フライパン 軽い。 フライパンおすすめ29選|焦げない!料理家によるランキングや選び方&メンテ方法も

人気の鉄フライパンおすすめランキングTOP10。軽くてお手入れのしやすい商品もご紹介!

フライパン 軽い

テフロンとは、「アメリカ・デュポン社が作ったフッ素樹脂」の呼び名です。 フッ素加工フライパンは「焦げつかない」「くっつかない」など大変利便性が高いという理由で、主婦や料理人の間では今や常識となっている調理器具です。 しかしフッ素加工の危険性が少しずつ指摘され始め、最近ではアメリカのメーカー「デュポン社」も 「有害性は認識していたが隠していた」などと認める発言が話題となっています。 フッ素加工フライパンの危険性とは 現在危険性が指摘されていることは、大きく分けて次の2つだと言われています。 加工時に使用される物質「PFOA」の有害性 「PFOA」(ペルフルオロオクタン酸)とは、調理器具をフッ素樹脂でコーティングする際に使用される物質です。 これがガンや奇形などを引き起こす可能性があるとして、大変危険視されているのです。 この有毒ガスを吸い込むと、人間はインフルエンザに似た症状など体の異変が起きたり、インコやオウムなどの小鳥は 死んでしまうというような訴えが数多く寄せられているようです。 現在デュポン社に対し、 テフロン加工の調理器具による死亡や病気等の訴訟が後を絶たないとのこと。 それに加えて、この先なんと 3500件以上もの損害賠償裁判がデュポン社に対して行われるということです。 内容 20cm・28cmフライパン2点セット 安全なフライパンまとめ フライパンについての意識が変わりましたでしょうか? 今まで迷っていたけれど…という人も、これを機にフッ素加工から卒業なさることをおすすめします。 たとえ扱いが簡単で焦げつきにくくても、人体に有害で、いずれ剥がれて捨ててしまうフライパンを買い続けるのは、家族の健康と経済面、両方で損をしているのではないでしょうか。 目先の使いやすさやポイ捨て思考をなくし、 「本当に良いものを長く使う」 その考えが、たとえ多忙でも日々の質を向上させ、将来の健康に繋がってゆくという可能性もあるのではないかと思っています。 食材だけでなく調理器具や食器なども、私たちの健康に大きく影響します。 大切な家族のためにできるだけ有害性の少ないものを選んで、楽しくヘルシーに過ごしていきましょう。

次の

安全なフライパンおすすめ。セラミックやステンレス、鉄のフライパンを厳選!

フライパン 軽い

鉄フライパンの魅力とは? 料理にこだわる人はもちろんのこと、プロの料理人にも愛用される鉄フライパン。 その魅力は一体どこにあるのでしょうか? 鉄フライパンの魅力を簡単にまとめると、以下のようなものになります。 高温調理が可能なので「焼く・炒める」料理を特に美味しく調理できる。 鉄なので 丈夫で傷に強い。 熱伝導に優れているので 火加減を反映しやすい。 使うほど油がなじんでいくので 焦げ付きにくくなる。 洗い物に洗剤を使う必要がないので 後片付けが簡単。 鉄フライパンで調理をすると 鉄分も補給できる。 鉄フライパンは、使用する前に「焼き込み」や「油ならし」といった作業が必要になってきます。 そのため「少し面倒だな」と感じる人が多いのも事実です。 しかし、これらの作業を最初に行っておけば、 洗剤なしで洗うことができる 便利なフライパンです。 また最近では 「焼き込み(油ならし)」が不要な商品も発売されていますので、「どうしても面倒」という方はそちらを選ぶと良いでしょう! 商品詳細• 価格の目安:7,000円~• サイズ(cm):16,18,20,22,24,26,28• 重さ:約1280g(28cm)• 1番人気は26cmですが、16cmから28cmまで 2cm刻みでサイズを選ぶことができる種類の多さも魅力的! 重いイメージの強い鉄フライパンですが、 女性でも持ちやすい軽さも特徴。 また表面を特殊熱処理しているので 非常に錆びにくくなっているのも嬉しいポイントです。 価格の目安:11,000円~• サイズ(cm):18,22,25• 重さ:約1174g(25cm)• 左右に出っ張っている形状が特徴。 鉄フライパンから お皿に料理を移す時に便利になっています。 表面がファイバーライン加工という特殊な加工が施されており、繊維状の凹凸によって油のなじみが良く 焦げ付きにくいのが魅力的な鉄フライパンです。 鉄フライパンとしては 軽量でIH調理も可能。 サイズ感もちょうどよい 使い勝手が良い鉄フライパンとしてぜひおすすめしたい商品となっています。 価格の目安:8,000円~• サイズ(cm):16,18,20,22,24,26,28• 重さ:約1280g(28cm)• 創業時から使っている白木から ROOTS 起源 と名付けられています。 28cmサイズが人気となっていますが16cmから 2cm刻みで好きなサイズを選ぶことができます。 表面は特殊熱処理によって錆びにくくなっており 焼き込みも不要。 洗う際は洗剤も必要ありません。 軽く使い勝手が良い美味しい料理を作ることができる鉄フライパンとしてぜひおすすめです。 第4位:【南部鉄器 岩鋳】 鉄フライパン 商品詳細• 価格の目安:5,000円~• サイズ(cm):17,21,24• 重さ:約1700g(24 cm)• 鉄の特性をしっかりと活かした鉄フライパンを展開しているメーカーです。 油をなじめせて使用していく必要はありますが、使用前の 焼き込みは必要ないので手間がかからなく、 焦げ付きにくいのもポイントです。 鉄フライパンならではの 高熱調理可能・ 熱伝導の良さはもちろんのこと、蓄熱性にも優れているので、様々な料理に対応することができます。 重さはある程度ありますが 本格的に鉄フライパンを使用したい人にぜひおすすめです。 厳密に言うと、こちらのフライパンは鉄製フライパンの中でも「 鋳物 鋳鉄 」と呼ばれるジャンルのフライパンです。 関連記事で詳しく解説していますので、ぜひそちらも参考にしてください。 価格の目安:3,800円~• サイズ(cm):16,18,24,26• 重さ:約1170g(26 cm)• 日本一のシェアを誇るハウスウェアの生産地として有名な 新潟県燕市で生まれました。 油なじみが良く 高温調理が可能な鉄フライパンの特性をしっかりと備えており、調理の時食材がこぼれづらいように若干深めに設計されているのも嬉しいポイントです。 それに加えリーズナブルな コストパフォーマンスに優れた鉄フライパンなので、鉄フライパンに興味がある人が 気軽に購入することができる魅力的な商品となっています。 第6位:【FD STYLE】 鉄のフライパン 商品詳細• 価格の目安:8,200円~• サイズ(cm):20,24,26• 重さ:約975g(26 cm)• 1kgに満たない重さなので 女性でも扱いやすくなっているのが最大の魅力。 鉄に酸化と窒化を施したオキシナイト加工によって錆びづらくなっており、 油なじみが良く手入れが簡単になっているのが特徴です。 鉄フライパン特有の 焼き込みも必要がない手軽な鉄フライパンとしてぜひおすすめしたいアイテムです。 第7位:【turk(ターク)】 クラシックフライパン 商品詳細• 価格の目安:12,200円~• サイズ(cm):20,22,24,26,28• 重さ:約1180g(28 cm)• 継ぎ目がない鉄フライパンですが鋳物ではなく、鉄の塊を加熱してハンマーで叩く作業を繰り返すことによってフライパンに成形する数少ない製法を取っています。 それ故に生産数が少ないので価格はどうしても高くなってしまいます。 名前通りのアンティークな おしゃれなフライパンとして人気があり、使用している人の感想だとタークの鉄フライパンを使用すると料理がより一層美味しく感じるそうです。 気分だけではなく鉄フライパンの特性である食材に熱を行き渡らせるのはもちろん、 非常に丈夫なので長く使用していけるので高価ではありますがコストパフォーマンスに優れたおすすめの鉄フライパンです。 32cm・36cmの大型サイズもありますが非常に重く、家庭で使うというよりは アウトドアや料理店向けの鉄フライパンです。 価格の目安:5,100円~• サイズ(cm):18,20,22,24,26,28,30,33• 重さ:約1750g(28 cm)• 表面に細かい凹凸ができることによって油なじみの良さを出しているのが 山田工業所の鉄打ち出しフライパンです。 使用前の「焼き込み」の必要がないので手軽に使用することができますし、鉄フライパン特有の熱伝導の良さはもちろん、蓄熱性も高いので 食材にじっくり熱を入れることができるのが魅力の鉄フライパンです。 板の厚さを選べるようになっているのもポイントです。 第9位:【deBUYER(デバイヤー)】 Mineral B Element(ミネラルビーエレメント) 製品詳細• 価格の目安:6,300円~• サイズ(cm):20,24,26,28• 重さ:約1893g(26 cm)• しっかりとした 厚さと重みにこだわった本格的な鉄フライパンであり、その雰囲気からキッチンを彩ってくれること間違いなしの逸品です。 未使用時の錆止めに蜜蝋を使用しており、本格的なだけあって使用前の 焼き込みをしっかりとする必要があります。 使い始めはシルバーの色合いですが、使い込むことによって段々と黒くなっていくので愛着を感じつつ 長く使用していける鉄フライパンとしておすすめです。 第10位:【パール金属】 鉄職人 商品詳細• 価格の目安:3,500円~• サイズ(cm):18,20,22,24,26,28• 重さ:約1000g(28 cm)• 非常にリーズナブルな価格で購入できるので、鉄フライパンを 初めて使ってみたい人におすすめのアイテムです。 鉄フライパンの特性を一通り体感することができるので 初心者の人向けの鉄フライパンして人気。 リーズナブルな価格で手に入れることができるので、もし鉄フライパンが「自分に合わない」とわかっても諦めがつきやすい価格は魅力的です。 鉄フライパンのお手入れ方法 鉄フライパンは、すぐに錆びついてしまうので「お手入れが心配」という声が聞かれます。 しかし、実際は 洗剤いらずで簡単にお手入れをすることができるフライパンです。 鉄フライパンの洗い方 まずは使用後の洗い方について解説をしていきます。 使用後は、鉄フライパンが熱いうちに新聞などで大まかな汚れをとってください。 この際、ヤケドをしないように注意をしてください。 その後すぐに、 洗剤を使わずに水やお湯で洗い流してください。 スポンジやたわしを使用します。 洗剤を使うと鉄フライパンに馴染んだ油を落としてしまうので、控えた方が良いでしょう。 鉄フライパンに焦げが付いてしまった場合、フライパン内に 水を入れて煮立たせます。 焦げがふやけてきた所を火からおろして スチールたわしでこすり落とします。 落とし終わったら 水洗いして火にかけて乾燥させます。 鉄フライパンの焼き込み 鉄フライパンは、購入後に初めて使用する際に 「焼き込み(油ならし)」という作業が必要になってきます。 これは鉄フライパンの防錆加工を取り除き、 油に馴染ませる為に行うものです。 作業の手順は以下の通りです。 洗剤で汚れを洗い流し水分をしっかり取る。 中火以下で熱し温まってきたら強火にする。 製品にもよりますが目安は15分前後。 満遍なく熱したら十分に冷ました後、洗剤で洗い水分をしっかり取ります。 油をひいて加熱し塗料がしっかり浮き出たらお湯で流しながらこすり洗い。 必ず換気しながら行ってください。 くず野菜を炒めて油を馴染ませて終了。

次の

UNILLOY

フライパン 軽い

1番良いフライパンは底が厚くて、軽いフライパンが普段使いのフライパンに1番おすすめです。 テフロン系のフライパンの重さを比較 テフロン系のフライパンは、鉄フライパンやステンレスフライパンよりも圧倒的に軽く、しかも洗い物も楽で大変便利です。 そのテフロン加工がされたフライパンの重さを比較データにまとめました。 テフロン系は、「フッ素樹脂加工」「ダイヤモンドコート」「マーブルコート」「チタンコート」の表面加工が対象となっています。 各フライパンの詳細は商品名のリンクより参考にしてください。 基本的に 26cmフライパンの重量で比較しています。 全て税別表示(参考価格)です。 軽いフライパンにありがちな、生産国が中国や韓国。 貝印のTVS mitoフライパンは、イタリア製ですので安心。 軽さ、底の厚さ、安全性、そして焦げ付かなさと今イチオシの貝印フライパンです。 鉄フライパンの重さを比較 鉄フライパンは材料が鉄ですので、どうしても重くなります。 それでも軽い鉄フライパンは存在しますので、重さで比較してみましょう。 ただ、双葉工業のフライパンは底が薄いという意見もあるため購入前には他のフライパンとの比較が必要です。 次におすすめしたいのは、リバーライト極。 リバーライト極は口コミでの評価も高く、メンテナンス・お手入れも鉄フライパンながら楽ととてもいいフライパンです。 鉄エンボスと比べると値は張りますが、十分検討価値はありますよ。

次の