ワイルド ターキー レア ブリード。 ワイルドターキー レアブリード:700ml [71310]](K)(L)(35

【これから買う人】ウイスキーのワイルドターキーの味や種類を3分で解説!

ワイルド ターキー レア ブリード

歴史 [ ] ワイルドターキー蒸留所 [ ] ワイルドターキー蒸留所は、にトーマス・リピーが創業したリピー蒸留所を起源とする。 リピー蒸留所は持ち主を転々とするが、に創業者トーマスの息子であるリピー兄弟が再び蒸留所を買収し、順調に経営が行われた。 、バーボンの製造に本格的に取り組もうとするオースティン・ニコルズ社によってリピー蒸留所が買収された。 オースティン・ニコルズ社 [ ] にコーヒー、紅茶、酒類の卸売り販売を中心としたオースティン・ニコルズ社が設立される。 その後、のに後のワイルドターキー蒸留所を建てウィスキー製造を始め、にはシカゴで開催されたワールド・フェアで「ケンタッキーを代表するバーボンウィスキー」に選ばれ全米にオースティン・ニコルズ社の名を知らしめる事となる。 アメリカ政府の発布と同時にウィスキー製造は中止され、オースティン・ニコルズ社は食品卸業を中心にやっていくのだが、禁酒法廃止後にウィスキー製造を再開した。 にオースティン・ニコルズ社は食品卸業からは撤退、酒類の製造販売に的を絞る。 1960年代までオースティン・ニコルズ社は自社の蒸留所を所有しておらず、JTSブラウン蒸留所から購入した原酒をブレンドしたウイスキーを販売していた。 1970年にリピー蒸留所を買収して以降は、蒸留から醸造までの工程を一貫して自社で行っている。 にオースティン・ニコルズ社はフランスの酒類メーカーに買収される。 にイタリアの酒類メーカーはペルノ・リカール社からワイルドターキーブランド及びその蒸留所を買収し、現在に至る。 ブランド名の由来 [ ] 「ワイルドターキー」のブランド名は、1940年に遡る。 往時のオースティン・ニコルズの社長、トーマス・マッカーシーが自慢の101プルーフ アルコール度数50. 特徴 [ ] ワイルドターキーの素材となる穀物の構成比率(マッシュビル)のレシピは公開されていない。 原材料について、蒸留所の最高責任者(マスター・ディスティラー)のジミー・ラッセルは「全てのバーボンの中でトウモロコシの使用量が最も低く、ライ麦と大麦麦芽を多く使用している」と語り、その理由についてウイスキーに香味(フレーバー)と風味を与えるためだと述べた。 法律で定められているバーボン・ウイスキーの蒸留時のアルコール度数は80度以下であるが、ワイルドターキーは60度から65度と低めの度数で蒸留される。 熟成時のアルコール度数は54度から55度となり 、ボトリング(瓶詰)でも低めの度数が保たれる。 このため加水量を少なく抑えることができ、フレーバーや風味を損なうことなく、原酒に近い味わいを残している。 豊かな風味と他のバーボンには無いコクの強さが特筆される。 完成後、万一のトラブルに備えるため、全てのワイルドターキーのサンプルがオースティン・ニコルズ社で2年間保存される。 ラベルに描かれた七面鳥のイラストも、ワイルドターキーの特徴の一つである。 かつてラベルの七面鳥は正面を向いていたが、より横を向いたイラストに変更された。 理由は明らかではないが、一説には正面を向いた七面鳥の目が怖いという意見があったために変更されたという。 12月に「ワイルドターキー 8年」「ワイルドターキー 12年」「ワイルドターキー スタンダード」の3種のパッケージのデザインがリニューアルされた。 ラインナップ [ ]• ワイルドターキー 8年(アルコール分50. ワイルドターキー 12年(アルコール分50. ワイルドターキー トリビュート 15年• ワイルドターキー ケンタッキースピリット• ワイルドターキー マスターディスティラーセレクション 14年• ワイルドターキー トラディション 14年• ワイルドターキー ライ(アルコール分50. Cleary, Andrew; Sara Gay Forden 2009年4月9日. Bloomberg. 2009年4月9日閲覧。 橋口『ウイスキーの教科書』、p172• 橋口『ウイスキーの教科書』、p205• 講談社編『世界の名酒事典』2012年版(講談社, 2011年11月)、p63• 『ウイスキー通』(新潮選書, , 2007年10月)• 橋口孝司『ウイスキーの教科書』(, 2009年12月)• 『ウィスキー・エンサイクロペディア』(土屋希和子、Jimmy山内、山岡秀雄訳, , 2007年2月) 関連項目 [ ]• - ワイルドターキーと同じく、ローレンスバーグで製造されている。 - ワイルドターキーを使用するカクテル。 - 日本における輸入販売元。 外部リンク [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

バーボン

ワイルド ターキー レア ブリード

種別:バーボン・ウィスキー• アルコール度数:40度~56度• 製造会社:オースティン・ニコルズ社 そもそもバーボンの発祥地がケンタッキー州になります。 ターキーもその例にもれず、ケンタッキー州で生産されています。 名前の由来は? 名前である「ワイルドターキー」とは、和訳すると「七面鳥」です。 ニコルズ社の社長が七面鳥のハンティング時に仲間に振る舞ったことから来ているとされ、ラベルにも七面鳥が描かれていますね。 私は、由来を調べる前には、「この強烈な雑味がワイルドだからかッッ!? 」などと勝手に思っていました 笑 ワイルドターキーの意味を分かってなかったんですよね。 ワイルドターキーの飲み方は? 度数が高いながらも、豊かな香りとしっかりとした味があるターキーは、オンザロックかストレート以外には考えられません。 が、彼の飲み方のように、ストレートでがぶ飲みしたら 非常に危険ですので注意です。 ・・・やらないか 笑 花山の初登場時はフォアローゼスだったのが、それ以降はターキーに統一されています。 んが、ターキーはターキーでも外伝やシリーズによって、銘柄が異なっています。 ワイルドターキーの種類 ワイルドターキーには、実に多くの銘柄が存在しています。 ワイルドターキー 8年(アルコール分50. ワイルドターキー 12年(アルコール分50. ワイルドターキー トリビュート 15年• ワイルドターキー ケンタッキースピリット• ワイルドターキー マスターディスティラーセレクション 14年• ワイルドターキー トラディション 14年• ワイルドターキー ライ(アルコール分50. アルコール度は 最強で56%。 イカレてますよね 笑 この中から、簡単に手に入る基本のターキーを紹介していきたいと思います! ワイルドターキースタンダード.

次の

ワイルドターキー その1

ワイルド ターキー レア ブリード

「ワイルドターキー Wild Turkey 」の種類パート2です。 漫画「刃牙」シリーズに登場する花山薫が愛飲するバーボンということから、漫画をきっかけに興味を持つ人もいますね。 別記事で熟成年数表記のボトルを紹介したので、それ以外の人気ボトルやレアアイテムを紹介していきます。 ちなみに、同社蒸留所マスターディスティラーのジミー・ラッセル氏オススメのワイルドターキーの飲み方 味わい方 があるそうです。 それが「ケンタッキー・チュー ケンタッキー噛み 」で、しっかりと噛むようにして飲むこと。 牛乳みたいですが 笑 、こうすると口全体にウイスキーの味が広がって味わいやすいのだとか。 ぜひ、ストレートで少しだけお試しください。 「ワイルドターキー ライ 700ml・40. 5度 」 Wild Turkey Rye 原料のライ麦比率51%以上、あとはトウモロコシと大麦。 4~5年熟成の原酒を使用しています。 甘さ控えめで、コショウっぽさや土っぽさが感じられる独特の風味が特徴。 価格は3,000円前後。 旧ボトルもまだ在庫がありますが、倍以上の7,500円前後。 「ラッセルズリザーブ ライ6年 750m・45度 」 Wild Turkey Russell's Reserve Rye 6 Years Old 2007年発売。 マスターディスティラーのラッセル親子が特別にブレンドしたシリーズのライ版。 上記スタンダードのライをマイルドで上品にした味わいで、同じライでもまったく別物という印象。 価格は7,000円前後。 「ラッセルズリザーブ シングルバレル 750ml・55度 」 Wild Turkey Russell's Reserve Singlebarrel 「ラッセルズリザーブ」シリーズの限定版。 シングルバレルはスコットランドでは「シングルカスク」と呼ばれる、ひとつの樽からだけ瓶詰めする工程で、アリゲーター・チャーをほどこしたアメリカンホワイトオーク樽でのみ熟成させた原酒をジミー・ラッセル氏が選別。 さっらに、ノンチルフィルター、高めのアルコール度数55度でボトリング。 甘い味わいや香りは抑え目で、スパイシーで複雑な香りのバーボン。 価格は7,000円前後。 ノンチルフィルターの解説はこちら>>> 「ワイルドターキー ケンタッキースピリット 750ml・50. 5度 」 Wild Turkey Kentucky Spirit 1995年発売。 8年以上熟成させた原酒樽から厳選したシングルバレルのスーパープレミアムバーボン。 上記「シングルバレル」の上位ブランド。 ボトリングの日付、貯蔵所、樽のナンバーは手書きで記載。 日本未発売ですが、通販で購入可能です。 価格は6,000円前後。 「ワイルドターキー レアブリード 700ml・58. 4度 」 Wild Turkey Rare Breed 6年、8年、12年熟成の原酒をブレンド、加水なしでボトリングした樽出し原酒。 バーボン特有のクセのある香りは薄く、熟成感の強い豊かな香りがあります。 オシャレなコルク栓で、ボトル一本一本にバッチナンバーを記載。 樽出し原酒のためか、ボトルによっては56度もあります。 価格は3,800円前後。 「ワイルドターキー フォーギブン 750ml・45度 」 Wild Turkey Forgiven 2015、2016年数量限定発売。 従業員が完成したバーボンウイスキーに誤ってライウイスキーを混ぜてしまったことから生まれた商品。 憤ったマスターディスティラーが試飲してみると、おいしい味わいだったために従業員を許したことから「Forgiven 許された 」と命名されました。 ライウイスキーの比率が高く、バーボンに関する法律からも「バーボンに属さない」というレアブレンドウイスキー。 香りは弱めで優しいミルキーな香りとスパイシーな刺激が調和しています。 価格は2万円から3万5千円ほど。 「ワイルドターキー ダイヤモンドアニバーサリー 750ml・45度 」 Wild Turkey Diamond Anniversary 日本 2015年 、アメリカ、オーストラリアの3ヶ国のみの数量限定発売。 息子エディ氏がジミー・ラッセル氏の勤続60周年を祝うべく、ご本人に内緒で造ったという数量限定のプレミアムバーボン。 13年から16年の長期熟成原酒のみをブレンドしたバーボン。 美味しさは格段との評価で、香ばしさのなかに上品な甘さがあります。 高級感のある箱もついていて、特別な贈り物にもおすすめ。 価格は15,000円前後。 「ワイルドターキー フリーダム 750ml・53度 」 Wild Turkey Freedom 免税店限定シリーズの日本未発売品ですが、通販でオールドボトルが購入可能。 7年から13年物の原酒をバッティングしています。 同社銘柄のなかでも度数が106プルーフ 53度 と高め。 ボトルデザイン通り、角の取れたまろやかな味わいが特徴です。 価格は2万円から7万7千円くらいまであります。 「ワイルドターキー101 1000ml・700ml・50. 5度 」 Wild Turkey 101 ご存知のない方のために紹介しておきます。 これは日本の「ワイルドターキー8年」と同じものでアメリカからの平行輸入品。 アルコール度数が101プルーフ 50. 5度 はこのブランドが生まれたときから変わらず。 七面鳥がアップでがっつりとこちらを見ているラベルもあります。 価格は2,500円前後なので、話題性がほしいときやデザイン違いのターキーをコレクションしたいときにおすすめです。

次の