イケメン 戦国 夢 小説 ランキング。 夢小説|イケメン戦国★サーチ

戦国時代を舞台にした歴史小説オススメランキングベスト7!

イケメン 戦国 夢 小説 ランキング

9種類の結果パターン 「閉じ込められたとか冗談じゃねぇよ。 」 - 2020年6月28日 ー政宗 ver. 2ー 今現在、私と政宗は誰かに押されて見知らぬ部屋に閉じ込められました。 が、しかし!そんな事はどーでもよくってですね。 私はヤツに怒りをあらわにしていました。 政宗「おい、YOU。 いい加減にこっち向けって」 「……反省してから出直してきてくださーい」 政宗「……ちっ」 私が怒る理由は簡単。 政宗は私にいつでもどこでも口づけしてくるのだ……! 恋仲でもないのに、ですよ? 別に本気で嫌がってるわけじゃない。 私は、政宗のことが好きだ。 ラブの意味で しかし流石におかしいと思うのだ。 スキンシップの一環にしても、度を過ぎるし、そういうのは好きな子にやりなよ、って言ってるのに! でもそうしたら 『お前……本気で言ってんのか?』 って呆れられるし! そして今回私が怒る一番の理由は、政宗が私の口に直接してしまったのだ! せめて、想いを伝えて付き合ってからの方が良かった…! あ、今のはもしの話ですよ?それでも私にとってはファーストキs「おい、YOU!!」 「なっ、なななにゃに」 あっ、慌てすぎて噛んでしまった 政宗はしばらくこっちを見つめたあと堪え切れなくなったのか、ブハッ、と笑い出す 「な、なんで笑うの!」 政宗「い、いやっ、だって、お前『にゃに』って、猫かよ!」 政宗は笑いが収まったあと、私の方を見て急に真剣な顔になった。 その姿に少しドキッとする。 政宗「けど、まぁ悪かったな」 「……なんだ意外とすぐに謝るじゃ、んっ!?」 あっさりと政宗に捕まった 政宗「騙されやすっ!……つーかお前、本当に俺がふざけてるだけでお前に口づけしてると思ってんの?」 そう言いながら易々と私を組み敷く政宗。 政宗「惚れた女にしかそういうことしねーっての。 …今から思い知らせてやる」 …まぁ、その後は想像通り。 政宗「お前鈍感にも程があるっての。 もう一回言うからよく聞け、お前に惚れてるからやってたんだよ」 〜〜〜 翠様リクエスト…!ようやく更新できた! それにしても日替わりなのにいつも長ったらしくなってしまいます…クソゥ この作品には 9種類の結果があります 感想を書こう! 携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります ニックネーム: 感想: - イェーイ!

次の

『イケメン戦国◇甘い囁き◇R18』

イケメン 戦国 夢 小説 ランキング

9種類の結果パターン 「閉じ込められたとか冗談じゃねぇよ。 」 - 2020年6月28日 ー政宗 ver. 2ー 今現在、私と政宗は誰かに押されて見知らぬ部屋に閉じ込められました。 が、しかし!そんな事はどーでもよくってですね。 私はヤツに怒りをあらわにしていました。 政宗「おい、YOU。 いい加減にこっち向けって」 「……反省してから出直してきてくださーい」 政宗「……ちっ」 私が怒る理由は簡単。 政宗は私にいつでもどこでも口づけしてくるのだ……! 恋仲でもないのに、ですよ? 別に本気で嫌がってるわけじゃない。 私は、政宗のことが好きだ。 ラブの意味で しかし流石におかしいと思うのだ。 スキンシップの一環にしても、度を過ぎるし、そういうのは好きな子にやりなよ、って言ってるのに! でもそうしたら 『お前……本気で言ってんのか?』 って呆れられるし! そして今回私が怒る一番の理由は、政宗が私の口に直接してしまったのだ! せめて、想いを伝えて付き合ってからの方が良かった…! あ、今のはもしの話ですよ?それでも私にとってはファーストキs「おい、YOU!!」 「なっ、なななにゃに」 あっ、慌てすぎて噛んでしまった 政宗はしばらくこっちを見つめたあと堪え切れなくなったのか、ブハッ、と笑い出す 「な、なんで笑うの!」 政宗「い、いやっ、だって、お前『にゃに』って、猫かよ!」 政宗は笑いが収まったあと、私の方を見て急に真剣な顔になった。 その姿に少しドキッとする。 政宗「けど、まぁ悪かったな」 「……なんだ意外とすぐに謝るじゃ、んっ!?」 あっさりと政宗に捕まった 政宗「騙されやすっ!……つーかお前、本当に俺がふざけてるだけでお前に口づけしてると思ってんの?」 そう言いながら易々と私を組み敷く政宗。 政宗「惚れた女にしかそういうことしねーっての。 …今から思い知らせてやる」 …まぁ、その後は想像通り。 政宗「お前鈍感にも程があるっての。 もう一回言うからよく聞け、お前に惚れてるからやってたんだよ」 〜〜〜 翠様リクエスト…!ようやく更新できた! それにしても日替わりなのにいつも長ったらしくなってしまいます…クソゥ この作品には 9種類の結果があります 感想を書こう! 携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります ニックネーム: 感想: - イェーイ!

次の

『イケメン戦国★センチメンタルLOVE』

イケメン 戦国 夢 小説 ランキング

1,見た目 2,生き方 3,モテ方 総合評価 第10位は、豊臣家の家臣であり、主に、豊臣秀頼に仕えた木村重成です。 かなりの美男子で物腰柔らかかった故に、猛者揃いの大阪の陣直前の大阪城の中では軽んじられました。 茶坊主からもバカにされる始末。 そんな茶坊主に木村はイケメンすぎるこんなイケメンな言葉を投げつけます。 「 本来ならお前を斬り捨てるところだが、それでは私も腹を斬らねばならない。 今は秀頼様の為に死ぬときで、お前ごときのために死ねぬのだ」 と言い放ちました。 また、 瀕死の部下を助けるために戦地へ戻ったり、 死を覚悟して、香を兜に焚きしめる等、振る舞いもイケメンの要素バッチリ! 第9位 小早川隆景 1,見た目 2,生き方 3,モテ方 総合評価 第9位は毛利家の両川のひとり、小早川隆景です。 「 争いは欲より起こるもの。 欲をやめて義を守るならば、兄弟の不和は起きませぬ」 と父、元就の臨終間際に毅然と話した仁義の将です。 そして、 容姿もかなりのイケメンだったといいます。 その証拠に、中国山陽道の地域を治めていた大内義隆からの寵愛が物語っています。 かなり 情熱的な愛を注がれたといいます。 それほどのイケメンと身からにじみ出る魅力を持っていたといえるのではないでしょうか? しかし、 婦人を寄せ付けない厳格さがあり、側室は持たず、実子もいませんでした。 男がお好きだったのでしょうね? 第8位 高坂昌信 引用: 1,見た目 2,生き方 3,モテ方 総合評価 第7位は織田信長の家臣、小姓を勤めた森蘭丸です。 織田信長の小姓の中でもナンバーワンの働きをしたといいます。 こんな逸話があります。 ミカンが入った台を蘭丸が運んでいると、信長が、 「 その方の力では危ない、倒れるぞ」と注意しました。 するとその言葉通り、ひっくり返りました。 実は、蘭丸は主君の判断が正しいことを示すために、わざとひっくり返ったと言うのです。 すごい!落ちついた判断のもと行動できる蘭丸。 イケメンです。 当然、眉目秀麗な蘭丸は容姿もイケメンで、信長が自慢できるものの第3に蘭丸の名を挙げていました。 激しく非情な一面がある信長の小姓の中で、ナンバーワンの座にあり続けた蘭丸は、 かなりのイケメンと言えるでしょう! 第6位 引用: 1,見た目 2,生き方 3,モテ方 総合評価 第6位は、天下布武を唱え、天下統一目前まで武力で日本を支配していった織田信長です。 肖像画を見ても スッキリした顔立ちで、しょうゆ顔のイケメンですね。 妹の 市も戦国時代を代表する位の美女で、浅井長政、柴田勝家、豊臣秀吉ら名だたる武将が 恋した女性で、その一族の信長は当然美形だったでしょう。 現在まで続く子孫、 元フィギアスケーターの織田信成さんを見ても、 鼻筋が通ったイケメンぶりが受け継がれているのだと思います。 生き方は、目的に向かって突き進むタイプのイケメンで、 宣教師のフロイスは 「 彼がきわめて稀に見る優秀な人物であり、非凡の著名な司令官として、おおいなる懸命さをもって 天下を統治したものであることは否定し得ない」 とその能力を高く評価しています。 並み居る武将たちの上に立つのは並大抵な胆力では成り立たず、 その意味ではイケメンだと言えるでしょう。 1,見た目 2,生き方 3,モテ方 総合評価 第一位は尼子家家臣の山中鹿介です。 「 今日より30日以内に武勇の誉れを挙げたい!」 と三日月に祈った16歳の鹿介、イケメンです。 引用: 「私は常に山中鹿介なるものを愛するのであります。 彼は尼子家の忠臣でありまして、 尼子の衰運回復すべからざ る時に、身を致して顧みなかった男であります」 と語ったのは、自由民権運動で知られる板垣退助でしたが、 それほどまでに忠義の行動を起こしたイケメン武将です。 肖像画。 見るからにイケメンです! 「眼光が優れ、手足が太くたくましく、立ち振舞がきっぱりしていた」 という記述もあるくらいで、もう言うことなし、文句なしのイケメンです。 さすがナンバーワンです! 最後に 戦国時代にもイケメン武将は多く存在したことがわかりました。 実際私達の祖先は、戦国武将につながる方もいるでしょうし、 今イケメンの人のルーツを辿ると、井伊直政だったり、織田信長だったりの方もいることでしょう。 戦国のイケメン武将を知ることで、ちょっとした人生の知恵を学ぶことにもなりました。 温故知新。 古きを尋ね、新しきを知る。 このブログは、あなたが知り得ない戦国武将の普段の様子や、何を食べていたのか?などをあなたに伝えるブログです! なんで知ってほしいと思ったのか?といいますと、どちらかというと表舞台に出ない、日常という部分にフォーカスし、掘り下げて見ることで、色々な発見があります。 その発見から、現代の我々が生きている時代にも使えたり、応用できたりするものがあれば活用して頂き、より豊かな人生を送るのにお役に立てて欲しいと思うからです! また、戦国武将、大名の事を知ることでどんどん武将達を好きになってもらいたいなと思ってます。 武将たちも人です。 生きている時代は違えど人の子。 共感できる部分はたくさんあリます。 神格化された大名など、実際の所、日常はどうなの?どんな逸話があるの?などと解き明かしていくと、すっかりその武将の虜になっちゃっているかも!? 戦国時代の他にも広く武士に関連した情報があれば、いち早くお伝えしていくことをモットーにしていきます。 あなたには、好奇心と感動をくすぐりまくられ、戦国時代の虜になるでしょう! お楽しみに!.

次の