メルカリ 評価 メッセージ。 メルカリ取引メッセージの例文まとめと取引メッセージの注意点6つ

メルカリの取引メッセージ・コメントの注意点&便利なフレーズ集 [メルカリの使い方] All About

メルカリ 評価 メッセージ

もちろん故意に無言評価の方もいるかも知れませんが、初心者の方で『コメントを入れる欄があることを知らなかった!』とか、『取引メッセージがそのまま反映されると思っていた!』というようにメルカリのシステムがよくわかっていないような人もいます。 また、もともとメルカリでの取引をなるべく簡潔に終わらせたいという人もいます。 ですので、無言評価だったからと言って、「商品に何か不備があったのかな?」などと考える必要はありません。 無言評価が気になるようであれば、何かを出品した時に取引メッセージで「評価の際に、一言コメント頂けると嬉しいです」と書いておくとコメントを貰いやすいと思いますよ。 受取評価のコメント欄は、商品取引画面の『良い・普通・悪い』の3段階評価の顔のマークの真下にあり、文字数は140文字以内で自由に入れることができます。 コメントなしでもいいのですが、取引が無事に終了したのなら、感謝のコメントくらいは入れた方がいいかも知れませんね。 メルカリの受取評価コメント例文(テンプレート) メルカリの受取評価は、特に問題がなければほとんどの場合『良い』をつけることが多いので、 スマホのユーザー辞書に『良い』評価の定型文を入れておくのをおすすめします。 コメント例文をまとめてみましたので、このまま使ってもらってOKです! 良い評価のコメント例文 あなたが出品者の場合• 無事に届いたようで安心いたしました。 迅速なご対応で、安心してお取引ができました。 ありがとうございました。 スムーズなお取引ありがとうございました。 またご縁がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。 丁寧で気持ちの良いお取引をして頂きまして、ありがとうございました。 商品を気に入っていただけると嬉しいです。 あなたが購入者の場合• 本日、商品を受け取りました。 綺麗なお品をお譲りいただきまして、ありがとうございました。 無事に商品を受け取りました。 とても気持ちの良いお取引ができ、信頼できる出品者様です。 ありがとうございました。 とても丁寧な梱包で早々に発送して頂きまして、助かりました。 ありがとうございました。 素敵なお品をお譲りいただきまして、ありがとうございました。 大切に使わせていただきます。 自筆のお手紙まで入れて頂きまして、ありがとうございました。 また機会がございましたらよろしくお願い致します。 普通・悪い評価の場合 何か問題がある場合には、いきなり受取評価で『悪い』をつけるのではなく、相手と『取引メッセージ』でやり取りしても解決しない場合には、まずメルカリ事務局に相談しましょう。 『悪い』の評価は、今後の相手の取引に関係してきますので、よく考えてからつけた方がいいです。 乱暴な言葉を使ったコメントは、傍から見ていて気持ちがいいものではないので、 やむを得ず『悪い』評価をつける場合には、今後利用するユーザーのために理由を丁寧に書いておくといいですね。 「コメントなしの評価でした」「横取り購入でした」などのメルカリでの公式ルールを守っていないマイルール(独自ルール)を押し付けた理由での悪い評価は、評価を変更・削除されることもあります。 それでは、『悪い・普通』評価のコメント例文をみていきましょう。 あなたが出品者の場合• 購入後、何のメッセージもなく不安な取引でした。 受取評価が遅く、こちらから言わないと評価をして頂けないところが気がかりでした。 支払い期日までにお支払いがなかったので困りました。 あなたが購入者の場合• 発送期日を過ぎても連絡がありませんでした。 遅くなるのであれば、一言メッセージが欲しかったです。 未使用品と書いていましたが、明らかに使用感があり、商品説明と異なる商品が届きました。 取引メッセージのやり取りがスムーズにできず不安なお取引でしたので、こちらの評価とさせていただきます。 言葉遣いが乱暴だったので、不快なお取引でした。 壊れやすいものだったにも関わらず、プチプチで梱包がされていませんでした。 幸い壊れていませんでしたが、もう少し包装の仕方を考えて頂きたいです。 商品がビニールに入っていなかったので、雨で濡れてしまっていました。 今度から気をつけて欲しいです。 メルカリ評価コメントの確認方法は? メルカリの受取評価のコメントの見方は、 1.左上のメニュー(三)をタップします。 2.一番上にある、自分のプロフィール欄(名前)をタップします。 4.すると、今までの評価とコメントがズラッとでてきます。 受取評価コメントを入れ忘れたり、間違えたら? メルカリでは、相互評価しないとお互いの評価が見れないようになっているので、取引が完了してはじめて相手がどのような評価をしたのかがわかります。 こちらに落ち度がなかったにも関わらず、『悪い』の評価をつけられていたからと言って、 報復評価することはできません。 受取評価は基本 的には変更・削除はできないので、慎重に入れるようにしましょう。 また、 コメントなしで受取評価してしまった場合には、コメントを後から追加したり編集したりすることはできません。 そんな場合には、評価後も2週間以内であれば取引メッセージでやりとりすることができるので、お礼を一言入れておく方がいいかも知れませんね。 例外ですが、万が一、間違った評価をしてしまった場合や、評価後に問題が解決した場合には、コメントは訂正できませんが、評価自体を変更できることもあります。 さいごに いかがだったでしょうか? 私もいつも受取評価後には、「どんなコメントが入ってるかな~」と、気になりますし、心のこもった内容だと嬉しいです。 コメントは決まり文句になりやすいですが、それでもないよりはあった方いいですね。 たいした手間ではないですので、なるべく入れるようにしてみて下さいね!.

次の

メルカリの評価は取引メッセージのコメントが重要!

メルカリ 評価 メッセージ

メルカリで評価をする時の基準やどういったコメントを書けばいいのか悩む人も多いだろう。 今回はメルカリで評価をする時のコメントで参考になる例文をまとめていく。 どうやって評価をしたらいいのかイマイチ分からない人は参考にしてほしい。 併せて良い評価以外のふつう、悪い評価のケースも掲載するので併せて参考にしてほしい。 メルカリでは相互に評価を付けて取引が完了となる メルカリの評価機能はとても大事なシステムだ。 これは全てのフリマアプリにも言えることだが、 お互いの評価が今後の取引に大きく左右する。 これは出品者、購入者双方に言える話しだ。 これもフリマアプリの醍醐味だと思う。 なお、取引中のメッセージテンプレはこちらの記事で紹介しているので参考にしてほしい。 購入者側:メルカリの評価コメント例文 それでは、さっそく 購入者側のメルカリ評価の例文を見ていこう。 受取り評価のテンプレ文を紹介していく。 「商品受け取りました。 この度は迅速なご対応ありがとうございました。 また機会がありましたら、よろしくお願いします」 「商品受け取りました。 梱包も丁寧で商品も説明通りで大変満足しております。 また機会がありましたら、よろしくお願いします」 「商品受け取りました。 丁寧なご対応で最後まで安心して取引をすることができました。 また機会がありましたら、よろしくお願いします」 出品者側:メルカリの評価コメント例文 次に出品者側が行うメルカリの評価コメントの例文を見ていこう。 「この度は購入ありがとうございました。 スムーズに取引することができました。 また機会がありましたら、よろしくお願いします」 「この度は購入ありがとうございました。 支払い対応や返信など迅速に対応いただき、終始安心して取引をすることができました。 また機会がありましたら、よろしくお願いします。 」 「ふつう」や「悪い」など低評価を付けるケースは? ここまではお互いに良い評価を付ける前提でコメント例文を紹介した。 しかし、良い評価以外の評価を付ける場合もあれば、付けられる場合もあるだろう。 これは出品者か購入者かで理由は異なってくるので、双方でふつうや悪い評価が付く場合について紹介する。 出品者で「ふつう」や「悪い」評価が付けられるケース メルカリは全体的に評価に対してシビアではないと思うが、もちろんミスをしたり対応が悪ければ悪い評価が付く。 出品者が良い評価以外をもらうケースは以下の通りだ。 梱包が雑で商品に傷が付いていた• 発送が約束した期日より遅い• コメントに対する返信が遅い• 商品が説明と食い違っていた いずれも、出品者側に落ち度がある理由ばかりだ。 商品の梱包は手間かもしれないが、できるだけプチプチに包むなどして対策しよう。 時々、何も梱包せずに厚紙を巻いた状態で定形外で届くことがある。 雨で濡れたりするとどうするのだろう?と思うが、これは問題外だ。 それ以外にも「取引連絡が全くなくて不安だった」という評価もよく見かける 悪い評価は今後の取引にも影響を及ぼすので、手厚い対応を心がけ1つでも多くの良い評価をもらおう。 これだけで今後の取引成立に大きく関わってくる。 出品者で「ふつう」や「悪い」評価が付けられるケース 購入者の場合、ふつうや悪いの評価が付けられるケースは出品者ほどない。 挙げられる理由としては以下のようなものがあるだろう。 取引後、出品者の連絡に対して何も返信がない• 勘違いによるクレームを送った• 受け取り評価をずっとせず、出品者の入金が遅れた• 支払い対応を期日にしなかった 購入者が忘れてはいけないのが、 評価されるのは出品者だけではないということ。 購入者も評価の対象を忘れずに。 ちなみに購入者が悪い評価を付けられると、今後の取引に関わる。 出品者によっては良い評価以外の評価がある人とは取引を考えます、というユーザーもいる。 自分もあまりに評価が悪い購入者からの取引はお断りしたこともあった。 注意しよう。 悪い評価を付けると報復評価されない? その昔、ヤフオクなどでは報復評価という風習があった。 これは悪い評価を付けられた腹いせに、悪い評価を付けるというもの。 しかし、メルカリではこの報復評価は起こりえない。 なぜなら、 お互いの評価はお互いが評価を付けあった後に初めて公開されるからだ。 取引に違和感を覚えた、不安があったなど後続のユーザーのためにもハッキリと低評価をつけて僕は問題ないと思う。

次の

メルカリの評価は取引メッセージのコメントが重要!

メルカリ 評価 メッセージ

メルカリは、個人同士の取引の場です。 そのため、相手とはメッセージでやり取りをする必要があります。 また、メッセージを交わすことによって気持ちよく取引を終えたり、それによって高評価をいただけたりなど、自分にとってプラスになることもあります。 しかしメルカリでの取引に慣れていない人にとっては、知らない人とのコミュニケーションと言われても、どんなメッセージを送ったらいいか、わからないですよね。 「どんなメッセージを送ったらいいの?」 「いつ送ったらいいの?」 「こんなときどうしたらいい?」 今回は、こんな時に役立つ、メルカリでメッセージを送るタイミングやその内容を、例文付きで解説します。 また、メルカリをまだ始めたばかりの方は、まずはこちらの記事をチェックしてみてください。 初心者にもわかりやすくメルカリの利用方法についてお伝えしています。 メルカリ出品者が使う取引メッセージの例文 まずは、メルカリの取引でメッセージが必要になるさまざまな場面で使える例文をご紹介します。 これから紹介する例文をそのまま使ってもいいですが、慣れてきたら徐々に自分の言葉で伝えるようにしてみましょう。 値下げ依頼に応じるときの例文 あなたが出品している商品に対して、値下げ交渉のコメントが来た場合の例文を紹介します。 自分が出品している商品に対し、相手が希望している値段で売って構わないと思ったら、値下げを了承するコメントを送りましょう。 「コメントありがとうございます。 ご希望の金額で大丈夫です。 金額修正いたしますので購入よろしくお願いいたします。 」 ここでのポイントは、手順を提示することです。 値下げ依頼を断るときの例文 相手の希望額では厳しい、もしくは値下げそのものが厳しい場合の例文を紹介します。 「コメントありがとうございます。 大変申し訳ございませんが、この商品の値下げは厳しいです。 ご希望に添えず申し訳ありませんが、現状価格(〇〇円で)でご検討ください。 よろしくお願いいたします。 」 メルカリのコメント欄は、ほかの方も見ることができます。 どんなに非常識な値下げ交渉をされたとしても、怒らずに丁寧な文章でメッセージを返信しましょう。 商品が購入されたあと、支払いが済んだときの例文 購入者が商品の支払いを終えた時に使う取引メッセージの例文です。 「お支払いありがとうございました。 商品ですが、〇〇日に発送予定ですので今しばらくお待ちください。 よろしくお願いいたします。 」 支払いのお礼と同時に、購入者へ発送予定日を伝えます。 それによって相手が 「いつ発送ですか?」 と聞く手間も省けますし、取引相手も安心できます。 商品が購入されたあと、支払いが済まないときの例文 商品を購入した購入者からの支払いがなく、支払期限を迎えそうになっている、もしくは支払い期限を過ぎてしまった場合の例文です。 「お世話になっております。 購入いただいた商品の支払期限が迫っております。 (過ぎております)申し訳ございませんが、お支払い予定を確認させていただいてよろしいでしょうか。 お手数をおかけしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。 」 怒りたくなる気持ちをグッとこらえて、相手に対して丁寧な文章で、支払予定日の確認を聞きます。 予定日を確認させてください、と送れば相手も返信しやすいです。 商品を発送したときの例文 商品を発送した直後に、購入者に対して送る取引メッセージです。 「お待たせいたしました。 先ほど〇〇便で発送させていただきました。 追跡番号は〇〇〇〇です。 お受け取りよろしくお願いいたします。 」 どんな発送方法にしたのかと、追跡番号まで伝えておくとよいでしょう。 購入者を評価するときの例文 取引が終了し、評価コメントを入れれば完了、というときに使う取引メッセージです。 「このたびは購入ありがとうございました。 スムーズな取引をしていただいて感謝しています。 また機会がありましたらよろしくお願いいたします。 」 購入者を評価するときの取引メッセージは、長々と入れる必要はありません。 簡単にお礼の気持ちを込めましょう。 もちろん無言評価はマナーに欠けるので、きちんとメッセージを送りましょう。 購入者からクレームが入ったときの例文と対応方法 続いては、問題発生時のやや高度な取引メッセージです。 こちらが発送した商品に問題があって、相手からクレームが入ったときです。 クレームが発生しているので、お互い感情的になりやすい状況ですが、ここで送るメッセージを間違えると、相手とのトラブルがこじれてしまう可能性があります。 出品者に非があった場合 まずは、こちらに非があった場合に送る取引メッセージです。 梱包が悪くて商品が破損したとか、商品説明にない傷があった、不良品だったという場合です。 「連絡ありがとうございます。 ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。 もしよろしければキャンセル対応をさせていただきたいのですが、いかがでしょうか。 商品は着払いで送り返していただいて構いません。 ご確認よろしくお願いいたします。 」 まずは、こちらの非を認めて謝ります。 その後、どう対応するかまでしっかりと取引メッセージに記載しましょう。 メルカリでクレームが入った場合の一般的な対応がキャンセル返金対応なので、その場合は上記のようなメッセージを送ります。 購入者に非があった場合 クレームが来たものの、相手の勘違いなどで、購入した相手に非があった場合です。 「ご連絡ありがとうございます。 内容を確認させていただきました。 大変申し訳ないのですが、ご指摘の個所は商品説明に記載させていただいております。 お手数ですが、いまいちど商品説明をご確認いただけますでしょうか。 どうぞよろしくお願いいたします。 」 相手は感情的になっていて強めのメッセージを送ってくる可能性がありますが、こちらは冷静に、丁寧に対応しましょう。 「相手が悪いのに」と思う気持ちはわかりますが、感情的になっている相手に感情的なコメントを送ってしまうと、トラブルに発展する可能性があります。 冷静、丁寧を心がけてください。 またメルカリの再出品について知りたい場合は、下記の記事も参考にしてみてください。 簡単に再出品できる手順をまとめています。 ただし取引メッセージは、取引が終了してから(お互いの評価終了後)2週間で非公開になります。 取引終了後、2週間経過すれば購入者、出品者ともに取引メッセージが見られなくなりますので、それまで待ちましょう。 メルカリの購入者側が使う取引メッセージの例文 先ほどまでは、出品者側が使う取引メッセージでした。 ここからは、購入者側がよく使う取引メッセージをご紹介します。 値下げ交渉をするときの例文 まずは、出品者に対して商品の値下げ交渉を行う場合の取引メッセージです。 「始めまして。 コメント失礼いたします。 大変失礼なお願いで恐縮なのですが…こちらの商品、〇〇円にしていただくことは可能でしょうか?無理を言って申し訳ありません。 ご検討よろしくお願いいたします。 」 メルカリでの値下げ交渉はある程度、当然のような風潮もありますが、出品者からしたら値下げは嬉しくないものです。 そのため、できる限り丁寧にお願いしましょう。 また、できれば金額はこちらから提示する方が、出品者としては値下げを検討しやすいです。 挨拶もなく金額提示もないまま 「いくらにできますか?」 という聞き方だと、出品者からしたら不快です。 値下げ=当然、と考えている人が多いようで、実際こういう聞き方をするメルカリユーザーは多いです。 繰り返しになりますが、本来値下げ交渉は出品者からしたら何のメリットもないものです。 相手も感情のある人間です。 丁寧な聞き方をすることによって、値下げ交渉がうまくいく可能性もあります。 メッセージ後に購入するときの例文 値下げ交渉や、商品に関する疑問を聞いた後、商品を購入する際に使う取引メッセージの例文です。 「ありがとうございました。 では購入させていただきます。 どうぞよろしくお願いいたします。 」 このようにシンプルなメッセージでいいと思います。 ここに時間をかけるくらいなら、早く購入してあげた方が出品者も嬉しいはずです。 商品を購入したときの例文 商品を購入し、最初に送る取引メッセージです。 「購入させていただきました。 短い間ですがどうぞよろしくお願いいたします。 」 もし、あなたの選択した支払い方法が、振込やコンビニ払いなどの場合、上の例文の後に 「支払いですが、〇〇日を予定しております。 お待たせして申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。 」 と書いてあげると、より親切です。 それによって、出品者もその日に合わせて発送できるよう準備もしやすいです。 クレジットカードで購入と同時に支払いが済んでいる場合は、簡単な挨拶のみでかまいません。 出品者から商品発送の連絡がきたときの例文 出品者が商品を発送し、連絡をしてきたときに返す取引メッセージです。 「お世話になっております。 ご連絡ありがとうございます。 承知いたしました。 届き次第確認し、受け取り評価させていただきます。 」 このように、簡単なあいさつでかまいません。 「受け取り評価します」 という一文は必ず入れてください。 出品者にとっては、受け取り評価をしない購入者が一番不安です。 受け取り評価に関する一文を入れることで、きちんと手続きしますよ、という意思表示にもなります。 届いた商品に問題があったときの例文 商品が届いて、中身を確認したら問題があった、という場合の取引メッセージです。 メッセージを送る前に、こちらに見落としなどの非がないことは、絶対に確認してください。 「お世話になっております。 商品が届いたのですが、開封したら〇〇が破損しておりました。 大変お手数ですが、ご対応いただけないでしょうか。 」 明らかに商品として使えない、という場合はこのようにメッセージを送ります。 「〇〇してほしい」ではなく「ご対応いただく」というように伝えるのがポイントです。 というのも、対応方法は出品者によって違います。 ・キャンセルで返金、商品は着払いで送り返し ・キャンセルで返金、商品はそのままどうぞ ・納得いかない など、出品者の取る対応はさまざまです。 そのため、こちらから 「返品したい」 「返金して」 という対応を迫るのはNGです。 もちろんいくら相手が悪くても、絶対に感情的になってはいけません。 もし相手とトラブルになってしまうと、最悪の場合、返品も返金もできない状況が何週間も続く可能性がありますので。 受け取り評価をするときの例文 商品が届き、何の問題もなかったら受け取り評価をおこない、その旨のメッセージを送りましょう。 「このたびはスムーズな取引ありがとうございました。 また機会がありましたらよろしくお願いいたします。 」 このように、受け取り評価のメッセージはシンプルでいいと思います。 もちろん丁寧に書いてもいいですが、そこに時間をかけるくらいなら、早めに受け取り評価してあげてください。 なお、出品者側でもそうですが、無言評価はマナーに欠ける行為です。 ひとこと、ふたことの簡単なメッセージで構いませんので、必ず何かメッセージは入れるようにしましょう。 またメルカリで取引をしている中で、「やっぱりキャンセルしたい!」と思うことがあったら、下記の記事を参考にしてみてください。 キャンセルができるかどうかや、できる時の方法についてまとめています。 取引メッセージに関する、ちょっとした疑問にお答えします。 購入者から取引メッセージを送るべきか 商品を購入した後、最初の取引メッセージを購入者から送るべきか、出品者からのメッセージを待つか、という疑問です。 これに関しては「どちらでも構わない」です。 悩むくらいなら、 「購入させていただきました。 どうぞよろしくお願いいたします。 」 と先にメッセージを送ってしまうのが一番でしょう。 取引メッセージはいつまで使えるのか 購入後、出品者と購入者がやり取りできる取引メッセージがいつまで使えるか、という疑問です。 取引メッセージは、お互いの受け取り評価をするまでは、何日でも使えます。 お互いの受け取り評価が終了し、取引が無事終了した日から2週間が経過すると、取引メッセージは非公開になり使用できなくなります。 取引メッセージを送るべきでない時間帯は 取引メッセージを送ってはいけない時間帯があるかどうか、という疑問です。 営業時間のあるお店と違って、メルカリは個人同士のやり取りです。 さらにスマホで利用している方がほとんどなので、あまり非常識な時間帯での連絡は避けたいですね。 10:00~21:00くらいの間なら、取引メッセージを送っても問題ないと思います。 ほとんどの生活スタイルの方が起きている時間帯のはずです。 多くの方が就寝している可能性のある深夜の取引メッセージは、避けた方が無難です。 取引メッセージには返信した方がよいのか メルカリでは、取引メッセージのやり取りを煩わしく感じる人も多いようです。 もちろん、相手のメッセージに返信しなくても、取引は完了するでしょう。 ただ、手順とかではなく「マナー」の問題です。 メルカリはお店でもなんでもなく、個人同士で取引をする場です。 出品者は購入者に安く商品を譲ってくれていますし、購入者は出品者の不用品をお金を出して買ってくれているのです。 長文のメッセージを返す必要はありません。 ひとことふたことでも、返さないよりはずっといいです。 お互いが気持ちよく取引を終えられるよう、最低限のメッセージには返信するべきでしょう。 取引メッセージは非公開になると見られないのか 取引が終了して2週間経つと、取引メッセージが非公開になるというお話はしました。 では2週間経ったら絶対に見られないのか、という疑問です。 いちど非公開になった取引メッセージは、絶対に見られません。 ただし、商品ページの「コメント」は、商品ページを削除するまで見ることができます。 取引メッセージで住所と名前を教えていいのか かなり限られた状況ですが、メルカリでは取引メッセージで相手に住所や氏名を教える必要が出てくる場合があります。 その場合、本当に相手に住所や名前を教えていいのか?という疑問です。 メルカリのルール上は、取引メッセージで個人情報を教えることは問題ありません。 主に出品者が購入者の住所を尋ねる場合がほとんどですが、以下のようなケースが考えられます。 ・匿名配送だったが、相手の都合で別の方法で送ることになった ・匿名配送だったが、機械の調子が悪くて匿名配送票を発行できなかった ヤマト運輸から送ろうとしたら印刷機の故障で再印刷もできず、相手の住所もわからずという状況で、商品を送れなくなった、というケースを見たことがあります。 このように、相手の住所を聞く必要が出てくるケースは、ごく稀にですがあります。 その場合、相手に住所や名前を教えてあげるしかありません。 ただ、女性などはとくにそうですが、相手に住所を教えるのに抵抗がある場合や、匿名配送だから買ったという場合もあるでしょう。 その場合は、相手と相談して、何とか匿名配送で送ってもらえないか相談しましょう。 機会やシステムの故障でどうしても無理な場合は、その取引をいったんキャンセルして匿名配送で再出品してもらうといった方法も可能です。 もちろん、取引に必要もないのに聞かれた場合、教える必要はありません。 話は変わりますが、メルカリには「高く売れる商品」が存在します。 中には「えっ!こんなものが高く売れるの?」というものもありますので、以下の記事も参考にしてみてください。 人によっては、相手にメッセージを送るのが緊張してしまうとか、不安だという場合もあるでしょう。 ただ、メルカリを利用する以上、相手とのメッセージのやり取りは必要不可欠です。 相手とコミュニケーションをとる事で、取引が円滑に進みます。 メッセージによって値下げ交渉も可能ですし、聞き方によっては値下げ交渉の成功率も上がります。 取引のメッセージが苦手だという場合は、この記事の例文をコピペしても構いません。 必要に応じて多少言葉を変えたりすれば、どんな場面でも十分役に立つはずです。 今回ご紹介した例文はかなり丁寧に書いていますが、例文のように長々と送らなくても構いません。 ひとことふたことの、簡単なメッセージだってかまいません。 「どうぞよろしくお願いします」 このひとことがあるだけでも十分です。 相手を思いやって取引メッセージを送ることで、お互いが最後まで気持ちよく取引ができるはずです。 また弊社では、おもにオウンドメディアと呼ばれるブログのようなもので安定的に稼ぐ方法を教えています。 実際に、弊社のスクールで成果を出した人の例を挙げると、 ・ブログで情報発信し、クラウドファンディングで書籍化も達成!自由に働く夢が叶った方 ・本業のかたわらブログをコツコツと育、稼いだお金で海外旅行を楽しんでいる方 ・会社員時代に副業でブログを始めて月300万円の収入を実現し、独立した方 といったように、 経済的な自由を獲得したり、時間や場所に縛られない生き方を実現しているのです。 あなたも安定した資産を構築する方法に興味があれば、下記ボタンから詳細を確認してみてください。 いまなら4時間45分の動画講義を無料で公開中です! \ ブログで安定資産を構築できる副業講座はこちら/.

次の