笠原将生 高木京介。 高木京介はなぜ復帰できたのか?謹慎期間中にしていたことについても

高木京介は秋季キャンプ前にB氏と野球賭博の口裏合わせをしていた

笠原将生 高木京介

笠原氏のユーチューブチャンネルより 2015年に野球賭博問題で無期失格処分になった元巨人・(しょうき)氏(28)が、「【暴露】の事を全て話します」と題したをユーチューブに投稿した。 同じく野球賭博に関与していた巨人の高木投手(29)への複雑な思いを吐露しつつ、現在の活躍を祝った。 「自分も正直、あの舞台に立ちたかった」 高木投手は当初、賭博の関与を否定していたが、16年に認めて1年間の失格処分となった。 処分明けには育成選手として再契約し、18年に支配下に昇格。 今シーズンは中継ぎとして1軍で活躍し、10試合を投げて防御率1. 64の好成績を収めている(5月18日時点)。 一方、笠原氏は処分後にユーチューバーに転身し、現役時代のエピソードを中心に配信している。 5月18日には、「【暴露】高木京介の事を全て話します」と題した動画を公開した。 冒頭、高木投手の球界復帰後初勝利に触れ、「自分も正直、あの舞台に立ちたかった」と悔しさをにじませつつ、「ファンの皆さんもいろんな賛否両論の意見があると思いますけど自分は前向きに『おめでとう』と言いたいです」と祝福した。 「陰ながら応援させていただく」 賭博事件にも触れ、「自分が悪いことを誘ってしまって人生を棒に振らせてしまった」「今、(野球を)一生懸命されているっていうのは自分の励みにもなっている」と語った。 笠原氏は産経新聞のインタビューで、自身が高木投手に賭博の勧誘をしたと明かし、巨人軍の調査には「(野球賭博をするために)京介さんの名義を借りただけ、という設定なら納得すると思ってそう説明した。 証拠もないから、自分に全部なすりつける設定にしようと。 京介さんも『守ってくれてありがとうございます』と言っていた」と話している。 動画は、「陰ながら応援させていただく感じにはなると思うんですけど、これからもご活躍をお祈りしております」とエールで締めくくった。

次の

右ハンドルだったら高木京介は死んでいた?元巨人・笠原将生氏が語る事故

笠原将生 高木京介

9日の会見で号泣した高木京 巨人・高木京介投手(26)が野球賭博に関与していた問題で、日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナー(74)は22日「1年間の失格処分が相当」との裁定を下した。 同時に巨人には制裁金500万円が科せられた。 舞台裏を追跡した。 高木京への裁定は、何とも甘いものとなった。 先に野球賭博が発覚した巨人の元3選手、福田聡志投手(32)、笠原将生投手(25)、松本竜也投手(22)に対しては、昨年11月に無期失格処分の裁定。 それに対して今回、高木京の処分が軽減した理由として、熊崎コミッショナーは違反行為への関わり方の「深さ、期間、程度」を挙げた。 調査報告書が「3、4回にわたって8、9試合に賭けたのみ」と指摘するように、高木京の野球賭博の回数は元選手3人より少ない。 だが、昨年の調査で正直に申し出なかったという経緯もある。 「野球賭博常習者と交際するなどしていた事実も認められない」ことも理由としているが、高木京は野球賭博問題の発覚後に野球賭博常習者のB氏から連絡があり「高木君の名前はもみ消せる」「球団の調査に対してはシラを切り通せ」と入れ知恵されたと明かしている。 調査委の大鶴基成委員長は「総合的に判断して1年が妥当」と説明したが、甘い措置となった印象はぬぐえない。 しかも笠原氏がNPBの聴取に応じる構えを見せ、面談の日程を調整中であるにもかかわらず、B氏との付き合い方については高木京の言い分だけで結論を急いだ格好で、どこが「総合的」と言えるのか。 今回の大甘裁定の背景には、先を見据えた動きも見え隠れしている。 つまりは「素直に調査に協力すれば、処分を軽くしてやる」という司法取引方式のモデルケースにしようというわけだ。 実際、今回の調査報告書の中では「選手に対して、自主的申告を促す特別の措置を期限付きで実施できないか検討中」としている。 自白や情報のリークなどで処分が軽くなるとなれば、今後は自ら申し出る選手も増えると見ている。 さらに報告書は無期失格となった場合でも、1年経過後に真摯な反省が見られる場合は、コミッショナーの裁量で1年から5年の有期処分に変更できるという野球協約の解釈を提示している。 協約で明文化されている5年経過以降の処分軽減の規定から、さらに踏み込んだ格好だ。 会見では、先に処分を受けた笠原氏の名前を挙げ、軽減の可能性もあるかとの質問も出たが「今の時点では具体的なコメントをするのは控えたい」と熊崎コミッショナーは含みを持たせた。 今回の野球賭博問題、NPBは調査能力のなさを痛感させられた格好。 全容解明が難しい以上は、処分のハードルを下げて選手から言いだしやすくすること、処分を受けても「情状酌量」があることを広くアピールするしかないという結論に達したようだ。 ただ、甘くするだけでは根本的な解決にはほど遠い。 調査に協力的でない場合など「疑わしきは罰する」といった、厳しい姿勢を打ち出す必要もあったのではないだろうか。

次の

「巨人最低」の声多数! 高木京介「野球賭博→巨人再契約」報道は「最悪のモデルケース」!?

笠原将生 高木京介

2015年に野球賭博問題で無期失格処分になった元巨人・(しょうき)氏(28)が、「【暴露】高木京介の事を全て話します」と題した動画をユーチューブに投稿した。 同じく野球賭博に関与していた巨人の高木投手(29)への複雑な思いを吐露しつつ、現在の活躍を祝った。 「自分も正直、あの舞台に立ちたかった」 高木投手は当初、賭博の関与を否定していたが、16年に認めて1年間の失格処分となった。 処分明けには育成選手として再契約し、18年に支配下に昇格。 今シーズンは中継ぎとして1軍で活躍し、10試合を投げて防御率1. 64の好成績を収めている(5月18日時点)。 一方、笠原氏は処分後にユーチューバーに転身し、現役時代のエピソードを中心に配信している。 5月18日には、「【暴露】高木京介の事を全て話します」と題した動画を公開した。 冒頭、高木投手の球界復帰後初勝利に触れ、「自分も正直、あの舞台に立ちたかった」と悔しさをにじませつつ、「ファンの皆さんもいろんな賛否両論の意見があると思いますけど自分は前向きに『おめでとう』と言いたいです」と祝福した。 「陰ながら応援させていただく」 賭博事件にも触れ、「自分が悪いことを誘ってしまって人生を棒に振らせてしまった」「今、(野球を)一生懸命されているっていうのは自分の励みにもなっている」と語った。 笠原氏は産経新聞のインタビューで、自身が高木投手に賭博の勧誘をしたと明かし、巨人軍の調査には「(野球賭博をするために)京介さんの名義を借りただけ、という設定なら納得すると思ってそう説明した。 証拠もないから、自分に全部なすりつける設定にしようと。 京介さんも『守ってくれてありがとうございます』と言っていた」と話している。 動画は、「陰ながら応援させていただく感じにはなると思うんですけど、これからもご活躍をお祈りしております」とエールで締めくくった。 外部サイト.

次の