沢尻 キメセク。 沢尻エリカ「薬物SEX」リベンジ動画流出危機

「目的は沢尻エリカの弱みを握り、脱がせてカネにすることだった」――元夫・高城剛氏が語っていた薬物問題の“真相”

沢尻 キメセク

「週刊文春」では、2012年に沢尻エリカの大麻使用について詳しく報じている。 当時の記事(2012年6月7日号)を再編集のうえ、公開する。 その一言につきます」 先週号(2012年5月31日号)の週刊文春スクープを受け、映画「ヘルタースケルター」の蜷川実花監督 (39)は同映画のPRキャンペーンの会見で、こうコメントした。 先週、週刊文春が報じたのは、 女優・沢尻エリカ(26)の大麻使用の過去と、現在も疑われている継続的使用。 前回の取材では、沢尻の夫である高城剛氏(47)から回答を得られなかったため、5月下旬、出張先の中国・北京から帰国したばかりの高城氏を直撃した。 あの書類(通知書)は、間違いなく本物ですよ。 蜷川さんも事実を知っているはずなのに、なぜ隠そうとするんですかね。 僕はエリカから、(蜷川監督に)早い段階で伝えられたと聞いています。 僕は、この件がスポーツ紙やテレビでまったく取り上げられないことにも驚いています。 僕は今まで彼女に何か問題が起きる度に対処し、誰に何を聞かれても多くは語ってきませんでした。 陰に日向にエリカを庇ってきましたが、もう面倒見切れません。 今回のことで、今後、日本とスペインの警察が動く可能性もある。 取材は2時間以上にわたった。 09年9月、沢尻の前所属事務所スターダストプロモーション(以下スターダスト)は、同年8月の酒井法子、押尾学らの薬物事件を受け、かねてから素行不良が問題視されていた沢尻の薬物検査を行なった。 検査の結果、大麻の陽性反応が示され、同社がその後、代理人を通じ沢尻サイドに専属契約の解除を告げる「通知書」を突きつけたことは、先週号で報じた通りである。 78 ID:oyFGzCHB0. 07 ID:y9yzQkI50. 34 ID:prqKjhGb0. 27 ID:UCxW7baE0. 58 ID:n4VlRc1d0. 44 ID:dB1uLfwA0. 05 ID:HtxqaaNU0. 16 ID:uue4flK70. 12 ID:yAYQOXGE0. 92 ID:zJrA3uVf0. 57 ID:mOuib8Tm0. 86 ID:3rc6j8ah0. 64 ID:XR0Wr2p6O. 69 ID:yN4Vb5Ft0. 00 ID:mzRAhN8p0. 70 ID:oQJaOBRk0. 93 ID:qMv6odWt0. 65 ID:m8AUVlA20. 36 ID:2CH3h8wn0. 37 ID:qC3lbgoI0. net 映画「沢尻エリカ」 制作スターダストプロモーション ご期待下さい.

次の

人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃 (2019年11月27日)

沢尻 キメセク

先日、厚労省麻取の元幹部取締官と会食する機会があった。 彼が言うには覚醒剤の乱用は広がる一方で発生件数が増大、取り締まり側の厚労省や警察が手に余すほどらしい。 覚醒剤を使った上でのセックスを俗に「キメセク」というが、キメセクが原因となり、男から女に、また女から男に覚醒剤の乱用は感染しているという。 「感染」という言葉遣いに驚いたが、覚醒剤は主にキメセクを介して、病原菌のように伝染している。 乱用する場面の8~9割はキメセクという。 元取締官が覚醒剤の蔓延を憂える原因はもうひとつある。 たまたまカナダは17日、大麻の所持と使用を合法化したが、日本でも覚醒剤がより蔓延化する状況があるらしい。 「覚醒剤の新しい密造法が開発され、それが徐々に日本で広まり始めている。 新密造法は熱を使わない。 密造の過程で加熱の必要がないんです。 そのため臭いが出ず、隣近所に密造が分かりにくい。 原料は風邪薬などに含まれるエフェドリンやプソイドエフェドリンを抽出して使いますが、これにより素人が気軽に覚醒剤の密造に手を出し、よりお手軽に覚醒剤を試す危険が出てきました」.

次の

沢尻、横川直樹両容疑者にキメセク関係の可能性も

沢尻 キメセク

11月26日発売の「フラッシュ」が、法律違反の薬物所持によって逮捕された容疑者と、過去に深い関係だった元モデル・A子の証言を掲載した。 A子によると、沢尻は18歳の頃から薬物に手を染めていたという。 「沢尻は今回の逮捕で『10年以上前から』法律違反の薬物を『使っていた』と供述していますが、彼女のことを昔からよく知る友人・A子によれば、『彼女は10年どころか、18歳のころには薬物中毒』だったそう。 それから2人はすぐに意気投合し、一緒に薬物を楽しんでいたそうです」(芸能記者) その後、沢尻とXは週に4日会うほど親密になり、薬物が体にまわると、周囲の友人の目を気にすることなく、いちゃつき出したという。 これにはさすがのA子も「(クスリで夜の営みに)耽る姿を見るのは、さすがに耐えられなかった」と、部屋を出たと語っている。 そんな中、今回の報道によって、ドラマファンからは悲鳴があがっているようだ。 「18歳で薬物中毒ということは、沢尻の出世作となった『1リットルの涙』(05年、)の出演前から、すでに手を出していたということになる。 このドラマは、多くの人の涙を誘った感動作であるため、ドラマファンからは『「1リットルの涙」の頃から、すでにヤク中だったのなら本当にショック』『あのドラマを見て泣いた涙を返して!』『清純そうで天使にしか見えなかったのに…。 女は怖い』と、衝撃を受けたといったコメントが相次いでいます」(テレビ誌記者) の降板問題でも世間を騒がせている沢尻を巡っては、11月26日には、東京地裁が沢尻の勾留期限を12月6日まで10日間延長することを認め、同日、知人でファッションデザイナーの横川直樹容疑者が、沢尻とともに法律違反の薬物を所持していた疑いで警視庁に逮捕されている。 様々に波紋が広がる「沢尻の逮捕」によって、過去のドラマファンの思い出も壊されてしまったようだ。 あわせて読みたい•

次の