薬剤師 楽すぎ。 薬剤師のキャリア的に見ると『楽な職場=良い職場』ではない

【勝ち組】ビルメンが楽すぎてヤバいことに、、 。とあるビルメンの一日の仕事に密着。 【2chネタはマジだった!!?】

薬剤師 楽すぎ

2chなどで話題の「ビルメンが楽すぎてヤバい問題」の真実。 今回はビルメンの一日の典型パターンをまとめてみました。 ちょっとネタっぽくなってるかもしれませんがあるある的な感じで参考にどうぞ。 「マジなの?!」「俺も入りたい!」 って人も結構いるのでは? 業界の事を知る立場として ビルメンテナンスの現場社員の スケジュール的なものを 紹介します。 とあるビルメンの一日。 13:20~14:00 休憩室でコーヒーを飲んでスマホいじり 14:00~16:00 中央監視室で待機(ぼーっとモニターを見たりネットしたり) 16:30 一日の作業報告書を作成(報告する事が無い事に苦悩) 17:00 あ~今日も無事に業務完了、着替えて帰路に、、 くそ楽現場 通称 神現場)と言われる現場勤務の場合は、 だいたいがこんな感じじゃないでしょうかね、、。 人間ダメになりそうな感じしかしないんですが、私の同僚も神現場で多数働いております。 これまで神現場からハードな多忙現場に異同が決定して放心状態の先輩なども見てきましたね~。 故障も無いし、 電球もLEDで切れないし、、 設備機器も自動で動くし、、、 修理なども 外注業者に出せと上司に言われてるし、、、、 と 理由があっての「くそ楽」でもあるので、 さぼってる訳では無いことをご理解ください。 仕事と休憩時間の境界線がかなりあいまいなので、 自分を律する精神力が無いと完全にだらくしかねません。 逆に「俺はスマホゲームが仕事なんだ!」 という猛者には最高の現場かもしれません、、。 くそ楽現場には時間をつぶす道具がかかせませんので、 ネットサーフィン、 スマホ、 小説、 漫画、 テレビ、 資格勉強などなど 思い思いに楽しむ人がおられますね。 待機も大切なビルメンの仕事の一つです。 くそ楽現場があれば、忙しい現場もあります。 次はそれを紹介したいと思います! とあるビルメンの一日。 11:40~12:00 午前中の作業報告書を忘れないうちにマッハでPC入力 12:00~ 昼休み! コンビニ弁当をがっつく 12:30 なんと昼休み中にテナントから修理の依頼でかけつけるはめに 12:30~13:00 なんとか修理完了 13:00~13:30 昼休みをずらしてもらう 13:30~14:30 日常業務の空調機のフィルターを交換、清掃(40枚) 14:30 中央監視室へ帰ると、先輩が「次の修理依頼あるしよろしく」 14:30~15:30 修理完了 15:30 なんか疲れたな、、とコーヒーでいっぷく。 16:00~17:00 修理依頼の電話が鳴らない事を祈りつつ、電球などの資材発注や、作業報告書の作成をマッハスピードでPC入力!アドレナリン全開。 17:10 業務完了、着替えて帰路に これは2chで嫌われる、 激務現場の典型例だと思います。 非常に修理が多いのが特徴で、 利用者が多くて、 ハードに使用するので故障も多くなるんです。 このような現場は本当に忙しいですが、 修理対応力がつくのでどんな現場でもだいたい対応してしまう スキルがつきます。 実際に何人もの人にそのような体験談をお聞きしました) 激務現場で鍛え上げた知識と技術をもってすれば、 なんなくくそ楽現場の所長は務まります。

次の

薬剤師って楽な仕事なの?職場ごとの仕事内容をチェック

薬剤師 楽すぎ

私は今、薬局で薬剤師をしていますが、精神的に参っており、 私ばかりが仕事をしているように思えて、苦しく、日々辞めたいと思っていました。 ストレスで、急に呼吸が苦しくなったり、夜も眠りが浅く、 泣きながら目を覚ましたり、休日も憂鬱すぎて泣いて過ごすことがあります。 そのため、ずっと同業他社への転職を考えていましたが、 今まで地元の薬局で働いていており、これまで転職経験はありませんでした。 そこで、転職するにあたって、どういったことに注意したら良いか、 知り合いのベテランの薬剤師 (薬剤師歴40年以上)に相談したところ、 非常に良い話を聞いたので、アップしたいと思います。 まず、そのベテランの薬剤師の方に言われたのは、 「転職に失敗したくないなら、転職先のスタッフの年齢層や人数、 主な病院の診療科を確認すると良いよ」 ということでした。 薬剤師や事務さんが若すぎる人ばかりだと、こちらに負担がかかるし、 逆に年配の人ばかりだと新しいことが受け入れられにくいので、 年齢のバランスが良いのがベストとのこと。 また薬局における薬剤師の数は、 多すぎても少なすぎてもよくないとのことでした。 多すぎると仕事をサボる人が出てくるし、少なすぎるとなかなか休めないので、 適度な人数が良いとのことです。 (1日40枚あたりの処方箋につき1人の薬剤師ですが、それに1人多いぐらいが丁度良い) あと、主な病院の診療科が、眼科のみ、 皮膚科のみの薬局は避けた方が良いとのことでした。 眼科だと点眼や眼軟膏、皮膚科だとぬり薬や抗生剤ぐらいしかなく、 毎日がヒマで苦痛だから・・・ということです。 このようなことを紹介会社経由で探します。 紹介会社経由で探すと、上記のことが事前に分かる上に、 転職した場合は、彼らに年収の一部の手数料が入るので、必死に給料交渉をしてくれます。 そのベテランの薬剤師の方が言うには、こういったことを前もって確認したり、 給料の交渉をしてくれるのはこの日本調剤の会社しかないとのことで、私もここに登録しました。 私の場合は、担当者の方に上記の条件を満たす求人で、 前職と同じかそれ以上の給料で探してもらいました。 おそらく、なかなかないだろうな・・と思っていたんですが、 意外に好条件の求人がたくさんあってビックリ! その中の一つに申し込み、職場見学と面接、給与交渉について、 担当者の方に同行してもらいました。 上記の条件を満たすこと、担当者のおすすめなこともあってそこに決めましたが、 実際に半年ほど働いてみると、主な病院が総合病院なので、 土日休みで、残業もなく、とても楽で働きやすいです。 (終わり) 【以下は個人的メモ】 薬剤師ほど楽で、誰でも出来る仕事なんですか? - 医療 - 教えて!goo ある所で聞いた話しです。 「薬剤師ほど楽で、高給取りで薬学部卒業すればいいだけの 仕事なんてうらやましい。 現在、某製薬会社でMRをしております。 確かに薬剤師は 転職も割合しやすいし、バイトの時給もいいです。 しかし、大学は本当に... oshiete. goo. 楽で高収入かと 薬剤師のマイナスは何ですか... chiebukuro. yahoo. 仕事中は立ちっぱなしで、トイレにも行けない程忙しいという調剤薬剤師さん。 忙しいから こそやりがいを感じるという薬剤師さんも多いと思います。 でも、中にはそろそろ肩の荷を 下ろしたいという薬剤師さんもいますよね。 ここでは、比較的楽だと言われる整形外科... www. benri-info. html - キャッシュ 薬剤師 楽に関するQ&A -Yahoo! 知恵袋 Q. 薬剤師って結構楽な仕事ですか? 楽ではありません。 私はまだぺーぺーなので、仕事終わってから家で毎日勉強してます。 解決済み-回答数:5-質問日時:2007年5月3日 Q. 薬剤師って楽な仕事だと思っていたのに・・・。 現実では立ちっぱなし・走りっぱなし... 自衛隊はキツいと思っていましたがめちゃくちゃ楽でした。 ものたりませんでしたまあ何十万... 解決済み-回答数:1-質問日時:2011年4月28日 Q. 薬剤師っていいな。 6年も学費が... はじめまして。 看護師なので、薬剤師の資格が楽に取れるかどうかはわからないのです が、多くの病院で病棟薬剤師という制度を導入していて、薬剤部の薬剤師が一般業務の ほかにそれぞれ病棟を担当して薬剤についてさまざまな役割を負っ... okwave. そこで 、男で薬剤師になるとしたら今後のことを考えると良い選択になるしょうか? ちなみに 自分は仕事は楽なら楽なほどよく、そこそこの生活ができるくらいの... okwave. html - キャッシュ サーファー薬剤師 楽待不動産投資新聞 サーファー薬剤師経歴~~ 薬科大学卒業後に薬剤師免許取得。 その後かねてからの 夢であったオーストラリアワーキングホリデーに行き、 SURFIN、海外生活を満喫し帰国。 その後千葉で薬剤師のパートをする傍らネットショップを立ち上げインドネシアから... www. rakumachi. 薬剤師 病院は非常に難関ですで、薬剤師転職を あなたが知りましょう。 www. berynka. 先日、飲み会で友人の紹介で薬剤師をして いる女性と知り合いました。 私の薬剤師に対するイメージは、 お医者さんと同じように 勉強を頑張った人でしょうが、 お医者さんと違って、現場で張り詰めるような緊迫感は 無く、 www. mellyguitars. html - キャッシュ 薬剤師ってなんやかんや言って勝ち組じゃね? 施設(居宅、老人ホーム等)と契約している場合が殆ど。 俺は思う。 外来だけならどれ だけ楽だと。 病院は知らんが。 立ちっぱ、走りっぱで更に頭も使う。 仕事中の数多い スクワット。 今や足の筋肉ムキムキ。 皆が言うように薬剤師が楽な仕事... archive. 2ch-ranking. html - キャッシュ otc 薬剤師って楽なの!? - 薬剤師転職JAPAN 2013年11月14日 - 最近多くなってきたオーバー・ザ・カウンター・ドラッグ(Over The Counter Drug)、一般 用医薬品、通称otcに対応して、 ドラッグストアを中心として、otcを専門的に扱う薬剤師 が多くなりました。 otcは一般用医薬品、つまり処方箋なしで、極端な... 薬剤師転職. jpn.

次の

薬剤師の俺が薬剤師の嫁もらったら生活楽すぎワロタwwww

薬剤師 楽すぎ

私は新卒で製薬会社に就職しました。 最初はMRとして働いていました。 2年ほど勤務していましたが、病院薬剤師に転職しています。 今はその病院も転職し、調剤薬局で働いていますが… 製薬会社での経験はとても学びあるものでしたが、私にはずっと続けられるものとは思えず、数年でリタイアすることになってしまいました。 そもそもMRとは MRはMedical Representiveの略で、「医薬情報担当者」のことです。 医薬情報担当者というとなんだか仰々しいですが、要は営業職です。 病院や調剤薬局など、医療従事者が勤務している施設を訪れ、自社製品について説明します。 会社によっては「オンコロジー専用MR」とか「中枢神経系疾患専用MR」とか、製品の領域ごとに担当を決めていることもあります。 MRはそれぞれの担当エリアで活動します。 製品説明会を開いたり、地域の講演会を案内したり…自社のMRおよび自社製品を印象付けてもらうために、足しげくターゲット施設には足を運びます。 MRは文系学部卒業学生でも就職することができるので、一般的には「就職への難易度が低い」とされています。 ほかの研究開発と比べれば、の話です。 正直私は、MR向けの性格ではありません。 がつがつしていませんし、競争意識は高くありませんし、普通にコミュ障です。 文系のMRと比べるとコミュ力には天と地の差があります。 薬学部によくいるタイプの、「がり勉すぎてコミュニケーションに支障がある学生」です。 そんな私でも、ちょっと応募して面接対策をすればMRとして採用されました。 そこまではうまいこといきました。 私は正直あまりMRとしてどうこうしたいとか考えていませんでした。 ばんばん薬を売りたいとか、患者さんのために仕事をしたいとか考えていませんでした。 強いて言うなら、MRは給料が高い職業ですので、それで若いうちからがんがん資産を稼いでいきたいな…それでさっさとセミリタイアしないな…とか、その程度しか考えていませんでした。 もちろん営業成績によりますが、うまくいけばMRはガンガン稼げます。 友人が行った某外資系製薬会社は20代で年収1000万円を超えたケースもあったみたいです。 さすがにすべての社員がそうというわけではなく、その社員が特別優秀なMRだったから、だそうですが…… とにかく、お金が稼げるかも~と安易な気持ちでMRとして採用されたのですが、そこからがそもそも間違いの始まりでした。 そんな軽い気持ちで勤まるほどMRは楽な仕事じゃなかった。 毎日毎日、勉強ばかり。 テストばかり。 あれ、これ何かを思い出すな…そうだ、薬学部だ!! 社会人になったら勉強しなくてもすむのかと思いきや、就職してからも研修漬けという恐ろしい事態。 約半年、毎日勉強続きという事態に陥りました。 疾患の勉強などは国家試験と重なる部分も多かったので、正直そこまでしんどくはありませんでした。 しかし、同期MRの指導役なども務めなければならなかったのは大変だったかな。 ストレスもたまりましたし。 プロへの相談がおすすめ 就職活動は思ったようにはいきません。 自己評価と社会からの評価が大きく異なりますし、それを確認することは難しいです。 「お祈りメール」でそれを察してももう遅いです。 内容ががたがたのESを送りまくってもダメです。 だめなもんは何枚書いてもだめです。 面接もそうです。 そりゃ数をこなせばある程度形にはなりますが、ぶっちゃけ時間の無駄です。 若いころの苦労は買ってでもしろなんていいますが、正直楽したい。 さっさと内定したい、残りの学生生活を有意義に過ごしたい。 それは当然の感情じゃないですか?社会人になったら自由な生活なんて二度と得られないんですから。 おすすめするのは就活のプロに相談することです。 自分で考え込むのではなく、専門家の力を借りるのです。 経験から学ぶことも多いのは確かですが、効率だって重要です。 めまぐるしく世界が変わるこの時代ならなおさらのことです。 マンツーマンでESや面接の対策を練ってくれる、そんな就活サポートサービスを利用するのも手段です。 お金もかかりません。 プロの力を借りることは恥ずかしいことでもずるいことでもありません。 自分の人生に必要であれば、躊躇なく利用すべきなんです。 自分だけ、友達だけでは道に迷ってしまうことがあります。 特に就活には明確なゴールがありません。 内定したからといって、そこがホワイト企業とも限らないし…焦って内定してもそこがベストとはいえないし… 就活に不安を覚える方、焦る方、相談できる人がいない方は、このようなサービスを使うといいです。 自分だけで悩んでも良い答えがポンと出るとは限りません。 不安なこともぜんぶ含めてプロに相談する。 それは今後の人生の基本にもなります。 「自分でどうにかする」力とは別に「他人を頼る」力も、大人には必要です。 就活を後悔なきものにできるよう、考えてみましょう。 とにかく朝早く、夜遅いんですよね…1日14時間くらい働いています。 外勤なので、ほとんどが移動時間とはいえ、朝6時に起きてスーツを着て身支度して、帰宅するのが夜11時とか、そんな生活だと普通に自律神経が壊れます。 飲み会も多かったので日付をまたぐこともしばしば。 飲み会のお金は先輩が出してくれるとはいえ、そもそも飲み会しまくりたい性格ではないので、「いや、もういいから早く帰らせてください…」って感じでした。 MRに興味がある方は、自分が飲み会耐性があるかどうかを確認したほうがいいですね。 前日の飲み会を引きずったせいで翌日寝坊…そんなことを繰り返していては職場の信用を失ってしまいます。 ワークライフバランスを重視した転職をしてよかったなぁ。 ほんとやっちまいましたね…就職する前に、もう少し自分のことを考えるべきでした。 どうして向いていないことをわざわざやってしまったのか?つらいだけのことをしなければならなかったのか?私はマゾか?目の前のお金に飛びついてしまったばっかりに、自分のキャパシティに合わない道を選んでしまい、つぶれてしまいました。 本当に向いていないことはするもんじゃありません。 きっついです…耐えた先には何もありません。 心身をつぶすだけです。 これが未達成と激しく詰められるのはやっぱりしんどかった…営業すればするほど成績が上がれば単純でいいんですけど、そうもいかないんですよね…。 先輩のめちゃくちゃ成績がいい施設は、めったに訪問しない(訪問しなくても勝手に処方してくれる)のに売れるようなところだったのでうらやましかったです。 MRって、訪問すればするほど売れるわけでもないんですよね… サボリーマンのくせに成績だんとつの人とかいましたし。 結構運が絡みます。 やってもやっても成績に結びつくとは限らない。 そんな現実を目の当たりにするうちに仕事へのモチベーションはどんどん下がっていきました。 特に忙しい施設なんてそう。 施設に不似合いのスーツを着て、営業トークをする存在なんて、別にいてもいなくてもいいわけです。 患者さんから見たらMRって、やっぱりちょっと気持ち悪い存在ですし…(香水やヘアワックスのにおいをぷんぷんさせたMRが病院に来ると、同業者でもおえっとなります…) 仕事を積むにつれ、「この仕事って私がする必要あるのかな」「私が行くことでこの病院に迷惑をかけていないだろうか」と考えるようになってしまいました。 会社にとっては利益なのかもしれないけど、患者さんにとって最適の治療はされているのだろうか。 そういうことを考え出すと、モチベーションが一気に萎えてしまいました。 結局、MRへの興味を途中で失ってしまったわたしは、就職して2年後、病院薬剤師に転職することにしました。 まあ、その病院薬剤師もなかなかのハード環境で、結局1年でリタイアすることになるんですけれど… よく考えずに就職したら酷い目に遭った ぶっちゃけ何も考えてませんでした。 どうにかなると思っていました。 仕事くらいできるっしょ、考えすぎても仕方ないって思ってました。 あまりにも甘く考えていました。 自分の向き不向きにも気づかず、体力とコミュ力勝負に身を投じたら、文字通り燃え尽きました。 肉体的にも精神的にもきつい……お金は確かにもらえましたが、それ以上に自分の平穏が一番大切と気づきました。 本当はそういうことを就職前に知っておくべきだったんですけどね。 MRがきついことはわかりきっていたのだから、自分ではやれそうもないという結論に行きつくべきだった。 なのにふらふらと向いてもない分野に首を突っ込んだんだから、そりゃあダメです。 これダメだわ、と察して転職しました。 危険を察知したらすぐ動くのも大事ですよね。 プロへの相談がおすすめ 就職活動は思ったようにはいきません。 自己評価と社会からの評価が大きく異なりますし、それを確認することは難しいです。 「お祈りメール」でそれを察してももう遅いです。 内容ががたがたのESを送りまくってもダメです。 だめなもんは何枚書いてもだめです。 面接もそうです。 そりゃ数をこなせばある程度形にはなりますが、ぶっちゃけ時間の無駄です。 若いころの苦労は買ってでもしろなんていいますが、正直楽したい。 さっさと内定したい、残りの学生生活を有意義に過ごしたい。 それは当然の感情じゃないですか?社会人になったら自由な生活なんて二度と得られないんですから。 おすすめするのは就活のプロに相談することです。 自分で考え込むのではなく、専門家の力を借りるのです。 経験から学ぶことも多いのは確かですが、効率だって重要です。 めまぐるしく世界が変わるこの時代ならなおさらのことです。 マンツーマンでESや面接の対策を練ってくれる、そんな就活サポートサービスを利用するのも手段です。 お金もかかりません。 プロの力を借りることは恥ずかしいことでもずるいことでもありません。 自分の人生に必要であれば、躊躇なく利用すべきなんです。 自分だけ、友達だけでは道に迷ってしまうことがあります。 特に就活には明確なゴールがありません。 内定したからといって、そこがホワイト企業とも限らないし…焦って内定してもそこがベストとはいえないし… 就活に不安を覚える方、焦る方、相談できる人がいない方は、このようなサービスを使うといいです。 自分だけで悩んでも良い答えがポンと出るとは限りません。 不安なこともぜんぶ含めてプロに相談する。 それは今後の人生の基本にもなります。 「自分でどうにかする」力とは別に「他人を頼る」力も、大人には必要です。 就活を後悔なきものにできるよう、考えてみましょう。 しんどいし、精神的にきついし、痛い目に遭うし、ノルマには追われるし、性格最悪な上司につかまったら終わりですし…一生モノのメンタル破壊に追い込まれた例も何回か聞いたことがあります。 結局、楽をして稼ぐことはできないのです。 そんなうまい話はありません。 MRは学歴がなくても稼げる代表的職業ですが、それでもつらいです。 弱い根性をしている人はぼろぼろに叩かれてしまいます。 メンタル弱い人はMRにならないほうがいいです。 稼げるからって簡単に志望しないほうがいいです。 その結果病んでしまい、異動や退職、転職していく人もいます。 MRで残っていく人って少ないんですよ。 激務に耐えられず異動希望を出したら、今度は閑職に飛ばされたり… 製薬会社のMRってやりがいがあるのかと言われたら微妙ですしね。 個人的に。 思うんですけど、要は患者さんが治りさえすればいいんですよ、うちの薬使わなくても…うちの薬を使ったことで患者さんが良くなるのならそれでいいけど、それを押しのけてまでよその会社の良い薬をつぶしてまで、口座を奪い取ることが果たして正解なのかというと、わからない。 営業のつらいとこですよね。 しかも医薬品という命がかかったものを扱う世界なので、単にお買い得とかそういう問題で買ってもらうわけにもいかないのです。 相手は、病気を抱えた人です。 その人は新薬に期待をかけて待っているわけです。 そういう人たちに自信をもって自社薬をおすすめできるのか?競合のどれよりもすばらしい薬だと胸を張って言えるのか?…考えれば考えるほどつらくなってきました。 毎日朝から深夜まで働いて、大量のお金は入ってきても、営業の成果は出ずに、出たとしても「うちの薬で本当にこの病気の患者さんは助かるんだろうか」という疑問を抱えていく…それでも売らなきゃいけないジレンマ…研究開発には「売ることしかできないやつら」と見下される腹立たしい気持ち…いろいろあります。 要はしんどいんです。 どんな仕事もつらいですけど、MRって色々気苦労も身体的苦労も多いんです。 稼げることは約束しますけど、よっぽどタフじゃないと長続きしないということは断言します。 あえて意地悪な言い方をするなら、「優しい人」には向いていないんじゃないですかね?自分の利益だけ追求できる人は強いと思います。 あと、「女性でもMRはできますか?」問題については、人事はニコニコして「できます」と言いますが。 それは「あなたが死ぬほどタフな人なら」という前提です。 並以下のメンタル、フィジカルしかないのなら、正直おすすめしません。 たしかにお金は稼げるかもしれませんが、ほかにいろいろなものを犠牲にするリスクがあります。 知り合いの女性MRは働きすぎて倒れて、婦人科系の持病を悪化させて、子供をつくれなくなってしまいました。 それくらいリスキーな仕事です。 簡単に「やってみたら」と言うのは難しいですね。 お金は稼げますが… MRに興味がある方は、自分には適性があるかどうかよく確認しておいてください。 私のようにふらふらと軽い気持ちで就職するとミスマッチを起こし、数年で転職せざるを得なくなってしまいます。 病院薬剤師に軽い気持ちで転職したあげく、またしても転職してしまいました、もう仕事に疲れ果てていたので、一刻も早く転職しなければ!と必死だったのですよ・・・あのまま仕事を続けていたら心も体もおかしくなっていたと思います。 薬局薬剤師に転職してからは、日々の暮らしが圧倒的に楽になりました。 転職したからと言って生活が楽になるかというと、そうとは限りません。 自分がどうしたいかを明確にしたうえで転職活動を行ってください。 どうせ働くなら、自分に合った仕事をしましょう。 プロへの相談がおすすめ 就職活動は思ったようにはいきません。 自己評価と社会からの評価が大きく異なりますし、それを確認することは難しいです。 「お祈りメール」でそれを察してももう遅いです。 内容ががたがたのESを送りまくってもダメです。 だめなもんは何枚書いてもだめです。 面接もそうです。 そりゃ数をこなせばある程度形にはなりますが、ぶっちゃけ時間の無駄です。 若いころの苦労は買ってでもしろなんていいますが、正直楽したい。 さっさと内定したい、残りの学生生活を有意義に過ごしたい。 それは当然の感情じゃないですか?社会人になったら自由な生活なんて二度と得られないんですから。 おすすめするのは就活のプロに相談することです。 自分で考え込むのではなく、専門家の力を借りるのです。 経験から学ぶことも多いのは確かですが、効率だって重要です。 めまぐるしく世界が変わるこの時代ならなおさらのことです。 マンツーマンでESや面接の対策を練ってくれる、そんな就活サポートサービスを利用するのも手段です。 お金もかかりません。 プロの力を借りることは恥ずかしいことでもずるいことでもありません。 自分の人生に必要であれば、躊躇なく利用すべきなんです。 自分だけ、友達だけでは道に迷ってしまうことがあります。 特に就活には明確なゴールがありません。 内定したからといって、そこがホワイト企業とも限らないし…焦って内定してもそこがベストとはいえないし… 就活に不安を覚える方、焦る方、相談できる人がいない方は、このようなサービスを使うといいです。 自分だけで悩んでも良い答えがポンと出るとは限りません。 不安なこともぜんぶ含めてプロに相談する。 それは今後の人生の基本にもなります。 「自分でどうにかする」力とは別に「他人を頼る」力も、大人には必要です。 就活を後悔なきものにできるよう、考えてみましょう。

次の