きもい。 女子高校生に「きもい」言われ立腹 傷害容疑で県立中央病院職員を逮捕|事件・事故|徳島ニュース|徳島新聞

ローランド(ホスト)の元の顔が凄い!整形前の素顔と現在の顔を比較!

きもい

スポンサーリンク フクロウナギ 550-3000mの深海に潜むフクロウナギ。 一般的なウナギとは異なり大きく開く顎を持っている。 CC 表示 3. 0 全長1mの巨体と、不気味なほどに大きな頭部は「エイリアンのような生物」という称号に相応しい。 モンナハシャコ 絵の具をぶちまけたかのようや鮮やかな体色を持つモンナハシャコ。 見た目によらず、自分の巣穴を珊瑚のカケラで補強するなどの知性も持ち合わせている。 CC 表示 2. 0 体長15cm程度でありながら、22口径拳銃に匹敵する速度のパンチを繰り出すことができる。 このことから「海のボクサー」の異名を持つ。 ブロブフィッシュ(ニュウドウカジカ) 「世界で最も醜い生き物コンテスト」で堂々の第一位に輝いたこともあるブロブフィッシュ(別名ニュウドウカジカ)。 確かに醜い。 この今にも破裂しそうなブロブフィッシュ…実は深海生物であり、水圧のない地上に連れて来られたために、画像のようなブヨブヨの姿になっている。 見ての通り、水中ではそれほど醜くないようだ。 キワ・ヒルスタ キワ・ヒルスタは、南太平洋の深海2200m付近で2005年に発見された新種の生物だ。 CC BY-SA 2. 0 毛むくじゃらのハサミには糸状菌が蓄えられており、この菌を利用することで海底の熱水噴出孔の有毒鉱物から身を守る、もしくは有毒鉱物を食料としていると考えられている。 ウロコフネタマガイ 2001年にインド洋で発見された新種の巻貝。 体表の鱗が硫化鉄で出来ている「鉄の肌を持つ生物」だ。 鱗は磁気を帯びているため、磁石のような効果も持っているという。 CC 表示-継承 3. 0 人間による飼育環境では鉄製の鱗が錆びてしまいストレスとなるらしく、長期飼育は困難なようだ。 ユメナマコ ピンク色〜ワインレッド色の透き通った体を持つ奇妙なクラゲナマコの一種。 水深400-5500mに生息する深海生物だ。 少し刺激を与えるだけで皮膚が剥がれ落ち、脱皮した外皮は発光しながら海中を漂う。 この脆すぎる皮膚は、トカゲのしっぽのように外敵を惑わす効果がある。 マルス・オルトカンナ 北極海を中心に水深200-2000mに生息するクダクラゲの一種。 和名はヒノオビクラゲ。 1個体に見えるが、複数の個体が集まって一つになった群体という形状をしている。 透明な釣鐘のような部分は泳ぐための器官で「泳鐘」と呼ばれている。 サルパ 寒天のような管状の体を持つプランクトン。 無性生殖によって増殖し、鎖のような形となって海中を漂う。 CC 表示-継承 2. エサとなる植物プランクトンの大量発生に伴って、海中を埋め尽くすほどに増殖し、漁業などに影響を及ぼすこともある。 タルマワシ 妖怪のような名前だが、その名の通り樽のような物の中で生活している。 この樽のような物の正体は、先ほど紹介したサルパなどの生物の皮だ。 スポンサーリンク オニイソメ オニイソメは、インド洋や太平洋の海底の土中に潜む。 穴から出した5本の触覚に獲物が触れると鋭い歯で攻撃する。 場合によっては獲物が半分に切断されてしまうほどの力を持っているそうだ。 CC 表示 2. 0 詳しい生態については分かっていないが、平均寿命は10年ほどと考えられており、土の中の胴体部分は最大で3m以上に成長するという。 センジュナマコ 3000-5000mもの深海に生息するナマコの仲間。 脚のようにみえる管足を複数持っていることから、「千手ナマコ=センジュナマコ」という名前の由来になっている。 CC BY-SA 3. 0 ちなみに、英名では「sea pig=海のブタ」と呼ばれており、キモカワ系の深海生物として着実に人気を高めているようだ。 ラブカ ラブカはカグラザメ目に属するサメの一種。 水深500—1,000に生息するが、時おり浅瀬でも発見されるようだ。 蛇のような体は2mに達する。 CC 表示-継承 2. 5 シン・ゴジラのモデルとなったことでも有名だが、世界中に伝承が残る海の怪物「シーサーペント」の正体は、このラブカであったと考える専門家も多いそうだ。 ヒレナガチョウチンアンコウ 水深1,000m以上の深海に生息するチョウチンアンコウ類の一種。 CC 表示 2. 0 チョウチンアンコウの仲間でありながら発光器=いわゆるチョウチンをもっておらず、代わりに長く伸びた背ビレや尾びれの刺条を持っている。 CC 表示-継承 4. 0 この刺条をアンテナのように使うことで水の流れなど周囲の状況を察知することができる。 オオグチボヤ どことなく可愛らしさすら感じさせるオオグチボヤ。 その姿は、どこか知らない惑星に咲く植物のようでもある。 ダイオウグソクムシ メキシコ湾や西大西洋の海底に生息するダイオウグソクムシ。 身近な生物ではフナムシと近い分類だ。 「深海の掃除屋」と呼ばれ、海底に沈んできた魚やクジラなどの死骸を捕食する。 身体の大きさの割に小食であり、日本の鳥羽水族館で飼育された個体は、50gのアジを食べて以来、死亡するまでの5年間なにも食べなかったことで知られている。 カツオノエボシ カツオノエボシは、誰もが想像する「傘+触手」のクラゲとは一線を画す奇妙なクラゲだ。 別名「電気クラゲ」と呼ばれており、触れてしまうと死に至る危険性もある。 一体の個体に見えるが、多くの個体が集まった群体という体系をとっており、水面に出した帆で風を受けることで移動する非常にシステマチックな生物だ。

次の

「うざい」「きもい」「きしょい」の低年齢化に、どう対処しましょうかねぇ

きもい

Pさんって誰? まずはPさんって誰なのか 明らかにしていきましょう。 Pさんとはお笑いをこよなく愛する 青年で面白くなるために 日々、水溜りボンドのもとで 修行しています。 それぞれのキャラがそこまで 濃くない水溜りボンドの中で Pさんの「~すぎぃ」は少々 強烈に映ってしまうようです。 きもいと言われる理由も 顔が濃いというのとハツラツとした 雰囲気のせいだと思います。 そして「 嫌い」と言われるように なったんですね… Pさんに対する「きもい」 「嫌い」「うざい」という意見に あなたはどう思いますか?? 確かに、水溜りボンドの中で Pさんのキャラは濃くて 目立ってしまうので ファンは邪魔に感じるのかも… でも!! Pさんを「きもい」とか 「嫌い」「うざい」と言う前に これを知っておいてほしいんです!! まずは、この動画をみてください! シャトルイートといって シャトルランの音楽に合わせて うまい棒を食べていく企画です。 この時のPさんの動きに 注目して欲しいんです!!  企画がスタートして開封されている うまい棒が次々となくなっていきます。 水溜りボンドのことを想って 常に真剣に考えているんです! 今のような体制になる前、 カンタとトミーはPさんに 「給料を払うから手伝ってほしい」と オファーを出したそうです。 しかし、Pさんはこれを拒否。 理由は「お金はいただけない」 それがなくても サポートさせてもらいたい! というんです… Pさんめちゃくちゃいいヤツ!! さらに、 カンタの3万円使い切り企画で メンバーにプレゼントを買う時に 残ったお金ではキイチとPさんの プレゼントを買うのが 厳しくなりました。 その時にカメラを回していた Pさんは「俺の分はいいから」と ここでも自己犠牲。 カンタとトミーが 動画だけに集中できるように キイチと家の掃除や身の回りのことは 出来る限りやっています!! こんなPさんに対してうざい! きもい!なんて言えませんよ! 言ってはいけません!! スポンサードリンク Pさんって誰?「きもい」「うざい」は間違い! 今回は水溜りボンドの動画に 登場するPさんって誰なのか! そして嫌いとかうざい、 きもいと言う批判は正しいのか について記事にしてみました。

次の

きもいとは (キモイとは) [単語記事]

きもい

まず、「死ね」とか「殺す」という言葉は、昔は不良と呼ばれた若者たちが「相手をおどす・こわがらせる」ために、わざと使いました。 ところが、今の子どもたちが、この言葉を発する出発点は、任天堂のゲームボーイやソニーのプレイステーションなど、いわゆる「対戦型ゲーム」をしている時の小学生時代の会話にあります。 友だちと並んで座り、ゲームをしながら「死んだ?」「うん、殺した」という会話が、日常的に交わされています。 そうすると、1人でゲームをしている時も、「死ね」「殺す」という独り言が自然と出てくるのでしょう。 まるで、スポーツ観戦している時に「打て」「倒せ」と言うのと似た感覚だと言えます。 私たち大人が持つ言葉の意味よりも、ずいぶん軽い感覚で使っていると思われます。 でも、言われた子の受けるダメージは決して軽くないはずです。 そのことをふまえて、耳に入った時に見過ごさないことは大切ですが、どう語りかけるかの論議が必要でしょう。 「うざい」「きしょい」「きもい」の起源? さて、「うざい」「きしょい」「きもい」などは、ゲームからではなく、若者言葉として生まれた新語です。 平成以降の言葉ですから、私も最初は意味がわかりませんでした。 インターネットの「日本語俗語辞典」によれば、「うざい」「きしょい」「きもい」は次のような説明がしてありました。 「『 うざい』 うざいとは『うざったい』の略で、「うっとうしい」「わずらわしい」「うるさい」「面倒くさい」「気持ち悪い」「じゃま」といった意味を持つ。 うざいは1980年代のツッパリブームから関東圏を中心に使われるようになり、1990年代には不良以外にも使われ、全国的に普及する。 うざいが更に簡略化された『うざ』や、うざいの語感が荒くなった『うぜー(うぜえ)』という言い方もある。 『 きしょい』 きしょいとは『気色悪い』の略で、見た目に気色悪い場合に使われることが多い。 きしょいは関西を中心に会話の中で生まれた言葉で平成に入ってから普及。 きしょいは『きしょー』という感嘆詞として使われることが多く、関西では『きっしょい』ともいう。 また、気色悪いけどカワイイという意味を持つ『きしょかわいい』という言葉もある。 類義語に『 きもい』があるが、これは気持ち悪いからきている言葉で きしょいよりも意味合いは弱い。 きもいの語意を強める場合は言葉の前に『超』をつけ『ちょーきもい』となるが、きしょいの場合、関西が中心だったこともあり『超』ではなく『めっちゃ(めっさ)』をつけ『めっちゃきしょい』となる。 『 きもい』 きもいとは『気持ち悪い』の略で、生理的に気持ち悪いというより、見た目が気持ち悪い場合に使われることが多い。 きもいは1970年代後期には既に存在した言葉だが、若者を中心に会話の中での使用頻度が増したのは1990年代後期に入ってからである。 きもいはカタカナのキモい、キモイといった表記も使われる。 また、きもいの前に語意を強くする『超(ちょー)』をつけ、『超きもい』という形で使われることも多い。 類義語に『 きしょい』があるが、これは気色悪いからきている言葉で、 きもいよりも強い意味合いがある。 」 以上です。 「うざ・きも・きしょ」対策 問題は、これらの言葉がだんだん低年齢化していることです。 親や先生のいない所、子どもどうしの会話の中で、これらの言葉は確実に浸透しています。 微妙な意味の違いを理解していなくても、小学生たちは使いこなしていると思われます。 以前の「アホ」「バカ」以上に、言われた子を傷つける言葉が低年齢化していると、受けとめなければならないのではないでしょうか。 あるスクール・カウンセラーの方によれば、 『「 うざい・きもい・きしょい」と言って、子どもがコンタクトを取ってきた時に、「 何言ってるんだ!」と怒っても、言った子に大人の真意は伝わりません。 むしろ、 「うざいって?」「きもいって?」「きしょいって?」 と聞いて、その 中身を解きほぐしてあげることが大事な関わり方の入り口になるでしょう』 とのことです。 子どもが平然と言っているのか、興奮して言っているのかという状況によっても対応は変わってくると思います。 親同士で、先生同士で、大人同士で、子どもたちの『うざ・きも・きしょ』対策について、もう論議(情報交換も含めて)されましたか。 静岡県浜松市にある「あすなろ幼稚園」の坂本園長先生にも、Eメールでコメントをもらいました。 『どんな子が、どんな場で、どんな時に、どんな言い方をしたのか…その前後の状況によりますよね。 でも、「 うざい・きもい・きしょい」の 次は、どんな言葉を子どもたちは、続けて口にするのでしょうね… 目くじらをたてても子どもの心には伝わらないので、その子のどんな気持ちを相手に伝えたいのか?について、こちらがつかむことが「始めの1歩」です。 つかめないようなら、そりぁ、なんとかかんとか、その子に入っていくでしょうね。 ニコニコしながら 「どうした?」って…。 その子に対して前々から、教師(親)としてぶつかることで、関係をつくる必要があるという場合は、そのチャンス。 「どうしたんや?その言い方は?」とぶつかってみることでしょうね。 』 以上です。

次の