オリコ コロナ。 コロナショックの中、1年以内に自宅を買っておかないとマズイ理由

コロナショックの中、1年以内に自宅を買っておかないとマズイ理由

オリコ コロナ

新型コロナウイルスによる感染症が拡大しておりますが、当社の主な商品における保険金のお支払対象の有無等をお知らせいたします。 なお、日本政府が「新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める等の政令」を閣議決定し、すでに施行されておりますが、この政令の施行前後で取扱いに変更はございません。 【代表的な補償に対する保険金のお支払対象の有無等について:傷害・医療保険】 2020年2月7日時点 商品名 特約名 保険金のお支払対象 備考 医療保険等、病気全般を補償する商品・特約 対象 医療保険、所得補償保険のほか、各種傷害保険・業務災害総合保険等にセットできる病気を補償する特約をいいます。 傷害保険等、けが全般を補償する商品・特約 対象外 傷害(けが)には該当しないため、保険金のお支払対象になりません。 海外旅行保険 疾病治療費用を補償する特約 対象 旅行行程中に発病または感染し、旅行行程終了後72時間を経過するまでに治療を開始した場合 疾病死亡を補償する特約 対象 ・旅行行程中に病気により死亡した場合 ・旅行行程中に発病した病気または旅行行程終了後72時間以内に発病した病気(その原因が旅行行程中に発生したものに限ります。 )により、旅行行程の終了日を含めて30日以内に死亡した場合。 ただし、旅行行程終了後72時間を経過するまでに医師の治療を開始したものに限ります。 旅行変更費用補償特約 (渡航中止に関する費用) 対象 渡航先 (注1)に対する退避勧告あるいは渡航中止勧告 (注2)が発出され、出国を中止した場合 (注1)中国は湖北省に限らず中国全土(香港、マカオ含む)が対象です。 ただし、渡航中止勧告が発令された2020年1月24日の前日までに契約された証券が対象です。 (注2)新たに退避勧告あるいは渡航中止勧告が発令された国または地域については、その都度対象になります。 この場合も、発令される前に契約された証券のみ対象です。 (新型コロナウイルスよる感染症が、労働基準法施行規則における業務上の疾病と認められた場合に限ります。 ご注意ください。 ご注意ください。

次の

夜の街を襲う「コロナショック」。困惑する性風俗産業

オリコ コロナ

コロナウイルスの融資について立て続けにブログを書いています 前々回はこちらから「」 前回はこちらから「」 さて、金融機関の支援をお願いする場合に 「たしかにお金は足りないけど、 借りたら返さなくてはいけないんだよね」 と考える社長も多いかと思います。 そうなんです。 本来、借入金とは事業拡大のために利用するお金であって、事業を続けるためのお金ではないのです。 事業を続けるために借入していたら毎月の返済ばかり増えていって、自転車操業に陥ります。 ただし資金繰りに追われるとこの理屈もわからなくなる社長って多いんです。 ということをお考えの社長には融資以外にこのような対策もあります。 「 元本の返済を半年ほど止めて、利息だけ支払う」 いわゆるリスケジュール(リスケ)ですね。 この状況下ですから、銀行に言えば即実行してくれるはず。 2月に政府から金融機関にお願いしています。 そしてリスケジュールをお願いするときに絶対にやってほしいこと。 お金を借りているすべての銀行を回って、一斉に返済をストップさせること(ノンバンクは除きます) 銀行って、他の銀行が自分より優位に立つのを嫌がるのです。 だから、5行、6行と多くの銀行から、金利が安いとか条件が良いとかで借りまくると、銀行を回るだけで大仕事になるんです。 とはいえ、うっかり1行だけ言い損ねた、とか、返済の期日が早くて引き落とされてしまった、という場合でも、後から調整してくれますのでご安心ください。 ただし、このリスケですが、いくつか問題があります。 代表的なものを3つ。 その1.半年ごとの契約更新が面倒+お金がかかる リスケジュールを開始すると、半年間まずは元本を止めて様子見ましょうか、という流れになります。 そして、半年後に契約を更新するのですが、その契約書を押印するのがとっても大変! ゴム印ついて、代表印ついて、あと何枚? あと3ま~~い、と 四谷怪談みたいな状況になります。 そして、契約の更新の都度、更新手数料を徴収することがあります(今や常識かな?) 某地方銀行は、1契約につき30,000円(消費税抜き)。 その2.新たな融資ができなくなる リスケジュールをした時に、金融機関は会社を「この会社は倒産リスクが高いから貸せません」という状態まで格下げします。 となると、今後経営状況がよくなり、さあ、設備投資!!となってもお金を貸してくれません。 またお金を借りるためには「経営改善計画書」を提出することが必要となります。 ちなみにこの計画書をコンサルとして作成するのが私の仕事の一つです。 計画書を作成して、各金融機関の合意をとって、融資実行!までに早くても半年はかかります。 取引金融機関の数が多ければ、計画作ってから半年というケースも。 だから、取引金融機関の数はむやみに増やしたらダメ その3.返さないことに慣れてしまう 本来なら毎月ウン十万円返すはずが、金利だけ数万円の支払いに変わります。 その支払い金額に3か月から半年もすると慣れてしまうのです。 その分だけ他の経費が増えるとか、売上目標が下がるとか…。 だんだん元の金額を返そうという気概が薄くなるのですよね。 こうなると、会社の先行きはだんだんと怪しくなってくるのです。 一番ベストは「差額の分は返したつもりで貯めてます!」というやり方。 金融機関はそのつもりで元本返済をストップさせているんですけどね。 なかなかできない会社が多いのです。 そして、今回ブログのまとめ 「多少条件がいいからと言って、取引金融機関の数をむやみに増やさないこと!」.

次の

夜の街を襲う「コロナショック」。困惑する性風俗産業

オリコ コロナ

コロナウイルスの融資について立て続けにブログを書いています 前々回はこちらから「」 前回はこちらから「」 さて、金融機関の支援をお願いする場合に 「たしかにお金は足りないけど、 借りたら返さなくてはいけないんだよね」 と考える社長も多いかと思います。 そうなんです。 本来、借入金とは事業拡大のために利用するお金であって、事業を続けるためのお金ではないのです。 事業を続けるために借入していたら毎月の返済ばかり増えていって、自転車操業に陥ります。 ただし資金繰りに追われるとこの理屈もわからなくなる社長って多いんです。 ということをお考えの社長には融資以外にこのような対策もあります。 「 元本の返済を半年ほど止めて、利息だけ支払う」 いわゆるリスケジュール(リスケ)ですね。 この状況下ですから、銀行に言えば即実行してくれるはず。 2月に政府から金融機関にお願いしています。 そしてリスケジュールをお願いするときに絶対にやってほしいこと。 お金を借りているすべての銀行を回って、一斉に返済をストップさせること(ノンバンクは除きます) 銀行って、他の銀行が自分より優位に立つのを嫌がるのです。 だから、5行、6行と多くの銀行から、金利が安いとか条件が良いとかで借りまくると、銀行を回るだけで大仕事になるんです。 とはいえ、うっかり1行だけ言い損ねた、とか、返済の期日が早くて引き落とされてしまった、という場合でも、後から調整してくれますのでご安心ください。 ただし、このリスケですが、いくつか問題があります。 代表的なものを3つ。 その1.半年ごとの契約更新が面倒+お金がかかる リスケジュールを開始すると、半年間まずは元本を止めて様子見ましょうか、という流れになります。 そして、半年後に契約を更新するのですが、その契約書を押印するのがとっても大変! ゴム印ついて、代表印ついて、あと何枚? あと3ま~~い、と 四谷怪談みたいな状況になります。 そして、契約の更新の都度、更新手数料を徴収することがあります(今や常識かな?) 某地方銀行は、1契約につき30,000円(消費税抜き)。 その2.新たな融資ができなくなる リスケジュールをした時に、金融機関は会社を「この会社は倒産リスクが高いから貸せません」という状態まで格下げします。 となると、今後経営状況がよくなり、さあ、設備投資!!となってもお金を貸してくれません。 またお金を借りるためには「経営改善計画書」を提出することが必要となります。 ちなみにこの計画書をコンサルとして作成するのが私の仕事の一つです。 計画書を作成して、各金融機関の合意をとって、融資実行!までに早くても半年はかかります。 取引金融機関の数が多ければ、計画作ってから半年というケースも。 だから、取引金融機関の数はむやみに増やしたらダメ その3.返さないことに慣れてしまう 本来なら毎月ウン十万円返すはずが、金利だけ数万円の支払いに変わります。 その支払い金額に3か月から半年もすると慣れてしまうのです。 その分だけ他の経費が増えるとか、売上目標が下がるとか…。 だんだん元の金額を返そうという気概が薄くなるのですよね。 こうなると、会社の先行きはだんだんと怪しくなってくるのです。 一番ベストは「差額の分は返したつもりで貯めてます!」というやり方。 金融機関はそのつもりで元本返済をストップさせているんですけどね。 なかなかできない会社が多いのです。 そして、今回ブログのまとめ 「多少条件がいいからと言って、取引金融機関の数をむやみに増やさないこと!」.

次の