ドイツ コロナ 対策。 新型コロナ:ドイツ、コロナ対策で消費減税 景気対策16兆円規模 (写真=ロイター) :日本経済新聞

ドイツ国民の大半、外出制限緩和に反対 支持される政府のコロナ対策

ドイツ コロナ 対策

記事によれば、DKVは2014年に人工知能(AI)を取締役に指名して話題となり、AIを用いて医療金融などの世界潮流を分析している一風変わった企業であるという。 そのDKVのHPを見ると、コロナに対して安全な国(Safety Countries)のトップ10は表1のようになっている。 1位がイスラエル、2位がドイツ、3位が韓国で、日本が9位にランクインしている(4月16日時点)。 イスラエルが首位になっている理由として、同国最大級のシュバ病院のアーノン・アフェク副院長は、「(中東情勢が不安定化する中で)イスラエルでは不測の事態に備えて平時から訓練しているため、病院や軍、警察などがどう対処すべきか熟知している」ことを理由に挙げている(前掲記事)。 2位のドイツはコロナ感染者数が12万7584人もいるが、死亡者を3254人に抑えることができている。 韓国や中国はすでにコロナ感染者数の抑え込みに成功しており、台湾とシンガポールのコロナ死亡者は10人以下であり、コロナを制御できている。 そのようななかで、日本が9位にランクインしている。 これをどう解釈すればいいのだろうか? 9位というのは、本当にコロナ対策の日本の実力を示したランクなのだろうか? 一方、コロナのリスクの高い国(Risk Countries)のトップ10は表2の通りであり、1位がイタリア、2位が米国、3位が英国、4位がスペイン、5位がフランスなどとなっている。 これら欧米諸国は、コロナによる死亡者数が多いこともあり、皮膚感覚としても、まあまあ納得できる。 最も支援が手厚い国ランキングで日本が3位 さらに、DKVのHPによれば、コロナ対策に関して最も支援が手厚い政府(Most Supportive Government)として、1位にドイツ、2位に米国、そして3位に日本がランクインしている。 これには、相当な違和感を覚える(表3)。 まず日本は、諸外国と比べると PCR検査数が異常なほど少ない。 また、緊急事態宣言を出すのが遅すぎた。 さらに緊急事態宣言による休業要請の対象をめぐって、政府と地方自治体が揉めた。 加えて、売上や所得が減少した中小企業に200万円、個人事業主に100万円を支給すると言っているが、どれもこれもハードルが高く、手続きが煩雑で、本当に困っている人々に届くのかわからない。 4月16日には、与党の公明党が安倍首相に直接、「所得制限無しで1人10万円現金給付」を迫り、これが通ったが、いつ払われるかわからない。 このように、日本政府が迷走していることを挙げだしたらキリがない。 したがって、何をどう勘案したら、最も支援が手厚い国の第3位に日本がランクされるのか、DKVのAIの正気(アルゴリズムか?)を疑いたくなる。 以上のように、DKVのAIがはじき出したランキングをそのまま鵜呑みにすることはできないが、同社のHPには、コロナに対して安全な国1位のイスラエル、2位のドイツ、そして9位の日本について、どのような項目を評価したかが掲載されている。 この3カ国の比較は、大いに意味があると思われる。 そこで本稿では、その詳細を報じたい。

次の

ドイツの対コロナ経済政策について|umwerlin|note

ドイツ コロナ 対策

いまなお世界で新型コロナウイルス感染の拡大が止まらない。 そんななかで、ドイツは新型コロナ危機の対応において欧州で一番安心できる国と称賛された。 ドイツの危機管理マネージメントは、ビル・ゲイツ氏も高く評価しており、アメリカではメルケル首相を支持するメルケルマニア旋風が起こっている。 この分析を行ったのは、ロンドンのシンクタンク「ディープ・ナレッジ・グループ(DKG)」だ。 分析項目は、「感染確認後、外出や接触制限発令の導入日時と違反者数」「コロナPCR検査数」「感染者を受け入れる病院数や人口呼吸器つきの集中治療室ベッド数」など。 欧州では1位ドイツ、2位スイス、3位オーストリアと続く。 イタリアとスペインは最下位だった。 世界では1位イスラエル、ドイツは2位、アメリカは70位と最下位だった。 ドイツでは、コロナ感染者の死亡者が少ない点でも注目されているが、どのような対応がなされているのだろうか。 その一部を紹介する。 十分なコロナPCR検査(週に35万から47万人実施) 2. 集中治療室の充実(コロナ以前は2万5000床、感染者確認後は4万床まで増設) 3. 入院患者や緊急ではない手術の先送り、コロナ感染者受け入れのための医療体制の整備(4月後半からは、徐々に一般患者の受け入れを再開) 4. 経済支援の迅速さ。 コロナ対策では7500憶ユーロ(約87兆円)。 ベルリン在フリーランサー対象に即時支援金の支給1人5000ユーロ(約58万円)。 事業者や企業向けには個別の融資や救済基金を提供。 人口1000人にあたりの医師数(4. 3人と世界トップ) 6. 老人ホームおよび医療現場の介護士を対象としたコロナボーナスの支給。 7月に1人当たり1500ユーロ(約17万円)を給与に上乗せする(支給額は雇用形態により異なる) 人口1000人にあたりの医師数(出典・ドイツ連邦統計庁) 外出や接触制限令の導入後、市民は規制を真摯に受け止めた。 目標を掲げると、それに向かって猪突猛進するドイツ人のポジティブな性格がいま、成果を表しているようだ。 ジョンズホプキンズ大学によると、ドイツの新型コロナウイルス感染者数は16万6152人、回復者は13万5100人、死者は6993人(日本時間5月5日午後4時32分時点)。 このところ、1日の感染者数は1000人を下回っており、規制の成果がみられる。 ドイツの新型コロナ感染者は、今年1月末にミュンヘン近郊の企業で確認された。 感染者数も10人ほどで、政府の対応も迅速だった。 感染経路や接触者を把握し、全員が治癒したことから、政府関係者もそのうち収束するだろうとみていた。 ところがまもなく、オーストリアやイタリアでスキー休暇を過ごした人や2月のカーニバルパレード参加により、感染者は急増した。 こうした背景から、独政府は感染者拡大抑止策として、3月23日から外出と接触制限令を導入した。 この時点ですでにドイツでは1日4000人以上の感染者が確認され続けており、全国的な制限はその後、2回延長され5月3日までとなったが、各州の判断で(全国には16州ある)段階的に、さらなる緩和も始まっている。

次の

ドイツの対コロナ経済政策について|umwerlin|note

ドイツ コロナ 対策

もくじ• 参考: 【最新】制限措置の緩和にかかる連邦政府と各州政府の合意(5月26日) ドイツでは3月に段階的にロックダウンが行われました。 4月15日、4月30日、5月6日、5月13日に一部の規制が緩和されています。 また、接触制限については5月26日に、6月29日まで延長することが決まりました。 5月26日更新 5月26日に連邦と州は新型コロナウイルス感染拡大防止のため 接触制限を6月29日まで延長することで合意しました。 ポイントは以下のとおりです。 5メートルの対人間隔を確保するとともに特定の公共の場所ではマスクを着用する。 5月13日更新 5月13日にドイツ連邦内務省は、3月15日より順次実施されているシェンゲン域内国境の暫定的国境管理等について、プレスリリースを発表しました。 5月6日更新 5月6日、メルケル首相は新型コロナウイルス感染拡大に伴う制限措置の緩和にする連邦政府と各州政府の間の合意事項を以下のとおり発表しました。 5メートルの距離確保及び特定の公共の場でのマスク着用義務)は当面の間延長。 夏季休暇前までにすべての生徒が一日以上通学できるようにする。 サッカー・ブンデスリーガ1部及び2部の試合は5月後半から再開(無観客試合)を認める。 4月30日更新 4月30日、メルケル首相は現在実施されている制限措置の緩和に関する連邦政府と各州政府の間の合意事項を以下のとおり発表しました。 また、5月6日の次に行われる会議に向け,飲食店,観光業及び更なる文化施設の再開に関する計画案を作成する。 以下に現在の状況を簡単にまとめます。 再開可能となる日、具体的な施設、再開にあたる条件などは各州政府がそれぞれ決定します。 州別の対策状況については「」をご確認ください。 -連邦と州は以下の点につき合意。 今後各州が具体的な内容を定める予定。 まず5月4日以降、卒業試験や進学試験を控えている(高校や小学校の)最終学年等が再開される。 スポンサーリンク 注意 一つ前の「」が一番最新の情報になります。 ただし、4月15日、4月30日、5月6日、5月13日、5月26日の一部規制緩和に関する発表はこれまでに行ってきた各措置の延期等や緩和についてそれぞれ触れているため、 各措置の具体的内容はこの後の措置内容を確認してください。 国境管理の強化措置(その1) 3月15日にドイツ政府は新型コロナウイルスの感染拡大を阻止するため、• オーストリア• スイス• フランス• ルクセンブルク• デンマーク との国境で暫定的な国境管理を開始する旨を発表しています。 6月10日にドイツ連邦内務省は、3月15日より実施されてきたシェンゲン域内国境の暫定的国境管理を終了する旨プレスリリースを発表しました。 開始日時 3月16日(月)午前8時 対象箇所 オーストリア,スイス,フランス,ルクセンブルク,デンマークとのシェンゲン協定域内国境(バイエルン州,バーデン・ヴュルテンベルク州,ザールラント州,ラインラント・プファルツ州及びシュレスヴィッヒ・ホルシュタイン州が対象) 措置内容(出入国管理を担当する警察官による国境管理強化) -ドイツへの出入国について「十分に合理的な理由のない者」については,当該出入国を拒否される。 ただし,ドイツ国籍者及びドイツの滞在資格を有する外国籍者は再入国可能(感染の疑いの場合でも入国可)。 体温測定の措置は実施されない。 (終了期限は未定) -国境を越える通勤者の出入国は可能(国境通過の必要性が存在することに関する適切な証明書類の携行が推奨される)。 -国境を越える物流は維持される。 - ルクセンブルクとの間の暫定的国境管理は5月15日まで - オーストリア、フランス、スイス、デンマーク及びイタリアに係る暫定的国境管理は6月15日をもって終了する - スペインに係る暫定的国境管理は、6月21日をもって終了する - デンマークとの国境における国境管理については今後デンマーク政府と合同で決定する 参考サイト 【ドイツ語】 【日本語】 国境管理の強化措置(その2) なお、3月18日にドイツ政府は• イタリア• スペイン• オーストリア• フランス• ルクセンブルク• デンマーク• スイス からドイツ国内に到着する航空機・船舶について、直ちに国境管理を開始する旨発表しました。 国境管理の強化措置(その1)にイタリア・スペインが追加され、更に陸路のみでなく空路・海路を利用した移動についても管理されることになります。 措置内容 -イタリア、スペイン、オーストリア、フランス、ルクセンブルク、デンマーク、スイスからドイツ国内に到着する航空機についても直ちにシェンゲン協定域内国境管理を開始。 (デンマークからの海上交通に対しても適用される。 ) -緊急の渡航理由のない渡航者は、これらの交通ルートにおいて直ちに渡航が制限される。 -緊急の渡航理由のある渡航者及び通勤者については、国境通過の必要性について証拠の提示が求められる。 - 6月15日まで引き続き有効 - ルクセンブルクとの間の暫定的国境管理は5月15日まで - デンマークとの国境における国境管理については今後デンマーク政府と合同で決定する 参考サイト 【ドイツ語】 【日本語】 ドイツ入国の一時的制限措置 3月17日、EUへの入域制限に関する欧州委員会の提案に従い、ドイツでは以下の措置が即時実施されました。 ロベルト・コッホ研究所ウェブサイトにはも掲載されています。 感染地域・リスク地域からドイツに入国した場合 ドイツの感染症等の研究機関であるロベルト・コッホ研究所(RKI)は新型コロナウイルスについてドイツに入国した場合の対応(14日間の隔離措置を含む)などを説明するリーフレットを作成し、機内等で配付しています。 (以下のリンクはドイツ語/英語版) ドイツの国内措置(行動制限等) 3月22日にメルケル・ドイツ首相は新型コロナウイルスの更なる拡散を防止するために、連邦政府と各州政府の間で合意した新たなガイドラインを発表しました。 (6月29日まで)一部緩和措置については「」を参照。 ガイドライン内容 1.同居家族等以外の他人との接触は絶対に必要な最低限とすること。 2.公共空間において他人との距離を必ず最低1. 5メートル、可能であれば2メートル以上とること。 3.公共空間における滞在は単身または家族以外の1名または家族の同伴に限り認められる。 4.職場への通勤、緊急時ケア、買い物、通院、試験や会議等重要な日程、他者の支援、個人によるスポーツ、屋外での新鮮な空気を吸うための運動やその他必要な活動のための外出は引き続き認められる。 5.グループによるパーティーは公共の場所か私的な空間(住居)かを問わず許容されない。 秩序局または警察が取り締まり、違反行為には罰則が適用される。 6.すべての飲食店閉鎖。 (配達サービスやテイクアウトは可能) 7.美容院、美容サロン、マッサージなど身体のケアに関わるサービス業はすべて閉鎖。 (医療上必要な治療は引き続き認められる。 ) 8.人々との接触があり得るすべての現場については、公衆衛生に関する規則を守り従業員や訪問客に対する効果的な保護措置を実施することが重要。 参考サイト ドイツの国内措置(イベント禁止・施設閉鎖等) 現在、公式なドイツ国内措置としては以下のような対策がとられています。 詳しくは「」を参照してください。 1千万人規模のイベントの中止• 1千万人未満のすべての不要不急のイベントの取りやめ• イースター休暇の始まる明10日から、数日間にわたる外国(ドイツ国外)での滞在の後にドイツへ入国・帰国する人に対する二週間の自宅隔離措置(haeusliche Quarantaene)が実施されることになります。 以下の条件にあてはまる場合には適用除外となります。 また、現在は EU加盟国、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイス、英国を検疫措置の対象外とし、入国・帰国者の2週間隔離義務はこれ以外の第三国からの入国・帰国者が対象とされています。 各州政府も概ね5月中旬より、EU加盟国、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイス、英国から入域する者を対象外とする緩和措置をとっています(各州政府の措置の詳細は下記4「各州政府の防疫対策」をご覧ください)。 各州別の詳細については「」を確認してください。 ただし、当該国・地域における過去7日間の新規感染者数が10万人あたり50人以上となった場合には、入国・帰国にあたって再び14日間の自宅隔離措置がとられることとされており、今回対象外となった欧州各国についてもこの措置が適用されます。 【参考】 ドイツの国内措置(幼稚園・学校の閉鎖) 以下の各州について、おおむね16日からイースター休暇明け(4月19日)まで州内の幼稚園や学校を閉鎖しています。 学校は各州の判断で段階的に再開する。 夏季休暇前までにすべての生徒が一日以上通学できるようにする。 緊急託児の対象を拡大し、就学を控える園児が夏季休暇前までに一度登園できるようにする。 また、連邦保健省をはじめ各州保健省は相談窓口(ホットライン)を設置しています。 発熱、咳、息切れが発生した場合には• かかりつけ医• 救急相談「116117」• 連邦・各州保健省ホットライン のいづれかに電話で相談し、指示に従ってください。 私は現在デュッセルドルフ在住ですが、在デュッセルドルフ日本国総領事館は、 事前の電話なしで直接医師などを訪問することは感染を拡大するリスクがあるので控えるよう呼び掛けています。 全国共通の医療相談ダイヤル(新型コロナ・ウィルス専用ではありません) 全国共通医療相談ダイヤル 116117 (24時間対応) *かかりつけ医に連絡がとれない場合に使用してください 【NRW州保健省】 相談ダイヤル(月~金 8:00~18:00) 0211 — 91191001 また、以下の州保健省のホームページでは州政府による最新の公式発表を確認できます。 その他、 州別のホットライン・ウェブサイト一覧は以下の在ドイツ日本国大使館のHPで確認してください。 専用のホットライン等を設けている自治体もいくつかあります。 デュッセルドルフ市、ノイス郡(メアブッシュ市、ノイス市、カールスト市など)、ケルン市、ボン市については以下の在デュッセルドルフ日本国総領事館のHPで紹介されています。 海外渡航予定者はたびレジに登録を また、ドイツに限らず海外への渡航を予定している方は必ず「」に登録するようにしましょう。 渡航先の安全情報をメールで受信• 出発前から渡航先の安全情報を入手可能• 出国中も最新情報を受信• 現地でのトラブル時の支援 など、登録しておくと海外渡航に役立つサービスを受けることができます。 スポンサーリンク ドイツの航空会社 「ルフトハンザ航空」もフライトのキャンセルや減便を予定している旨発表しています。 日本直行便についてはフランクフルト・羽田便、ミュンヘン・羽田便、ミュンヘン・関空便が週3~4往復運航に減便されているほか、フランクフルト・名古屋便は全便運休が予定されています。 なお実際の運航状況としては他路線も含め更なる減便が行われています。 また、3月17日より当初計画比で長距離便については10%、短距離便については20%に削減。 また今後ミュンヘンからの長距離便は停止し、フランクフルトのみにする旨発表しています。 ルフトハンザ航空 【ドイツでも混乱】食料品を中心に品薄状態 日本ではマスクやトイレットペーパーなど紙類の買い占めによる品薄状態が続いていますが、私の住むドイツのデュッセルドルフでは食料品を中心に買い占めが起こり、一部品薄状態となっています。

次の