湯の花 定山渓。 [札幌市南区定山渓]「温泉卓球」in 定山渓温泉 湯の花 定山渓殿〜家族で楽しんできたよ♬

湯の花 定山渓殿

湯の花 定山渓

定山渓で温泉に入れる場所というのは、旅館やホテルが主なのですが、こちらは宿泊施設がなく入浴と休憩だけになります。 以前から、湯の花のことは知っていたので、一度は行ってみたいなあと思っていたところ、良いタイミングでチラシが入っていたのです! チラシにはお得な割引クーポンがついており、通常850円のところ、600円で入れるのです。 これを逃す手はないと思い、出かけてきました。 現地までは、無料送迎バスが出ており、今回はそちらを利用しました。 平日でしたので、始発の真駒内駅では私を含め3名しか乗客はいませんでした。 でも、途中でお客を拾って行き、気づいたら20人弱にまで増えていました。 おそらく、定山渓に近い住民が銭湯感覚で利用しているケースが多いのでしょうね。 ちなみに、乗客はほとんどが年配の女性でした。 「湯の花定山渓殿」はお風呂の種類が豊富で露天風呂の景色も最高! 無事に湯の花に到着し、入口から入ります。 入浴料を支払い、手続きをすませると、エントランスにはありがたい大黒様がいました。 なぜ大黒様がいるのかはわかりませんが、立派なものですね。 そそくさと脱衣所に入り、準備をして、いざ浴場へ! まるでスーパー銭湯かと思うような広さと、たくさんの種類のお風呂があります。 その中でも、やはりオススメなのは露天風呂です。 <こちらはイメージです> 先ほどのチラシ写真をみてもらうとわかると思いますが、外に出ると一面が山です。 今回は9月初旬でしたので、まだ緑で覆われていましたが、なんともいい眺めです! お湯はおそらく40度程度ですが外の空気も程よくひんやりとしており、とても心地良いです。 きっと10月になれば、早くも紅葉の季節になるので、湯に浸かりながら紅葉を見られるいう、結構贅沢な気分に浸れることでしょう。 温泉のことについては、全然詳しくないので泉質云々のことはわかりませんが、お湯自体は普通にさらっとしており、ニオイもほとんどしないので、入りやすいのではないかと思われます。 その他にもジャグジーなどがあり、色々と楽しめます。 2019年9月に再訪したのですが、その時には新たにリクライニング式のシート式の椅子が15脚ほど設置されており、ゆっくりうたた寝することもできるようになりました。 本来は、冷えた生ビールをキューっと飲むのが最高なところですが・・・。 まだちょっと早いので、ここはソフトドリンクで我慢しました。 お風呂上がりの休憩場所は、ちょっとくつろぎにくいですが、純粋に温泉だけを楽しむということであれば、コスパも良いですし、オススメできます。 (逆にゆっくり体を休めたいのであれば、小金湯温泉の方が良いかもしれません。 ) 入口にあるもみじは少し色づき始めたようです。 次回は、紅葉の時期に入りに行きたいですね。 以上、日帰りで定山渓で温泉に行ってきた話でした。 もし、定山渓に宿泊して楽しむのであれば、次のところが人気ですよ!.

次の

【おすすめ5選】定山渓の日帰り温泉・スーパー銭湯まとめ!札幌から日帰りで楽しめる温泉地

湯の花 定山渓

広くて清潔感のある大浴場を始め、一味違った雰囲気が味わえる洞窟風呂など 幅広いラインナップ。 yunohana. ミネラルを豊富に含有していて、色んな効能があるのも魅力的です。 15分ほどで、体内の老廃物を排出したり、美肌効果も。 そして、大量のマイナスイオンを発生するので、 いやし効果も抜群です。 施設や見どころ 札幌市内から日帰りで行ける温泉街として知られる定山渓温泉。 札幌市内からバスで50分程度で行く事ができます。 各種ホテルや温泉施設があり、「定山渓温泉 湯の花」もそんな中のひとつ。 泉質はナトリウム塩化物泉質で舐めると、ちょっと塩辛く感じるお風呂。 広めの大浴場の他、洞窟風呂、アクティブスパ、寝ころび湯等、主に室内のお風呂の種類が豊富です。 そして、 美容効果がある「超美肌浴」も女性に人気! 心も身体もリフレッシュできるスポットですよ。

次の

定山渓温泉 湯の花 定山渓殿(定山渓)の口コミ情報一覧|ニフティ温泉

湯の花 定山渓

定山渓で温泉に入れる場所というのは、旅館やホテルが主なのですが、こちらは宿泊施設がなく入浴と休憩だけになります。 以前から、湯の花のことは知っていたので、一度は行ってみたいなあと思っていたところ、良いタイミングでチラシが入っていたのです! チラシにはお得な割引クーポンがついており、通常850円のところ、600円で入れるのです。 これを逃す手はないと思い、出かけてきました。 現地までは、無料送迎バスが出ており、今回はそちらを利用しました。 平日でしたので、始発の真駒内駅では私を含め3名しか乗客はいませんでした。 でも、途中でお客を拾って行き、気づいたら20人弱にまで増えていました。 おそらく、定山渓に近い住民が銭湯感覚で利用しているケースが多いのでしょうね。 ちなみに、乗客はほとんどが年配の女性でした。 「湯の花定山渓殿」はお風呂の種類が豊富で露天風呂の景色も最高! 無事に湯の花に到着し、入口から入ります。 入浴料を支払い、手続きをすませると、エントランスにはありがたい大黒様がいました。 なぜ大黒様がいるのかはわかりませんが、立派なものですね。 そそくさと脱衣所に入り、準備をして、いざ浴場へ! まるでスーパー銭湯かと思うような広さと、たくさんの種類のお風呂があります。 その中でも、やはりオススメなのは露天風呂です。 <こちらはイメージです> 先ほどのチラシ写真をみてもらうとわかると思いますが、外に出ると一面が山です。 今回は9月初旬でしたので、まだ緑で覆われていましたが、なんともいい眺めです! お湯はおそらく40度程度ですが外の空気も程よくひんやりとしており、とても心地良いです。 きっと10月になれば、早くも紅葉の季節になるので、湯に浸かりながら紅葉を見られるいう、結構贅沢な気分に浸れることでしょう。 温泉のことについては、全然詳しくないので泉質云々のことはわかりませんが、お湯自体は普通にさらっとしており、ニオイもほとんどしないので、入りやすいのではないかと思われます。 その他にもジャグジーなどがあり、色々と楽しめます。 2019年9月に再訪したのですが、その時には新たにリクライニング式のシート式の椅子が15脚ほど設置されており、ゆっくりうたた寝することもできるようになりました。 本来は、冷えた生ビールをキューっと飲むのが最高なところですが・・・。 まだちょっと早いので、ここはソフトドリンクで我慢しました。 お風呂上がりの休憩場所は、ちょっとくつろぎにくいですが、純粋に温泉だけを楽しむということであれば、コスパも良いですし、オススメできます。 (逆にゆっくり体を休めたいのであれば、小金湯温泉の方が良いかもしれません。 ) 入口にあるもみじは少し色づき始めたようです。 次回は、紅葉の時期に入りに行きたいですね。 以上、日帰りで定山渓で温泉に行ってきた話でした。 もし、定山渓に宿泊して楽しむのであれば、次のところが人気ですよ!.

次の