ウィルキンソン。 ウィルキンソンの炭酸水は太る?カロリー・砂糖・糖質などの成分を分析

12年連続で売上拡大のウィルキンソン 仕事合間の気分転換で飲む人増

ウィルキンソン

ウィルキンソンのここがスゴイ その一 栄養ゼロ。 栄養ゼロというと、え!?と思うかも知れません。 でもよく考えて下さい。 あなたが飲んでるそのジュース、入ってるのは砂糖と合成着色料だけです。 何にも入ってないってことがどれだけ素晴らしいことか。 入ってるのは炭酸の元である二酸化炭素だけ!(あれ、二酸化炭素って人間が吐き出すもんだよね。 身体に良いのかな・・・。 まぁいいや。 ) ウィルキンソンのここがスゴイ その二 たった100円! いまどきペットボトルのジュースは150円します。 それがウィルキンソンはたったの100円。 どうですか、この価格!びっくりです。 何本でもいけちゃいます。 ちなみに、その安さの秘密を探るべく原価をリサーチしてみました。 参照元は、みんな大好きな「人力検索はてな」 (持ち上げとけばブクマされるはず。 ステマステマ。 ) ペットボトルのお茶の場合 ほら、この通り! お茶原価5円 + ペットボトル原価10円 + メーカーの製造・輸送コスト計70円 + コンビニコスト計30円 + 廃棄ロス30円 =コスト計135円! ・・・あれ、ウィルキンソンの価格超えてる。 もしかして、この試算間違えてる・・・? いやいや、天下のはてなさんだ。 そんなわけない。 ここは目をつぶろう。 ウィルキンソンのここがスゴイ その三 カクテルとして楽しめる 次こそスゴイ! そう、もともと炭酸水というのはカクテルにするためのものなんです。 オシャレですね。 あ、でも僕はお酒飲めないんで、ここではジュースで試してみます。 僕の大好きなグレープフルーツジュースとウィルキンソンタンサンのコラボです。 グレープフルーツジュースを注ぎます! ウィルキンソンも注ぎます! そして、飲んでみます・・(どきどき) !! 薄い。 炭酸も弱いし、グレープフルーツも薄い! 例えるなら、喫茶店で氷が完全に溶けきった後のコーラ!! やっぱりお酒で作ったほうが良いかも知れません。 ウィルキンソンのここがスゴイ その四 たくさん飲める ウィルキンソンは味がありません。 無味無臭です。 つまり、いくらでも飲めます。 もともと僕が炭酸水を飲み始めたのは水分補給のためで、ミネラルウォーターだと味気ないし、だからと言ってジュースいっぱい飲めるような年じゃないし、お茶だと茶渋がついて嫌だという思考を経て、消去法で選び抜かれた飲み物です。 今日なんてもう3本も飲んでます。 ナンパだったら1日に3人抱いてる計算になります。 デメリットと言えば、ゲップが出過ぎることだけです。 やたらとゲップは出ます。 いま書いている最中も出続けます。 仕事中だとちょっとキモがられます。 それくらいです。 もともとキモいから問題ありません。 でもたまに死にたくなります。 ウィルキンソンのここがスゴイ その五 ちょっとウンチク語れる 炭酸水をそのまま飲んでるっていうだけでちょっと通っぽくてカッコイイです。 高級レストランで彼女とディナーのときに炭酸水飲んでると、「味がわかる人」って感じませんか?(まぁ彼女いないんですけどね。 ) こんな僕でも友人にウンチク語るくらいならできちゃいます! 僕「ウィルキンソンって、日本のアサヒ飲料が作ってるのに、なんでウィルキンソンって言うと思う?」 友人A「いや、知らんけど・・・」 僕「1889クリフォード・ウィルキンソン氏(イギリス人 が兵庫県有馬郡塩瀬村生瀬へ狩猟に出かけた折、偶然炭酸鉱泉を発見したのが始まりなんだ。 なんと明治時代からあるんだよ!」 友人A「へ~」 僕「原水をロンドンに送って分析したところ世界的名鉱泉であることがわかり、設備等を英本国から取り寄せて1890年から仁王印ウォーターとして製造を始めたんだよ!」 友人A「ほ~(完全にどこかの解説をパクってきたな。 )」 僕「1904年にはウィルキンソンと名付けられ、国内はもとより海外27カ所 で販売されたんだよ!」 友人A「・・・まだ続くん?」 はい。 ウィルキンソンの魅力は伝わりましたでしょうか? え?どうせステマだろって? そんなわけありません。 僕は本当にウィルキンソンを愛してます。 証拠をお見せします。 これだけじゃありません。 もちろん僕クラスになると箱での大人買いが基本です。 いかがでしょうか。 何年か前に怪しい情報商材で見かけた「こんなにお金儲かってます」って札束並べた写真の人たちを思い出させますね。 でも僕だけは違います。 僕は信じて下さい。 絶対に儲かりますから。 アサヒ飲料さん。 ステマのご依頼お待ちしております! はい、ウィル菌さん、ありがとうございました。 ウィルキンソンへの熱い思いが伝わってきました。 みん評にも、ウィルキンソン タンサンへの口コミが投稿されているので、ちょっと見てみましょう。 効きます ウイルキンソン炭酸に生レモン果汁を入れて飲むと美味しいだけではなく疲れが取れて最高です。 これから暑くなりますが、これを飲むようになり夏バテ知らずです。 美容やダイエットにも効くみたいです。 ただの水(炭酸水ですが)とは思えない感想……。 みん評にはほかにもがありますので、みなさんもお気に入りの炭酸水を見つけてください。 それでは! スポンサーリンク.

次の

「三ツ矢」「ウィルキンソン」…炭酸水の聖地は関西にあり(1/3ページ)

ウィルキンソン

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 「2017年 今年の一皿」の準大賞に「強炭酸ドリンク」が選ばれた。 昨年12月に東京であった授賞式の場に、兵庫県宝塚市の関係者が招待されていた。 強炭酸ドリンクの人気をリードする「ウィルキンソン タンサン」(アサヒ飲料)と宝塚の知られざる関係を取材した。 「ウィルキンソン タンサン」を売り出したのは、英国人のジョン・クリフォード・ウィルキンソン(1852~1923)。 宝塚市在住の郷土史家、鈴木博氏(64)によると、明治の初めごろに来日し、神戸外国人居留地の商社に雇われ、機械精米工場などで働いていた。 アサヒグループホールディングス(東京)によると、1889(明治22)年、狩猟中に宝塚で炭酸泉を発見。 良質な鉱泉と分かり、翌年に瓶詰め生産を始めた。 その炭酸水は、海外の賓客をもてなす食卓水を求めていた明治政府の要望を満たす製品として、広まったという。 広報担当は「炭酸飲料が『タンサン』と呼ばれるのは、ウィルキンソンの商標が一般化したためと言われている」と話す。 鈴木氏によると、見つかった炭酸泉は、武庫川右岸にある宝塚温泉場の源泉の傍らでわき出ていた炭酸泉という。 ウィルキンソンの長女の回顧録などには地元民らがその炭酸水でラムネを作り、その後、ウィルキンソンが事業化したと記されている。 宝塚の瓶詰め工場は温泉場近くの紅葉谷にあったとされ、鈴木氏が入手した1899年の英国雑誌には工場の写真が掲載され、「TANSAN」と記された木箱が積まれた荷車も写る。 ウィルキンソンは瓶詰め生産を始めたのと同じ頃、宝塚に洋式高級ホテル「タンサンホテル」も開業。 炭酸水の輸出拡大のため、海外の取引先などを工場見学に誘致した際の宿泊所として使った。 宝塚を当時訪れた外国人が母国に持ち帰った写真や絵はがきが、近年、欧米のネットオークションにしばしば出品されている。 不思議に思っていた鈴木氏は、英国の出版社が1893年に発行した日本旅行ガイドブックにこのホテルの広告が載り、宝塚を「西宮の駅から人力車で1時間。 良質の鉱泉浴場とステキな散歩道がある」などと紹介していたことを知り、納得したという。 1904年、工場は生産を増やすため、武庫川を約1・5キロさかのぼった現在の西宮市生瀬武庫川町へ移転。 この年、会社も設立され、販路は国内の一流ホテルはもとより、東南アジアなど海外27カ国に広がっていた。 ウィルキンソンの死後は子孫が経営を継いだが、戦時中は孫のハーバートが敵国人抑留所に収容されるなど苦難を強いられたという。 生瀬の工場は90年に閉鎖され、翌年、アサヒビール飲料製造(現・アサヒ飲料)が明石工場(明石市)でウィルキンソンブランドの生産を始めた。 強炭酸が特長のウィルキンソンの炭酸水は、ハイボールやカクテルの割り材としての需要に加え、最近は健康志向から直接飲むスタイルが人気を呼んでいる。 「今年の一皿」の授賞式に招かれた宝塚市国際観光協会長の小早川優さん(52)は、「ウィルキンソンと宝塚の歴史を市民や観光客に紹介していきたい。 ウィルキンソンの炭酸水を使った『宝塚ハイボール』などの開発を検討し、市内で提供できたら」と話している。 過去にはセリ科の野菜で独特の香りがある「パクチー料理」や、握らずに作るおにぎり「おにぎらず」などが選ばれた。 17年は「鶏むね肉料理」で、準大賞が「強炭酸ドリンク」だった。

次の

ウィルキンソンの炭酸水は太る?カロリー・砂糖・糖質などの成分を分析

ウィルキンソン

実は日本では市販ミネラルウォーターよりも古い歴史を持つ炭酸水。 黎明期の1884年には『鉱泉 平野水』が、1885年には『三ツ矢印 平野水』などが発売されました。 また1889年頃、日本に定住していたイギリス人のクリフォード・ウィルキンソンが現在の兵庫県西宮市塩瀬町生瀬で天然の炭酸鉱泉を発見。 そう、今でも人々に愛飲されているあのウィルキンソン『タンサン』です。 一方炭酸を含まない最初のミネラルウォーターはというと、1929年、堀内合名会社(現 富士ミネラルウォーター株式会社)によって発売されました。 現在では2000年以降に起こったミネラルウォーターブームやハイボールブームを経て人気が高まり、各メーカーから様々な炭酸水が作られています。 炭酸水の選び方 ネット上には炭酸水についてのウソやこじつけの情報が転がっているので要注意です。 中でも「炭酸水素イオンが乳酸を減少させるので疲労回復になる」という情報は本当なのでしょうか。 実はそもそも乳酸は疲労原因物質ではないのでウソ。 また「炭酸水を飲むことによって血行を良くする」という話も、現段階で 歴とした専門家が論文で発表しているわけではなく、ヒトでの臨床研究は進んでいません。 逆に気をつけなければならないのは逆流性食道炎の症状が出る人。 炭酸の刺激が胃酸の分泌を促進してしまうため、避けましょう。 ナトリウム摂取を控える必要がある人もミネラルウォーター系炭酸水の飲み過ぎに注意してください。 しかし主観的な感覚ではありますが、 清涼感と満腹感を得ることはできます。 例えばダイエット目的として食前に炭酸水を500ml程度飲めば、満腹感によって食事の量を減らせるかもしれません。 世の炭酸水を検索中に「しじみ100個分のオルニチン配合」というコピーが目に止まり選んだ一本です。 炭酸感は今回取り寄せた強炭酸水の中でもトップレベルの強さ。 不思議だったのは、「ハイボール・チューハイ専用」記載されていますが、そのまま飲んでも 美味しいという声が半数以上から聞かれたこと。 原材料のL-オルニチン塩酸塩が何か旨味のようなものになっているのでしょうか…? 「パッケージのデザインで損をしているのでは」という声も。 内容量 1本 500ml 原材料 水、L-オルニチン塩酸塩、二酸化炭素 原産国 日本.

次の