伊勢 白山 道 検索。 伊勢白山道の正体は??リーマンって何!?

私が伊勢白山道を邪道とし、否定する理由。

伊勢 白山 道 検索

伊勢白山道についての書き込みが多いので、 改めて述べますが、私が伊勢白山道を、邪道、人の道を 踏み外した、外道として、否定する根底にあるものは、 伊勢白山道が、古神道、神道を穢し続けているからです。 祝詞の説明も、全くのデタラメ、妄想、素人知識で、いい加減な事を 書き、神社の歴史を霊視(というより馬鹿げた妄想やオカルト知識) しては、神社に穢れを運びます。 さらにデタラメな話、歴史を捏造し、平気でブログの更新を 続けています。 そして神々の名を利用しては、書籍の販売が続く。 線香3本での供養や、最強の祝詞などというものを広げ、 それを行う事によって起こる弊害、危険性への配慮が無いのも 問題です。 伊勢白山道のブログを読み、本を買って、先祖供養をして結果的に、 精神疾患、主にうつ病になり、私に相談が来て、対応した例は3桁近くに のぼり、プライベートな時間を、多大に費やすことになり、 無償での対応が出来なくなってしまいました。 相談者の家に入ると、障気が充満していて、耐性の弱い人間ならば、 気持ち悪くなったり、悪寒、頭痛、吐き気、全身の脱力感、精神的には 暗く憂鬱になってしまいます。 さらに、障気の中でしか生息できない、下等な魑魅魍魎が、大量に 発生していて、発生源は3本線香と、依り代です。 素手で握り殺せる程度のモノですが、体内に入られた場合は、引きずり出し 滅する事になります。 祓を行い、空間が浄化すれば、精神や体調不良は回復します。 依り代や、書籍は、その場で、全て燃やします。 本来は、この祓は、私ではなく、伊勢白山道が、責任を持って、 全て対応するのが当然でしょう。 夜勤サラリーマンと言う事ですが、よほど暇な無職か、人格障害者でも なければ、毎日、嘘と妄想だらけのブログを更新するのは、時間的にも 無理があります。 海外との時間差で、リアルタイムでの交渉などが必要な場合は、 私も、外資系システムインテグレーターで、数十億円単位の プロジェクトでは、一時的に夜勤をしましたが、通常は、直接海外に 長期滞在して、現地で働く事になります。 天然資源を扱うならば、国内で夜勤をするというのは、業務的に 無理があり、夜勤サラリーマンというのは嘘だと思います。 あるいは、天然資源を扱う会社に勤務しているのが嘘か。 それゆえ、顔を表に出さず、神性を維持する為に人に会わない といった言い訳をするのでしょう。 正しき神と通じ、自分自身にやましい事がなければ、人前に 出られます。 と言うより、人と接する事で、自分が磨かれていきます。 こう考えると、伊勢白山道が無職のニートと言われるのも 納得できます。 世の中には多くの人が暮らしています。 その人達と接することで、神性が失われるならば、所詮、 伊勢白山道など、人間のクズです。 大きな神社ほど、神職も巫女も、多くの人達と接する事に なりますが、その神性は失われません。 人と接する事で失われてしまうような、伊勢白山道の 神性など、偽者でしかありません。

次の

伊勢白山道という人は宗教者なのですか?

伊勢 白山 道 検索

伊勢白山道とは何? ブログランキングの上位に 伊勢白山道というブログが存在します。 また伊勢白山道という名前で何冊か本も出版しています。 内容はスピリチュアルな物ばかりです。 伊勢白山道は リーマンと言う自称霊能力者が書いているブログ集です。 そのブログ記事をまとめて本として出版しているようです。 信憑性はあるのか気になるところですが、それは微妙な所です。 ヤフー知恵袋などにも伊勢白山道についての質問は幾つかありますが意見が半々に分かれています。 スピリチュアルな物に傾倒しやすい方は影響を受けやすいかもしれません。 しかし、有名な宗教家・思想家の著書をあちこちパクリ、論理的矛盾が多いとの意見も多々あります。 伊勢白山道の主な主張は、自分の内にある神に気付くこと、先祖供養を大切にすること。 更に感謝の気持ちを大事にする事です。 これだけなら、なるほどで済むのですが他の主張も絡むと論理的な矛盾が発生します。 それが批判も多い理由でしょうね。 もちろん個別に見れば良いことも言っています。 そういった所だけ取り入れれば良いんじゃないでしょうか? 伊勢白山道の内在神への道について 『内在神への道』は伊勢白山道が書いた著書の1つです。 伊勢白山道はブログの名称で、ネットではリーマンと名乗っています。 ブログで書いた過去記事をまとめ本にしているようです。 本のタイトルにもなっている内在神は伊勢白山道の主な主張の1つです。 自分の内にある神 内在神 に気付き、信じることが重要らしいです。 人間は皆、世界を生み出した根源的な神から分霊を宿しているので、まず内にある神の存在に気付こうと言う事らしいです。 なので外側の神に祈るより、内在神に感謝し神と繋がるべきとも説いています。 その割りに神様が宿る伊勢神宮への参拝を推奨しているので、明らかに矛盾はしています。 まあ論理的矛盾が多いのは良く指摘されていますからね。 個々の主張はなるほどなと思わせるものがありますよ。 感謝の気持ち、先祖供養の重要性なども説いています。 また内在神への道では有名人の霊視も行っています。 乙武さん、ビートたけしさんなどが対象となっています。 流石にこれは信じる必要はないかと思います。 著書の中にも話半分で聞いてくださいと書いてありますしね。 伊勢白山道の森羅万象シリーズ 森羅万象シリーズは伊勢白山道が書いた著書の1つです。 伊勢白山道というブログで霊的知識・精神世界について書き綴り、それを本にまとめています。 2009年5月から森羅万象シリーズは販売開始されています。 最新作では森羅万象10と既に10冊も刊行されています。 森羅万象では、1冊目から太陽電磁波と超微細宇宙線が重要なテーマとして書かれています。 著者曰く、太陽からの洗礼が始まる可能性が高い時期に来ているそうです。 洗礼と言うのは、要するに避けて通れない試練のような物なので怖い印象があります。 ただ、自分の中にある内在神が現われた人は問題ないそうです。 このように精神世界の話が中心なので好みが別れると思いますが、気になる方は読んでみては? ブログの過去記事を書籍にしただけでなく、出版にあたり加筆・修正もあるみたいです。 すでに伊勢白山道のブログを読んでいる方も楽しめるのではないでしょうか? ちなみに紙の書籍だけでなく、電子書籍にも対応しています。 伊勢白山道の内在神と共に 『 内在神と共に』は伊勢白山道が書いた著書の1つです。 著者の伊勢白山道は普通のサラリーマンらしいですが、幼いころから霊感が強かったようです。 そんな著者が宗教や霊界についてブログに書いてきたものが本にまとめられています。 『内在神と共に』で強くとかれているのは内在神と感謝の気持ちです。 この二つは伊勢白山道の考え方の骨格ともなっています。 人間の心にある神 内在神 を育てて大きくすることが重要で、外の神様に救いを求めるのは不要という考え方のようです。 なので救いの為にお金をかけることは不要、必要以上にお金を要求する宗教団体も不要と言う考えです。 こういう考え方なので悪い宗教に嵌り金銭を搾取された人などからは救いになっているみたいです。 本も沢山出版されていますし売上も良いので、伊勢白山道の信仰者は多いのでしょう。 基本的に内在神を育ていけば良いという考えなので、大抵の宗教には否定的です。 そんな中、 浄土真宗だけは良いとかキリスト教も褒めているので、若干の矛盾は気になります。 ただ、著者の言葉で救われた方もいるみたいなので、のめり込みすぎない様に気をつければ良いと思います。 伊勢白山道の自分の心を守りましょう 『自分の心を守りましょう』は伊勢白山道が書いた著書の1つです。 この本は著者が伊勢白山道というブログに書いた、思想・精神世界の話をまとめたものです。 この伊勢白山道というブログは人気ブログで、1日20万人以上が閲覧しコメント数も500以上が当たり前です。 2007年から毎日のよう更新しているので量が膨大です。 さて、肝心の『自分の心を守りましょう』の内容ですが、スピリチュアル系の内容なので好き嫌いは分かれるでしょう。 主に自分の心を守り、強くすることの重要性、その方法論が説かれています。 目次を簡単に書いておくので気になった方は読んでみると良いかも知れません。 第一章・悩みの本当の原因と解決法 第二章・感謝の思いを出すと現実が変わる 第三章・自分の心を守る 第四章・仕事は自分自身との真剣勝負 こんな感じの内容が第十章まで続きます。 スピリチュアル系の本に分類はされますが、思想・精神世界など形而上的な話ばかりでなく仕事や人間関係の悩みの対処法も多いです。

次の

私が伊勢白山道を邪道とし、否定する理由。

伊勢 白山 道 検索

連日、自ら墓穴を掘る、伊勢白山道リーマン 6月の祓い 2010-07-01 12:05:50 Weblogより抜粋 先祖が伝えて来た、伝統ある神社仏閣は大切です。 これは古神道で言うところの、「神は言(こと)あげせず:神様は話さない」が大切なのです。 といいつつ、リーマンは神示だ神意だと、下らない質問に答える。 これは偽神の特徴です。 私の場合、相談者が来ても、悩みに答えを示す必要が無い場合は そのまま帰っていただきます。 神が降りないからです。 しかし、リーマンの神は良く喋る、テンプレートのように、 エビオスだ、マグカップ一杯の水にみみかき程の塩だと答えまくる。 ブログを書籍化するには、下らない質問にも返答しなければならない。 神がサニワ(判断)します 2010-07-02 11:46:38 Weblogより抜粋 神職や巫女にとって一番重要なのは、頭の飾りです。 これが神気の寄り代と成って、人を動かしているのが霊眼では観えます。 頭の飾り自体は、祭礼、儀式、正装においての一般的なものであり、それ以上に 重要なものを狩衣を着ない平時でも、正しい神職ならば持っています。 伊勢白山道の霊眼などはしょせん、まやかしだと自ら発言しています。 重要なものとは師から高位の神職に受け継がれるもので、これは高位の神職にのみ 伝えられます。 伊勢白山道などには伝承されませんし、昭和の書物などを中心に得た伊勢白山道では 知ることすら出来ません。 神職で霊が見えると自称する様な人間は、一切ダメです。 本当に神気が寄れる人間は、そのような迷いの次元の存在と波長を合わせる事は出来ません。 奇異を見ない人が正しいのです。 何も見えないのが、正神と縁のある神職なのです。 本当に神霊と通じますと、神界のおきてが有り、話せない事が大半です。 これも伊勢白山道の背後が低級な動物霊であることを自白しています。 奇異を見ない人が正しいのならば、リーマンの有名人を勝手に過去生を霊視したり 読者の要望で霊視する事は出来ません。 ここに大きな矛盾点があります、自分で自分の霊視がインチキだと証明して います。 正しい神に通じていないからこそ可能な、リーマンの霊視という図式が成り立ちます。 神職は、森羅万象を表面に起こる出来事だけで判断するのではなく、その事象の 示すこと、表面にでない、真理を理解するために、霊眼などの低級なモノではなく、 神眼を持ちます。 これは見鬼でも必要になります。 一般的な神道では呪いというものを認めてはいませんが、呪術戦にも特化した 我が一族では、必ず世代ごとに、神眼を持った神職や巫女が産まれます。 伊勢白山道が通じているのは、神界ではなく、魔界です。 神道ではなく魔道に通じた、クズのインチキ霊能者が伊勢白山道リーマンです。 神職になる資格すら持たない、ただのひきこもりの中年が、偉そうに神や 神職を語るなど、憤慨です。

次の