尿 潜血 2 原因。 蛋白尿の症状と原因!治療法は?改善するには食事が重要?!

蛋白尿の症状と原因!治療法は?改善するには食事が重要?!

尿 潜血 2 原因

採尿コップで尿を採取します 腎臓で作られる「尿」。 腎臓は一種のろ過装置のようなもので、身体にとって不要なものを排出し、必要なものが体外に出ていかないように働いています。 腎臓で作られた尿は、尿管を通っていったん膀胱に溜まり、最後に尿道を通って体外に出されます。 赤血球は身体にとって必要なものですので、腎臓に問題がなければ、尿中に赤血球が見られることはほとんどありません。 尿を400倍の顕微鏡で確認したとき、顕微鏡で見える範囲にある赤血球が5個以下であれば、正常です。 しかし、20個以上の赤血球が見られる場合、「顕微鏡的血尿」と言います。 この肉眼ではわからない顕微鏡的血尿の場合、腎・尿路疾患を呈するものは2. 3%、さらに尿路悪性腫瘍の割合は0. 5%程度であると報告されています。 検尿の場合は顕微鏡ではなく試験紙で検査することが多いですが、試験紙で陽性になった場合も同じく顕微鏡的血尿と診断されます。 顕微鏡的血尿は、見た目はごく普通の黄色の尿です。 そのため、検診、健康診断などで発見されます。 一方、見た目で赤さがわかるレベルの血尿を「肉眼的血尿」と言います。 病院を受診される方の多くは、見た目でわかる血尿が出たことで受診される方が多いですので、以下では肉眼的血尿のことを血尿として、その原因と対策について説明したいと思います。 <目次>• 血尿・尿潜血の原因…腎臓・膀胱の病気などの他、疲れやストレスでも 血尿の原因は、腎臓、尿管、膀胱、尿道のいずれかにあることが多いです。 しかし血小板が下がってしまう血液の病気などで出血傾向のある場合にも、血尿が出てくることがあります。 これは、疲れやストレスのみが直接的な原因になって血尿が起こるというよりも、疲れやストレスによって膀胱炎などの感染症になりやすくなったり、もともとの腎炎が悪化しやすくなったり、尿路結石になったり……ということで、血尿が出るものと考えられます。 また、激しい運動したときには顕微鏡的血尿や血液の成分が多く見られるヘモグロビン尿が起こってきます。 ヘモグロビン尿は赤褐色で、試験紙でも血尿反応が陽性になります。 また、尿道と膣は非常に近いので、女性の場合は生理中に尿に膣からの赤血球が混じってしまい、血尿のようにになってしまうこともあるようです。 そのため、月経中の検尿検査で血尿の有無を検査するのは困難です。 検尿検査時には月経中であることを医療機関に伝え、指示に従って検査を受けるようにしましょう。 血尿・尿潜血が出た場合に病院は何科を受診すべきか 大人であれば、まずは泌尿器科に受診するのがよいでしょう。 ただし、足に内出血が見られたり、発熱があったり、倦怠感が強い場合は、内科的な病気の可能性が高くなります。 このような場合、泌尿器科ではなく内科を受診しましょう。 子どもの場合は腎炎の可能性もあるので、まずは小児科に受診した方がよいでしょう。 尿路結石は私自身も経験がありますが、ひどい痛みで、背中にも痛みが出ます。 胃腸炎の腹痛とは違う痛みです。 また、排尿するときに痛みがあるときには、膀胱炎の可能性があります。 特に、注意が必要なのが、腎がん、腎盂がん、尿管がん、膀胱がん、前立腺がんなどの悪性腫瘍です。 こうした悪性腫瘍は、高齢者に注意が必要ですが、若い人の場合は進行が早いので、早期発見が重要です。 血尿・尿潜血の色の目安 尿に含まれる赤血球の量によって色が異なります。 血液は約半分が赤血球。 尿の中で半分以上赤血球を含むような場合、尿はほぼ血液と同じ赤さになります。 1%で肌色、0. 3%で薄い赤でピンク色に近く、1%で赤く見えます。 10%でやや赤黒く見えます。 つまり、血尿の色でその血液量が推定されます。 血尿の色が血液と見間違えるほど赤い場合は、尿より血液の方が含まれる量が多いことになりますので、外傷による損傷や悪性腫瘍の進行によるかなりの出血が疑われます。 検尿の方法は……採尿の仕方・血尿時の再検査 検尿を受ける場合の採尿の方法ですが、まずは最初の尿は捨てて、「中間尿」を採取するのが望ましいです。 排尿前は激しい運動を避けます。 できれば、尿道口は清潔した方がよいです。 排尿後の尿をできるだけ早期に検査します。 提出した尿で、病院で試験紙と遠心機を使い、沈んだ部分にある細胞などを顕微鏡で検査する尿沈渣が行われます。 検尿で血尿が確認された場合は、尿培養検査、腹部超音波検査、腹部CT、腹部MRI、膀胱鏡、さらに血液検査で腫瘍マーカーの検査等を状況にあわせて受けることになります。 もしも慢性腎炎が疑われるような場合は、血液検査で腎機能および免疫に関わるタンパク質である補体、免疫グロブリンを測定し、最終診断は、皮膚から針を刺して腎臓の組織を一部採取する「腎生検」を行って確定します。 乳幼児の場合は、腎盂腎炎、膀胱炎などの尿路感染症が多く、腎奇形による血尿が見られることもあります。 おむつについた尿が赤いという訴えで受診されることが多いです。 ただし、おむつについた尿がオレンジ~ピンク色の場合は、尿酸が結晶化した尿酸塩尿の可能性が高いですので、確認するためには検尿で血尿でないことを確認します。 子どもに多い腎芽腫にも注意が必要です。 血尿だけでなく、蛋白尿が見られる場合は、慢性腎炎がないかどうか検査します。 学校では年に1回定期的な検尿検査が行われます。 急性糸球体腎炎が起こることもあり、蛋白尿、尿量不足、身体の浮腫、急に体重が増えた場合に可能性があります。 アレルギー性紫斑病と呼ばれる病気の時に血尿が見られます。 尿路結石も起こる年齢でもあります。 年齢が高くなれば、膀胱がん、腎がんなどの悪性腫瘍の可能性が高くなり、血尿と性器出血と判りにくいこともあり、性器出血であれば、子宮がんなどの女性特有の臓器のがんの可能性もあります。 女性でも尿路結石があります。 血尿は、無症状なこともありますが、大きな病気が隠れていることもあります。 気になることがあれば、子どもは小児科に、大人は泌尿器科に相談しましょう。 【関連記事】•

次の

小児に起こる血尿の原因ー尿の色でわかる病気とは?

尿 潜血 2 原因

はじめに 国内の慢性透析患者数は増加の一途をたどっており、2015年12月の時点で32万4000人を超えています1。 透析が必要になる末期腎不全への進展を阻止するためには、腎臓の異常を早期に発見することが大切です。 そのために母子保健法、1歳6ヶ月健康診査、学校保健法、労働安全衛生法、老人保健法などに基づいて検尿が行われています。 検尿は簡単な検査ですが、将来の腎不全の発症を占う上で非常に重要な検査です。 ところで、みなさんは検尿の検査結果について、正しい知識を持っていますか? 検尿の異常があっても、体の異常を自覚することは実は少ないのです。 潜血や蛋白尿が出ていても、「また来年異常が出たら、その時調べよう」という風になっていませんか? 今回は検尿、特に尿潜血や蛋白尿の意義、それらが陽性になった時にするべきことなどについてお話ししたいと思います。 腎臓の働き 腎臓の機能が正常である場合、尿素、クレアチニン、尿酸など体の老廃物を尿中に排泄し、それらの体内での濃度を一定に保ってくれます。 また、水分や塩分などのバランスの適正化も担っています。 尿酸が蓄積すれば人によっては痛風発作という形で現れ、水分や塩分の排泄がうまくいかなければ、むくみという形で現れることになります。 また、腎臓は体内で働く様々なホルモンの産生や活性化を担っており、これらは全身の臓器に作用しています。 つまり、腎臓は全身のバランスを整えており、その機能の低下により全身に様々な障害を起こしうる臓器ということになります。 高血圧症や糖尿病、膠原病などの病気がある場合、前述の糸球体やその他腎臓の組織へダメージを与えてしまいます。 その結果、将来透析が必要になるような腎機能の低下をきたすこともあります。 そのような異常を検出するために検尿、とりわけ尿潜血や蛋白尿の有無を確認することが重要になります。 尿潜血・蛋白尿とは? ところで尿潜血や蛋白尿とはなんでしょうか? 尿潜血とは、血液中の赤血球が尿中に出てしまっている状態のことを指します。 赤血球は、血液中の血球成分であり、赤い色調で血液が赤いことの理由にもなっている物質です。 出血などで血液中の赤血球が減ってしまうと貧血を呈することがあります。 その赤血球が尿中に出ているのですが、通常これが持続的に尿中へ出ることはありません。 それは前述した腎臓にあるろ紙のような糸球体でこし取られるためです。 糸球体の構造が壊れて赤血球が尿中へ流出してしまったり、糸球体を通過した尿になんらかの原因で赤血球が混じることで生じます。 蛋白尿とは、血液中の様々な蛋白質が尿中へ出ている状態のことを指します。 蛋白質は体内では色々な働きをしています。 血管内に血液が充満することを助けたり、ホルモンとして体の様々な臓器へ働きかけたり、細胞の中で情報伝達を担ったりと、蛋白質なしでは人間が通常の生命活動を行うことは不可能と言っていいでしょう。 この蛋白質が尿中へ出てしまっているのですが、これも前述の糸球体の働きにより通常持続的に出ることはありません。 尿潜血・蛋白尿と透析の関係は? 症状がない尿潜血が持続する場合、長期的には末期腎不全へのリスクになります2 , 3。 ただより透析が必要となるような末期腎不全と関連があるのは蛋白尿の方です。 蛋白尿が多いほど透析が必要となるリスクが高く4 、心筋梗塞や脳血管疾患などの血管合併症の発症も多くなってしまいます5。 尿潜血及び蛋白尿ですが、いずれも続く場合放っておくことは望ましくありません。 尿潜血が単独で陽性になったとき 尿潜血が陽性になる場合、まずそれが糸球体の異常による血尿なのか、それ以外の臓器からの血尿かが問題になります。 血尿の原因として以下 表1 のような病気の可能性が考えられます 非常に稀な疾患も含まれており、症状や年齢などを加味して考えなければなりません。 表1 血尿の原因疾患 腎臓 糸球体性を含む に起因 原発性・続発性糸球体腎炎 血管炎 間質性腎炎 嚢胞性腎疾患など 腎血管の異常に起因 Nutcracker現象 動静脈瘻 血栓症・塞栓症など 尿路に起因 腎盂腎炎 尿路結石 膀胱炎 前立腺炎、前立腺肥大症 腫瘍など 血液凝固異常に起因 血小板や血液凝固の異常など まず尿潜血が認められた場合、数日後に再検査を行い、一過性のものかどうかを見ます。 一過性のものであれば概ね問題はありません。 持続していた場合、それが糸球体によるものか、上記のように他の臓器由来のものかを分け、何の病気なのかをはっきりさせるために種々の検査を行っていくことになります。 ちなみに通常検尿で尿潜血が陽性になっても目で見て赤い尿であることは多くありません。 赤い尿が出た場合、膀胱腫瘍などの腎臓を出た後の尿管、膀胱、尿道など尿路に起因する疾患の可能性がやや高まるとされます。 いずれにせよ健診で尿潜血が指摘された場合は医療期間の受診が望ましいと言えます。 蛋白尿が単独で陽性、もしくは尿潜血と蛋白尿がいずれも陽性になったとき 蛋白尿が陽性なる場合、以下の疾患の可能性を考える必要があります。 表2 蛋白尿の原因疾患 病的意義のないもの 生理的蛋白尿 起立性蛋白尿など 糸球体性の蛋白尿 原発性・続発性糸球体腎炎 糖尿病性腎症など 尿細管性蛋白尿 尿細管・間質の障害 その他 ミオグロビン尿症 多発性骨髄腫など まず健診の検尿で引っかかった場合、病的意義のない生理的蛋白尿や起立性蛋白尿を除外する必要があります。 その際朝一番で取った尿を検査して、蛋白尿が持続していないことを確認できれば特に問題はありません。 問題は蛋白尿が持続している時です。 その場合、血液検査や検尿の再検を行い、上記で挙げた病気のどれに当てはまるのかを調べることになります。 前述したように持続する蛋白尿は末期腎不全の発症に強く関与するため、しっかり調べて早期に治療を行う必要があります。 治療法を判断する目的で腎臓の組織を一部取って顕微鏡で見る検査 腎生検 などを行うこともあります。 前述した通り、高度の蛋白尿が持続する場合、中等度以下の蛋白尿に比べてより早期に末期腎不全を発症する可能性が高く、早期に診断を確定して治療を開始することが重要です。 尿潜血と同様、蛋白尿が陽性になった場合も、やはり医療機関の受診が必要です。 まとめ 今回は検尿、とりわけ尿潜血と蛋白尿についてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。 何となく受診せずに放っておくのではなく、将来の透析を未然に防ぐためにも、健診で指摘された場合は一度医療機関を受診することをお勧めします。 今回のお話のポイントを下に示します。 ・慢性透析患者は増加しており、透析の必要な末期腎不全の発症を防ぐためには健診における尿潜血・蛋白尿のチェックが大切です ・持続する尿潜血や蛋白尿は、透析の必要な末期腎不全の発症リスクです ・健診で指摘された場合は、尿潜血・蛋白尿いずれも一度医療機関を受診しましょう 引用文献 1. 日本透析医学会. わが国の慢性透析療法の現況 2015年末 2. Iseki K. Kidney Int 1996; 49: 800-5. Vivante A. JAMA 2011; 306: 729-36. Iseki K. Kidney Int 2003; 63: 1468-74. Chronic Kidney Disease Prognosis Consortium. Lancet 2010; 375: 2073-81. Iseki K Kidney Int 2003; 63: 1468-74.

次の

健康診断で潜血(せんけつ)が出たらどうすればいいの? 尿潜血・便潜血についてのまとめ|医療保険はソニー損保

尿 潜血 2 原因

健康診断などで尿検査で潜血・蛋白の検査をしますが、どのような病気が分かるのででしょうか。 尿検査は排出された尿の中に血液や蛋白が含まれることを検査します。 ですが尿検査の検査はどこから血液が出ているのか、蛋白出ているのか分かりづらい点もあります。 尿検査で潜血や蛋白がある場合は、腎臓などの疾患がある可能性があるため注意が必要です。 尿検査には、 潜血・蛋白以外にも尿アルブミン量、尿ケトン体、尿pH、尿ビリルビン、ウロビリノーゲン、尿沈渣などの検査もあり、必要に応じて病気の原因を調査できます。 尿検査は、患者さんの負担が少なく検査でき、8人に1人が患者になっている国民病と言われる「 慢性腎臓病(CKD 」を早期発見するのに有効な検査です。 定期検査でも、尿検査は簡単にすぐ調べることが出来るので、欠かさず受診して頂きたいです。 また、尿検査は、一時的に異常値が出ることもあるため、検査異常になっても慌てずに、再検査をして頂きたいです。 ここでは、尿で検査できる検査内容、慢性腎臓病(CKD の早期発見、治療についてご紹介します。 尿潜血 尿の潜血には、赤血球が見た目で分かる血尿と見た目ではわからない潜血があります。 尿潜血は、尿の中に含まれるヘモグロビン量を試験紙て検査します。 尿には、腎臓・尿管・膀胱に異常があると、血液(赤血球)が混じることがあります。 尿潜血検査は、尿中の赤血球を検出する検査です。 検査名 基準値 基準値を外れた時の疑われる病気 尿潜血 陰性 腎炎、尿路結石、尿路感染症(膀胱炎など)、ヘモグロビン尿、薬剤の影響など 尿潜血では、ビタミンCサプリの飲み過ぎや、発熱、激しい運動後では、検査が陽性になることがあります。 また女性は生理中に血液が尿に混じることがあるので注意です。 尿潜血の検査だけでは病気を判定できないことが多いので、他の検査で再検査することが多いです。 尿蛋白 尿蛋白とは、血液中に含まれるタンパク質が腎臓の糸球体(しきゅうたい)・尿細管でうまく濾過・吸収できず、タンパク質が漏れだしている状態を検査します。 血液中には生命を維持するためのタンパク質が大量に流れており、その一部が腎臓や尿管の以上により、一部のタンパク質が尿に混じるのです。 また、一時的にタンパク量が多くなる生理的たんぱく尿もあり、一度の検査で尿蛋白が陽性でも再検査をすることおすすめします。 そこで、血液中の成分である血漿(けっしょう)に由来するアルブミンというタンパク質が尿に混じっているかを検査することで、より正確に腎臓・尿管などの問題を調べられます。 糖尿病の患者さんには、糖尿病腎炎になっていないかなどの検査でよく使われる検査です。 腎障害の検査には、eGFR、クレアチン(Cr 検査などと一緒に検査することもあります。 尿ケトン体 ケトン体とは、肝臓で作られる物質でインスリンの作用が低下すると、血液中にケトン体が増え、尿にケトン体が排出されます。 ブドウ糖の供給が不足したり、高血糖で糖代謝が異常になると肝臓でケトン体の生産が増加します。 検査名 基準値 基準値を外れた時の疑われる病気 ケトン体 陰性 糖代謝異常、内分泌疾患(甲状腺亢進症など)、感染症、飢餓、発熱、下痢、薬剤など 高血糖になると糖代謝異常になることがあり、ケトン体の増加に繋がりやすいです。 ケトン体は、不安定な物質で採尿後はすぐに検査をする必要があります。 また、薬剤を飲んでいると妖精になることもあるので、検査時は飲んでいる薬を把握しておくと良いです。 尿ph 通常、尿は弱酸性(pH 7. 4 に保たれていますが、腎臓などの異常によりアルカリ性に傾くことがあります。 また尿路結石、尿路感染症は、尿の窒素をアンモニアに分解するため、アルカリ性の尿になるので注意です。 検査名 基準値 基準値を外れた時の疑われる病気 尿pH 5. 0~7. 0 アルカリ性:尿路感染症・輸血・薬剤など 酸性:糖尿病・発熱・薬剤など 尿のpHを調べることで、体内臓器の機能異常を調べることが出来ます。 健康な状態では、血液は通常pH7. 4で、尿は少し低い弱酸です。 肝臓・肺などの臓器に異常があるとpHに変化があり、内臓の異常を発見するのに尿pHを活用することが出来ます。 尿ビリルビン、尿ウロビリノーゲン 血液中のヘモグロビンは役割を終えた後、肝臓でビリルビンに変換されます。 その後、ビリルビンは小腸に送られ、腸内細菌により、ウロビリノーゲンに変換されます。 ウロビリノーゲンは腸管で排出されますが、一部は肝臓で再度ビリルビンになり、ビリルビンとウロビリノーゲンが血液中に入り、尿として排出されます。 このとき、肝臓の機能低下などにより、血中ビリルビンが約2. 慢性腎臓病(CKD は 20歳以上の成人で8人に1人が患っているという国民病となりつつあります。 慢性腎臓病は、糖尿病・高血圧・痛風といった病気と合併症を起こしやすく、動脈硬化が進みやすいです。 そのため、心筋梗塞や脳梗塞の発症リスクが高くなる危険な病気でもあります。 腎臓病は、主に腎炎とネフローゼ症候群があり、腎臓の働きが弱くなることで発症することが多いです。 腎臓は尿を排出する器官で、糸球体(しきゅうたい)というろ過装置で、体に不要な物質だけを排出します。 ですが、糸球体の異常があると、体に不要な物質以外の大事な物質も尿として排出してしまいます。 これが、尿検査で蛋白や潜血といった症状として現れます。 腎臓は細菌、ウイルスで感染しやすく、腎炎などの病気になりやすいです。 腎臓の感染異常はむくみ、高血圧などの自覚症状があるので分かりやすいですが、糸球体の異常は自覚症状がなく、慢性腎臓病(CKD になりやすいと言われています。 腎臓病は、尿検査をすれば、蛋白や潜血があることで調べられるので、定期的に検査をすることをおすすめします。 慢性腎臓病が悪化するとどうなる? 慢性腎臓病が悪化すると、体の中の老廃物が上手く排出できなくなり、むくみ・貧血・倦怠感・高血圧などの症状が出てきます。 腎不全になると、自分で腎臓が回復することが難しく、老廃物が体に回る「尿毒症」になり、体の臓器が働かなくなり、体を維持できなくなります。 そこで、体を維持するために「人工透析」か「腎臓移植」をすることになります。 人工透析は、手首に血液をキレイにする透析膜をつけ、装置を使って人工的に血液をキレイにします。 人工透析は、負担がかかり生活にも支障が出てきますので、早めに尿検査などで慢性腎臓病(CKD を早期発見・早期治療をして頂きたいです。 まとめ.

次の