パチスロ 化物 新台。 パチンコパチスロ新台噂情報2020|新機種 6号機 導入日

パチスロ化物語 天井,設定判別,解析,打ち方まとめ

パチスロ 化物 新台

傾物語「直撃」の見分け方 天井で傾物語に当選した場合は必ず「結末ノ儀」を経由。 経由せずに傾物語が告知された場合は直撃当たりと判断してOK。 天井減算高確率 有利区間突入時は天井ゲーム数減算のチャンス。 天井減算高確率の滞在保障ゲーム数は以下のとおり。 30G……69. 5 右下りのスイカ・共通ベル・通常時の10枚ベルの出現率に設定差アリ。 スイカの取りこぼしや、数えるべきベルの判別が難しいがマイスロを使うとカウントしてくれるのでオススメ。 怪異図柄が1つ停止で強チェリー、2つ停止で超強チェリー。 ベルが下段で揃った場合は強ベルとなる。 スイカ否定でスベリチャンス目。 スイカ否定でスベリチャンス目。 下段にベルが揃えば強ベル。 強発生で大チャンス。 敵キャラ出現 敵キャラがレバーで出現、リール停止時に特殊SE発生で大チャンス。 青オーラ 1G 2G 3G 期待度 通常 通常 チャンスアップ 25. 4% チャンスアップ チャンスアップ チャンスアップ 64. 9% 幕間劇 通常 通常 5. 3% 幕間劇 チャンスアップ 通常時 29. 9% 通常時 幕間劇 通常時 44. 2% 幕間劇 幕間劇 通常時 76. 1% 緑オーラ 1G 2G 3G 期待度 通常 通常 チャンスアップ 33. 4% チャンスアップ チャンスアップ チャンスアップ 73. 2% 幕間劇 通常 通常 7. 6% 幕間劇 チャンスアップ 通常時 38. 6% 通常時 幕間劇 通常時 53. 9% 幕間劇 幕間劇 通常時 82. 4% 赤 オーラ 1G 2G 3G 期待度 通常 通常 チャンスアップ 61. 9% チャンスアップ チャンスアップ チャンスアップ 89. 9% 幕間劇 通常 通常 21. 1% 幕間劇 チャンスアップ 通常時 67. 2% 通常時 幕間劇 通常時 79. 1% 幕間劇 幕間劇 通常時 93. 最終ゲーム前に発展した場合は大チャンス!? クライマックス中 成立役 期待度 チェリー スイカ 2. 8% 4. 7% 4. 7% 押し順ベル 共通ベル 44. 9 2. 3% 2. 3% リプレイ 93. 9 3. 9% スイカ チェリー - 75. 8% チャンス目 - 50. 5% 強ベル - - 50. 0% 100枚 200枚 300枚 ハズレ 0. 8% - - 押し順ベル 共通ベル 0. 3% チャンス目 1. 2% 強ベル 25. 3% 9. 4% 8. 8% 押し順ベル 共通ベル 54. 3% 5. 9% リプレイ 93. 9% スイカ チェリー - 75. 8% チャンス目 - 50. 5% 強ベル - - 50. 0% 100枚 200枚 300枚 ハズレ 0. 6% - - 押し順ベル 共通ベル 0. 3% チャンス目 1. 2% 強ベル 25. 8% 23. 4% 7. 3% 押し順ベル 共通ベル 55. 8% 5. 9% リプレイ 93. 9% スイカ チェリー - 75. 8% チャンス目 - 50. 5% 強ベル - - 50. 0% 100枚 200枚 300枚 ハズレ 0. 3% チャンス目 1. 2% 強ベル 25.

次の

パチスロ・スロット 新台導入日

パチスロ 化物 新台

基本スペック・機械割・小役確率 基本スペック 機種名 パチスロ新鬼武者 DAWN OF DREAMS メーカー エンターライズ 導入日 2020年3月16日 導入台数 約12000台 仕様 AT 6号機 AT純増 約3. 0 97. 7 99. 7 100. 3 103. 6 105. 7 110. 蒼剣乱舞中の鬼力ポイント 蒼剣乱舞中の鬼力ポイントによる設定示唆 鬼力pt 示唆内容 55鬼力 設定5以上確定 66鬼力 設定6確定 77鬼力 設定5以上確定 444鬼力 設定4以上確定 456鬼力 設定4以上確定 555鬼力 設定5以上確定 666鬼力 設定6確定!! 777鬼力 設定5以上確定 4444鬼力 設定4以上確定 5555鬼力 設定5以上確定 6666鬼力 設定6確定 7777鬼力 設定5以上確定 蒼剣乱舞中の鬼力ポイントで、特定ポイント獲得となれば設定4以上確定! 鬼ノ試練・幻魔闘ボーナス終了画面 鬼ノ試練 終了画面 幻魔闘 ボーナス終了画面 示唆内容 基本パターン 奇数設定示唆 偶数設定示唆 鬼ノ試練・幻魔闘ボーナス終了画面 示唆内容 高設定示唆 高設定濃厚 設定1否定 設定2否定 設定3以上確定 設定4以上確定 設定5以上確定 設定6確定 鬼ノ試練・幻魔闘ボーナス終了画面で設定示唆。 7 ボーナス・AT初当たり確率に設定差があり、ボーナスは高設定になるにつれて優遇、ATは偶数かつ高設定ほど優遇されています。 また、「鬼ノ試練」「幻魔闘ボーナス」の比率にも設定差があり、偶数設定は「幻魔闘ボーナス」比率が優遇されている模様。 ボーナス種別振り分け 設定 鬼ノ試練 赤7揃い 青7揃い BAR揃い 1 87. また、設定5は青7揃いの幻魔ボーナス、設定3はBAR揃いの極限極闘ボーナスの選択率が優遇されています。 ボーナス直撃当選率 低確滞在時のボーナス当選率 設定 弱レア役 強チャンス目 強チェリー 1 - 9. 当選率は低確と高確滞在時で変化します。 内部状態の判別を完全に把握するのは不可能なので、滞在ステージなどから推測するしかないです。 低確滞在時に弱レア小役からボーナス当選となれば設定3以上確定です。 3 共通ベル・弱チャンス目出現率に設定差があります。 共通ベルは設定1~5と6で差があり、弱チャンス目Aは奇数設定、弱チャンス目Bは偶数設定で出現率が高くなっています。 【各小役停止形】• 共通ベル・・・順押しで右下がり揃い• 弱チャンス目A・・・中段「リプ・ベル・リプ」• 弱チャンス目B・・・ダブルテンパイハズレ スイカからのCZ当選率 設定 CZ当選率 1 15. 【チャンスアップ演出】• 赤文字• 紅葉柄• 上げた勝率に応じて決戦バトルで抽選、信長に勝利すれば特化ゾーンへ! 幻魔闘ボーナス 幻魔闘ボーナス 契機 赤7揃い 青7揃い 純増 約3. 0枚 継続ゲーム数 1戦13G 2敗するまで継続 備考 メインAT 参戦キャラを決定してバトル開始、3対3の団体戦バトル。 2勝で「鬼斬一閃」 赤7+特化ゾーン抽選 3勝で「真・鬼斬一閃」 赤7+特化ゾーン 対戦相手の組み合わせで勝利期待度が変化。 最終ゲームで獲得したポイントに応じてVストック獲得抽選。

次の

パチスロ化物語 天井,設定判別,解析,打ち方まとめ

パチスロ 化物 新台

新台入替にかかる費用はいくらくらい? 新台入替に伴うコストとしては、 1. 台自体の購入費用 2. 台の変更に伴う届出費用 3. 入替時に働く従業員や業者の人件費 4. その他、電気代やチラシ代など 主に、これらのことが考えられます。 台自体の値段は、 1台当たり新品で40~60万円。 中古品だと、需要過多で プレミア価格がつかない限り、 新品の6割~8割として 25~50万円くらいになります。 台の入替や、配置変更をする場合、 店側は、所轄の警察に申請をして、 検査を受けなければいけません。 朝の時点で、 新台の設置が終わっているのに、 店のオープンは午後からという場合、 午前中に、警察による検査が入る予定で、 その 結果待ちという事が多いです。 台の入替や、配置変更の 申請にかかる 手数料は約5,000円。 人件費については、 入替が 営業終了後におこなわれるため、 アルバイトの時給は、 夜間割増しとなりますし、 台の設置業者に依頼することになるので、 それなりの、お金がかかります。 そこに、入替工事中に使う電気代や、 新台入替を知らせるチラシなどの 雑費を加えていくと、 十数台の入替でも、 500万円近くの費用が掛かり、 100台規模の新台入替や配置変更になると、 1,000万円以上はかかっていると考えられます。 これだけのコストをかけて 新台入替をする理由は何なのでしょうか? アピールできるのが「新台入替」しかない パチスロ店が、 新台入替を頻繁に行っているのは、 それしかアピールする方法がない というのも理由の1つです。 これまでの規制で、 「イベント日」や「高設定投入」をうたって、 実践者の射幸心をあおる 広告や告知ができなくなりました。 来店動機となりうる、あおり文句を ことごとく禁止されたパチスロ店に、 残された最後のアピール方法が 「新台入替」なのです。 パチスロの台が新しくなったことで、 「入れ替え初日は、サービスで、 高設定にしているかもしれない」 という気持ちで 来店してくれるお客さんに、 期待している側面もあります。 「新台入替」をしないと飽きられる もうひとつの大きな理由が、 「新台を入れ続けていないと飽きられるから」 パチスロ店の、経営状況にもよりますが、 何か月も、新台を入れることなく、 営業を続けていると、 店に、 新鮮味がなくなり、 飽きられる可能性もあります。 時に、台の配置を変え、 見た目だけでもリフレッシュすることで、 店に対する、マンネリ感も薄らぎます。 実践する側からすれば、 毎週のように行われる新台入替に 飽き飽きしていて、 「そこまでしなくてもいいんじゃないの?」 と思うところもありますが、 店側としては、 「これしかアピール方法がない」 「やらなければ店は終わりだ」 と、脅迫感に近い感じで、 新台入替を、毎週実施している 店舗もあるくらいです。 1回あたり、 10台程度の入れ替えであっても、 数百万円のお金がかかり、 その費用は、結局のところ、 実践者に降りかかってきます。 新台を実践できる という楽しみもありますが、 飽きがこない程度まで 入れ替えの頻度を落としても 問題はないでしょう。 むしろ、 新台入替にコストをかけるなら、 高設定を使って、 お客さんに還元していった方が、 店の利益につながるのではないか といった声もあります。 新台入替は想像以上に面倒くさい 新台入替には、様々なやり方があり、 例えば、 検定切れギリギリの パチスロ台を導入しても新台入替になります。 新品のパチスロ台だけが、新台ではないため、 新台入替という言葉を使いたくて、 安い機種を導入することも 1つの手として考えられます。 この、新台入替は、結構面倒で、 店舗側としては、何かと頭を悩ませます。 まず、 検定通知書を入手しなければ 入替は行えず、実際に導入する場合、 店内のどこに設置するか、 それも明示しないといけません。 なんでもかんでも、 設置すればいいわけではないので、 そのレイアウトも 新台入替で検討していきます。 新しく設置する台がある以上、 撤去する台もありますが、 稼働率や、利益率を加味した上で、 どの台を撤去するかを 決めなければなりません。 お金もかかれば、手間もかかる、 それが新台入替の実態です。 新台入替ばかりする店舗は勝てない? スロッターの中には、 「新台入替を連発させる店はあまり勝てない」 という説を、流布する人がいます。 その人曰く、人気機種を導入するのに、 結構なお金が、かかるからというもの。 例えば、 『リゼロ』という機種、 一時期は、中古で100万円を超えていましたが、 新パネル導入もあって、 その価格は80万円程度になっています。 といっても、 1台で80万円もするので、 5台導入しようとすれば、 それだけで400万円です。 もし、毎週のように、 この規模の新台入替を行えば、 1か月で1,000万円単位の お金が飛んでいきます。 これらの経費を回収するために、 利益を求めることになります。 新台入替を行った当日は、 設定が甘いかもしれませんが、 翌日からは 設定が厳しくなる可能性が高いです。 リセット狙いで、 通い続けるのも手ですが、 基本的には、新台入替をすれば、 それだけ体力 資金 を使うため、 どこかで回収をするわけです。 スロッターが唱える説は、 あながち間違いとは言い切れません。 郊外と激戦区では新台入替の意味合いが違う? 新台入替を頻繁に行う 激戦区と、 あまり行わない 郊外のパチスロ店では、 新台入替事情が、大きく異なります。 郊外のパチスロ店、 例えば、地方にあるようなところだと、 いつ行っても大混雑という店舗も目立ちます。 常連ばかりが、パチスロを実践し、 設定など、お構いなしに打ち続けるわけで、 そうなると、新台入替の必要がなく、 下手に、 馴染みの台を撤去するリスクが怖いぐらい。 入れ替えるにしても、中古にしておけば、 費用をかけず、お客さんに還元できます。 しかし、 繁華街などの激戦区は、 そんな悠長なことは言ってられません。 例えば、毎月のように、 1,000万円以上のお金を新台入替に使うとしても、 大手チェーン店であれば、 大した額とは言えません。 でも、 中小のパチスロ店にとっては、 かなり勇気のいる額です。 経営的な体力 資金 の違いが、 回収時期に、大きな影響を与えます。 そのあたりを踏まえて、 お店に足を運んでみましょう。

次の