フィリピン コロナ ウイルス 対応。 フィリピン新型コロナウイルス感染症対策規制緩和へ 現在の状況

【6月17日更新】【フィリピン】新型コロナウイルスのフィリピン政府の対応

フィリピン コロナ ウイルス 対応

フィリピン、マニラのマカティに住んでいるうさみ()です! セブ留学を終えてマニラに帰ってきました。 マニラに帰ってきて感じるのは、• 人通りの少なさ• マスク使用率の高さ• 街全体がシーンと静まり返っていること です。 詳しくはそれぞれ下記にまとめています。 中国以外の国で死者が出るのはフィリピンが初なんだとか。 でも、フィリピンは日本と比較すると新型コロナウイルスに対してかなり迅速な対応をとっています。 今回は フィリピン政府による新型コロナウイルスの対応と、フィリピン人たちの反応をマニラからレポートします。 とばし読みはこちら• フィリピンの新型コロナウイルスへの対策が超迅速な件 今回、中国以外で初の新型コロナウイルスの死亡例となってしまったフィリピン。 フィリピン政府は 今回の事態を受けて、フィリピンの大統領府は2日、香港、マカオを含む中国から訪れる人について、フィリピン国民と永住権を持つ人以外の入国を禁止する措置を発表しました。 と、迅速に対応。 これまでも、武漢からの観光客を送り返したり、湖北省から訪れる中国人の入国禁止を決めたと発表したりと、かなり厳しい対応をしていました。 今回は国籍関係なく中国からの入国禁止(フィリピン人を除く)。 今までの対応を上回る迅速かつかなり厳しい対応です。 それだけ新型コロナウイルスがいかに脅威であるかというのも伝わってきます。 Cebu Pacificは中国発フィリピン行き飛行機を欠航 February 1, 2020 12:05pm Cebu Pacific on Saturday announced the cancellation of all flights to and from mainland China in light of the first confirmed case of Wuhan City novel coronavirus in the Philippines. In an advisory, Cebu Pacific said it will be cancelling all flights between the Philippines and mainland China —Beijing, Shanghai, Xiamen, Guangzhou, Shenzhen —from February 2 to March 29, 2020. 引用元: フィリピンのLCC航空会社として有名なセブ・パシフィック。 コンドミニアムの管理局も独自ルールで対策 うさみが住んでいるマニラ・マカティのコンドミニアムも独自にルールを設け新型コロナウイルスの対策をしていました。 この書類によると• 海外からの新規入居者• 海外へ一時帰国していたもの(特に10〜15日以上滞在していた) は、• 医療従事者からの診断書 (ウィルスに感染してません。 日付付き) という書類の提出が必要とのことです。 おじさんはうさみが日本人というのは知っています。 そのくらい徹底しています。 うさみ、今回セブから帰ったのでセーフでしたが、もし日本に一時帰国したらこの家に入れないんじゃなかいとヒヤヒヤしています。 ただしホテルによって異なるので事前に確認が必要かと思います。 フィリピンの今の街の様子 今回、セブからマニラに戻ってきたうさみ。 マカティの街はいつもにましてシーンと静まり返っている気がします。 そして、通行人のマスク使用率もめっちゃ高い!9割の人はマスクを使っている印象です。 やめとけ — シンさん🇵🇭3月はドゥマゲテ EnglishHub1 消えたマスク わざわざ手書きでALLを書き足す理由がわからん😛 — モト ボサツさん@子供と成長中 motobosa02 実は1月12日にタガイタイにある火山が噴火したフィリピン。 マニラ方面では火山灰の影響を受け、マスクが飛ぶように売れました。 もちろんその時点で品薄状態。 今回は新型コロナウイルスの対策として、さらにマスクへの需要が高まりどこへいってもマスクが手に入らないという状態に陥ってしまいました。 今後の動向に注目 もし、フィリピンで新型コロナウイルスが広まってしまったら…と考えるとなかなか怖い気がします。 貧困層の人は病院へ行けない• 人口密度が高く感染しやすいのでは• 地方へ行くと大きな病院がないため医療が心配 などという懸念があります。 日本大使館からは (1)手洗いを励行する。 (2)農場や野生の動物に無防備に接触しない。 (3)咳をする際にはティッシュ等で口周りを覆う (4)風邪やインフルエンザ様の症状がある人物との濃厚接触を避ける。 (5)食物の加熱調理を徹底する。

次の

【速報・フィリピン】新型コロナウイルス感染拡大対策「強化されたコミュニティ隔離」に対応したSEC・BIRへの提出期限の変更

フィリピン コロナ ウイルス 対応

日本:18,024名• フィリピン:32,295名 フィリピンの新型コロナウイルス感染者数の詳細 下記にフィリピンで新型コロナウイリスを発症した方の情報を後悔します。 動画でも解説しています• 手洗いを徹底する• うがいをする• 人混みを避ける• 外出を控える• 普段の健康管理をする• マスクをする コロナウイルスは感染者の咳やくしゃみと一緒に放出され、他者が菌を吸い込んで感染すると言われています。 コロナウイルスに限らずですが、風邪の症状がある人は、他者にも配慮してマスクをするなどしてください。 万が一の時に備えておこう コロナウイルスが落ち着いた後、海外旅行・留学に行く予定のある方は今のうちに用意しておきましょう。 海外でコロナウイルス以外の感染症になって、現地で病院に掛かり入院となっても、高額な医療費が掛かってしまいます。 そのため、渡航前に必ず海外保険に加入する必要があります。 オススメの海外保険はクレジットカード付帯の海外保険です。 クレカ付帯の海外保険は、0円で90日間無料で保険に加入できます。 1円もお金が掛からないので、加入しない理由がないですね。 しかも、現在、期間限定でエポスカードを発行すると2000円相当の2000ポイントも付与されます。 無料で海外保険に入れて、無料で2000円貰えるのは控えめに言って最高ですね。 キャンペーンは予告なく終了するので、今すぐ作っておきましょう。 フィリピン封鎖について セブ島3月15日〜5月31日まで完全封鎖されました。

次の

フィリピンのコロナウィルス対策。春休みにセブ島に行く方へ。

フィリピン コロナ ウイルス 対応

【本文】 1(1)5月13日,ロケ大統領報道官等は,前日(5月12日)の記者会見において5月15日以降コミュニティ隔離の解除を行うとした地域について,すべての地域を「修正を加えた一般的コミュニティ隔離(MGCQ)」に修正すると発表しました。 MGCQのガイドラインは,後日発表するとのことです。 なお,前日(5月12日)の記者会見において「修正を加えた強化されたコミュニティ隔離措置(MECQ)」を課すとした地域や,「一般的なコミュニティ隔離措置(GCQ)」を課すとした地域については,変更はありません(具体的地域は,下記日本大使館ホームページリンク先の「【感染症情報】フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について(その41:コミュニティ隔離措置の変更等)」を参照してください。 5月13日の発表により,フィリピンの全土において,当面,コミュニティ隔離が解除される地域はないこととなりました。 (2)各コミュニティ隔離措置の違いや,MECQ下で新たに許可された産業についての詳細は,下記リンクの13日付けロケ大統領報道官の記者会見や,今後のフィリピン政府の発表をご確認ください。 なお,13日の説明の中では,各コミュニティ隔離措置の行動,交通機関について,例えば,次のような事例の説明がありました。 ただし,実際の規制の運用などが明らかでない部分や,各地方行政機関による措置などもありますので,在留邦人及び短期渡航者の皆様におかれては,滞在されている地域の地方行政機関の条例,指示等に従って,トラブルを避けるよう努めてください(フィリピン国家警察は,コミュニティ隔離措置に伴う各種規制の違反者に対する取締を行っており,違反者は警告なしに逮捕されるおそれがあります。 (参考:事例の説明) ア 修正を加えた強化されたコミュニティ隔離措置(MECQ) (ア)原則自宅待機。 一部の外での運動(外での散歩・ジョギング・バイク等)はマスク着用・一定距離確保等の安全規則を守った上で行うことが可能。 (イ)公共交通機関は引き続き運休,国内便も原則禁止。 (ウ)許可された産業の従業員が私用車(1列2人まで)・自転車・バイク・Eスクーターで移動することは許可。 イ 一般的コミュニティ隔離(GCQ) (ア)接触の少ないスポーツ(ゴルフ・テニス)が可能。 (イ)厳格な防疫措置をとった上で公共交通機関も運行を再開,GCQとGCQの間の移動は可能。 2 5月13日現在,主な航空便の運航予定は次のとおりです。 (1)日本航空:マニラ発成田行き直行便の運航予定 JL742(14:25発):5月16日まで火曜日・土曜日に運航。 5月17日から5月末までは火曜日に運航。 (2)全日空:マニラ発羽田行き直行便の運航予定 NH870(14:40発):5月末まで月曜日・水曜日・金曜日に運航 (3)フィリピン航空:国際線・国内線ともに,マニラ,セブ,クラーク空港を発着する定期便は5月31日まで欠航。 ダバオ空港発着便については就航の可能性を検討中。 (4)セブパシフィック航空:国際線・国内線ともに5月31日まで定期便を欠航。 (5)最新の運航情報及び詳細については,下記リンクを含む各航空会社のウェブサイト等でご確認ください。 3 在留邦人及び短期渡航者の皆様におかれては,感染予防に万全を期すとともに,上記コミュニティ隔離措置や航空便に係る情報のほか,感染状況,医療事情,出入国に係る規制(検疫措置を含む。 )等に関する最新情報にも引き続き注意してください。 ) (観光省フェイスブック) (注:営業中のホテル等についての情報も掲載されています。 Zone Building, J. Cardinal Rosales Ave. ,Cebu Business Park,Cebu City 電話:(市外局番032)231-7321 FAX:(市外局番032)231-6843.

次の