パナソニック パンサーズ。 パンサーズについて

パナソニックパンサーズ の選手一覧!チームの特徴を調査│バレサポ

パナソニック パンサーズ

チームの歴史 社内の愛好家が集まり、1951年に創部。 56年の全日本総合で初優勝。 64年のオリンピックには森山輝久が出場。 チームも全日本選手権(当時は都市対抗)、全日本実業団、国体、全日本総合と四大タイトルを制覇する。 その後、浮き沈みもあったが、南部正司監督が就任した2007/08シーズンに、Vリーグとなってからは初(日本リーグ時代以来36年ぶり)の優勝。 2009/10シーズンも王座を勝ち取ると、このシーズンは天皇杯、黒鷲旗も制し三冠を達成。 2011/12シーズンにも見事優勝を飾り、2度目の三冠を成し遂げた。 LEAGUEの初代王者となりリーグ2連覇、アジアクラブ選手権2019に出場して準優勝となった。 誰が出場しても勝てるチームをコンセプトに黒豹軍団が今季も頂点へと手をかける。 年表 1952年(昭和27年) バレーボール愛好者が集まって創部 1956年(昭和31年) 全日本総合選手権優勝 初の全国制覇 1957年(昭和32年) 第6回都市対抗 黒鷲旗 準優勝。 第7回、第11回も準優勝 1964年(昭和39年) 第13回都市対抗 黒鷲旗 優勝 1964年(昭和39年) 東京五輪に森山輝久が出場 銅メダル 1964年(昭和39年) この年、全日本実業団、国体、全日本総合でも優勝し国内4冠達成。 1966年(昭和41年) 第15回都市対抗 黒鷲旗 2度目の優勝 1966年(昭和41年) 第17回、第18回、第22回と優勝。 準優勝も多く黄金時代を築いた 1968年(昭和43年) メキシコ五輪に木村憲治、横田忠義が出場 銀メダル 1971年(昭和46年) 第5回日本リーグ優勝 1972年(昭和47年) ミュンヘン五輪に木村憲治、横田忠義、野口泰弘が出場 金メダル 1976年(昭和51年) モントリオール五輪に横田忠義が出場 1981年(昭和56年) 第30回都市対抗 黒鷲旗 で8年ぶり6回目の優勝 1995年(平成7年) 第44回黒鷲旗準優勝。

次の

パナソニック トライアンズ(バスケットボール)&パナソニック パンサーズ(バレーボール)から『第16回アジア競技大会』日本代表チームに6名の選手が代表登録。ファイナル進出を目指す!

パナソニック パンサーズ

パナソニックは5月22日、大阪府枚方市を拠点とするバレーボールチーム「パナソニック パンサーズ」が、2020~2021シーズンから4シーズン、同チームの監督としてフランス代表バレーボールチーム現監督のティリ・ロラン氏と正式に契約を交わしたことを発表した。 パナソニック パンサーズにおける外国人監督の就任は1951年の創部以来初で、フランス代表の現監督が兼任することも、バレーボール界で史上初のケースとなる。 ロラン氏の監督就任は、国内のみならず世界の強豪クラブチームと戦えるチームづくりのために必要な、さらなるレベルアップに向けた海外の先進的な戦術やフィジカルを獲得するとともに、新たな刺激を受けることを目的としたもので、フランスバレーボール協会との協議によって、東京2020大会の開催時まで同氏が「パナソニック パンサーズ」の監督と、フランス代表監督の兼務が決定している。 ロラン氏は、フランス代表選手として88年のソウル五輪、92年のバルセロナ五輪に出場経験がある。 引退後は、フランスのクラブチームでのコーチを経て、05年にチェコ共和国の監督として同国をヨーロッパ選手権9位に押し上げた。 フランス代表監督への就任は12年で、15年にヨーロッパ選手権優勝、15年・17年にワールドリーグ優勝へと導いており、16年のリオデジャネイロ五輪では9位となっている。 また、1月に行われた東京2020大会に向けたヨーロッパ予選を勝ち抜き、2大会連続の五輪出場を決めた。 8月上旬に来日して本格的なチームの指導を開始し、10月17日に開幕するV. LEAGUE Division1において国内での初采配を予定している。 同氏は監督就任にあたって「パナソニック パンサーズの新たな歴史を作り、世界一のクラブチームとなるためにチャレンジを続けるとともに、ファンの皆様と心を一つにしてチームとして戦うスピリットをお見せしたい」としている。

次の

パナソニックパンサーズ

パナソニック パンサーズ

「パナソニック パンサーズ」監督に、現フランス代表監督のティリ・ロラン氏が就任 パナソニックは5月22日、大阪府枚方市を拠点とするバレーボールチーム「パナソニック パンサーズ」が、2020~2021シーズンから4シーズン、同チームの監督としてフランス代表バレーボールチーム現監督のティリ・ロラン氏と正式に契約を交わしたことを発表した。 パナソニック パンサーズにおける外国人監督の就任は1951年の創部以来初で、フランス代表の現監督が兼任することも、バレーボール界で史上初のケースとなる。 ロラン氏の監督就任は、国内のみならず世界の強豪クラブチームと戦えるチームづくりのために必要な、さらなるレベルアップに向けた海外の先進的な戦術やフィジカルを獲得するとともに、新たな刺激を受けることを目的としたもので、フランスバレーボール協会との協議によって、東京2020大会の開催時まで同氏が「パナソニック パンサーズ」の監督と、フランス代表監督の兼務が決定している。 ロラン氏は、フランス代表選手として88年のソウル五輪、92年のバルセロナ五輪に出場経験がある。 引退後は、フランスのクラブチームでのコーチを経て、05年にチェコ共和国の監督として同国をヨーロッパ選手権9位に押し上げた。 フランス代表監督への就任は12年で、15年にヨーロッパ選手権優勝、15年・17年にワールドリーグ優勝へと導いており、16年のリオデジャネイロ五輪では9位となっている。 また、1月に行われた東京2020大会に向けたヨーロッパ予選を勝ち抜き、2大会連続の五輪出場を決めた。 8月上旬に来日して本格的なチームの指導を開始し、10月17日に開幕するV. LEAGUE Division1において国内での初采配を予定している。 同氏は監督就任にあたって「パナソニック パンサーズの新たな歴史を作り、世界一のクラブチームとなるためにチャレンジを続けるとともに、ファンの皆様と心を一つにしてチームとして戦うスピリットをお見せしたい」としている。

次の