カナヲ現代。 鬼滅の刃のカナヲは炭治郎を好きで恋愛中?可愛いシーンまとめ!

『鬼滅の刃』の質問です。

カナヲ現代

『鬼滅の刃』の質問です。 最終話、時代は現代に移り、登場人物達の子孫や生まれ変わりが登場しましたが、鬼殺隊関連の人ばかりで、鬼関連(無惨、十二鬼月等)はいませんでした。 やはり鬼になって長い年月を生き、人を食らった者たちは地獄に落ちて人間に転生されないという事でしょうか? そして、現代では… 炭次郎とカナヲの子孫:カナタ,炭彦 禰 豆子と善逸の子孫:燈子,善照 等が登場しました、204話で各恋愛フラグは有れど、それが本当に作中(当時)のキャラ達が結ばれて出来た子供達とは限らないと思いませんか? 善照と燈子は善逸のひ孫、つまり第四世代という事になります。 炭次郎とカナヲが結婚したとも取れますし、炭次郎とカナヲが別々の相手と結婚してその子供同士が結婚した可能性もありますし、禰 豆子の子供が善逸と結婚したとも取れます。 (実際のところ家系図が分かるのは作者だけですね。 ) あと、カナタと燈子は付き合っているのでしょうか? 一応、遠い親戚ではありますし、燈子の方が年上ですね。 鬼関連の子孫はいないのか、生まれ変わりはいないのか 鬼(とくに上弦)は鬼になってから百年単位で生きていますので、子孫がいても分からないと思います。 不死川の母が「我が子を殺した人間が、天国に行くわけにいかない」と発言していることから、不可抗力とはいえ人を食った人間は、地獄に落ち、生まれ変わることもないと想定できます。 罪をつぐなえば生まれ変われるかもしれませんが、100年以上生きて人をたくさん食い殺してきた罪は、数十年では償えないように思います。 そもそも、無惨や十二鬼月が現代で幸せに生きているところを見たいですか?「大量殺人鬼の前世を持つ人間は、現世で幸せに生きる資格はない」とはいいませんが、無惨や半天狗や玉壷が幸せに楽しく暮らしているところなんて、正直見たくないです。 恋愛フラグが立った人間同士が結婚して子孫を残したとは限らない もちろん、その通りです。 ただ姓が一緒ですので、竃門家・吾妻家・煉獄家・嘴平家・宇髄家の家系が継承されたのは事実でしょう。 「自分の技や記憶が、次の世代に継承される」ことが大事であり、極論をいえば継承者に血縁がなくても良いのです(炭治郎は誰とも結婚せず、ネ豆子が生んだ子を養子にして竃門家を継がせたというのもあり)。 誰と誰が結ばれたかは、読者が想像して楽しんでいれば良いんじゃないでしょうか。 カナタと橙子は交際しているのか 扉では手をつないで階段を上るシーンが描かれていますし、学校帰りに一緒に食事をして帰ろうと話をするくらいですから、交際している可能性は高いです。 カナタは16歳、橙子は18歳と明記されていますので、橙子が年上なのは確実です。 曾祖父と曾祖母が兄妹なのであれば、「ふたいとこ」でしょうか。 女性の方が年上とはいえ高校生カップルですし、傍系親族ではありますがかなり血筋は遠いですので、交際することに不自然や不具合はないように思います。

次の

カナヲ現代

栗花落カナヲは柱ではないのですが、胡蝶しのぶ達に助けられて 継ぐ子として活躍しています。 カナヲはあまり話さず、指示を出されるまで何も行動ができません。 しかも自分で物事を決められず、何かを決断するときはいつもコインの表裏で決めていたんです。 どうしてそんな子になってしまったのかというと、子供の頃に暴力を振るわれて感情を失ってしまったからでした。 時代が時代なので、親もいなくて売り出される子供の一人だったんです。 そして売りに出されるときにたまたま歩いていた 胡蝶しのぶと姉のカナエが助けてくれるんです。 その後は、蝶屋敷で一緒に過ごすようになり継ぐ子として育てられます。 そして物語の中では主人公「竈門炭治郎」のおかげで感情を徐々に取り戻して、最終的には自分の意志で行動できるようになりました。 呼吸法は、花の呼吸 また「花の呼吸」の使い手で、この呼吸は胡蝶カナエから受け継いだものと言われています。 物語の中では、気持ちの面で一番成長したキャラクターといっても過言ではないですね。 栗花落カナヲの名言・名シーンベスト3! 【!! 】 本日5月19日は、蟲柱に師事する、 炭治郎と同期の鬼殺隊士・ 栗花落カナヲの誕生日です。 この日を祝して、 カナヲの特別なヘッダーをプレゼント! 類稀なる身体能力で任務に臨む カナヲのヘッダー、是非ご活用ください。 セリフ自体は少ないのですが、逆にセリフが少ないからこそ言葉の重みが強く、名言に選ばれています。 第3位 どうでもいい Kanao 栗花落カナヲ — Drxppy Richh drxppyrichh これは、まだ自分の感情を持っていなかった頃の言葉ですね。 蝶屋敷での訓練の時に言っていたんですけど、一番最初の名言だといってもいいでしょう。 少しドライな性格にも見えるんですけど、 子供の頃のトラウマが原因で感情をなくしてしまい、世の中にも自分にも「どうでもいい」と思ってしまうなんて悲しいですよね。 しかし、あらためて見てみると初めて気持ちを話したようにも見えます。 本当にどうでも良かったらキャラクター的に見てもずっと無言だったのではないでしょうか? なのにあえて「何もかも、どうでもいい」と言ったという事は、もしかしたらこの時点でカナヲの中の何かが変わっていたのかもしれないですね。 第2位 目が覚めて良かった 【本日『鬼滅の刃』コミックス最新刊発売!! 】 『鬼滅の刃』最新第18巻が本日発売!!! おそらく、初めて感情を表に出した瞬間だったと言えます。 今までなら、どんな事に対しても興味がなかったのに 人を心配するくらいまで成長していたと思うと感動的なシーンですよね。 このシーンはファンの間でも話題になりネットでは 「カナヲが人間らしくなってる」 「大人になったな~」 などとたくさんのコメントがありました。 童磨は口が上手いので、あらゆる言葉で相手の同情をもらって生きてきたんです。 そしてたくさんの人を 殺してきました。 この時も、いつもどおりの言葉で相手を言いくるめようとしていたんですけど、カナヲには童磨の本性がお見通しだったんですね。 しかも相手の嘘を見抜いたあとに 「みっともないから、さっさと死んだほうがいいよ」 と言っていました。 今までのカナヲからは想像できない言葉ですよね。 だって何に対しても無関心だったんですよ? なのに、相手に暴言を吐けるくらいになるなんて、恐るべし。 普段は大人しいん性格なのは変わりませんが、童磨によって目の前で師範を失ったのでカナヲの憎しみがこもっているのが伝わってきますね。 よく、 普段から物静かな人ほど怒ったら手が付けられないという言葉を聞きますがまさに今回のシーンにピッタリな言葉に聞こえます。 カナヲの可愛らしい一面! 本日WJ21・22合併号発売! 『鬼滅の刃』第107話、掲載中です。 今号の「鬼殺隊報」では鬼殺隊の新情報が!! 柱になれる基準は?継子はどうしたらなれるの?などなど、 気になるその答えはぜひ本誌にて! そして今週のアイコンは…自分の心の声を大切に。 第3位の言葉よりも、自分の気持ちを伝えられるようになっているのが分かりますね。 この時は、いったん稽古を終わりにしようと言われるんですけどカナヲはまだ稽古をしたくて断るんですよ。 稽古って本来なら凄くきつくて辛い事だと思うんですけど、 自分から率先して続けたいという事は、よっぽど師匠との稽古にやりがいを感じているんでしょう。 また、自分のやりたい事をしっかり伝えています。 原作コミックスでは しかも漫画では「 師範と稽古したい」と言っているときものすごくモジモジしながら言っているんですよ。 徐々に素直になってきて可愛らしさが見えますよね。 また、自分を育ててくれた事を尊敬していて胡蝶しのぶのことが大好きなんだな~と思えます。 栗花落カナヲのまとめ 来週の月曜日に職場に新しい人来るんだけど、「栗花落カナヲ様だ」って言おうかな。 最初のうちは感情もなく、無関心だらけだったのに成長しているのが良く分かりますね。 改めて見ると、アクション漫画なのに人間の成長が凄く分かる漫画だったというのが感じられます。 子供だけではなく、大人も楽しめるというのも納得ですね。 この記事を読んで【鬼滅の刃】をもう一度楽しんでいただければ幸いです。

次の

鬼滅の刃 本誌204話最新ネタバレ情報 永きに渡る死闘決着!時は流れ時代は現代

カナヲ現代

鬼殺隊は解散。 炭治郎の左腕はマヒになったかのように、上げ下げはできても握ることはできず。 ひじから下は触られていることも分からない状態。 そして右目も形は整っているものの機能していない状態になっていました。 ただ鬼となった炭治郎にかまれた禰豆子(ねずこ)は無事でした。 そしてその後は、これまで出会った人たちとの触れ合いの後、善逸や伊之助と共に家に戻った炭治郎。 ここまでが204話で描かれていました。 その後の展開ですが、左腕と右目に不自由を抱えていましたので、 体を使った仕事をすることが炭治郎には難しかったのかもしれません。 とはいえ炭治郎が最後に鬼を葬った事実は、周囲に知れ渡っていたことでしょう。 鬼殺隊は政府公認組織ではないため、表立った表彰などはなかったはず。 ただそれでも 藤の花の家紋の家は、炭治郎たち鬼殺隊の面々のその後の面倒を見たと思われます。 大きな傷を負った剣士・炭治郎は、左腕と右目が不自由でも周囲に助けられて、妹の禰豆子とゆっくりとした生活を続けていったでしょうね。 ヒノカミ神楽の継承も難しく また炭治郎の左腕と右目の状況からすると、おそらくですが 炭治郎はヒノカミ神楽を体で再現することは不可能だったはずです。 それでも、もしかすると 炭治郎はヒノカミ神楽のやり方を文章で残していた可能性はあるのかもしれません。 善逸も鬼を倒した時のことを小説として残していたように、炭治郎はヒノカミ神楽を念のために記録として残していた。 古き平安の世に鬼が出たのならば、また今後に鬼が出ないとも限らない。 そんな想いからヒノカミ神楽の文書化を進めていたと思われます。 禰豆子に善逸が迫り続ける そして妹の禰豆子には、善逸が迫り続けたことでしょう! 最終回の205話で描かれていた、我妻善照(あがつま よしてる)と我妻燈子(あがつま とうこ)はそれぞれ善逸と禰豆子に似ていました。 ということは善逸と禰豆子が一緒になったということなのでしょう。 個人的には女好きな善逸は禰豆子ではなく、別の女性と一緒になって欲しかったかな?という気持ちもあります。 女好きな善逸は浮気でもしたのではないか?と思うと、禰豆子がかわいそうに思えるからです。 この辺りはどうだったのでしょうか? 想像にすぎませんが、具体的に物語が描かれなくて正解だったのかもしれませんね。 カナヲと交友を深める炭治郎 また炭治郎に恋をしていたのでは?とウワサされていたカナヲ。 最後に登場した204話では、目も全然見えないわけではないとのことでしたが、「全然見えないわけではない」というその言い回しはほとんど見えていないほど状態がひどいことを表していたと思います。 そんなカナヲは伊黒の鏑丸(かぶらまる)を不死川にもらったと言っていました。 この鏑丸の世話をカナヲと炭治郎が行っていって、2人はその後も交友を深めていったのかもしれませんね。 スポンサードリンク 炭治郎、カナヲと結婚! カナヲと付き合う炭治郎 美容院連れてくのもなぁ、と思って娘の前髪を切ったらまあ案の定ぱっつんになってしまったんだけど。 そして心優しい炭治郎は自分も右目が見えない中で、カナヲの不自由さを解消しようと何かと助けていたのかもしれません。 そんな炭治郎の優しさに触れて、さらに炭治郎に対する恋心が強くなっていくカナヲ。 そして徐々に心を開いてきたカナヲとの会話がとても楽しくなってきた炭治郎。 いつしか炭治郎もそんなカナヲに対して恋心を抱くようになったのかもしれませんね。 カナヲと結婚する炭治郎 そしてついに炭治郎がプロポーズする時が訪れます。 スパッとプロポーズを切り出す炭治郎。 炭治郎のプロポーズを涙で受け止めるカナヲ。 目に不自由さを抱えた二人の結婚に周囲は少し心配したかもしれませんが、禰豆子はとびっきりの笑顔で大賛成。 善逸や伊之助、冨岡義勇や鱗滝などの鬼殺隊の面々もそろって二人の門出が祝われたことでしょう。 また大正時代には新婚旅行も一般化していたそうですが、ただ二人は目の不自由さを抱えていましたし、藤の花の家紋の家々から助けをもらいながらの生活だったはず。 新婚旅行は心優しい炭治郎がしないことを決めたのかもしれません。 子供は2人できた そんなささやかな結婚生活を営んでいた炭治郎たちが子宝に恵まれることになります。 先に女の子が誕生。 そして2年後に男の子が誕生。 他の人を助けたいと願う野口英世は、心優しい炭治郎と気が合ったかもしれません。 そして意気投合して医療の将来を熱く語る二人の姿がそこにはあった。 そんな微笑ましい光景が大正時代に見られたのかもしれません。 スポンサードリンク まとめ 鬼滅の刃かっこいいシーンとかあるのにたまにこうゆうバラエティ感ある発言とか絵好きだわ〜😆 — けい kei1003oo ここまで鬼滅の刃の炭治郎のその後を考察してきました。 鬼殺隊の面々は最終回の一つ前の204話までしか登場していませんでした。 そのため炭治郎をはじめとするメンバーのその後については、現時点では何も語られてはいません。 ただ最終回の205話で、炭治郎など鬼殺隊の子孫であろう人の姿はチラホラと見ることができ、そこから炭治郎とカナヲが無事にゴールインしたことも予想されます。 また炭治郎は左腕と右目に不自由さを抱えることになりました。 その後の生計を立てるのに苦労したのかな?とも思ったのですが、鬼舞辻無惨を倒したという功績は世間一般からは評価されなかったとしても、藤の花の家紋を掲げている家々からはその大きな功績から様々な援助の手が差し伸べられたはずです。 そうした周囲からの温かいサポートの中で、炭治郎もカナヲも不自由なく生活できていたかもしれませんが、心優しい炭治郎だけに、カナヲの世話をする中でカナヲの目を何とかしようと、医学を学ぶようになるかもしれないとも想像しました。 炭治郎のその後については他にも様々な可能性があるとは思いますが、ここで最終回を迎えた鬼滅の刃の「炭治郎のその後」に関する考察を終わります。 最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!.

次の