モンスト 映画ガチャ 引くべき。 【モンスト】映画ガチャ2020(ルシファー)当たりキャラランキング│引くべき?

【モンスト】ルシファー映画ガチャは引くべき?当たりキャラと評価一覧

モンスト 映画ガチャ 引くべき

ガチャキャラなので入手にはオーブが必要。 しかし、 両方とも1体だけでもゲットしておくことをオススメします。 弱点露出は継続するので、後続の味方も火力を出しやすい。 ・豪華な6アビリティ持ち。 「弱点キラー」の効果で殴りも友情も強い。 ・ステータスも全体的に高め。 非の打ち所がない。 自強化の倍率も高めで、ボスと1対1の状況でも弱点往復で火力を出しやすい。 演出も豪華で、見ているだけでも楽しい。 発動までのターン数が重いのは玉にキズ。 ふれた味方の攻撃力アップ(1. 2倍、1回攻撃するまで継続)と、ふれた敵の防御力ダウン(与ダメ1. 2倍、発動時も含めて5ターン継続)の効果が発動する。 ・ストライクショットも回復が可能。 カシエルがランダムに動きまわり、味方にふれるたび2,500ずつ回復。 ルシファーカエサルの評価・適正、モンスト攻略班の独自評価は? わくわくの実も解説!

次の

モンスト映画、ガチャは引くべき!?

モンスト 映画ガチャ 引くべき

こんにちは、しゅんぴぃです。 今回は新たに獣神化が解禁されるソードアートオンラインコラボのアスナ、シノン、キリトの性能を細かく評価、解説していきたいと思います。 最後にガチャ引くべきかどうかについても話しているのでぜひ参考にしてください! 使ってみた動画が出てステータスやSS倍率が判明した状態で撮ってます。 基本的に2. 5点基準で作ってます。 ・将来性ではなく現状どこで使えるかを優先に評価します ・ガチャキャラの場合ノマクエ禁忌玉楼神殿など運枠を必要としないクエストで適正の場合高く評価します。 ・基本的に全てのキャラを所持している前提での評価となります。 ガチャ限の所持率は人それぞれなので、私の評価を参照しつつ自分の手持ちと照らし合わせて考えていただきたいです。 ・上記のことも踏まえ、適正クエストでの評価は全キャラの中でガチャ枠と運枠を分けた上から1~3番目辺りに位置する「Sランク適正」の場合のみ評価します。 ・手持ちやオーブに余裕がある方以外は現状率先して使うクエストがない場合はコラボなどの期間限定でない限り適正クエストが出現してから狙いに行くのがいいと思います。 後から適正もらえたらピックアップきますし、その後上位互換のようなキャラが追加される可能性も大いにあるので ・以上のことを踏まえてご視聴いただけると幸いです。 youtube. amazon. 関連する記事• 2020. 2020. 2020. lga. 2020. youtube. […]• 2020. 今日も動画を観てくれて本当にありがとう! 動画をいいな[…].

次の

【モンスト】ガチャ引くべき?SAOコラボ第一弾キャラ獣神化《アスナ、シノン、キリト》性能を細かく考察!【しゅんぴぃ】 │ モンスト(モンスターストライク)動画まとめ

モンスト 映画ガチャ 引くべき

アンチギミックとしては超アンチワープ、アンチブロックの2種を所持。 アルカディアや阿修羅廻など、封印の玉楼などでも使用できるクエストは多い。 友情コンボは火力面では最近のモンスターに見劣りするものの、副友情にスピードアップを所持。 高難度クエストのサポート役として、息の長い活躍が期待できる。 SSが触れた順に応じて攻撃力の上がるメテオと追従貫通弾を併用するため、ザコ敵を対処しつつ、ボスもあわせて攻撃できるのも強み。 キャラクターや性能に魅力を感じるならば、狙ってみてもいいだろう。 広範囲爆発とレーザー、全体追撃の3段階で広範囲に火力を発揮する。 最終ステージなどで多くのザコ敵をまとめて対処したい場面などで活用すれば、クエストの難度を大きく下げる可能性を秘めている。 アンチアビリティはマインスイーパーMとアンチ魔法陣の2種類のみ。 最近のモンスターとしては対応ギミックが狭く、使えるクエストはやや少なめ。 さらに友情火力もさほど高くないため、ギミックを無視した砲台役としての起用には、あまり向いていない。 ただし、光属性の反射タイプでは希少な組み合わせのことから、今後のクエスト追加によって重宝する可能性もある。 最大の長所であるSSは性能が強力なぶん、1段階目が25ターン、2段階目が30ターンと発動に時間がかかる。 実用性を高めるならば、特級以上の速必殺の実を付けたいところだ。 希少なアビリティセットや強力な固有SSはあるものの、今回のイベントガチャでは個別ピックアップが予定されていないため、単体で狙うのが難しい。 キャラクターが好きでどうしても入手したいという場合を除いては、深追いするのは考えたいところ。 適正モンスターの数が少ないラウドラ(極)など、多くの高難度クエストで活躍することができる。 最大の魅力となるSSは1段階目で16ターンと早い段階から使用でき、究極クエストの周回などでも活用可能。 弱点キラーとの相性もよく、ボス戦でのダメージソースとして大いに期待できる。 友情コンボは最近の砲撃型モンスターの中では目立ちにくいものの、超強防御ダウンブラストで味方の直接攻撃をサポート可能。 クロス炸裂弾も必中友情のため、確実にダメージを与えてくれる。 とはいえ、現時点ではこのモンスターで圧倒的にラクになるクエストがあるわけではない。 性能やキャラクターに魅力を感じる人は狙ってみてもいいだろう。 アスカ&マリ(獣神化)に次いで2体目となる超レーザーストップが目立ち、組み合わせとしても希少なものが多い。 また意外なことに、アンチ重力バリアとビットンブレイカーの組み合わせは火属性では初となっている。 友情コンボは超絶ホーミング6。 ストライクショットは自強化による攻撃と回復を同時に行える固有のもの。 ガチャでの排出率は25%と入手しやすいため、最低でも1体は入手しておくことをオススメしたい。 BOXとオーブに余裕があれば3体確保もいいだろう。 木属性3体目となる希少なトリプルアンチアビリティに加え、最近になって重要性が増してきた状態異常回復も所持しており、多くのクエストに連れて行くことができる。 とくに真・伊達政宗(超究極)にも対応できる点は価値が高い。 同クエストをクリアーできていない人はぜひとも入手しておきたいモンスターだ。 ガチャでの排出率は25%と非常に高く、本イベントガチャの開催期間中なら入手は容易。 サポート要員のため複数体揃える必要はないが、最低でも1体は必ず確保しよう。 しかし、ノア&パンドラ、アーサー&ソロモン、ルシファー&カエサルの3体はいずれも性能は悪くないが、現時点で特筆すべき適正クエストが存在しない。 特定のクエスト攻略のためにほかのガチャを引きたいという人は、オラ玉の結果に期待してオーブを温存しておくのも手だ。 とくにクインステラは真・伊達政宗(超究極)のサポート役として活躍が期待でき、今回最注目のモンスターとなっている。 今後のためにオーブを温存したい人も、オラ玉やクエストクリア報酬のオーブを利用して、この2体だけは最低限確保しておきたい。 あわせて読みたい 『ソードアート・オンライン アリシゼーション』コラボ第2弾.

次の