ベニー ユキーデ。 ベニー・ユキーデに夢中になっていたあの頃・・・

スパルタンX 〈日本語吹替収録版〉 [DVD]

ベニー ユキーデ

マーシャルアーツ(ml )とは、幻のである。 概要 元々はの「 武芸」をそのまま英訳した言葉である。 広義的には全般を表すが、その由来からか東洋の「、」と結び付けられることが多い。 の流や格闘を表す言葉ではなく、厳密には「マーシャルアーツ」というは存在しない。 マーシャルアーティスト「ベニー・ユキーデ」 に「マーシャルアーツ」という言葉が広まった切っ掛けは、格闘ベニー・ユデ(でと戦った人)の発言である。 私は(直接打撃制)で戦う()だ。 「の協会から分離した協会」という出自がしにくかったせいなのか「マーシャルアーツ」という独自の流の使い手と誤解され、このを受けて 「本マーシャルアーツ連盟」が発足。 特徴的な姿と共に、式は 「マーシャルアーツ」として認知され、をはじめとしたのとしても用いられた。 さらに劇画でありーターでもあった一騎によって、この誤解は助長されていく。 マーシャルアーツとはが使う格闘術である 「東洋のがの格闘術に取り入れられている」という状況を拡大解釈した結果 「マーシャルアーツとは軍隊を表す」という逆転の解釈が広まってしまう。 これらのを受けた世代がの開発に関わったことで「マーシャルアーツ」は定義も内容も不明確なまま、使い手を増やしていくことになる。 格闘エクササイズとしてのマーシャルアーツ 「リーボック・マーシャルアーツ」というの動きを導入したエクが切っ掛けとなり、マーシャルアーツの名を冠した系エクが多数作り出され、転じて格闘エクの事をマーシャルアーツと呼ぶ向きもあるが、これも厳密には誤りである。 「リーボック・マーシャルアーツ」は単に「リーボック流」という固有名詞に過ぎない。 クトゥルフ神話TRPGにおけるマーシャルアーツ は「MA」で、で2倍のを与える技である。 である「」は別扱いの技として存在しており、併用や混合はできない。 「MA」は素手での術全般を示す漠然とした「格闘術の心得」を表すのに対して「」はより詳細なを示し、必ず「東洋の、」である必要性はなく、詳細なであればやような西洋も「」として扱うらしい。 悪魔城ドラキュラシリーズにおけるマーシャルアーツ 初出は『』で、入によって飛び膝蹴りを繰り出す技。 『』では、入で繰り出す体術の総称として扱われている。 最も種類が多いのはだが、色んな意味で実用的なのはウスの「」だろう。 のル(守護を呼び出して)もマーシャルアーツ扱いとなっている。 エクストリームマーシャルアーツ は「」で、の演武を流としたの一種。 を謳っているが技術としてのではなく、 対戦を前提としない演舞を的とした競技であり、厳密にはどころかと呼べるかどうかも疑問が残る。 弁護士法人マーシャルアーツ 総合格闘でありでもあるにより設立された。 「マーシャルアーツ」も同時にしており「マーシャルアーツ 」というの特訓を一般向けにしたを行うがある。 格闘ゲームにおけるマーシャルアーツの使い手 には古くからマーシャルアーツの使い手が点在しているが、前述の通り定義そのものが曖昧であるため内容も千差万別である。 以下に代表的なものをいくつか例に挙げる。 飛龍の拳 『』にはマーシャルアーツの使い手が多数登場する。 特徴的な姿は踏襲しているが、がだったりロープの上で綱渡りしてからのットだったり、初代版『北少 』では虎柄のだったりとのを強く受けている。 ジョー 初代『』の敵。 『』のとは関係。 裏マーシャルアーツ界のプという肩書きだが、上半身裸にい長という出で立ちや得意技がローットという点はベニー・ユデ自身のが見られる。 テリー・ボガードとダック・キング 共に初代『』から登場しているマーシャルアーツの使い手。 は流喧殺法との、はの要素を加えており独自性が強い。 とはを修めているので「東洋」と解釈もでき、版では「」と直訳されている。 ディージェイ 『』から登場した。 マーシャルアーツを使う格闘をしてされており、姿でローットを得意技とするなど往年のを踏襲しているが、によれば格闘はとなっている。 ソドム 『』出身の。 『』に出演した際、でを積み「・マーシャルアーツ」なる独自のを体得。 格闘はほぼでありながら「で体得した」という言葉の意味だけは忠実。 マーシャル・ロウとフォレスト・ロウ 『』の。 マーシャルアーツの達人という触れ込みであるが、この場合は自身の名を冠した「流」とのミーニングである。 格闘は自身のであるのが見られる。 その他の軍人キャラ が使う格闘術という説明をに受けて、軍人の代名詞としてマーシャルアーツを格闘にしている例は多い。 定義は不明確なままなので、内容も見事にである。 中には『』の・のようにが顧問であることが明確な場合もある。 大百科に記事のある使い手一覧 実在の人物• 架空の人物 キックボクサー• 軍人・軍関係者• 悪魔城ドラキュラ• その他• - で体得した• - に近いが設定上を含む• - 様々な• - はに近い 関連動画 関連項目•

次の

マーシャルアーツとは (マーシャルアーツとは) [単語記事]

ベニー ユキーデ

この映画を題材としたコンピュータゲームについては「」をご覧ください。 主演、監督作品。 この節のが望まれています。 スペインのバルセロナ。 パン屋の2階に下宿する、カンフーの達人トーマス(ジャッキー・チェン)といとこのデヴィッド(ユン・ピョウ)は、街の公園広場に移動販売車"スパルタン号"を停めファーストフード店を営んでいた。 そんな2人のもとにある日、怪しい男たちに追われる謎の美女シルヴィア(ローラ・フォルネル)が助けを求めて逃げ込んでくる。 友人のヘボ探偵モビー(サモ・ハン・キンポー)の手を借り、実はシルヴィアが伯爵の娘で、彼女の遺産を狙う伯爵の弟が一味の黒幕だと知ったトーマスたち。 だが度重なる激しい襲撃に、ついにシルヴィアがさらわれてしまう。 3人は彼女を助けるため、最強の戦闘集団と壮絶な肉弾戦を繰り広げる。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語版1 日本語版2 トーマス デヴィッド モビー シルヴィア ローラ・フォルネル デヴィッドの父 ポール・チャン モンデール伯爵 ペペ・サンチョ 伯爵家の執事 ハーバード・エデルマン アメリカン・ギャング フレンチ・ギャング キース・ヴィタリ マット ディノ ジョセフ・ルイス・フォノル 患者 患者 ジョン・シャム• 日本語版1 - 初放送1987年1月10日 『』(BD収録)演出:壺井正、翻訳:、調整:飯塚秀保、効果:スリーサウンド、制作:グロービジョン、解説:• 監督:サモ・ハン・キンポー• 脚本:エドワード・タン、ジョニー・リー• 製作:レナード・ホー• 製作総指揮:レイモンド・チョウ• 武術指導:マース、ベニー・ライ、チン・カーロック、ダニー・チョウ、カー・リー• 製作会社:ゴールデン・ハーベスト、嘉峰電影 日本公開版 [ ] 東宝東和が配給した日本公開版は、英語音声にキース・モリソン()の日本オリジナル曲、及び主題歌「SPARTAN X」を編入し、エンドタイトルロールにもNGシーンが流れる独自仕様で公開された。 このバージョンは初ビデオ化となった東和ビデオ・LD版にも使用されていたが、東和の権利が消滅した後、ポニーキャニオン再発売ビデオ版(及びTV放送版)から以後発売されたソフトは、主に広東語オリジナル音源の香港版が収録されるようになっていた。 その後、2012年にパラマウントから発売されたブルーレイソフトに、日本公開版と同じ英語音声(スパイク版と同じ)と、その英語音声を元にした新録版の日本語吹き替えを収録。 更に、映像特典としてEDにNGシーンが流れる日本公開版を復刻収録(東和LDからダビング収録)され、「SPARTAN X」の流れるバージョンが再び日本の正規ソフトとして発売されるに至った。 2012年版ではあくまで特典扱いだったためか復刻といいながらタイトル及びEDのみの差し替えだった日本公開版が本当の公開時のままの状態でHD収録されている。 SPARTAN X 日本版主題歌はのの入場テーマ曲として知られていた。 所属時代から20年近く使用し、全日本時代は原曲のまま使用していたが、2000年8月の旗揚げ時から2009年2月までは前奏にピアノの旋律を加えてアレンジしたものを使用し、2009年3月には新たなバージョンを使用していた。 また、1980年代中盤にはの入場テーマ曲としても使用されていた。 ・ではチャンステーマとして使用されており、高校野球においてもヒッティングマーチに採用する高校も存在する。 作品解説 [ ]• 撮影はスペインのバルセロナを中心に、ヨーロッパでのオールロケで行われ、半年の期間を要した。 しかし2ヶ月間滞在してから撮影を開始したため、実質の撮影期間は4ヶ月間だった。 主演のジャッキー・チェンはバルセロナに5ヶ月間滞在した。 ユン・ピョウは本作で初めてスケートボードに乗ることになり、撮影の合間に日本人コーチから指導を受けた。 ペペ・サンチョ扮する伯爵のフェンシング対決ではユン・ピョウがスタントを務めた。 カーチェイスシーンは「」シリーズにも出演したカースタント専門のドライバーをヨーロッパ中から召集した。 当初、本作の英語のタイトルは「Meals On Wheels」だったが、配給ゴールデン・ハーベストの『Megaforce(メガフォース)』と『Menage A Trios』が失敗に終わったばかりで、両作どちらもタイトルが「M」で始まっていたため、縁起を担いで"Meals"と"Wheels"を逆にして「Wheels On Meals」とした。 当時のジャッキーは1980年頃から愛用しているのマジックテープ式スニーカーを履くことが多かった。 この靴を含む数足を、このときも香港から持ちこんでいる。 本作の撮影中、ジャッキーは20足前後の靴に囲まれて生活していたのだった。 本作はジャッキー・チェンの作品舞台が香港を離れた海外進出第一弾の作品でもある。 1985年の香港映画賞 Hong Kong Film Award にて「優秀アクション振付賞」にノミネートされた。 ビデオゲーム版 [ ]• アーケードゲーム に稼働開始した、の横スクロールアクションゲーム。 に版が発売。 スパイクから発売されたDVDには、英語音声が収録されたが、元となる映像は香港版のためEDのNGシーンは無い。 サモ・ハン・キンポーのインタビューより。 「作品余話『この頃ジャッキーは…』」『ジャッキー・チェン DVDコレクション 第3号』〈デアゴスティーニ・ジャパン〉、2014年4月1日、5頁。 2020年6月13日閲覧。 2020年6月13日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の

藤原敏男

ベニー ユキーデ

この映画を題材としたコンピュータゲームについては「」をご覧ください。 主演、監督作品。 この節のが望まれています。 スペインのバルセロナ。 パン屋の2階に下宿する、カンフーの達人トーマス(ジャッキー・チェン)といとこのデヴィッド(ユン・ピョウ)は、街の公園広場に移動販売車"スパルタン号"を停めファーストフード店を営んでいた。 そんな2人のもとにある日、怪しい男たちに追われる謎の美女シルヴィア(ローラ・フォルネル)が助けを求めて逃げ込んでくる。 友人のヘボ探偵モビー(サモ・ハン・キンポー)の手を借り、実はシルヴィアが伯爵の娘で、彼女の遺産を狙う伯爵の弟が一味の黒幕だと知ったトーマスたち。 だが度重なる激しい襲撃に、ついにシルヴィアがさらわれてしまう。 3人は彼女を助けるため、最強の戦闘集団と壮絶な肉弾戦を繰り広げる。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語版1 日本語版2 トーマス デヴィッド モビー シルヴィア ローラ・フォルネル デヴィッドの父 ポール・チャン モンデール伯爵 ペペ・サンチョ 伯爵家の執事 ハーバード・エデルマン アメリカン・ギャング フレンチ・ギャング キース・ヴィタリ マット ディノ ジョセフ・ルイス・フォノル 患者 患者 ジョン・シャム• 日本語版1 - 初放送1987年1月10日 『』(BD収録)演出:壺井正、翻訳:、調整:飯塚秀保、効果:スリーサウンド、制作:グロービジョン、解説:• 監督:サモ・ハン・キンポー• 脚本:エドワード・タン、ジョニー・リー• 製作:レナード・ホー• 製作総指揮:レイモンド・チョウ• 武術指導:マース、ベニー・ライ、チン・カーロック、ダニー・チョウ、カー・リー• 製作会社:ゴールデン・ハーベスト、嘉峰電影 日本公開版 [ ] 東宝東和が配給した日本公開版は、英語音声にキース・モリソン()の日本オリジナル曲、及び主題歌「SPARTAN X」を編入し、エンドタイトルロールにもNGシーンが流れる独自仕様で公開された。 このバージョンは初ビデオ化となった東和ビデオ・LD版にも使用されていたが、東和の権利が消滅した後、ポニーキャニオン再発売ビデオ版(及びTV放送版)から以後発売されたソフトは、主に広東語オリジナル音源の香港版が収録されるようになっていた。 その後、2012年にパラマウントから発売されたブルーレイソフトに、日本公開版と同じ英語音声(スパイク版と同じ)と、その英語音声を元にした新録版の日本語吹き替えを収録。 更に、映像特典としてEDにNGシーンが流れる日本公開版を復刻収録(東和LDからダビング収録)され、「SPARTAN X」の流れるバージョンが再び日本の正規ソフトとして発売されるに至った。 2012年版ではあくまで特典扱いだったためか復刻といいながらタイトル及びEDのみの差し替えだった日本公開版が本当の公開時のままの状態でHD収録されている。 SPARTAN X 日本版主題歌はのの入場テーマ曲として知られていた。 所属時代から20年近く使用し、全日本時代は原曲のまま使用していたが、2000年8月の旗揚げ時から2009年2月までは前奏にピアノの旋律を加えてアレンジしたものを使用し、2009年3月には新たなバージョンを使用していた。 また、1980年代中盤にはの入場テーマ曲としても使用されていた。 ・ではチャンステーマとして使用されており、高校野球においてもヒッティングマーチに採用する高校も存在する。 作品解説 [ ]• 撮影はスペインのバルセロナを中心に、ヨーロッパでのオールロケで行われ、半年の期間を要した。 しかし2ヶ月間滞在してから撮影を開始したため、実質の撮影期間は4ヶ月間だった。 主演のジャッキー・チェンはバルセロナに5ヶ月間滞在した。 ユン・ピョウは本作で初めてスケートボードに乗ることになり、撮影の合間に日本人コーチから指導を受けた。 ペペ・サンチョ扮する伯爵のフェンシング対決ではユン・ピョウがスタントを務めた。 カーチェイスシーンは「」シリーズにも出演したカースタント専門のドライバーをヨーロッパ中から召集した。 当初、本作の英語のタイトルは「Meals On Wheels」だったが、配給ゴールデン・ハーベストの『Megaforce(メガフォース)』と『Menage A Trios』が失敗に終わったばかりで、両作どちらもタイトルが「M」で始まっていたため、縁起を担いで"Meals"と"Wheels"を逆にして「Wheels On Meals」とした。 当時のジャッキーは1980年頃から愛用しているのマジックテープ式スニーカーを履くことが多かった。 この靴を含む数足を、このときも香港から持ちこんでいる。 本作の撮影中、ジャッキーは20足前後の靴に囲まれて生活していたのだった。 本作はジャッキー・チェンの作品舞台が香港を離れた海外進出第一弾の作品でもある。 1985年の香港映画賞 Hong Kong Film Award にて「優秀アクション振付賞」にノミネートされた。 ビデオゲーム版 [ ]• アーケードゲーム に稼働開始した、の横スクロールアクションゲーム。 に版が発売。 スパイクから発売されたDVDには、英語音声が収録されたが、元となる映像は香港版のためEDのNGシーンは無い。 サモ・ハン・キンポーのインタビューより。 「作品余話『この頃ジャッキーは…』」『ジャッキー・チェン DVDコレクション 第3号』〈デアゴスティーニ・ジャパン〉、2014年4月1日、5頁。 2020年6月13日閲覧。 2020年6月13日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の