年 - 2014年 (準レギュラー、テレビ朝日)• 2012年11月17日 (日本テレビ)• 2012年 - 2017年 ()• 2013年 (日本テレビ)• 2013年 ()• 2013年 - 2016年 (不定期でゲスト出演、NHK)• 2014年 (司会、)• 2014年 (日本テレビ)• 2014年 (テレビ朝日)• 2014年 (テレビ朝日)• 2014年 ()• 2014年 (司会、NHK総合で不定期放映)• 2014年7月25日 スペシャル (テレビ東京)• 2014年7月30日 (テレビ朝日)• 2015年5月5日 (NHK)• 2015年8月 (テレビ東京)• 2015年10月 - ()• 2015年 - 2016年 (不定期でゲスト出演、フジテレビ)• 2015年 - 2017年 (不定期でゲスト出演、テレビ朝日)• 2016年2月16日• 2016年 (テレビ東京)• 2017年 (不定期でゲスト出演、テレビ東京)• 2017年 (ファーストシーズン司会、テレビ朝日)• 2017年 - 2018年 (不定期でゲスト出演、テレビ朝日)• 2017年 - 2019年 (隔週でスタジオ出演、テレビ朝日) 報道・ワイドショー・スポーツ• 1993年 ()• 1995年 - 1996年 (スポーツコーナーのレギュラー,日本テレビ)• 2003年 - 2010年 (2008年4月より『』に改名、)• 2003年 - 2005年 伊集院光の野球のミカタ! (2004年『伊集院光の野球バン』に改名、)• 2004年 - 2007年 (メインキャスター、)• 2007年 - 2008年 (水曜日担当コメンテーター、テレビ朝日)• 2007年 - 2010年 (ここがわからん! パネラー、日本テレビ) その他、不定期で、プロ野球中継の日本ハム戦に、ゲスト解説として出演することがある。 テレビドラマ [ ]• (1992年、日本テレビ) - 滝本 役• 第19回(1996年、フジテレビ) - 沼田 役• ご存じ! サウナの玉三郎!! (1996年、フジテレビ)• (1997年、フジテレビ)• 第5話(1997年、フジテレビ) - 野口達夫 役• (1997年、TBS)• (1997年、TBS) - ゲスト(声の出演)• (1998年、フジテレビ) - 遊佐三郎 役• 第5シリーズ(1998年、TBS) - 雨宮 役• (1999年、日本テレビ)• (2000年、フジテレビ) - TVレポーター 役• (2000年、フジテレビ) - 坂本健司 役• マジシャン刑事(2000年、フジテレビ)• (2001年、フジテレビ)• (2002年、フジテレビ) - 榊雅也 役• (2003年、フジテレビ) - 竹内健二 役• (2013年、TBS) - 警官 役 映画 [ ]• (1996年、) - 鮮魚部助手 役• (1997年、東宝) - トロと呼ばれる刑事 役• (1997年、東宝) - 田中教官 役• (1997年、) - 審査員 役(声)• (1999年、東宝) - 京都駅付近の警官 役• (2001年、) - 細村店長 役• (2007年、松竹) - 役(声)• (2008年、松竹) - ぬりかべ 役(声)• (2010年、東宝) - 野口達夫 役• (2013年、東宝) - 阿部右大臣 役(声)• (2018年、東宝) - スーパーの店長 役 Vシネマ [ ]• 1994年「」() - 役• 1994年「」()• 1995年 「」() - 主演・監督・主題歌• 2003年「ござまれじ」(2003年、クリエイティブアクザ) VHS [ ]• 伊集院(前代三遊亭落大)はインタビューアとして出演。 DVD [ ]• 2008年 「特典映像」(監督作品)• 2008年 『伊集院光のばんぐみのでぃーぶいでぃー』全2巻、各巻2枚組。 ポニーキャニオン• 2009年 『伊集院光のでぃーぶいでぃー』全6巻。 ポニーキャニオン• 2012年 『』全6巻。 ポニーキャニオン• 2013年 『伊集院光のばらえてぃーぷらす』全3巻。 ポニーキャニオン CM [ ]• (三遊亭楽大時代)• 桂花陳酒サワー — の格好をして登場。 と共演• (ギャグオペラ歌手時代、歌声のみ)• — 「おいしいね、マクドナルド」の声のみ• 鍋ビール(鍋の季節の生ビール)— 力士の格好をして登場• — 「あ! あれたべよ」• 日本一短いクイズショー「シャープに答えて! (・と共演)• のどにスッキリ• (現・)• パテックス• (現・第一三共ヘルスケア)• ガスター10(と共演)• — 「ターボエビ全開! 」(・・・と共演)• (シーズン1DVD)• (と共演)• 〆まで美味しい鍋つゆシリーズ・ごま豆乳鍋つゆ(帰ってきた2分割篇) 書籍 [ ]• 伊集院光のOh! デカ大百科(ニッポン放送出版、)• 幸福(しあわせ)のツボ( )• 銀色(シルバー)川柳-北枕(日本テレビ、)• 伊集院光と弁護士・岩田武司のもめごと解決大将軍(、)• ザ・会議室(・共著、光進社、)• 球漫-野球漫画シャベリたおし! (、)• (みうらじゅん共著、、)• のはなし(、)• のはなし にぶんのいち〜イヌの巻〜(、)• のはなし にぶんのいち〜キジの巻〜(宝島社文庫、)• のはなしに(宝島社、)• のはなしに 〜カニの巻〜(宝島社文庫、)• のはなしさん(宝島社、)• のはなしし(宝島社、)2014年6月• ファミ通と僕 1998-2000(、)• ファミ通と僕 2000-2002(エンターブレイン、)• 伊集院光の今週末この映画を借りて観よう (宝島社)• vol. 1()• vol. 2(2016年1月25日) 関連書籍 [ ]• 『 No. 『prints(プリンツ)21 2008年春号 特集・山口晃』プリンツ21 季刊版、2007年• 『フリーマガジンR25 NO. 小冊子に出筆(テレフォン情報の声も担当)• 『』、特集「笑撃文学」に自作の短編小説「神様志願」を掲載。 1993年夏季号 15巻3号 通巻152号• 『』、女子高生の格好の写真を掲載し、女子高生として悩み相談にのるという企画の連載。 全12回。 ゲーム [ ]• 『』【PS】 オレンジの風の声優として登場。 他に、・のダブル解説もある(解説はダンカンのプロデュースによるもの)。 CD [ ]• 『これでいいのだ』 — ゲスト参加• 『』 — 同上• 『星空のパスポート』芳賀ゆい 株式会社ソニー・ミュージックレコーズ、1990年• 『ARAKAWA魂』 (伊集院光、久保こーじ)ソニーレコード、1992年• 『アナーキー・イン・AK』 荒川ラップブラザーズ 株式会社ソニー・ミュージックレコーズ、1992年• 『TRUE』(、、伊集院光(「友情出演」))、1993年• 『全裸マンのテーマ』丸裸三郎と全裸マンブラザーズバンド 株式会社ソニー・ミュージックレコーズ、1993年• 『FATMAN BROTHERS』(伊集院光、石塚英彦、田口浩正) パイオニアLDC、1995年• 『』(伊集院光、石塚英彦、田口浩正)パイオニアLDC、1995年• 『』伊集院プロデュース。 2000年から2001年にかけて数ヴァージョンが制作され、市場ルートに乗らない形で販売された。 詳細は当該記事参照。 『伊集院光選曲 おバ歌謡』(レーベル: ASIN: B000228X0A)オムニバス 2004年• 日本昔ばなしをホリプロのタレントたちが朗読。 あたまが池(伊集院光) その他、のアルバム『』収録曲「Crazy For You」に笑い声をされている。 連載 [ ]• 伊集院光接近につきゲーム警報発令中 『週刊』() - 連載コラム• 伊集院光の深夜27時の買い物 『』 - 連載コラム、放送作家・との実質的な共著• 夕刊ツーカー(オリジナルコンテンツ) - 週3回配信していたが、2006年9月29日でコンテンツそのものの終了により連載も終了。 後に出版された書籍「のはなし」「のはなしに」「のはなしさん」「のはなしし」は、このコンテンツを加筆修正したもの。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 一門が所属していた。 TBSラジオの周波数である954kHzにちなんだ数字。 後に大師匠であるの実弟であることが判明。 他の本選出場の4人はいずれも修行年数が10年以上• 『』や『』など。 現在の楽大は学生時代伊集院のラジオのファンであり、楽太郎門下に入ったのも伊集院の師匠であったことが理由の一つであると明かしている。 ただし、人数合わせのサクラに近い。 但し、邦題「オペラの怪人」というタイトルの映画も実在する。 足立新田高校に声楽科は存在しない。 無論、留学やパヴァロッティに師事したという件も嘘である。 ラジオでの育ての親・は前年にニッポン放送を退職。 前日10日に、テストとしてアップしているが、カウントはせずに0号扱いとして欲しい旨が記載されている。 から善光寺まで91km分ジョギングし完走すると番組が伊集院に交通費を出してくれる。 距離や走ってるか、走っていないか等については伊集院にGPSを持たしてスタッフが選別し判断する。 出典 [ ]• エキレビ! 2017年2月1日閲覧。 2016年3月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年1月31日閲覧。 デイリースポーツ 2016年4月9日. 2016年4月13日閲覧。 note 2017年8月29日. 2019年1月14日閲覧。 株式会社ムービーウォーカー. 2018年10月23日閲覧。 - 日刊スポーツ、2016年1月18日。 - PR TIMES、2016年2月22日。 マイナビニュース. 2019年5月18日閲覧。 - リアルライブ、2011年7月20日。 - 佐々木直まる、Techinsight、2012年5月23日。 2015年11月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年6月25日閲覧。 東宝アド. 2013年9月24日閲覧。 映画ナタリー. 2016年9月21日. 2016年9月23日閲覧。 お笑いナタリー. 2016年11月25日. 2016年11月25日閲覧。 Yahoo! Japan. 2016年3月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 関連項目 [ ]• - 落語家を自主廃業後も師匠である6代目圓楽に身内として扱われている• - 伊集院光深夜の馬鹿力の(元ハガキ職人の「さば味噌煮」)• - 後半頃、作中に伊集院を想起させる描写が多々見られたほか、伊集院本人もの巻末に解説を寄せている• - 同じホリプロ所属の数少ない親友• - 政治家転身前より親交がある• - のり・GOと親交がある 外部リンク [ ]• HikaruIjuin -• - 2018年1月19日閲覧.

次の