ヒーラー。 ヒーラー 〜最高の恋人〜

韓国ドラマ 「ヒーラー」

ヒーラー

レジェンド級の使者「ヒーラー」、ソ・ジョンフ(チ・チャンウク)は今日も新しい依頼を遂行していてライバルと激戦を繰り広げる。 スター記者のキム・ムンホ(ユ・ジテ)は、生放送中に再び事故を起こし、B級のインターネット新聞芸能部記者であるヨンシン(パク・ミニョン)は今日もスクープを夢見てスターを追いかける。 ソ・ジョンフが受けた次のミッションのターゲットは、まさにそのチェ・ヨンシン。 チェ・ヨンシンの全てを知りたいということ。 ヨンシンを綿密に調査していたところ、ジョンフはヨンシンの過去の一片を知るようになる。 ジョンフが地下鉄で接触した顧客が死体で発見され、ヒーラーが殺害容疑者と注目されて、ミンジャはジョンフに撤退するように警告する。 しかし、ジョンフはヨンシンの周辺で興味深いことを発見する・・・。 この作品は、登場人物たちに親近感&好きになっちゃったので思わずレビューしちゃいました。 皆さん言われている通り、あり得ない設定ながらもヒーラーのスパイダーマンみたいな身のこなしが完璧すぎて違和感なく見れました。 ほんとチ・チャンウクさんのカッコよさと母性本能をくすぐる可愛らしさ・・キャラを魅力的に演じています。 この役はこの人じゃなかったらここまではまらなかったかもと思うくらい。 パク・ミニョンさんも可愛くて素敵でした!それにしても韓国の俳優さんは皆さん演技がうまいですね。 とにかく面白かったです。

次の

walmartwallofhonor.twubs.com: ヒーラー(字幕版): generic

ヒーラー

そんな彼のもとに、1人の女性を捜してほしいという依頼が入る。 ターゲットは、三流インターネット新聞「サムデーニュース」の熱血記者チェ・ヨンシン。 依頼主は、ABS放送局のスター記者、キム・ムンホだった。 難なく彼女を見つけ出し、仕事をこなしたジョンフだったが、さらにムンホから新たな依頼が届く。 それは、ヨンシンの夢を調べること。 奇妙な依頼を不審に思いつつも、彼女の身辺を調べるうち、その過去を知り、気になり出したジョンフは、新人記者パク・ボンスとして彼女の職場に潜入する。 そんな中、ある事件によりジョンフ、さらにヨンシンが狙われるように。 ヨンシンは後輩ボンスに心を許しつつ、自分の危機に現れる正体不明の男、ヒーラーに惹かれていくが……。 一方で、ムンホはある過去の出来事に苦悩し、ヨンシンを一流記者に育てようとしていた。 その裏には、ヨンシンやジョンフ、彼らの親たちの因縁が隠されていて……。

次の

韓国ドラマ 「ヒーラー」

ヒーラー

レジェンド級の使者「ヒーラー」、ソ・ジョンフ(チ・チャンウク)は今日も新しい依頼を遂行していてライバルと激戦を繰り広げる。 スター記者のキム・ムンホ(ユ・ジテ)は、生放送中に再び事故を起こし、B級のインターネット新聞芸能部記者であるヨンシン(パク・ミニョン)は今日もスクープを夢見てスターを追いかける。 ソ・ジョンフが受けた次のミッションのターゲットは、まさにそのチェ・ヨンシン。 チェ・ヨンシンの全てを知りたいということ。 ヨンシンを綿密に調査していたところ、ジョンフはヨンシンの過去の一片を知るようになる。 ジョンフが地下鉄で接触した顧客が死体で発見され、ヒーラーが殺害容疑者と注目されて、ミンジャはジョンフに撤退するように警告する。 しかし、ジョンフはヨンシンの周辺で興味深いことを発見する・・・。 ドラマにプロデューサー体制を最初に取り入れるなどの画期的な制作システムを構築して、 1年平均10本以上のドラマを制作するなど、企画力と制作力で韓国を代表するドラマ制作会社。 代表作:「君の声が聞こえる」「馬医」「追跡者」「ザ・キング」「ベートベン・ウィルス」「イ・サン」 「太王四神記」「悲しき恋歌」「フルハウス」など) Q.まずは、7月から衛星劇場にて放送されるドラマ 『ヒーラー』の紹介をお願い致します。 人を信じることのできない人物が、人との繋がりを通して、心の傷を癒していく物語でもあり、社会を風刺するようなエピソードも盛り込まれていたり…。 ジャンルとしては、アクションロマンスと言えます。 一風変わった職業ですね。 とても孤独で、一般の人とは、少しかけ離れた本質を持った人物でもあり、そのせいで、自分は他人とは合わないんだと思いこみ、心の傷を隠しながら生きるキャラクターです。 Q.武術監督のチョン・ドゥホンさんが、『チャンウクさんは、本当にアクションの上手な役者だ』と絶賛されていましたが、アクションシーンの撮影で大変だったことは? 真冬の撮影なので、とても寒い中でのアクションシーンも多く、体力的にはとても大変でしたね。 怪我を伴う危険な撮影なので、どのシーンの撮影よりも、気を付けながら集中して撮影に挑みました。 もし、怪我をしてしまったら、放送にも支障をきたしてしまうので、最大限の注意を払いながら、撮影に臨んでいましたね。 第5話に出てくるシーンだったかな?ヨンシンとボイラー室にいて、そこから抜け出そうとする時に、ニコッとほほ笑む場面があるんです。 そのシーンは、思っていたよりも視聴者の皆さんの反応が良かったので、かなり記憶に残っていますね。 Q.今作で、一番記憶に残っているセリフは? ドラマ「ヒーラー」は、アクションから始まる恋愛ドラマですね。 アクションあり、ラブロマンスありで、見どころ満載ですし、社会を風刺する内容にも注目していただきたいですね。 人と人の繋がりを通して癒されていくという、とても面白くて心温まるストーリーなので、是非ご覧ください。

次の