エロ 漫画 の 艶。 「秘め艶ほくろ」・武家の奥方様が仇の男に陥落

【エロ漫画】ナンパ目的でプールに来ていた男を逆にナンパしてマッサージしてもらう巨乳娘…完全に誘ってる淫乱な彼女の身体を弄り回してイかせ何度も激しい中出しセックス【あるぷ:艶カウント!】

エロ 漫画 の 艶

159• 166• 121• 580• 167• 240• 141• 679• 318• 167• 107• 1799• 270• 260• 540• 247• 612• 466• 961• 154• 153• 282• 262• 371• 850• 109• 1019• 619• 140• 136• 1922• 879• 100• 169• 1320• 137• 121• 802• 579• 397• 2032• 129• 322• 620• 185• 1518• 976• 1105• 468• 548• 1951• 591• 609• 379• 112• 160• 178• 135• 165• 104• 405• 847•

次の

タグ一覧

エロ 漫画 の 艶

季刊ゼラチン(ワニマガジン社)の創刊号を買いました。 ぼっしい先生とモタ先生目当てで買ったのですが、その他にも色々と面白そうなコンテンツがいっぱいあります。 まぁ、現在時間に余裕が泣くほどないのでちっとも読めていないのが残念ですが。 さて本日は、かるま龍狼先生の『艶ママ』(ワニマガジン社)の遅延へたレビューです。 かなり久しぶりの成人向け作品集となりました。 司書房時代(14年前!)の作品もよろしけれなご参照下さい。 ベテランらしいネームセンスの豊かな旨味と柔肌の温度感が生む熱っぽい官能を同時に味わえる作品集ですよ。 シナリオにしてもエロにしても、 ボリューム感はあまり強くありませんが、ユニークな設定とテンポの良い展開でグイグイ読ませる上手さがあります。 多少シュールな感もあり、サブカル系の匂いもかすかに香るのですが、 単行本全体を覆うノスタルジックで心地よい叙情性が、奇抜に映る設定を持つ作品からエグ味や独善性を消しているのが強い魅力と言えるでしょう。 相変わらず能天気で破天荒なコミカルさを有しながら、血の通った素朴な人間描写で微ダーク系もハッピー系も心地よくまとめあげるスタイルが何より魅力的です。 【ティーン少女or熟女さんなヒロイン陣】 ヒロイン陣はミドルティーンクラスの少女たちか、叔母や人妻さん、旅館の女将などの熟女さん(30~40歳程度)かと やや両極端な構成。 短編「海の家」の若菜ちゃんや「ポチんちん」の娘さんなど 女の子も実に可愛らしくて魅力的ですが、メインは表紙の通りに熟女さん達。 太くはっきりとした描線がシンプルかつ適度に荒くまとめられた親しみ易い漫画絵柄は結構オールドスクールで評価を分けそうですが、 劇画系絵柄にも匹敵する熱気を籠められながら成人女性としての清楚さや少女の可憐さもまた色濃く香る絵柄は素晴らしい魅力であるのも事実。 表紙絵は精緻な彩色によって元の画の魅力を伝わりにくくしている感があるので、店頭ではむしろ裏表紙に散りばめられたサンプルコマで判断することをお勧めします。 【ほっこりと温かい官能に溢れたエロシーン】 エロシーンは分量的に多いとは言えないものの、雰囲気作りの巧さがここでも活かされており、 登場人物達の肌の熱ささえ感じ取らせる官能の演出が上々の出来。 ティーン少女達も含め、適度にふくよかな肢体にはゴムマリの如きやわらか巨乳が備わっており、 体全体を重力感を感じさせながら動かすエロ作画のダイナミズムが実用性の確保に大きく貢献しています。 所々で絡めてくるフェラやパイズリ、キスシーンなど口淫関係も派手さや分量の厚みはないものの、なかなかねっとりとした描写でエロ的に華。 一部外出しがあったり、断面図等を用いて射精のパワフルさを演出することがほぼ無かったりするので中出し原理主義者な貴兄は回避推奨。 個人的には清楚な外見の伯母との背徳的なエロスが魅力な短編「オジシラズ」とツンデレ女将と温泉でしっぽりとエッチな短編「ツンデレの果てで」が抜き的に大活躍でした。 久し振りに成人向け作品へとカムバックしてくれて非常に喜ばしい限りですし、 漫画としての面白みと背徳感と日常感が入り混じるエロスとを高い水準で融合させる技量にも感心しました。 後書きでスランプだと書かれていましたが、そんなことを微塵も感じさせない良作に仕上がっているという印象です。 次の単行本も大いに期待してよいと思います。 お勧め!.

次の

【エロ漫画】ナイスバディー艶ギャルの意外な? 処女喪失ストーリー

エロ 漫画 の 艶

『ラブライブ!サンシャイン!! 』のウエハース、長いこと集めていて、推しの曜ちゃんとダイヤさんに関しては全シリーズほぼフルコンプなのですが、最近扱っている店舗が減っている気がするんですよね。 Vol. 6はまだダイヤさんの箔押しレアが手に入っていないので、スーパーとコンビニ廻ってまとめ買いしないといかんなぁと思っています。 さて本日は、オジィ先生の『侵艶インモラル』(エンジェル出版)の遅延へたレビューです。 先生のもよろしければ併せてご参照下さい。 駄肉たっぷり豊満ボディの年増美人さん達が強烈な快楽に蹂躙されるダーク&インモラルな肉弾ファックが詰まった作品集となっています。 収録作はいずれも読み切り形式の短編で計10作。 1作当りのページ数は20~24P(平均20P強)と中の下クラスのボリュームで推移。 ストーリー性そのものは強くないものの、話の方向性として読書感は重めであり、エロシーンの質的・量的満腹感も強い構築となっています。 【歪んだ欲望に飲み込まれていく善良なヒロインの様子】 ヒロイン側の積極性や話としての陰湿さなどには作品によって幅がありますが、 基本的には凌辱系や堕ちモノ系の作品となっており、ヒロインが悪役の言いなりになってしまって背徳的で強烈な快楽に蹂躙される様子が描かれます。 欲求不満でのオナニー画像をネタに人妻さんが義理の弟に脅迫されての寝取られ凌辱(短編「夜祭りに堕ちる義姉妻」)、夜の生活が最近無いがそれでも夫婦円満であった人妻さんがチャラ男軍団に乱暴に求められることで満たされてしまう寝取られ展開(短編「酒痴林輪」)、夫の会社への融資の担保として悪い金満家にメイドご奉仕することになる人妻さんなど(短編「人質メイドレイ」)、旦那が居るにも関わらず不義の快楽に堕ちていく人妻ヒロインの様子を描く作品が多く揃っています。 また、これらの寝取られ系も含め、社員を使い潰した挙句に夜逃げしたブラック企業の経営者への怒りがその妻と娘に降りかかって凄惨な輪姦が繰り広げられる短編「母娘味比べ」、優しく面倒見の良い女教師さんが一方的な恋慕を募らせていた気弱ボーイに一服盛られて凌辱されることになる短編「先生は爆乳性奴隷」など、 ヒロイン側に特段の落ち度が無いにも関わらず理不尽にその心身を好き放題にされてしまう状況が多く、雰囲気の暗さや重さは好みをある程度分ける要因ではあるでしょう。 ヒロイン側が脇の甘さや快楽や承認への欲求によって事態の悪化に加担してしまうことはあるものの、 全般的に悪人側の下衆さや欲望の歪みが明瞭である分、それらが一方的に発現されまた叶えられる状況に、黒い爽快感を抱くか陰湿さ故の不快感を持つかは読み手の嗜好次第でしょう。 作劇自体はコンパクトにまとめられており、事態の悪化から予想可能な堕ちモノ系・寝取られ系として定番のラストへと収束している分、展開の分かり易さ・安定感が身上と言えるでしょう。 【駄肉感たっぷりの豊満ボディをお持ちのアダルト美人】 年齢層としては20代半ば~30代半ば程度と思しきアダルト美人が勢揃いしており、例外も存在しつつ 人妻ヒロイン・母親ヒロインが主力。 夜の営みに満足感の足りなさを感じているケースなどもありますが、その場合でも夫婦仲は円満であって、 ヒロイン側の善良さや幸福な既存の関係性が思わぬところで他者または意外な身内に蹂躙されてしまうというのが、作劇面と関係するヒロインの立ち位置となっています。 旦那の存在がエロシチュにおける味付けの一つという印象が強く、ほとんど登場しない上に、場合によっては金銭に目がくらんで妻を裏切っているケースさえありますが、ヒロインの葛藤という意味では人妻というキャラ付けが有効になっている話が多くなっています。 適度にアダルトな色気感もありつつ、若々しさもある表情付けであって、そこに 豊満さを強くアピールした爆乳&巨尻ボディを組み合わせています。 バスト&ヒップ&むっちり太股の強い存在感に加えて下腹部の駄肉感もあって、とにかく肉感の強さが溢れる迫力ボディに仕上げています。 豊満さの強いボディに加え、もっさりとした陰毛描写や程好く大粒な乳首など体パーツ描写の強い淫猥さもあって、絵としても相応の濃さ・重さもあるタイプですが、 絵柄そのものは漫画チックに親しみ易さも担保しているタイプであって、美しさとそれが激しく乱される様子との落差を上手く表現できるスタイルと感じます。 【豊満ボディの存在感とアタックの強いエロ演出の連結】 エロメインの作品構築であり、前述したヒロインの抵抗や躊躇が無力化される展開を挟んでのシチュエーションチェンジを織り込む展開などを示してメリハリのあるエロ展開となっているのが美点でありつつ、濡れ場の総量としては標準的な部類。 上述した通りに、凌辱系や寝取り系がメインであってヒロインをインモラルな快楽で蹂躙する流れは共通。 また、それらの展開の中で、コスプレHや睡眠姦、母娘丼、寝ている夫の傍での凌辱など、 ヒロインの羞恥心やそれ故に燃え上がる情欲を掻き立てるシチュエーションを用意しつつ、ヒロイン側が男性側の策謀や獣欲に屈する形で更に強烈な快楽に蹂躙されていく段階へと進展していくという段階を踏んだ構成を用いているのが特長と言えます。 複数回のセックスを入れ込んでいく構成ということもあって前戯パートは比較的短めであって、ご奉仕プレイに一定の重点を置いた構成や輪姦エロにおける上下のお口同時責め展開もありますが、ヒロインの豊満ボディをピストン運動で一方的に蹂躙して悶絶させるマッシブな描写を量的に充実させる構成がメイン。 上述した様に二段階の構成を取るエロシーンが多く、前半での射精シーンと、本当にトドメとなる後半の射精シーンを設けた複数ラウンド制となっており、どちらも演出強度は強く図りつつ、決定打が生じる後者のフィニッシュシーンを魅せるための流れが図られていると言えるでしょう。 作劇やボディデザインについてその方向性は好みを分ける部類と思いますが、とは言えそれぞれオーソドックスなものを追求した結果とも言え、好きな人はかっちりハマるタイプとも言えるでしょう。 個人的には、優しく頼もしい女教師さんが教え子ボーイに屈服してしまう短編「先生は爆乳性奴隷」と、夫のためにその身を悪徳金満家に捧げる強気眼鏡美人妻を待ち受ける過酷な運命な短編「人質メイドレイ」が特にお気に入りでございます。

次の