象形 文字 一覧。 シュメール文字(シュメールモジ)とは

象形文字

象形 文字 一覧

>> しかし、これでは、 表せる日本語に限りがあります。 確かに 表音文字 ひとつ作れてしまえば、 それだけで、 全ての語彙を 発音表記できますよ。 でも、日本語のように 漢字に相当するものがないと、 単語表記が不完全な言語もありますよね。 日本語だけですけど。 (への;) そんな言語の母語話者としては ABC26文字の創作で 終わらせるわけには行きません。 *1 そこで、 象形文字で作った 表音文字に 「ひと工夫」凝らして、 ちゃんと、単語を書き分け 出来るようにしたいと思います。 字形はそのままに 「使い方」を変えるだけなので、 とってもカンタンです。 表意文字であって 表語文字ではありません。 つまり、 (笑)の類です。 (への) この (〜)系、 地理でも河川の名前の後ろに よく使われてますよね。 例えば、 ユーフラテス (川)や モンブラン (山)など。 部首と違って 一文字単位ですから 表意「文字」だと言えます。 もちろん、 単語にかかっている点で、 文にかかる (笑)とは違いますが、 それでも仕組み自体は一緒です。 これを使えば、 表音文字との組み合わせ爆発を 起こすことができます。 それも、あの ヒエログリフや 楔形文字で使われている方法ですよ。 例えば、 「リンゴ」。 🍎 「リンゴ」といったら 関連する語彙では 他に何があるでしょう? 上位概念の 「果物」や 下位概念の 「フジ」 関連語彙の 「ナシ」や 抽象概念の 「知恵」や 「重力」がありますね。 (〜)はカテゴリーを表し、 「象徴」のような使い方をします。 そのため、 具体的な語彙の派生はもちろん、 象形文字としては作れない 抽象語彙の表記にも優れているんです。 (まさに 「象徴文字」!) なので、これだけで 書き分け可能な語彙を 爆発的に増やすことが 出来るわけです。 例えば、 フジ (リンゴ)や チエ (リンゴ)がそうです。 もしこれが、 フジ (山)や チエ (人)なら 別単語になりますよね。 単語のカテゴリーが別なので、 音読は同じでも、 黙読を違えることができる というわけですね。 何より、結構アバウトでいいので、 形の似ている ナシ (リンゴ)や 洋なし (リンゴ)まで表すことが 出来ます。 実際、ヒエログリフでは 「アヒル」で「虫」の カテゴリーまで表していましたし、 漢字の部首だって、 魚偏で「クジラ」を、 虫偏で「蛇」を表していますからね。 (への) 十分許容範囲だと言えます。 〜 それでは以上、 象形文字のだいばくはつでした。 *1 英語表記で行く場合でも、 「絵文字」と混ぜ書きすると 面白くなると思います。 ただ、厳密には、 文字の読みを決め、 同音異義語を防ぐ目的で 使われていたようです。

次の

ヒエログリフで名前を書こう−ISOP

象形 文字 一覧

古代エジプトの墓碑に刻まれたヒエログリフ ヒエログリフ(hieroglyph、 聖刻文字、 神聖文字)とは、、と並んでで使われた3種ののうちの1つ。 エジプトの遺跡に多く記されており、紀元頃までは読み手がいたと考えられているが、その後読み方は忘れ去られてしまった。 になって、フランスのの解読以降読めるようになった。 ロゼッタストーンによるとくずし字もあるとされている。 一般には古代エジプトの象形文字あるいはその書体を指す が、広義には(: Anatolian hieroglyphs、 ()の)、(: Cretan hieroglyphs、の象形文字)、(: Mayan hieroglyphs、の象形文字)、(: Mi'kmaq hieroglyphs、の象形文字)など、他の象形文字 に対しても用いられることがある。 刻まれたヒエログリフ ヒエログリフがいつ頃使われ始めたかについてはまだ解明されていない。 以前ののの壷に描かれたシンボルがヒエログリフに似ていることが知られている。 頃、にあったの遺構からに出土した ()の文字を最古のヒエログリフとする見解が長い間一般的であった。 頃にはヒエログリフとヒエラティックが使い分けられていた。 ヒエログリフは神聖なものとされ、神や、それと同等であるとされたファラオを称える石碑や神殿、墓などに刻まれた。 神聖文字とも言われる。 言わば漢字におけるに相当する。 一方、へ手書きするときには(神官文字)が使われ、これはに例えられる。 この当時、文字というものはその王朝の文化や学問がいかに発展しているかを示す象徴であった。 では、こうした背景からヒエログリフは特に重要視され、学習するものはごく限られた高い経歴をもつ者に限られた。 また、一般の民衆には簡単に読み書きが不可能であるように、文字や文法も故意に複雑化された(も参照)。 時代(-)にヒエログリフの改革が行われ、使用する文字の数を750程度に抑え、単語の綴りも一定化された。 当時、は ()に移行した時期で、 ()よりも細かいニュアンスを表現出来る文章語としての完成度が求められたことも要因として上げられる。 この改革は、同時代の世界においてでも使用する文字数を減らす改革と、起こった時期が一致している。 の()頃にはヒエラティックの簡略化が進み、とも言うべき(民衆文字)となった。 その後、古代ローマ帝国統治下において徐々にギリシア文字が浸透、 を境にして使用されなくなっていった。 2018年現在、ヒエログリフの使用が最後に確認されているのは、内にある礼拝所の壁面に書かれたもので、紀元後8月24日 の日付がデモティックで残っている。 解読の歴史 [ ] 詳細は「 ()」を参照 中世を通じてもヒエログリフは多くの人々の関心を惹き付けていた。 近代に入ると多くの学者達がヒエログリフの解読に挑んだ。 特に有名なのは16世紀の ()と17世紀のであるが、解読に失敗したり、全く根拠のない独自の解釈に終わった。 初めて解読に成功したのは19世紀のフランス人学者であり、彼はキルヒャーの収集した資料を研究し、の解読を行うことで読み方を解明した。 これが突破口になり、その後も研究が進んだため、現代ではヒエログリフは比較的簡単に読むことができる。 文字の特徴 [ ] ヒエログリフはと呼ばれるように絵に似ているが、その見かけに反して、よりもが多い。 表意文字の音を借りることもある。 漢字でいえばの使用法に近い。 表音文字では通常母音は無視され、子音だけが利用される。 その単語のカテゴリーを示すために、発音されない文字が表意的に単語に付け加えられることがある。 これをという。 限定符の違いによって同音異義語を区別することができる。 漢字でいえばのに近いものである。 例えば "pr" という発音には「建物、家、王宮」等という単語と、「出る」という単語がある。 そこでヒエログリフでは建物を表す下記の象形文字でこれを表し、pr と読む。 この場合はとして使用していると言える。 (pr『建物』) pr「出る」を書きたい場合には、音だけを借りて同様に表す事も出来る。 しかし、これでは「建物」等の意味に誤読される恐れがあるので、普通は下記の様な歩みだしている足の形をした文字を限定符として付け加える。 これは、その単語が「歩行」に関する事を示す限定符である。 これでprと発音し、送りがなのrや限定符は発音しない。 (pr『出る』) メンフィスの博物館のヒエログリフ。 後ろに見えるのはの像 右からでも左からでも書け、縦書き横書きも同様に行える。 読む方向は、生物の形をしたヒエログリフの頭の向きで判断し、頭が向いている方向が文頭になる。 ヒエログリフで表される音は1子音から4子音だけで、母音は表記されない。 実際にどう発音されていたかについては、やなど、他の言語に借用された単語などからされる場合もあるが、わからないことの方が多く、現代では以下のような仮の発音法が取り決められている。 子音一つの単語の場合、前に「エ」音を補って読む。 子音が二つ以上続く単語の場合は、各子音間に「エ」音を補って読む。 しかし、この取り決めも絶対のものではなく、研究者によって様々な読み方がされている。 1子音文字 [ ] 以下は、として多用される1文字の一覧。 カナ転写の欄で2つあるものは、前者が語頭と語中にある場合、後者が語尾にある場合。 ヒエログリフ 文字の説明 エジプト学の表記法 転写 転写 備考 𓄿 Ꜣ ア a の 、の に相当する。 外来語の音写では母音 [a] を表す場合もある。 語頭で「ア」になる場合もある。 𓇌 葦の穂2つ y イ y 外来語の音写では母音 [i] を表す場合がある。 𓏭 斜線2本 𓂝 前腕 ꜥ アー a ヘブライ語の 、アラビア語の に相当する。 𓅱 の w ウ u 外来語の音写では母音 [u] を表す場合がある。 𓐍 不明。 、、紐の玉? ? 𓋴 折り畳んだ s セ、ス s 𓊃 s セ、ス(ゼ、ズ) s z 古王国時代には [z] のように発音されていたが、中王国時代以後は [s] の音になり、上記 s と区別せずに用いられる。 の束 ジェル、ドゥメ djr,dma 果物籠 ジェル、ドゥメ djr,dma 天空 ペト pt 細長い土地 タ ta ジェウ dj 地平線から昇る太陽 カ kha 運河 メル mr 家 ペル pr 宮殿 アフ 'h ウジュ、ハウ 戸口 アア 階段 カ、カア、カイ qa,qaa,qai セプ sp セプ sp セト、イセト st,ist ジェドの柱 ジェド djed の記章 ネト nt 白冠 ヘジュ hedje 金の首飾り ネブ、ヌブ nb,nub 王笏 ヘカ heqa ヘジュ hedj 短剣 テプ tp pt 矢筒 レス rs 鏃 セヌ sn 浮き? Unicodeバージョン6. 3現在 フォント [ ] 2015年 2015-2月 現在 、""、、のフォントがヒエログリフのUnicodeブロックをサポートしており、いずれもフリーフォントとしてダウンロードできる。 脚注 [ ] []• MSN エンカルタ百科事典ダイジェスト• 12-13 参考文献 [ ]• An Egyptian Hieroglyphic Dictionary, in Two Volumes, Dover Publications, Inc. New York , c 1920, Dover Edition, c 1978. Large categorized listings of Hieroglyphs, Vol 1, pp. 3rd Ed. , Rev. Oxford: , , 1957 1st edition 1927. , A Concise Dictionary of Middle Egyptian, , 1962, 2nd ed. 1972. 関連項目 [ ]• - によるヒエログリフの分類表。 - ヒエログリフを電子化するための標準 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 ヒエログリフに関連する および があります。

次の

ヒエログリフ

象形 文字 一覧

>> しかし、これでは、 表せる日本語に限りがあります。 確かに 表音文字 ひとつ作れてしまえば、 それだけで、 全ての語彙を 発音表記できますよ。 でも、日本語のように 漢字に相当するものがないと、 単語表記が不完全な言語もありますよね。 日本語だけですけど。 (への;) そんな言語の母語話者としては ABC26文字の創作で 終わらせるわけには行きません。 *1 そこで、 象形文字で作った 表音文字に 「ひと工夫」凝らして、 ちゃんと、単語を書き分け 出来るようにしたいと思います。 字形はそのままに 「使い方」を変えるだけなので、 とってもカンタンです。 表意文字であって 表語文字ではありません。 つまり、 (笑)の類です。 (への) この (〜)系、 地理でも河川の名前の後ろに よく使われてますよね。 例えば、 ユーフラテス (川)や モンブラン (山)など。 部首と違って 一文字単位ですから 表意「文字」だと言えます。 もちろん、 単語にかかっている点で、 文にかかる (笑)とは違いますが、 それでも仕組み自体は一緒です。 これを使えば、 表音文字との組み合わせ爆発を 起こすことができます。 それも、あの ヒエログリフや 楔形文字で使われている方法ですよ。 例えば、 「リンゴ」。 🍎 「リンゴ」といったら 関連する語彙では 他に何があるでしょう? 上位概念の 「果物」や 下位概念の 「フジ」 関連語彙の 「ナシ」や 抽象概念の 「知恵」や 「重力」がありますね。 (〜)はカテゴリーを表し、 「象徴」のような使い方をします。 そのため、 具体的な語彙の派生はもちろん、 象形文字としては作れない 抽象語彙の表記にも優れているんです。 (まさに 「象徴文字」!) なので、これだけで 書き分け可能な語彙を 爆発的に増やすことが 出来るわけです。 例えば、 フジ (リンゴ)や チエ (リンゴ)がそうです。 もしこれが、 フジ (山)や チエ (人)なら 別単語になりますよね。 単語のカテゴリーが別なので、 音読は同じでも、 黙読を違えることができる というわけですね。 何より、結構アバウトでいいので、 形の似ている ナシ (リンゴ)や 洋なし (リンゴ)まで表すことが 出来ます。 実際、ヒエログリフでは 「アヒル」で「虫」の カテゴリーまで表していましたし、 漢字の部首だって、 魚偏で「クジラ」を、 虫偏で「蛇」を表していますからね。 (への) 十分許容範囲だと言えます。 〜 それでは以上、 象形文字のだいばくはつでした。 *1 英語表記で行く場合でも、 「絵文字」と混ぜ書きすると 面白くなると思います。 ただ、厳密には、 文字の読みを決め、 同音異義語を防ぐ目的で 使われていたようです。

次の