ある日お姫様になってしまった件について 結末。 ある日、お姫様になってしまった件について 2

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」9話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日お姫様になってしまった件について 結末

『 ある日、お姫様になってしまった件について』はspoon先生によるコミカライズ作品で、現在FLOSコミックにて3巻まで刊行されています。 原作はPlutus先生が担当しており、韓国で刊行された小説となっております。 本作は現代で人気があったネット小説『かわいらしいお姫様』というタイトルの中に登場する悲劇の脇役姫・ アナタシアの幼少期に転生してしまった事から物語が始まります。 ストーリー通りに物語が進めばアナタシアは物語の主人公である ジェニットに毒をもった冤罪で父・ クロードに処刑されてしまいます。 そこでアナタシアは悲劇の結末を避けるため必死に奮闘しますが、物語と全く異なるタイミングで父親と遭遇し、その上興味を持たれてしまいます。 本当は父親であるクロードに全く愛される筈ではなかったのですが、父親に興味を持たれてしまったのならばと今度は生き残りをかけた奮闘劇がはじまります。 今回は『ある日、お姫様になってしまった件について』2巻のネタバレ記事です。 1巻のネタバレはこちら 王道のファンタジー系作品として大人気の『ある日、お姫様になってしまった件について』。 作画の奇麗さやフルカラーである点から話題の作品です。 今回は『ある日、お姫様になってしまった件について』3巻のネタバレ記事です。 『あ … 『ある日、お姫様になってしまった件について』のネタバレ! 『ある日、お姫様になってしまった件について』2巻はアナタシアとクロードが舟遊びをしている最中、アナタシアが船から転落し溺れる様子をクロードが見つめたまま助ける事がなかった事件の後から始まります。 興味を失われたかと思いきや父親によって護衛騎士として任命された ロベインに連れられ、アナタシアは再びクロードの元へと連れていかれます。 部屋の中で仮眠を取るクロードを前に、積もり積もった鬱憤が爆発するアナタシア。 一発殴ろうとした直前に目を覚ましかけたクロードに、子守唄を歌うふりをしてアナタシアは難を乗り切ります。 クロードの態度はいつも通り変わらない者の、アナタシアとティータイムを共にするなど引き続き興味は持っている様子。 アナタシアはクロードの飲むお茶に興味を示し、同じものを口にします。 珍しい味に「口の中で花さくようだ」と感動したところ、お茶会の空気が固まります。 アナタシアの亡き母である ダイアナもアナタシアと全く同じ感想を口にしていたからです。 クロードの元を去った後、自分の宮殿で母親であるダイアナに会ってみたいと口を滑らせてしまうアナタシア。 侍女であるリリーと騎士であるロベインはなんとかアナタシアにダイアナの事を伝えられないかと奮闘しますが、アナタシアはクロードが母親の話題を嫌っているため「クロードに母親に会いたがっていると伝えないでほしい、自分まで嫌われてしまうから」と怒ってしまいます。 何とかその場をやり過ごし、再びクロードの元に行くアナタシアの前に アルフィアス公爵と名乗る男性に出会います。 彼は小説に登場する男主人公・ イゼキエルの父親だったのです。 クロードの元でアナタシアは再び以前うたった子守歌を歌う様命令されます。 必死に歌うアナタシアの子守歌で眠りにつくクロードの横で、アナタシアも眠ってしまいます。 そこでアナタシアは何処か自分に似た、とても美しい容姿の女性が登場する夢を見るのでした。 その後、再会したアルフィアス公爵はアナタシアに同年代の友達が欲しくはないかと声を掛けます。 候補の一人目はイゼキエル、そして二人目はヒロインであるジェニットだとアナタシアは気が付きます。 皇帝であるクロードに気に入られている自分に保険を掛けているのだと気が付いたアナタシアは、アルフィアス公爵に「自分より程度の低い友人など必要ない」と毅然と断ってしまいました。 場所が代わり、アナスタシアは自分が暮らす宮殿の近くで魔法を操る青年と子犬に似た獣に出会います。 不思議な雰囲気をもつ青年は、獣がアナタシアの中で抑えきれない魔力が生んだ神獣だと告げます。 クロと名付けた神獣を食べてしまおうとする青年から、クロを守るためにアナタシアは契約を結びます。 しかし、そこで事件が起きます。 いつものようにお茶会をしていたところ、 アナタシアが口から血を吐いて倒れてしまったのです。 なんとかアナタシアは目を覚ましたものの、激痛にうなされ続けるアナタシア。 原因はアナタシアの体内での魔力暴走だったため、宮廷仕えの魔術師ですらどうすることもできません。 そんなアナタシアを助けたのは、以前庭で出会った 不思議な魔法使いの青年でした…… 『ある日、お姫様になってしまった件について』2巻の感想 1巻ではまだアナタシアに興味を示し始めたばかりだったクロード。 2巻ではそんな二人の距離がアナタシアの涙ぐましい努力によって少しずつ変わり始めます。 アナタシアの生き残りをかけた奮闘戟がクロードに影響していく様子は思わず何度も読んでしまう程です。 特に今回二人の関係が大きく変わったのは、アナタシアがクロードの前で血を吐いて倒れてしまうシーン。 今まで殆ど表情を動かさなかったクロードが倒れていくアナタシアを前に驚いたように目を開くシーン。 そして目を覚まし駆け寄ってくるアナタシアを思わず抱きとめるシーンはドキドキが止まりません。 本来の物語とは全く異なる展開になり始めた中でアナタシアは今後どうなるのか、クロードとアナタシアの関係はどうなっていくのか、3巻も目が離せません! 1巻のネタバレはこちら 王道のファンタジー系作品として大人気の『ある日、お姫様になってしまった件について』。 作画の奇麗さやフルカラーである点から話題の作品です。 今回は『ある日、お姫様になってしまった件について』3巻のネタバレ記事です。 『あ … 『ある日、お姫様になってしまった件について』をまとめてお得に読みたいなら以下のサイトがおススメです。 ebookjapanならお得に読める? は日本最大級の品揃えを誇る電子書籍サイトで、あの ヤフー株式会社が運営するサービスです。 ebookjapanでは初回限定で 50%OFFクーポンが獲得できます。 購入金額 税込 の50%分 最大500円分 が値引きされます。 初回ログインから 60日後まで有効で、期限内であれば 6回まで使えます。 割引額は最大500円分なので、合計額が1000円以上になるように買うといいでしょう。

次の

漫画「皇帝の一人娘」原作の韓国小説の内容紹介!結末のネタバレ有り

ある日お姫様になってしまった件について 結末

悲運の王女アタナシアの皇居生存記! 天涯の孤児で薄幸な人生を生きてきたイ・・ジヘ、ある日目を覚ましたら、小説「愛しきお姫様」のアタナシア王女として目覚める。 きわどい状況の中で、賢く逆境を乗り越えていくアタナシア。 アタナシアの皇居生存期が今始まる。 5章 その父、クロード 1 第3章 あなたは誰ですか? 第4章 猫も命が九つなのに、なぜ私は一つだけなの 第4. 5章 その父、クロード 2 第5章 ロマンス小説の男の主人公はやはり一味違っていた 第6章 波乱万丈デビュタント 第6. 5章 それぞれの事情 第7章 まさかこれはグリーンライトですか? 5章 孤独な黒いオオカミ・ルーカスを触らないでください 2巻 第8章 特報! 黒い塔の魔法使いが現れた! 第9章 ちょっとだけ、さようなら 第10章 悪夢 第10. 5章 宴会の後 第11章 さようなら、お父さん 第11. 5章 その父、クロード 3 第12章 どうしても小説の中国のサブ男に会ったようです 第12. 5章 それぞれ眠れない夜 第13章 帰還 第13. 5章 そのお姫様を触れないでください 第14章 15歳の最後、そして17歳 第14. 5章 それぞれ変化する心 3巻 第15章 再び会ったサブ男、万感が交差する狩猟大会 第15. 5章 ゼニットと黒い塔の魔術師 第16章 物語のクライマックスが近づくと 第16. 5章 舞台上のマリオネット 第17章 世の中のすべての話には終わりがあるということです 第17. 5章 愛しいお姫様はどこに 第18章 美しい童話の中の主人公ではないが 外伝1 18歳でも相変わらず喧々囂々精神のない一日 外伝2 不思議の国のお姫様になりました 外伝3 ルーカス 作家後期.

次の

もののけ姫の都市伝説!結末は最悪の事態?シシ神は最後に不幸をばら撒いた!

ある日お姫様になってしまった件について 結末

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、クロード相手に愛らしく振る舞ったアタナシアは、なんとかその場を生き抜くことができた。 だが、今後も彼に呼び出される羽目に。 予想していた9歳より4年も早くクロードに出会ってしまったため、プランの練り直しをする彼女。 できたプランは、逃走資金をためながら、クロードに愛想を振りまいて愛してもらうというもの。 彼女の苦難は続くのだった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」9話のネタバレ アタナシアは、リリーと共にクロードの前に連れてこられた。 自分が多忙のため面倒を見れなかったが、アタナシアがここまで成長できたのはリリーのおかげだと話すクロード。 怯えて震えるアタナシアだが、面倒見れなかったのではなく、見なかったのではないかと、心の中で突っ込む。 クロードは、これからは俺がアタナシアの全てを管理すると発言した。 固まる彼女。 しかもクロードは、アタナシアの顔をみてニヤリと笑った。 私のことは気を使わなくていい、今までもこれからもずっと忘れていてと、脳内パニックになるアタナシア。 そんなことは知らないクロードは、今日から彼女に姫としてふさわしい待遇をするのだという。 原作のクロードは、アタナシアを一度も娘だと思ったことはないと言っていたのだから、まさか娘と認めたわけではないよねと、彼女は混乱する。 その後、彼女を心配して、大丈夫ですと、アタナシアを抱きしめるリリーは震えているし、先行き不明である。 それからしばらく経ったが、クロードとの付き合いは相変わらずだった。 肉付きが良くなったなという彼に、パパも素敵だよと返すアタナシア。 その光景を、青ざめた表情で見守るリリーとフィリックス。 数回クロードと会ううちに、大胆にぶしつけなことを言っても殺そうとはしないことを学んだ。 むしろ、彼女が子供のように怖がるほど、型にはまった返事をするほど、彼の機嫌を損ねるようだった。 今も愛嬌たっぷりに会話しているが、怖くて気絶しそうである。 しばらく間が空いた後、ついてこいと彼女に指示するクロード。 アタナシア、リリーやフィリックスの3人は、ほっと胸をなでおろす。 やはりクロードは、馴れ馴れしいタイプが好きなようだ。 クロードは湖までくると、ちょうど船に乗るところだと、準備するように指示する。 リリーは、まだ姫様は水慣れしていないと言おうとするが、俺がいるのに何が心配なのかと、クロードは無視する。 粘るリリーを、アタナシアが止める。 逆らっては危ないからだ。 アタナシアはクロードに、俺と一緒じゃ嫌かと聞かれ、アーティはパパと一緒に行きたいと、愛想を振りまく。 そして、クロードに抱き上げられ、ボートに乗せてもらうが、恐ろしくて脱力しそうだ。 そのボートはオールも何もないのに、自動で進む。 不思議に思って、船の側面を覗き込むアタナシアに、クロードは、何を考えているのかと問う。 何て答えようか悩んだ彼女は、パパの髪がキラキラ、キレイと答えた。 キラキラ大好きと、愛嬌たっぷりに微笑む。 実際、クロードのハニーブロンドの髪はキレイだった。 前世の貧しい経験から、金に未練があるのだろうかと、自身の感覚にも複雑な気持ちの彼女。 クロードはクスっと笑うと、そういえばあの日も宝石袋を持っていたなと言う。 お前の宝石は俺が預かっているから、今度取りに来いと言われ、窮地を彷徨い続ける彼女なのだった。 その後もボートは進み、太陽の光がクロードを照らす。 真っ白いローブをだらしなく着た彼だが、どこの国の服装だろうか。 こうして見ると、驚くほどカッコいい、女子がたくさん寄ってくる理由もわかる。 アタナシアの母ダイアナも、彼を心からアシていたということを、原作の外伝で読んだことがある。 光に反射して、キラキラ輝く彼の青い宝石眼。 自分の眼もあのように見えるのだろうか。 ボートは二人を乗せ、ゆったりと進み続けるのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」9話の感想 クロードと過ごす時間が増えてきたアタナシア。 彼女にとっては、毎回生死がかかっているので、恐ろしい時間でしょう。 それでもクロードの好みがわかってきたので、生存率はあがってきましたね。 彼は馴れ馴れしいのが好みだそうです。 兄殺しの皇帝として、周囲から腫れ物扱いされているのでしょう。 いくら国民には英雄と謳われていても、血の繋がった兄弟を殺すことができる冷酷さを持っていることには変わらないですから。 なのでアタナシアの愛嬌振りまき作戦は、クロードにバッチリ効いています。 おまけに、キラキラ大好きと言ったことで、宝石袋を持っていたことを怪しまれずに済みそうです。 隠したくなるほど、キラキラしたものが好きなんだなと理解できます。 クロードの部屋に取りに行くノルマ付きですが。 さて、順調に進むボートですが、終盤で何やら蓮のような植物が生えているエリアに来ましたね。 なんだか雰囲気が怪しかったので、これから何かトラブルが起きそうですね。 アタナシアは無事でしょうか。 この漫画は既にコミックが2巻まで出ています。 先が気になる方はこちらも検討してみてください。 絵がとてもキレイです。 フルカラーで、アタナシアもかわいいし、クロードもカッコいい、見応えがあります。 1巻 ~10話 、2巻 11~19話 の収録内容です。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の