お返事 ご返事。 嫌われる人の「イラッとする返事」、7大NGは?

「良い返事」の敬語表現・良い返事の使い方と例文・別の敬語表現

お返事 ご返事

いろいろな言い方ができると思いますが、 個人的に「いいな」と思ったものを二つ。 過去に似た質問がありましたので、、 ・返事遅くなってごめんなさいって英語でなんて言うの? ・返事が遅くなってごめんねって英語でなんて言うの? ・ごめんまた返事が遅れたって英語でなんて言うの? 画面上の【キーワードで検索】ボックスに、こちらの日本語文を入力すると検索できます。 回答は一例です、 参考にしてください。 ご質問ありがとうございました By using either one of these phrases you are telling the person you are sorry for the late reply. By using the word "apologize" apposed to "Sorry" may come across as more formal even though they both mean the same things example: " I apologize for the late response, I have been really busy with work lately" My apologies for my late response. (返事が遅くなって、申し訳ありません。 ) I would like to apologize for not responding to your email timeously. (すぐにメールに返信ができなかったことをお詫びいたします。 ) 上記の方法で相手に謝ることができます。 この言い方は、時間通りにメールに返信しなかったことをお詫びするあなたの気持ちを表現しています。 また、次のように言うこともできます。 "please accept my sincerest apologies for my late reply"(ご返信が遅くなり、深くお詫び申し上げます。 ) You want to apologise for the fact that you haven't contacted this person sooner and that you are only just doing so. Consider how you could form you phrase or sentence to sound as polite as possible. 'I'm sorry' and 'I apologise'. 'Please accept my apology for not responding to you sooner'. Sentences along these lines are always a great place to start. I'm sure your politeness will be met with a polite response!

次の

ご返事?お返事?どちらが正しい?正しい敬語の使い分け [手紙の書き方・文例] All About

お返事 ご返事

猫に呼びかけると「ニャン」と鳴いて、返事をしてくれることがあります。 返事をしてくれると飼い主も、猫の存在感をより感じるはずです。 では猫が呼ばれたら返事をするのは何故でしょうか。 ここでその理由をご紹介します。 返事をすれば褒められるから 猫は飼い主に誉められるのがとても好きです。 猫に呼びかけてちゃんと返事をしてくれたら、猫が喜ぶ方法で誉めてあげましょう。 頭を撫でてあげるなど、たくさん誉めてあげると良いです。 少し大げさに褒めてあげるのがコツです。 猫は返事をして誉められると、今後も返事をちゃんとしてくれるようになることもあります。 そのうち返事をすれば褒められる、という気持ちになっていくのです。 でもエサをあげて誉めてあげる方法には、注意が必要です。 呼ばれて返事をしたら、エサを要求するようになることもあります。 猫が呼ばれて返事をするのは、そうすることで誉められるから、という理由もあります。 友好的な関係でいたいから 猫が呼ばれると返事をするのは、飼い主と友好的な関係でいたい、という理由もあります。 猫には個体差はありますが、飼い主と親しい関係でいたい、という気持ちでいる猫は多くいます。 猫は行動や仕草の他に、鳴き声で自分の気持ちを表現していることがあります。 飼い主に呼ばれて「ニャン」と鳴くことで、仲良くできると思っているのです。 「ハイ」「分かった」という友好的な気持ちで返事をします。 外出する時なども猫に呼びかけると、「いいよ」という気持ちで返事をしてくれることもあります。 飼い主もこのような猫の気持ちを受け止めてあげることが大切です。 人間同士の会話のようにはいきませんが、飼い主も意識して積極的に猫に呼びかけてあげましょう。 より良いコミュニケーションにつながっていくはずです。 飼い主に甘えたいから 猫が呼ばれて返事をするのは、飼い主に甘えたかったり、構って欲しいという理由もあります。 特に呼ばれて長めに「ニャーン」と返事をする時によく見られます。 返事をしてそのまま寄ってきたり、飼い主の足に顔をこすりつける時があります。 シッポを立てて近づいてくる時は、かなり甘えている証拠です。 一緒に遊んで欲しかったり、抱っこをしてもらいたい、といった気持ちでいます。 またエサを要求して甘えてくることもあります。 野良猫でも人懐っこいと、声をかけると鳴いて返事をすることもあります。 甘えてくる猫を可愛がってあげることは大切です。 でもあまり構いすぎても良くありません。 頻繁に甘えるようになったり、何かを要求するようになってしまいます。 猫が呼ばれて返事をして甘えているようなら、状況を見て適度に関わっていくことが大切です。 自分の名前を覚えているから 猫に名前で呼びかけると、ちゃんと返事をしてくれることがあります。 これは自分の名前をしっかりと覚えているからです。 自分の名前が呼ばれて、挨拶をする意味で返事をしてくれることがあります。 猫は文章のように長い言葉は無理ですが、頻繁に聞く短い言葉であれば、理解ができる動物だと言われています。 猫に名前で呼びかけても返事をしてくれない時は、名前自体を覚えていない可能性があります。 そのため猫に対して積極的に名前で呼びかけてあげると良いでしょう。 猫を撫でてあげる時や遊んであげる時など、名前を呼びかけながら行うようにします。 こうすることで最初は返事をしてくれなくても、徐々にするようになる可能性もあります。 自分の存在をアピールしている 猫が呼ばれると反射的に「ここにいる」と返事をする時があります。 野性の猫の場合、鳴いてしまうと敵に気づかれるので嫌がることがあります。 でも飼育をして慣れてくると、返事をして自分の存在をアピールすることがあります。 猫はよく居場所を変えることが多いので、飼い主は呼ばれて返事をしてくれると安心感があります。 猫には個体差があり、呼びかけても返事をしない猫もいます。 また普段返事をする猫でも、他のことに集中していると返事をしない時もあります。 猫が返事をするのは「ニャン」と鳴く時だけではありません。 猫は何気ない仕草で返事をしていることがあります。 面倒くさい時はシッポをパタパタと動かして返事をすることがあります。 あくびをすることで返事をすることもあります。 猫が鳴き声で返事をしてくれると、居場所がとても分かりやすいのは確かです。 でも猫に呼びかけても無視されたと思うのではなく、猫の仕草にも注目してみましょう。 猫を呼ぶと返事する理由を知ろう 猫が呼ばれると返事をする理由は様々です。 誉められたいと思っていたり、甘えている時などにも見られます。 自分の存在をアピールしている時もあります。 猫に呼びかけて返事をしてもらえるだけでも、より良いコミュニケーションになります。 猫は自分の名前を覚えていることが多いので、積極的に名前で呼びかけて反応を見てみましょう。

次の

猫を呼ぶと返事する理由とは

お返事 ご返事

「返事」の類語には、「返答」「返信」「回答」「応答」などがあります。 「返事」は、「はい」「いいえ」などの呼びかけや問いに対する短い答えや、手紙や依頼、招待などに対する答えを指し、口頭でも文面でも使います。 前者の意味(呼びかけや問いに対する短い答え)では、「応答」を類語として用い、後者の意味(手紙や依頼、招待などに対する答え)では、「返答」や「回答」を類語として用います。 「返答」と「回答」は、ともに「返事」に比べてやや堅苦しい印象を持ちますが、「返答」は主に口頭で使う言葉であるため、形式的な改まった文書などで使う場合は、「回答」を用いると良いでしょう。 これに対して、「返信」は手紙やメールなど、文章に文章で返す答えを指すため、口頭では使いません。 「良い返事」の敬語表現 「良い返事」を敬語表現するとき、「良いお返事」「良いご返事」と表現することができます。 「お」と「ご」はともに敬語表現ですが、一般的に大和言葉(和語)には「お」を用い、漢語(漢字を音読みする言葉)には「ご」を用いることが多いとされています。 たとえば、お汁、お靴、お池、ご都合、ご出産などがあります。 しかし、漢語には例外も多く、お掃除、お料理、お仕事など、生活に近しい漢語には「ご」ではなく「お」を使うものが多く見られます。 また、「返事」のように「お」と「ご」の両方を使うことばもあります。 これらは、漢語と大和言葉から受ける印象がそうであるように、一般的に「ご」を使うと堅苦しく、「お」を使うとやや親しく感じられるということから使い分けられている傾向が見られます。 「良い返事」の敬語での使い方 「良い返事」には、先に述べたように三つの意味があります。 中でも、三つ目の意味はビジネスシーンなど、敬語を多用するときに使われることが多いです。 そこで、「良い返事」の敬語での使い方について見ていきましょう。 敬語の種類 敬語には、相手の言動に敬意を示す尊敬語と、自分の言動をへりくだらせて相手に敬意を示す謙譲語、そして、相手を問わず敬意を示す丁寧語の三種類があります。 尊敬語では主に「~なさる」「~される」、謙譲語では主に「お~する」、丁寧語では「~です」「~ます」などが用いられます。 また、先ほど紹介した名詞につける「お」「ご」も敬語表現の一つです。 使い方 「良い返事」には「良い返事をする」「良い返事をもらう」の二パターンがあると述べました。 そこで、この二パターンについて、各敬語ではそれぞれどのように使うのか見ていきましょう。 まず、「良い返事をする」を尊敬語にすると、返事をするのは敬意を示す相手なので「良いご返事をされる」となり、謙譲語にすると、返事をするのは自分なので、それをへりくだらせて「良いご返事をいたす」となります。 また、丁寧語は、敬意を示す相手を問わないため「良いお返事をします」となります。 次に、「良い返事をもらう」を尊敬語にすると、返事をもらうのが相手なので「良いご返事をもらわれる」となり、謙譲語にすると、返事をもらうのが自分なので、「良いご返事をいただく」となります。 また、丁寧語は、「良いお返事をもらいます」となります。 メールでの使い方 メールでは、相手が返事(返信)を期待しているのか、そうでないのかの判断がつきにくいことがあります。 メールを送った方は返信を期待しているのに、送られた相手の方では、返信の必要はないと判断してしまったために、いつまでたっても返信がないということもあります。 そのため、相手からの返信が必要な場合には、誰が見ても返信が必要なことがわかるように、メール文に、はっきりと「ご返信をお待ちしております」と書く必要があります。 中でも、相手に何らかの依頼をするときは、単に「返信」とするのではなく、「良いお返事をお待ちしております」とするのが良いでしょう。 「良いお返事」とすることで、相手に承諾してほしいという思いを含ませることができます。 また、返信を依頼するときは、「お手すきのときに」などの遠慮がちな表現を使わず、はっきりと返信期日を示すようにしましょう。 こうすることで、返信のし忘れを防ぐことができます。 「良い返事」の敬語での使い方がわかったところで、次は、具体的な例文を見ていきましょう。 お待ちしております 「今年度限りで現所長が退職されるにあたり、来年度は、ぜひともあなたに所長を務めていただきたいと思っております。 突然のことで驚かれているかとは思いますが、良いご返事をお待ちしております。 」 ここでの「良い返事」は、相手に来年度の所長を引き受けてもらうことを意味します。 そして、「良い返事を待つ」のは自分であるため、敬語の中でも謙譲表現を用いて、相手に敬意を示しています。 ありがとうございます 「先生の専門分野から少し外れた講義内容の講師依頼だったにもかかわらず、良いご返事をいただき、ありがとうございます。 早速、学生に通知したところ、講義内容に関係なく、先生にご講義いただけるということが、学生たちの間で大変な話題となっているようです。 」 ここでの「良い返事」は、相手に講義の講師を引き受けてもらったことを意味します。 そして、「良い返事をもらった」のは自分であるため、ここでも謙譲表現を用いて、相手に敬意を示しています。 「良い返事」の別の敬語表現例 前向きな返事 「前向きな」には、次のような意味があります。 」のように敬語表現を用います。 色よい返事 「色よい」には、望ましい様子、好ましい様子などの意味があり、「色よい返事」には、提案や依頼などに対する、期待したとおりの返事という意味のほかに、交際の申し出などに対して、承諾をする返事という意味もあります。 「良い返事」の類義語として「色よい返事」を用いるときは、前者の意味がふさわしく、「部長直々のご依頼とあっては、色よいご返事をせざるを得ないでしょう。 」のように敬語表現を用います。 良いお返事がもらえますように.

次の