公認会計士 難易度 勉強時間。 USCPAの難易度は?働きながら1年半で合格した本音の感想

会計士試験に4000時間で受かるのは無理です。本当の勉強時間は?

公認会計士 難易度 勉強時間

多くの方が、一度は何か資格を取って、やりがいのある高度な仕事をしたいと考えると思います。 その場合に、資格と言っても、弁護士・公認会計士・司法書士・不動産鑑定士という難関国家資格から、簿記検定・行政書士・TOEICまで、本当に様々な資格が存在しています。 だからこそ、資格を取得しようと思う場合には、各資格に基づきできる業務内容はもちろん、各資格の難易度はとても気になると思います。 弁護士や公認会計士などの難関国家資格は大変そうだけど、簿記検定は簡単かなというような感覚的なイメージは持っていると思いますが、今回は、勉強時間と合格率から、各資格の難易度を考察していきたいと思います。 また、合格率は年度に応じても変動しますのでご注意ください。 また、法科大学院は、法科大学院に入学するために2,000時間、法科大学院在学中に4,000時間の合計として表示しています。 その中でも、弁護士の難易度は頭一つ抜き出ているのがわかります。 逆に、日商簿記2級・宅地建物取引主任者・行政書士は、比較的難易度が低い資格と言えます。 もちろん、難易度が高い資格ほど、取得した時のメリットは大きいのですが、自分が学習に費やせる時間とやりたい仕事のキャリアを勘案して目指すべき資格を検討してもらえればと思います。 社会人になれば、100,000時間~200,000時間ぐらいは仕事に費やしますので、学生時代に難関資格を取得するのも将来の選択肢を大きく広げるとともに、やりがいのある仕事をしやすくなると思います。 その他の関連記事.

次の

日商1級と公認会計士試験の差

公認会計士 難易度 勉強時間

大学は理系であり、大学の偏差値は40台前半• 大学で簿記・公認会計士試験の内容を勉強した事はない• 暗記が大の苦手 一言でまとめると、「 頭の良い部類ではない」ということです。 また、勉強スタート時点で社会人経験もなかったため、経済用語の知識もほぼゼロです。 ご自身の学力に自信がある方は、本記事で公開する勉強時間よりも早く試験にパスできると思いますよ。 公認会計士試験の勉強時間 ここからが本記事のメインです。 では早速、実際にかかった勉強時間を見てみましょう。 会計士試験の勉強期間 僕は、2010年5月に勉強をスタートし、2013年の8月に合格しています。 合格までに3年3ヶ月かかりました。 どのくらい大変なのか、まだイメージが付きづらいですね。 ここでは、一般的なサラリーマンの仕事時間と比較してみます。 (「仕事」と「勉強」なので単純な比較はできませんが、参考として。 ) 厚労省の調べによれば(一応正しいものとして)、サラリーマンの1年間の平均的な労働時間は、2030時間とされています。 そのため、 短答前の勉強時間は過労死レベル、論文前の勉強時間は激務というイメージです。 結局、何時間勉強すれば良い? 以上、僕の勉強時間の実績でした。 さて、ここからは更に掘り下げて、上述した勉強時間を参考に「 実際に皆さんがどのくらい勉強をすれば、公認会計士試験に合格できるのか」を検証します。 公認会計士試験に2年間で合格するための勉強時間 僕の場合、2年3ヶ月間で勉強に費やした時間は、合計で4,890時間でした。 そして、その際の論文式試験の結果は「不合格」でした。 また不合格時の順位は、受験者中2,300位前後でした。 論文式試験の受験者数は3,500人程度ですので、受験生のうち下から3分の1あたりの成績です。 つまり、2年3ヶ月での合格を目指すのであれば、 「4,890時間」という勉強時間では圧倒的に足りなかったということになります。 (あくまで僕の場合です) 一方で、僕の場合「短答式試験の勉強をやりすぎた」という失敗があります。 すなわち、必要以上の高得点で合格してしまいました。 参考:短答式試験(2012年5月)の点数 こちらも見づらくてすみません。 ) 合格できたこと自体は喜ばしいことですが、 全体を通してみれば非効率といえます。 よって、非効率となった分の時間は多少削減できたと考えられます。 以上を考慮し、結論です。 あくまで個人的見解ですが、 2年間で5,500時間勉強をすれば公認会計士試験に合格できると考えます。 では、1日にどれくらい勉強すれば良いのか?というと、、、 1日あたりの勉強時間は? 「今は情報収集しているところだけど、とっかかりとして勉強法を先に知っておきたいな」 という要望もあると思うので、そんな方向けにカンタンな勉強法をお教えします。 とはいえ、細かいお話をしても分からないと思うので、メンタルコントロール的なお話です。 もっと詳しい勉強方法は「」の方でかなり詳しく解説していますので、良かったらご参考くださいね。 僕は、一番大切なのは モチベーションのコントロールだと思います。 ご紹介したとおり、公認会計士試験に合格するためには、 長期間勉強を続けなければなりません。 受験生活は長いので、時にはやる気が低下することもよくあります。 そんな時に、「 いかに自分のやる気を上げられるか(メンタルコントロール)」が大切です。 これができないと、5,500時間を達成できないません。 そして、モチベーションをコントロールするために重要なのが、 目的意識です。 「なぜ自分は公認会計士になりたいのか?」これを見失うと、やる気は下がり続けます。 そして、この目的意識を身に付けられるのは、「今」だけです。 ブログを読んでいただき、ありがとうございます! 僕は無職時代にバイトは一切しませんでした。 勉強時間が減ると、合格可能性が下がるだろうな、という単純な理由です。 また、周囲にもバイトしながらという方は、ほとんどいなかったように思います。 おっしゃるとおり、コミュニケーション能力の低下がデメリットです。 ただ、あくまで私の経験ではありますが、就活までの3ヶ月間である程度コミュニケーションスキルは戻りました。 内定後も約3ヶ月間フリーの期間がありますので、その期間で戻すこともできます。 会計士試験は難関試験ですので、いかに「試験のためだけに頑張ったか」が合否を分けると個人的に思っています。 同じ大学生が就活をしていることから焦りもあるかもしれませんが、すぐに逆転できます。 なので僕は無職専念をオススメします!.

次の

公認会計士試験の難易度について現役会計士がぶっちゃけベースで解説する。|現役公認会計士が教える資格攻略法

公認会計士 難易度 勉強時間

「税理士試験はどれくらい難しいのだろう?」 「税理士試験の難易度や合格率を知りたい!」 そんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 税理士は士業系資格の中でも抜群の知名度と人気を誇るので、何か資格を取得したいと考えたときに思い浮かべる人は多いと思います。 しかし税理士は最難関資格の1つであり決して簡単ではありません。 そこでこの記事では 税理士の難易度について詳しく解説します! 効率良く勉強して最短で合格するには、合格に必要な年数や科目別の勉強時間など、 試験の特徴を理解することが大切です。 1日でも早く税理士になるためにもこの記事で紹介する知識を是非役立てて下さい! 税理士試験の難易度はどれくらい? 税理士は言わずと知れた超難関資格であり、 税金の知識を豊富に持つプロフェッショナルです。 税金は国民の生活に深く関わっているだけに、税理士になれば幅広い領域で活躍することができます。 しかし国民生活に大きく影響する税金を扱う職業なので、そう簡単には合格できないのが税理士試験です。 以下では 試験の特徴や合格する手順を解説していくので、税理士になるために必要なことが何なのかをまずは確認していきましょう。 税理士試験に合格する手順 税理士試験に合格するためには 11科目中5科目に合格する必要があり、科目は 必須科目・選択必須科目・選択科目に分かれています。 必須科目:簿記論・財務諸表論• 選択必須科目:法人税法・所得税法• 選択科目:相続税法・消費税法・固定資産税・事業税・住民税・酒税法・国税徴収法 科目ごとに難易度が異なるのでどの科目で合格を目指すのかは各自の作戦次第です。 ただし簡単な科目から選ぶというよりは 資格取得後のキャリアプランを意識して科目選択を行うことになります。 税理士試験の難易度が高い理由 難易度が高い試験の場合、合格率の低さだけでなく試験の形式など他にも様々な理由によって取得が難しくなっていることがあります。 この点は税理士試験でも当てはまり、 受験資格が存在することや 試験形式が記述式であるために難易度が高くなっています。 受験資格が存在する そもそも税理士試験を受験するためには一定の条件を満たしている必要があります。 税理士試験の受験資格は以下の通りです。 学識による受験資格• 資格による受験資格• 職歴による受験資格 1つ目の「学識による受験資格」は大学等で法律学または経済学を1科目以上履修した者等を指し、2つ目の「資格による受験資格」は簿記1級の合格者等のことです。 学歴・資格・職歴による受験資格を満たしていない方は簿記1級を取得するなど事前の対応が必要になります。 なお大学院で特定の学位を取得している場合や実務経験がある場合には試験科目の一部が免除されることもあるので、受験資格の詳細をで確認するようにして下さい。 各科目がそれぞれ難しい 11科目が用意されているので自分が得意なものを選んで合格できそうなものですが、科目ごとに難易度に差はあるものの 税理士試験は全ての科目が難しい試験です。 科目別合格制になっているので1度にまとめて5科目合格する必要はありませんが、1科目合格するために数年かかる場合もあり5科目合格するまでに何年もかかる場合もあります。 試験は全て記述式 国家試験の中にはマークシート式や選択式の試験も多い中、 税理士試験は全て記述式です。 マークシート方式のように分からない問題があっても適当に記入して正解できる可能性はなく、知識をインプットすることに加えて正確にアウトプットできるレベルが求められます。 曖昧な理解では得点できない形式なので、税理士試験の難易度が高くなっている理由の1つと言えるでしょう。 合格までに何年かかる? 年齢層 受験者層 割合 〜25歳 3,657人 11. そのため税理士は超難関資格ではあるものの、 仕事と勉強の両立をすることは可能だと言えるでしょう。 上記データから 受験者の平均年齢を推測すると約38歳となります。 30代や40代から税理士を目指し始めても遅すぎるということはないでしょう。 年齢層別の合格率 科目 必要な勉強時間(目安) 必須科目 簿記論 500時間 財務諸表論 500時間 選択必須科目 法人税法 700時間 所得税法 600時間 選択科目 相続税法 500時間 消費税法 300時間 固定資産税 250時間 事業税 250時間 住民税 200時間 酒税法 200時間 国税徴収法 150時間 税理士試験合格には数年かかることも多いので、 科目ごとの特徴を理解して計画的・効率的に学習を進めなければいけません。 そこで以下では 科目別の難易度について解説します。 次の税理士試験で何の科目を受験するのか、いつまでに何を勉強するのか、学習計画を立てる上で参考にしてみて下さい。 簿記論 簿記論に合格するために必要な勉強時間は 500時間程です。 必須科目であり全科目の中でも難易度が高い科目となっています。 他科目と違って理論問題がなくて計算問題のみ出題され、 出題される計算問題ごとに難易度の差が大きいことが特徴です。 難問は深追いせず捨てると割り切り、それ以外で確実に得点を取る必要があります。 簿記1級とどっちが難しい? 簿記1級を取得して受験資格を満たして税理士試験を受ける人もいるので、簿記1級と簿記論の難易度の差が気になる人もいるはずです。 簿記1級の合格率は約10%で、合格するには500~600時間の勉強が必要と言われています。 そのため合格率や勉強時間だけ比較すると税理士試験の簿記論よりも簿記1級のほうが難しいように思われます。 しかし簿記1級は年に2回受験チャンスがあるのに対して税理士試験は年1回しか実施されず、問題の傾向も税理士試験の簿記論のほうが難解な問題が多い上に基本問題のレベルも高くなっています。 総じて 簿記1級よりも税理士試験の簿記論のほうが難しい試験です。 財務諸表論 財務諸表論に合格するためには 500時間程の勉強時間が必要です。 簿記論と同様に必須科目であり、難易度が高い科目となっています。 同じ会計科目ということで簿記論とセットにして勉強するのが一般的ですが、 会計基準等を問う理論問題への対策が必要なので比較的暗記が大切な科目です。 会計業務に携わり計算問題が得意な方でも暗記が苦手で財務諸表論の理論問題で苦戦する場合があります。 早めの対策を心掛けましょう。 法人税法 法人税法は選択必須科目であり、所得税法とどちらか一方は最低1つ合格しなければいけません。 しかし難易度が非常に高く、合格に必要な勉強時間の目安も 全科目の中で最も長い700時間程となっています。 ただし所得税との選択が可能とは言え、 資格取得後に就職・転職活動をして法人に勤めることを考えれば法人税はほぼ必須科目です。 そのため法人税法の難易度の高さがそのまま税理士資格取得の難しさにつながっていると言えます。 所得税法 所得税法は法人税法と並んで選択必須科目です。 合格に必要な勉強時間は 600時間程で、難易度も法人税法に次いで高くなっています。 法人税法がほぼ必須であることを考えれば 所得税法にチャレンジすることは試験合格に向けた戦略としてはおすすめできませんが、その一方で所得税法の受験者数は多いことも確かです。 個人向け業務を行う税理士を目指す場合だけでなく、企業経営上の法人税と経営者個人の所得税の両方を考慮に入れた節税提案ができる等、 将来役立つ科目として需要の高い科目となっています。 選択科目を難易度順に紹介 続いて選択科目について難易度順に紹介していきます。 相続税法 選択科目の中で最も難しいのが相続税法で、勉強時間の目安は 500時間程です。 簿記論・財務諸表論と同等の勉強量が求められます。 ただし 難易度だけで判断して相続税法を回避すべきではありません。 高齢化が進んで相続関連業務が増える中、相続税法合格者は税理士法人からも期待される存在として就職・転職で有利になります。 資格取得後に活躍の場が広がる科目であり、選択科目の中でも比較的受験者数が多い科目です。 消費税法 消費税法と酒税法はどちらか1つしか選択できませんが、普段の生活の中でも関わる消費税は 身近な税金であり勉強しやすい科目です。 ただし 300時間程の勉強時間が必要で比較的難易度が高くなっています。 勉強を始める時はとっかかりやすいので選択科目の中でも特に受験者数が多いものの、対策には意外と時間がかかる科目です。 固定資産税 実生活では馴染みがない人も多いのが固定資産税ですが、 税理士試験科目としては対策が立てやすくて人気の科目です。 勉強時間の目安も 250時間程で、基本的な知識を身に付ければ解ける問題が出題されることも多くて受験生からもよく選ばれています。 選択するかは資格取得後のキャリアビジョン次第ですが、不動産を所有する法人向け業務や土地が絡む個人の相続業務で役立つ科目です。 事業税 住民税とどちらか一方しか選択できませんが、事業税は選択必須科目である法人税・所得税のうち法人税と範囲が似通っています。 将来のキャリアプランと試験対策のしやすさから法人税と事業税をセットで選択することも考えられ、 計算よりも理論重視の科目なので 計算が得意ではない方が選択する傾向にあります。 勉強時間も 250時間程で難易度もそれ程高くはありません。 住民税 事業税とどちらか一方しか選択できませんが、所得税法とセットで選択すると勉強しやすい科目が住民税です。 必要な勉強時間は 200時間程で難易度は事業税とほぼ同じですが、事業税と違って理論問題・計算問題がバランスよく出題されます。 親しみやすい税項目なので多くの受験生が選択する人気の科目です。 酒税法 消費税法とどちらか一方しか選択できませんが、酒税法の勉強時間は 200時間程なので 選択科目の中では比較的簡単な部類になります。 しかし酒税法は実務で出会う機会が少なく、 残念ながら資格取得後にあまり役に立たない科目です。 資格取得後のキャリアとは無関係に合格目的での受験になることは否めず、選択する人は多くありません。 国税徴収法 国税徴収法は計算問題がほとんど出題されないのが特徴です。 計算問題が苦手な人や理論問題が得意な人が選択する傾向にあります。 試験範囲は多くなく勉強時間は 150時間程で、法改正も少ない法律領域なので過去問による対策もしやすい科目です。 他の選択科目とは異なる特徴を持つ科目ですが、 難易度が低くて平易な部類と言えます。 資格 偏差値の目安 弁護士 75 医師 74 公認会計士 74 税理士 72 司法書士 72 不動産鑑定士 68 中小企業診断士 63 社労士 62 行政書士 60 FP1級 58 宅建士 56 危険物取扱者(甲種) 54 このように税理士は他の有名国家資格と比べてもかなり難しく、 格の高い資格であることが分かります。 公認会計士と税理士を比較 同じく会計業務を扱う資格として税理士と比較されることが多いのが公認会計士です。 公認会計士が税理士登録をすることは可能ですが逆はできないので、 資格としては公認会計士が上のランクになります。 また両資格は受験者層も異なり、公認会計士は大学生や専門学校生など試験勉強に集中できる人が多いのに対して、税理士は働きながら受験する人も多い資格です。 どちらも超難関資格であるものの、 しっかり勉強をしてくる受験者が多い公認会計士のほうが難易度はやや高いと言えるでしょう。 社労士と税理士を比較 合格までにかかる期間が 社労士は1~3年なのに対して 税理士は5年以上かかることも珍しくありません。 必要な勉強時間も社労士は1000時間程ですが税理士は全5科目で3000時間以上になります。 試験形式もマークシート方式の社労士とは違って税理士試験は記述式です。 税理士のほうがより深い理解・知識が必要とされるので、 社労士よりも圧倒的に難易度が高いと言えます。 中小企業診断士と税理士を比較 中小企業診断士には受験資格がなく、合格に必要な勉強時間は1000時間程です。 受験資格があって合計で3000時間程の勉強が必要な税理士試験のほうが明らかに難しいことが分かります。 一次・二次試験ともに合格率が20%程の中小企業診断士も難しい資格ですが、合格率が10~15%の科目を5つもクリアしなければいけない 税理士試験のほうが中小企業診断士よりも圧倒的に難しい資格です。 税理士に独学合格はできるのか? 資格取得を目指すときの勉強法には独学・通信教育・予備校があり、予備校代などが掛からず費用を抑えられる独学は人気の勉強法です。 しかし 税理士試験では独学はおすすめできません。 その理由や予備校・通信講座の受講が一般的である点を以下で解説していきます。 独学はおすすめしない 試験の難易度や合格までにかかる勉強時間を考えれば、 税理士試験はそもそも独学でチャレンジするような資格ではありません。 独学で合格を勝ち取る人は極めて少ない資格です。 また、独学でチャレンジする人が少ないが故に、独学者向けのテキストや問題集は非常に乏しく、 目指そうにも満足に教材が揃わないというのが現実です。 目当ての科目の教材が見つからないと科目選択にも悪影響が出てきてしまうので、独学で目指すのは避けた方が良いでしょう。 今人気なのは通信講座 以前は予備校に通って勉強する人が多かったですが、今は 場所や時間を問わず勉強できる通信講座が大変人気を集めています。 また、通信講座は校舎を持たないので維持費もかからず、その分 受講料が予備校よりも圧倒的に安いです。 税理士の通信講座はどこがおすすめ? 税理士の通信講座であれば圧倒的にスタディングの税理士講座がおすすめです。 1科目あたり45,980円という破格の安さも魅力ですが、何よりスマホ学習機能が極めて優れているので、 通勤時間などの隙間時間を使って効率的に勉強することが可能です。 仕事で忙しく、日々の勉強時間がなかなか取れないという方にも非常におすすめの通信講座となっています。 この機会に是非一度チェックしてみることをおすすめします。 税理士資格を取得するメリット 税理士は難関資格なので取得は簡単ではありませんが、その分 取得した後のメリットは絶大です。 倍率の高さは税理士の魅力や将来性の裏返しであり、苦労して勉強するだけの価値がある資格と言えます。 税理士という資格は皆さんが思っている以上にメリットが大きい資格なので、以下では 税理士への求人の状況や年収、社会的地位の高さなどについて紹介していきます。 求人は空前の売り手市場 税理士試験の受験者数自体が減る中で税理士の数が減少しており、税理士業界が人手不足の状態に陥っています。 そのため 税理士への求人は空前の売り手市場です。 近年は税理士法人の設立数も増えているので、 税理士資格取得者だけでなく科目合格者でも就職や転職で有利になります。 毎年行われる税制改正への対応に追われる企業や個人を支える重要な役割を果たすのが税理士であり、近年では消費税の大改正も行われて税理士が活躍する場がますます増えている状況です。 独立すれば年収数千万も狙える 税理士の平均年収は1000万円以上となっています。 これは日本人の平均年収よりも相当高い金額であり、 平均年収が600万円台とされる社労士や行政書士などの他士業と比べても非常に高い年収です。 勤務型税理士であっても十分に高い水準の年収を期待できますし、独立すれば飛躍的に年収をアップさせることもできます。 開業税理士だと平均年収3000万円とも言われているので、 税理士は頑張って勉強して取得する価値があることは間違いありません。 社会的地位も極めて高い 士業の中には知名度が低いために仕事を獲る時に苦労する職業もありますが、 税理士は誰もが知っていて知名度も抜群の士業です。 企業経営者や自営業者が最も信頼している相談相手として税理士を挙げることも多く、社会的地位も高くて顧問先から非常に頼りにされる存在でもあります。 税理士資格は合格までに5年以上かかることも多くて簡単には取得できませんが、魅力の大きさを考えれば それだけの時間と労力をかけるだけの価値がある資格です。

次の