トヨタ 有価 証券 報告 書。 株主プロ 【 豊田自動織機 (6201) 有価証券報告書一覧ページ 】

トヨタ自動車[7203]

トヨタ 有価 証券 報告 書

2018年(平成30年)4月1日~2018年(平成30年)9月30日• 2017年(平成29年)4月1日~2017年(平成29年)9月30日• 2016年(平成28年)4月1日~2016年(平成28年)9月30日• 2015年(平成27年)4月1日~2015年(平成27年)9月30日• 2014年(平成26年)4月1日~2014年(平成26年)9月30日• 2013年(平成25年)4月1日~2013年(平成25年)9月30日• 2012年(平成24年)4月1日~2013年(平成25年)3月31日• 2012年(平成24年)4月1日~2012年(平成24年)9月30日• 2011年(平成23年)4月1日~2012年(平成24年)3月31日• 2011年(平成23年)4月1日~2011年(平成23年)9月30日• 2010年(平成22年)4月1日~2011年(平成23年)3月31日• 2010年(平成22年)4月1日~2010年(平成22年)9月30日• 2009年(平成21年)4月1日~2010年(平成22年)3月31日• 2009年(平成21年)4月1日~2009年(平成21年)9月30日• 2008年(平成20年)4月1日~2009年(平成21年)3月31日• 2008年(平成20年)4月1日~2008年(平成20年)9月30日• 2007年(平成19年)4月1日~2008年(平成20年)3月31日• 2007年(平成19年)4月1日~2007年(平成19年)9月30日• 2006年(平成18年)4月1日~2007年(平成19年)3月31日• 2006年(平成18年)4月1日~2006年(平成18年)9月30日• 2005年(平成17年)4月1日~2006年(平成18年)3月31日• 2005年(平成17年)4月1日~2005年(平成17年)9月30日• 2004年(平成16年)4月1日~2005年(平成17年)3月31日• 2004年(平成16年)4月1日~2004年(平成16年)9月30日• 2003年(平成15年)4月1日~2004年(平成16年)3月31日• 2003年(平成15年)4月1日~2003年(平成15年)9月30日• 2002年(平成14年)4月1日~2003年(平成15年)3月31日.

次の

トヨタ自動車をDCF法でざっくりバリュエーション(2016年3月期有価証券報告書まで)|DCF法でざっくり一株あたりの株主価値を把握するノート|note

トヨタ 有価 証券 報告 書

今回はトヨタ自動車をバリュエーションしてみます。 特に、金融事業は、車の購入とセットでローンを組むという商売(他にも金融事業は色々あり)ができるためか、トヨタ自動車の中でも中々大きな割合を占めていると思います。 下記は、有価証券報告書から切り取ったグループ全体の概要図です。 製造や販売関連の会社が多々記載されていて、金融会社が小さく書かれていますが、この金融会社は侮れないです。 金融収益は、1兆8,540億円にのぼります。 また米国会計基準を採用しているようです。 日本の会計基準よりは見づらいですが、IFRSよりは見やすいです。 excelシートに落とし込んだ情報から、過去の業績を分析していきます。 過去の業績やBS・PL・CFからWACC(加重平均資本コスト)の算出・将来のフリーキャッシュフローの予測を行い、将来のフリーキャッシュフローをWACCで現在価値に割り引いて企業価値を算出していきます。 規模が大きくなればなるほど舵取りは難しくなると思いますが、日本を代表とするトヨタ自動車は、優秀な人材がコツコツと着実に事業を進めているような印象です。 2016年3月期で、投下資本合計の資産ベースと負債ベースの差額は、6兆5000億円程ありますが、現金及び現金同等物・定期預金・有価証券を合わせると5兆4000億円程あるので、この部分の影響が大きそうです。 株式コストについて、 ・リスクフリーレートは、10年物の国債の利回りがマイナスになったりしているので0%に設定します。 ・マーケットリスクプレミアムは、一般的であるらしい6. 最後にこれをいじっていくつかのパターンの株主価値を算出します。 ・ベータはmsnマネーから参照して1. 15としました。 ・上記からCAPMの公式より、株式コストを7. そして、2016年3月期の有利子負債と現在の株式の時価総額を加重平均し、WACC(加重平均資本コスト)を求めます。 現在のトヨタ自動車としては、半々程度が最適資本構成ということなのかもしれません。 トヨタ自動車のような大きな会社は、 ・設備投資の額が大きい ・為替の影響が大きい(キャッシュそのものは現地で回っていれば無関係ですが、決算の時は円に換算するのでわかりにくいです) と言えると思いますが、複雑すぎて把握はしきれないと思います。 おそらく、ここ2年はプラスなので為替のプラス要因が大きいのかなと思います。 連結ベースでの内訳はなかったので、トヨタ自動車単体の内訳から類推しました。 3 : 73. 7とします。

次の

EDINET

トヨタ 有価 証券 報告 書

第97期有価証券報告書 平成29年4月1日~平成30年3月31日 一括してPDF形式でダウンロードし、ご覧いただけます。 項目別にPDF形式でダウンロードし、ご覧いただけます。 [PDF形式:220. 3 KB]• [PDF形式:933. 8 KB]• [PDF形式:466. 4 KB]• [PDF形式:407. 2 KB]• [PDF形式:392. 2 KB]• [PDF形式:555. 5 KB]• [PDF形式:644. 1 KB]• [PDF形式:386. 4 KB]• [PDF形式:385. 8 KB]• [PDF形式:385. 0 KB]• [PDF形式:210. 3 KB] 第97期第3四半期報告書 平成29年10月1日~平成29年12月31日 一括してPDF形式でダウンロードし、ご覧いただけます。 項目別にPDF形式でダウンロードし、ご覧いただけます。 [PDF形式:215. 5 KB]• [PDF形式:375. 0 KB]• [PDF形式:276. 7 KB]• [PDF形式:278. 7 KB]• [PDF形式:279. 6 KB]• [PDF形式:350. 6 KB]• [PDF形式:271. 2 KB]• [PDF形式:153. 4 KB] 第97期第2四半期報告書 平成29年7月1日~平成29年9月30日 一括してPDF形式でダウンロードし、ご覧いただけます。 項目別にPDF形式でダウンロードし、ご覧いただけます。 [PDF形式:358. 9 KB]• [PDF形式:6. 0 MB]• [PDF形式:280. 5 KB]• [PDF形式:522. 3 KB]• [PDF形式:765. 3 KB]• [PDF形式:4. 4 MB]• [PDF形式:277. 5 KB]• [PDF形式:158. 6 KB] 第97期第1四半期報告書 平成29年4月1日~平成29年6月30日 一括してPDF形式でダウンロードし、ご覧いただけます。 項目別にPDF形式でダウンロードし、ご覧いただけます。 [PDF形式:358. 8 KB]• [PDF形式:5. 4 MB]• [PDF形式:275. 5 KB]• [PDF形式:512. 8 KB]• [PDF形式:514. 1 KB]• [PDF形式:4. 1 MB]• [PDF形式:272. 9 KB]• [PDF形式:158. 6 KB].

次の