チャーハンの作り方。 絶対失敗しないパラパラチャーハンを作るコツ。初心者でもプロ並みのできに!

パラパラチャーハンの作り方!卵を入れるベストタイミングを大公開

チャーハンの作り方

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

美味しいチャーハンの作り方【簡単】|お料理まとめ

チャーハンの作り方

所要時間: 10分 カテゴリー:、 チャーハンをパラパラにする方法……一番効果があったレシピは? チャーハンをパラパラにする方法で、よく言われているのは、で、これは確かにパラパラになります。 それでは 「1. 卵」「2. マヨネーズ」「3. バター」「4. 油」を先にご飯と混ぜた場合、どれが最もパラパラになるか色々と試してみました。 チャーハンに使うご飯は、かためで、適度に水分が抜けた温かいものがいいです。 例えば、炊飯ジャーに保温してある前の日のご飯がぴったりです。 冷やご飯や冷凍ご飯は電子レンジで温めて軽くほぐしてから使いましょう。 冷たいご飯を固まったまま鍋に放り込んで、ヘラやお玉でつついてほぐすのはよくないやり方です。 それでは、具材と作り方をほぼ同じにして作って比較します。 パラパラチャーハンの材料( 1人分) 最もパラパラになったのは 卵混ぜチャーハンで、次がマヨネーズ混ぜチャーハン。 一番風味良く美味しく感じたのは、 バター混ぜチャーハン。 ココナッツオイルを混ぜたものは、独特な香りと味がするので、好き嫌いが分かれそう。 油とココナッツオイルは、混ぜなくても、それで炒めたら同じかも。 ただし、少し作り方を変えて、油を混ぜたご飯を、最初にしっかりと焼いて、うっすら焦げ目をつけて炒めると香ばしくて美味。 全てのチャーハン作りでそうしたように、酒をふりかけて炒めると、パラパラになる。 ガイドのワンポイントアドバイス チャーハンはパラパラが好きって人もいれば、そうではなくて、ほっこりふっくらのチャーハンが好きって人もいます。 くっつき癖の無いフライパンや中華鍋を使って、温かいかためのご飯で作れば、誰にでも美味しいチャーハンが作れます。 何が何でもパラパラにしたいのなら、タイ米を使うのも一案です。 あと、2度炒めすると 冷めたらもう一度炒めるということ パラパラになりますが、水分を補ってあげないとパサパサになります。

次の

冷凍ご飯での美味しいチャーハンの作り方!簡単にパラパラにするコツは?

チャーハンの作り方

このレシピのオリジナルは雑誌『クウネル』の『体に良い食事と食べ方を』という小特集のために考えたもので、誌面ではご飯に冷凍のカリフラワーライスを混ぜて使っています。 最近、手に入りやすくなった冷凍カリフラワーライス。 これがなかなかのスグレモノで、個人的に気に入った食材です。 ご飯の代わり、というよりも混ぜて料理に軽さを出すために使うのがいいか、と思います。 エルブジのレシピに粉砕したカリフラワーをクスクスに見立てたものがありますが、それと全く同じ食材が冷凍で手間なく使えるわけですから、いろいろな料理に応用したいもの。 カリフラワーはご飯ほどの甘さがないので、それを補うために加えたのが市販のザーサイです。 このレシピ、なかなか良かったので今も時々、作っています。 noteにはご飯を使った通常バージョンを掲載します。 ザーサイはコンビニエンスストアでも買える桃屋の瓶詰めを使いました。 アミノ酸系の調味料がいっぱい入っているので、チャーハンの味に厚みが出ます。 ザーサイをごま油で軽く炒めてから小鍋で煮るだけで簡単なスープになるので、チャーハン+スープという組み合わせも簡単につくれます。 卵ですが、ザルに割り入れて…… 水溶卵白を取り除いておくとチャーハンがベタつきません。 チャーハン作りのコツは米の粘りを出さないことだと以前説明しました。 粘りが出てしまう原因は2つあり、1つは水分です。 米に水を入れて煮るとデンプン糊ができますよね? あれが粘りで、チャーハンの具材のなかでも水分が多いのが卵の白身です。 ここでは水溶性の卵白を除去することで米がベタつくリスクを減らしています。 卵はフライパンに入れる前によく溶いておきましょう。 もう1つ、粘りが出る原因は米を潰してしまうこと。 米を潰せば餅状になりますが、お餅は粘りを利用した食べ物ですよね。 一生懸命炒めようと木べらで米を潰してしまっているケースが多々、あります。 フライパンにゴマ油を中火で熱します。 予熱は1分間。 卵を入れてざっくりと混ぜたら、まだ半熟のうちにご飯を広げ入れます。 この状態だと卵が焦げてしまうので、ひっくり返すようにして混ぜます。 卵やご飯の塊があったらほぐすようにして炒めていきます。 火加減は中火のまま。 ある程度加熱したら塩、胡椒、醤油で味をつけます。 最後に加えるのが長ネギのみじんぎりとザーサイです。 長ネギは水分を多く含んでいるので、加熱は短時間に留めましょう。 出来上がり。 ザーサイ以外にも刻んだ柴漬けなどもあいます。 パラパラにしようと長い時間炒めると、パサパサになるので、適当なところでやめたほうがいいでしょう。 チャーハンをつくるとき、追求すべきは米粒を噛みしめたときのおいしさ。 パラパラにしたければ長粒米を使えばいいだけなので、日本のお米を使うのであればそれに適したおいしさというのがあると思うんですけどね。

次の