珍宝館。 【もはや18禁】群馬の珍宝館が下ネタのオンパレードだった

【下ネタ注意】群馬の珍スポット「命と性のミュージアム」の世界観がヤバい

珍宝館

群馬県の人気テーマパーク館長が語る「自身の恋愛遍歴」 群馬県の伊香保温泉に通じる道中に、深夜の人気バラエティ番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)に取り上げられて熱い視線を浴びている珍スポット「珍宝館」がある。 1947年、群馬県桐生市で、米農家の4人兄弟の末っ子として生まれた清水ちんこ館長(70、本名非公表)。 「小さい頃は根暗で、ひとりで遊ぶのが好きな子供だった。 けど高校卒業後、弁当屋に勤めた時に出会った女の先輩が私を変えた。 先輩は話上手な人で、特に下ネタがピカイチ。 当時の私は彼女の話を笑いながら聞いていただけだけど、自然に覚えた。 今の私のトークの原点は間違いなく彼女にある」(以下「」はちんこ館長) まだ珍宝館ができる以前の23歳の頃、ちんこは知り合いからスナック経営を任される。 「桐生市内の場末の店だよ。 女の子なんて雇わず私ひとりで切り盛りしてた。 約3年やって貯金が300万円くらいは貯まったから、繁盛してたのかな。 けど店やって一番の収穫は当時、土木作業員をしていて店の常連客だったマスター(館長の夫でいまは珍宝館のスタッフ)と出会えたこと」 恋愛遍歴を聞くと意外な答えが返ってきた。 「私が知ってる男は後にも先にもマスターだけ。 そんな2本も3本も食ってる暇はねえし」•

次の

「珍宝館」名物館長 後継者問題に「肝心なことは…」オチが秀逸すぎる仕事の流儀が話題 #月曜から夜ふかし

珍宝館

後継者問題に揺れる「珍宝館」 性風俗や人間の性・生物の性などをテーマにしたアダルトな展示物を飾る博物館として知られる「秘宝館」。 これまで、放送コードを無視した赤裸々トークが人気を集めてきた館長目当てで「珍宝館」を訪問する人も多いようですが、館長も71歳になったこともあり、「珍宝館」を継続するため後継者を見つけなければならない時期にさしかかっているのだそう。 そこで、番組では「珍宝館」を訪問、館長に後継者について聞くことになります。 テレビには映せないアダルトグッズにモザイクがかかった状態で、インタビューに応じた館長によると、「子供は3人いる」とのこと。 長男・長女・次女という構成なのですが、「珍宝館」の今後については話したことはないそう。 息子に仕事の流儀を説く「珍宝館」館長 番組では2人に将来のことについて話し合ってもらうことに。 館長「将来の展望は?」 長男「珍宝館は残していきたいと思います」 館長「2代目館長は他人を考えてるわけ?」 長男「その選択肢もあると思います」 館長「もう1つは?」 長男「あとは身内」 館長「誰?」 長男「奧さんとか?」 館長「(奥さん)ちゃん?だって手伝うの嫌なんでしょ?」 長男「もう少し時間を…」 やりたい気持ちはあると素直な気持ちは語るものの、迷いのある長男。 彼の言葉を聞いた館長は、「やるって言うんだったらお前がやるしかないんだよ。 やるって気持ちがあればどんなことだってできる。 中途半端な気持ちで、『誰かにやらせよう』俺は入口で切符売ってるだけ。 そんなことは珍宝館は継いではいけない。 やっても1年か2年で終わる」と「珍宝館」館長としての仕事の流儀を説きます。 続けて、お客様をおもてなす自分のトークスキルは、「頭の中に入っていると思う」と、良い後継者になれると長男を勇気づけました。 「肝心なことは仕事に対して品格があること」プロフェッショナルを貫き通す「珍宝館」館長 スガシカオさんが歌う「プロフェッショナル 仕事の流儀」のテーマ曲「Progress」が流れ出したところで、「一番何が大変といえば、そこまで自分が演技ができて馬鹿になれて利口になれるか、それだけなの」と、プロフェッショナルとしての仕事への心構えが語られます。 母からの言葉に長男も「やるからにはやるってことだけは伝わりました」と感じ入った様子。 一方で、館長も長男は「のほほんと育ってきたバカ息子かな。 一番いけないのは話し合ってないってこと。 今日初めて話した。 夜ふかしも珍宝館に貢献したじゃない」と後継者問題について、長男と話せたことに安堵の表情見せます。 最後は、本家にならってプロフェッショナルとしての仕事の流儀を一言で表してもらうと「肝心なことは仕事に対して品格があること」と、絶妙なオチをつけます。 真面目なトーンから、一瞬で笑いにもっていくセンスを発揮します。 マツコも本家「プロフェッショナル 仕事の流儀」出演を熱望? ネットでは放送を見た人から、「夜ふかしの珍宝館館長のプロフェッショナル仕事の流儀に感動してしまう」「真面目で真剣でビビった笑」「マジでプロフェッショナル出てほしいwww」などの声があがっていました。 館長の言葉は真面目で、BGMの効果もあり心を揺さぶられるものがありました。 マツコ・デラックスさんも心揺さぶられたようで、VTRを見ながら思わず「本当に出て欲しいんだけど、プロフェッショナル」の言葉が飛び出ます。 テロップまで、「プロフェッショナル 仕事の流儀」をパロディ化していたので、館長の本家出演に希望を持ちたいですね。 (文:かんだがわのぞみ).

次の

熱海秘宝館を体験してきた!撮影禁止の内部を紹介

珍宝館

大人の博物館である伊香保珍宝館に行ったよ。 ここは大人だけが楽しめる貴重?な品々、珍しい変な物を置いてる所です。 久々に伊香保方面に行ったついでに、これまた超久々に珍宝館に行ってみました。 高崎、前橋方面から水澤観音へ行く通り沿い、の側にあるのですが、何なんだろう?ここ。 って通り過ぎる人も多いのではないでしょうか?気になる~って感じで。 でも通りすぎて正解だったかも知れません(笑) だって珍宝館は、 子供のいる家族連れでは絶対に寄ってはいけない場所です。 大人だけが行ける博物館、テーマパークになってます。 子供にパパ、あそこは「な~に?」なんて質問されたら答えに困ってしまう場所の一つです。 大人でも拒否反応を示す人もいるハズです。 テーマはアレですから・・・ アレだから道路からは何があるのかわかりません。 だから目の前の道路を通りすぎる誰もが何だろう?ここ?と思うハズです。 でも「月曜から夜ふかし」という番組で紹介されてました。 その時に何であるかわかった人も多いのではないでしょうか? ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 連れの友達が「ここ気になってたんだよね~寄りた~い」というので・・支払お願いします(笑)。 お1人様1,000円でしたが 今は1300円になってました。 JAFカードなどの割引はないようです。 営業時間は8時30分~17時、で年中無休、珍宝館は親心として未成年には見せたくない博物館ですが、珍宝館自体は年齢制限がなく未成年でも入館可能、ただし中学生以下は入館料無料ですが保護者同伴必要だそうです。 館内にある展示物などはどんなものがあるか?チケット売り場の横に案内があります。 こちらが珍宝館の館内マップになります。 珍宝館は簡単に言うとアレをテーマにした博物館で新館と旧館と入場料を支払ったとこ(おみやげコーナー)で成り立ってます。 私はそうですね~20年前に行って凄く面白かったので、またいつか珍宝館に寄りたいなぁ~といつもこの前を通る時思ってましたが、いよいよ今日久しぶりに入場できました。 連れの女友達は初めてですが、彼女は珍宝館の前の通りを走る時は「ここ何があるんだろう?」といつも気になってたので今回入れるのは嬉しいようです。 入場料を支払った建物の横にこの入口があります。 ここから中に入ります。 入るとすぐ池があります。 昔は水が張ってましたが、冬に来た今回は水がありませんでした。 先には新館があります。 普通の一軒家って感じです。 昔来た時は旧館しかなかったので・・来場者が多くて儲かったから建てたのかな? 新館に入るとイキナリ珍宝館一番の見所、メインイベントが登場します。 名前は「ちん子」さんという館長兼万長さんが、春画やオブジェの前で色々説明してくれます。 珍宝館=この館長のお話、展示物の紹介が最大の見ものです。 最近このちん子さんちょくちょく月曜から夜更かしの番組に出るようになりましたね~。 最近はゴールデンウィーク真っ最中の時に「全国の悩んでる観光スポットにあの人からアドバイス」という時にTV画面に出てました。 彼女曰く、入り口、駐車場を綺麗にする事だそうです。 言われてみれば確かに綺麗だったかも。 でも真面目な話より、下ネタと時事ネタを組み合わせたトークがやはり最高。 TVに出るたびに面白かった話の光景が浮かびます。 館長の話は、毎時00分、15分、30分、45分と15分おきに始まります。 チケットを買ったら中に入らないでお土産コーナーか駐車場にあるゆずの木付近で前の説明が終わるのを待ちます。 この館長がいるからこそ、この館長の話を聞く事こどが、珍宝館という施設が成り立ってると言っても過言ではありません。 20年以上も前に来た時もこの館長の話がめちゃくちゃ面白くて楽しいデートができた覚えがあります。 今回も若いカップルやご夫婦や仲間どおしのグループなど皆で説明を聞いてました。 常に全員が大爆笑するくらい面白い話です。 女性の方だと陳列物等でその場にいるのが恥ずかしい~と思う方もいるでしょう。 しかし、この「ちん子」さんの説明、話を聞くだけで気分がほぐれて恥ずかしいなんて事なくなるかと思います。 勿論下ネタ話になりますが、下手な芸人のコントや漫談を聞くよりよっぽど笑えます。 すごく楽しい気分になり、男女誰でも、来てよかったなぁ~となると思います。 館長が説明してくれる展示物です。 正面から見ると普通の人形です。 下から見るとこんな感じになってます(笑) 珍宝館のような施設、実は昭和の時は日本全国各地、特に大きい温泉場にはほとんどあったんです。 鬼怒川秘宝殿が閉館となり、今日本には熱海秘宝館とこの伊香保の珍宝館の二ヶ所しかなくなってしまいました。 熱海秘宝館も数回行ってますが展示物を見て回るだけでお話は聞けません。 鬼怒川秘宝殿も見て回るだけでした。 熱海秘宝館も鬼怒川秘宝殿も珍宝館ほど楽しい、面白い気分にはならなかったです。 見て回るだけだからです。 珍宝館は館長ちん子さんと旦那様の私設博物館ですが、見て回るプラス館長の貴重なお話が聞けるんです。 ただ・・・お話だけ楽しいって感じかもです。 それだけ珍宝館に来たら館長チン子さんの話は重要なんです。 珍宝館のパンフレットです。 この館長がいるから面白い場所なんです。 今回値上げして主に話しが面白いで1300円はちょっと微妙な入館料にはなってしまいましたが・・・ 昔行った時は館長の挨拶後に案内ガイドしてくれた事もあったけど、あったりなかったりと、気が向いた時だけかも? 話を聞いた後は館内を自由に見学します。 これは、べべ観音です。 賽銭箱もあります。 この観音様にお参りすると下の病気にかかりにくいようです。 珍宝館NO,1のお宝です。 自然の力も凄いんです~珍石万石の部屋といい利根川、吉岡川、駒寄川、滝沢川などで採れたアレの形をした石を集めて展示されてます。 子宝観音もありました。 表情が少し変・・・ 他にもアレをテーマにした色々な展示物があります。 これは個人が作って珍宝館に収めた品です。 色々ありましたが割愛させて頂きます。 ちなみに熱海秘宝館のようなマネキン等の展示は一体もありません。 芸能人の方も来てます~綾小路きみまろさんも来てきみまろさんの大事なとこ握ってる館長の写真が飾ってありました。 あ、すぎちゃんも握られて記念写真撮ったようです。 きっとチン子さんの事を「ワイルドだろ~」って思ったでしょうね。 館長が外にいたら声をかけて記念撮影しましょう~ 僕も館長さんと記念撮影~!あ、握られる~~!スギちゃんの写真と同じポーズ!誰でも握って記念撮影してくれるようです。 連れの女の友達も・・触られて記念撮影~男女ともこのポーズで館長は記念撮影してくれるようです。 おみやげもジョークグッズがあって楽しいですよ~ 友達は妹にこんな可愛いアレ模したペロペロキャンデーをお土産で買っていきました(笑)見せたらドン引きされたそうです。 珍宝館のお土産はジョークのわかる人にしか渡せませんね。 真面目な人にはお土産は不要です。 でも下ネタが大好きな人にはアレを模したキャンディーは他では滅多にお目にかかれない飴だし、バカ受けする事間違いなしのお土産になるかもです。 またHなUFOキャッチャーもあるので景品をお土産にするのもいいかも知れません。 ちなみにお土産コーナーだけに行くのは入館料は必要ありません。 伊香保に行ったら帰りにジョーク土産が好きな人に買ってあげる為に立ち寄りますから~たまにそのレジにちん子さんがいたりしますよ。 以前は伊香保珍宝館、上州珍宝館、上州水沢海道べべ観音珍宝館、どれが正式名称か色々と呼ばれていた所ですが、今は珍宝館として楽しいひと時が過ごせる所ですね。 ハッキリ言うと陳列物、展示物は小さい造形物が整然と並べられてるだけなので個人的にはそこはう~~んという感想ですが、月曜から夜更かしでマツコさんもも村上新五さんも驚愕!卒倒するようなお話をする館長がここの名物です。 展示物で唯一少し感動したのはこの枕草子3Dぐらいです。 よくできてるなぁ~って。 これ以外はあまり立ち止まる事もなかったかも~。 1000円の価値はありましたが1,300円と値上げになったので正直微妙かもですが館長のお話だけは面白い。 二十年以上も前に行った時の印象に残ってるのは館長のお話が楽しかったからで今回も久々に行って昔行った時と同じく超面白く楽しかったです。 連れの友達も大爆笑~回りにいたご夫婦や若いカップル、男子グループも大爆笑~館長の話は男女誰でも笑顔で楽しそうに聞いてました。 昔に行った時旧館しかなかった時は入口から出口まで展示物の説明と面白い話が聞けたと思うのですが、今は展示物が増えたからでしょうか?お年のせいかもしれませんが今は新館入り口付近だけのお話なのかも知れません。 暇な時はついてきて説明してくれるのかな? 話の内容は同性どおしのグループでも面白いと思いますが、ご夫婦、カップルのペアのほうがより話が面白いかと思います。 また今回のように大勢のご夫婦、カップルさんと同時に聞いたほうがより全員爆笑でより楽しいかと思います。 あの館長がいなくなったら珍宝館はどうなってしまうんだろうと思うくらい、ちん子さんがいないとダメな施設なんです。 インパクト大すぎの館長で連れの友達もすごい楽しそうな顔をしてました。 夫婦喧嘩等をした時にも2人で館長の話聞けば仲良くなうかも~ってなぐらい気分が楽しくなる話をしてくれますよ。 しいて言えば、館長の面白い遊び心溢れる話と違って、陳列が整然とされてて遊び心がなかった点ですね。 遊び心あふれる楽しい展示方法にしてくれると館長の雰囲気と内部が合うんですけどね。 入口付近での館長の話ノインパクトが大きすぎる為になおさら展示物を見て回る時に思いました。 展示なくても館長の話は何度も言いますが、面白いですよ~デート中でも彼女の顔。 彼氏の顔に笑顔溢れるかと思います。 ご夫婦でも同じです。 珍宝館がデートスポットというより館長の話がデートスポットですよ~是非聞いてみてくださいね。 ズバリ! 珍宝館は館長こそが珍宝という所。 住所:群馬県北群馬郡吉岡町上野田3366 電話番号:0279-54-5956 珍宝館までのアクセスは関越自動車道前橋インターから約14. 2キロ、車で約27分、駒寄スマートICからなら約6. 7キロ車で約14分。 渋川伊香保インターからなら約8. 3キロ約13分で着いちゃいます。 から約2. 5キロ車で約4分、 や から約6. 8キロ、車で約12分、からなら約22. 3キロ車で約40分。 珍宝館へ電車やバスで行く場合は、JR高崎駅発の伊香保案内所行きの群馬バスを利用すると乗り換えなしで行く事ができます。 建物前にある無料駐車場は20台前後は余裕で置けそうな感じです。

次の