ブラジル ビーチ サンダル。 ハワイアナスのビーチサンダルおすすめ12選!痛くない履き心地

街履きに! 初心者のための「ビーチサンダル」コーデ術とオススメ6選(2020年6月25日)|BIGLOBEニュース

ブラジル ビーチ サンダル

大人女性におすすめのビーサンコーデのポイントと、「Havaianas(ハワイアナス)」と「Ipanema(イパネマ)」のビーサンを厳選して6点ご紹介します! 街履きする人も増えているビーチサンダルビーチだけでなく、街中でもビーチサンダルをコーデに投入する方が増えています。 「ビーサンはカジュアルすぎない?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、あえてタウンユースすると、今っぽいコーデにつながります。 カジュアルなデニムコーデにはもちろん、女性らしいワンピースといったきれいめコーデのハズしアイテムとしても重宝してくれるんです。 また、最近はルームシューズとして活用している方も。 いつものコーデに程よい抜け感をプラスしてくれるビーサンを、大人女性が街履き用として取り入れるには、そのデザインやカラー選びが重要なポイントになってきます。 今シーズンはブラックやベージュ、グレーなどベーシックなカラーのタイプが数多く展開されており、チープさを感じさせません。 また、デザインもほっそりしたものが登場しており、こなれた印象を醸し出してくれます。 大人女性におすすめのビーサンコーデのポイントワンピースといったフェミニンなアイテムやきれいめパンツにビーサンを合わせると、程よいリラックス感がプラスされて、おしゃれ度が加速。 ヌーディカラーのビーサンを投入すれば、ウエアのエレガントさに自然にマッチしてくれます。 オンの日とオフの日コーデが同じようになってしまう人は、ぜひオフの日コーデにビーサンを加えて違いを出してみて。 また、今季はワンピースもスカートもロング丈に熱視線が注がれていますが、そこにスニーカーなどボリュームのあるアイテムを合わせると重い印象になってしまいがち。 ビーサンなら、足元に軽さが生まれ、リラクシーな抜け感を作ってくれます。 ここでは、「Havaianas(ハワイアナス)」と「Ipanema(イパネマ)」で、アラウンド3000円で購入できるビーサンを6点ピックアップ! 大人女性におすすめのアイテムばかりを揃えたので、ぜひチェックしてみてくださいね。 Havaianas(ハワイアナス)のTOP(トップ) 1962年にブラジル・サンパウロで誕生した「Havaianas(ハワイアナス)」。 ブランド名はポルトガル語で「ハワイアン」という意味。 「暑い気候のブラジルで裸足で暮らすための、夢の楽園ハワイで暮らすような快適なサンダルを」というイメージで名づけられました。 100%天然ゴム製で耐久性があり快適、かつ手頃な価格帯で、今ではビーチサンダルといえばハワイアナスといわれるほど人気を集めています。 こちらは、ハワイアナスの定番ビーサンとして人気を誇っている「TOP(トップ)」。 シンプルかつリーズナブルなビーサンは、手が届きやすく、またどんなコーデにも違和感なくマッチしてくれます。 流行に左右されないデザインなので、一足持っていると長く愛用できます。 柔らかい天然ゴムのおかげで長時間履いても疲れにくい仕様。 カラー展開は、こちらのローズゴールドのほか、ブラック、ホワイト、ライトグリーン、ピンク、オレンジ、ローズと全7色。 コーデに合わせてセレクトしてみて。 Havaianas(ハワイアナス)のSLIM(スリム) 鼻緒とソールが細くデザインされており、洗練された印象を醸し出している「SLIM(スリム)」。 モデル名のとおり「細み」のデザインなので、すっきりと履きこなせるベストセラーです。 足を細く、きれいに見せたい方におすすめ。 こちらも柔らかい天然ゴムが100%使用されており、快適な履き心地を実現してくれます。 こちらのフェミニンなピンクのほか、シックなブラック、爽やかなホワイト、エレガントなゴールドなど、カラバリが10色も揃っています。 Havaianas(ハワイアナス)のLUNA(ルナ) 曲線のシルエットがスタイリッシュな「LUNA(ルナ)」。 大人女性に支持される優雅さのあるモデルです。 アンクル周りでホールドしてくれるバックストラップタイプなので、脱げる心配がなく安定感のある履き心地。 ブラックカラーが高見えし、コーデ全体を引き締めてくれます。 Ipanema(イパネマ)のANAT COLORS(アナット カラーズ) 「Ipanema(イパネマ)」は、リオ・デ・ジャネイロにある最も美しいビーチ「イパネマ」の名前を持つビーチサンダルブランド。 「ブラジルの女性のように自由で晴れやか。 いつでも太陽のような笑顔で様々なライフスタイルを持ち、フェミニンさも忘れない。 」というコンセプトを持つブランドで、世界中で人気を集めています。 こちらは、イパネマで不動の人気を誇っているビーサン。 シンプルなデザインですが、さりげなく配されたブランドロゴがアクセントになっています。 足裏に心地よくフィットする形状なので、脱げにくく、歩きやすいのが嬉しい。 また包み込むような足あたりで、ソフトな履き心地の一足です。 リラックスムード漂うデザインで、ちょっとしたお出かけに最適です。 Ipanema(イパネマ)のBOSSA(ボッサ) ロープのように型押しされたストラップがポイントになっているビーサン。 ヌーディカラーが上品な印象で、大人女性におすすめの一足です。 シンプルですが洗練されたデザインなので、ワンピースと合わせて軽やかなスタイリングを。 カラーは、こちらのブラウン/ローズのほか、ブラック、グリーンの3色展開なので、お好みでセレクトして。 Ipanema(イパネマ)のCLASS GLAM III(クラス グラム III) エスニックな雰囲気を醸し出しているトングサンダル。 アンクルストラップが付いたデザインなので、安定感があり脱げにくくなっています。 洗練されたおしゃれなアイテムは、大人女性にもぴったり。 ブラックカラーが、コーデにモードな雰囲気を運んできてくれます。 以上、「ハワイアナス」と「イパネマ」のビーサンを厳選して6点ご紹介しました。 これを参考に、ぜひこの夏のコーデにビーサンを投入してみてくださいね! 【取材協力】 Havaianas(ハワイアナス) Ipanema(イパネマ).

次の

ハワイアナス徹底解説! サイズの選び方から人気モデルまでまとめ

ブラジル ビーチ サンダル

ハワイアナスはブラジル発 ハワイアナスのビーチサンダルはブラジルで生まれました。 1962年から始まったハワイアナス。 名前の由来は当時の夢の島、ハワイにちなんで。 60年代は多くのアメリカ人がリゾート地ハワイへ行っていました。 今でもハワイは夢の島ですけどね。 ブラジルではビーチサンダルの特許をとっています。 よくあるゴム製のスリッパの形です。 ただ少し前まではあまり裕福じゃない人々のイメージがありました。 90年代以降爆発的に人気に。 100か国以上で売られるほどになっています。 ハワイアナスは日本のぞうりが起源 60年代に初めてつくられたビーサン。 実はハワイアナスの起源は日本のぞうりにあったんです。 日本の伝統的なぞうりは、わらでつくられていましたよね。 藁(わら)を編んでソールをつくります。 そして、足の親指と人差し指の間に布の鼻緒がついています。 これをゴムでつくったのがハワイアナスなんです。 それまでは日本伝統のぞうりの形は世界ではおかしなものと思われていたようです。 でも、今では当たり前のように世界中でつかわれていますよね。 かわいいカラーがおしゃれで大人気 最初のビーサンが作られてた時は今のようなカラーの種類はありませんでした。 ゴム製のぞうりにブルーとホワイトのデザイン。 それがどんどんカラーやデザインが増え150種類以上に。 カラフルなデザインが人気の元です。 天然ゴムの履き心地がバツグンにいい! ハワイアナスは天然ゴムでつくられています。 その履き心地はとてもいい感じ。 しかもクッション性もあって疲れにくくなっています。 耐久性もあるので長持ちします。 私は2年間ぐらい同じハワイアナスを毎日はいています。 毎日履いても、壊れていません。 でも、さすがに長く吐いているとかかとはへってきます。 あとゴムも硬くなってきますね。 ただ、2、3年も同じビーサン履き続けるのはなかなかいませんよね。 夏には必ず話題になるビーサン ビーサンは、ビーチで使うためのサンダル。 でも、いまではビーサンは街でも当たり前ですよね。 前はゴムぞうりと呼ばれていたのがビーチサンダルに。 本来はビーチで使うものが街でのファッションに。 多くの雑誌にも特集されています。 また、ムラスポや 夏に楽でおしゃれなハワイアナスのビーサンはかかせません。 レディースからメンズ キッズまでかわいいサンダル ハワイアナスは定番のシンプルカラーがいつまでも使えて無難。 でも、個人的にはデザインがかわいいのがいいですね。 スターウォーズとかディズニーとかのコラボもあります。 0歳からのサイズもあるキッズラインが特にオススメです。 日本だとどうしても種類が少なくなってしまいます。 やっぱりブラジルが1番種類が豊富です。 誰も持っていないハワイアナスをはきたいですよね。 ハワイアナスはビーサンだけじゃない ハワイアナスといえばビーサン。 でも、それだけじゃないんです。 小物から服、サングラスなどもあります。 かわいいminiサイズのビーサンキーホルダーを見つけたら即買いです。 夏を楽におしゃれにすごすにはハワイアナス:まとめ ビーチだけではくものじゃなくなったビーサン。 街でもはけるようになったのがハワイアナスです。 履き心地もよくてかわいいハワイアナス。 夏を快適にしかもおしゃれにすごせたらいいですね。 個人的にブラジルからも送れるかも。 時間はかかりますけどね。

次の

ハワイアナス徹底解説! サイズの選び方から人気モデルまでまとめ

ブラジル ビーチ サンダル

ハワイアナスとは ハワイアナスは、ブラジルのシューズメーカーである、アルパルガタス社のビーチサンダルブランドです。 1962年に生まれたブランドで、ブラジルには足の指で鼻緒(ストラップ)を挟んで履く履物はありませんでしたが、日本の草履をモデルにして製造されました。 発売当初は、低価格であることから大衆向けの履物というイメージが強かったようですが、ハリウッドスターやスポーツ選手などが愛用していることが知られると、日本でも人気のビーチサンダルとなりました。 ブランド名のハワイアナスは、観光地として人気が高く、憧れる方が多い「ハワイ」にちなんでつけられたものです。 ハワイアナスのビーチサンダルの魅力 天然ゴム使用で履き心地抜群 出典: ハワイアナスのビーチサンダルは、パリの最高級デパートである「ギャラリー・ラファイエット」で取り扱われたり、アカデミー賞で配られたりしたことから、世界中のセレブに愛されていますが、もともとはブラジル庶民の日用品です。 そのことを思い出させてくれるような、ブラジルらしい色使いと、ストラップには「havaianas」のロゴと共にブラジルの国旗がデザインされています。 ハワイアナスビーチサンダルの選び方 自分にあうサイズのものを選ぶ 試着のポイントは親指とかかと サイズがあわないビーチサンダルは、足が痛くて長時間履いていられません。 可能であれば、試着してから購入することをおすすめします。 ビーチサンダルの試着のポイントは、親指とかかとがしっかりとソール内におさまるかどうかです。 ミュールなどの華奢なサンダルの場合は、かかとが少し出るサイズの方がきれいに履けますが、ビーチサンダルはかかとがソール内に収まる方が、見た目のバランスも良く、履き心地も良くなります。 5〜2. 5cmが目安 近くに販売店がないなどの理由から、通販で購入する場合のサイズ選びのポイントは、足長より1. 5~2. 5cm大きいサイズを買うことです。 足長とは、足裏の縦の長さでもっとも長い部分です。 親指の方が長い方は親指からかかとまで、人さし指の方が長い方は人さし指からかかとまでの長さを測り、その長さプラス1. 5~2. 5cmのビーチサンダルを選ぶと良いでしょう。 履き心地で選ぶ.

次の