まな きれい か 男役。 木のまな板の手入れ、磨き方、削り方

木のまな板、きれいに長持ちさせるお手入れ術|ずっと使い続けたいモノを集めたセレクトショップ

まな きれい か 男役

- 2019年 1月月16日午前1時38分PST 元月組娘役トップスターとして6年7ヶ月活躍した"ちゃぴ"こと愛希れいか。 東宝「エリザベート」エリザベート役、「ファントム」クリスティーヌ・ダーエ役と、宝塚退団後も大作ミュージカルのヒロインに抜擢され続けています。 宝塚ファンで"ちゃぴ"の存在はもちろんのこと、その魅力を知らない人は間違いなくいないでしょう。 ただ、普段宝塚を見ないミュージカルファンは、 「エリザベート役に抜擢された"愛希れいか"ってどんな人?歌は上手いの?特徴は?」 と思っている方もいることと思います。 そこで、 今回は元宝塚トップ娘役"ちゃぴ"こと愛希れいかの評判や、私が考える魅力についてご紹介します。 歌唱力は「この1年で格段に上達した」 まず、愛希れいかの<歌唱力>です。 宝塚以外のミュージカルブログを見ると手放しで「上手い」と書いているケースがあるのですが、 「生で見たことあるのかな?」と疑ってしまうことがあります。 ちゃぴの歌唱力は、 「この1年で格段に上達した」 と言った方が正しいかと私は思っています。 具体的には、退団公演「エリザベート」を通して一気に上達しました。 正直、私はちゃぴって歌は苦手分野なのかな、と思っていました。 特に高音だと上ずるというか、不安定になる感じが否めない…。 だから、『エリザベート』が決まった時、すこーし不安だったんです。 だって「私だけに」とかなかなかの高音が必要とされるじゃないですか。 元々男役さんだった愛希れいか、高音で上ずる、音程が不安定になる、時々声ががさつく感じがありました。 退団公演前の2017年の全国ツアー「鳳凰伝」「CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-」、大劇場公演「カンパニー」「BADDY」でも、ちゃぴの魅力はスタイリッシュな見た目の美しさ、緩急のあるバリエーション豊かなダンス、キュートな笑顔。 決して歌ではありませんでした。 それだけに愛希れいかが退団公演で「エリザベート」に決定した時、 正直私は不安しかありませんでした。 「私だけに」キーの高い曲です。 声量の必要な曲です、、、 「エリザベート」の会見発表で「私だけに」を歌ったときは正直この不安が的中しました。 でも、舞台の真ん中で堂々と歌声を響かせるちゃぴを観た時、すごく感動しました!ものすっっっっっごく歌上手くなってるじゃん!と!! 不安だった「私だけに」の高音も音程をビシビシ決めていて、声量もしっかりあって。 何か気迫すら感じました。 ここまで仕上げるのに、本当にたくさんの苦労と練習を積んだんだろうなぁ、としみじみ。 宝塚を出ても、「ミュージカル女優」として第一線で活躍していける、そんな確信を持ちました。 トップ在籍6年の集大成エリザベート。 おそらく本人も歌に不安があったのでしょうか、苦労して練習したのでしょう。 本番ではおそらく多くの宝塚ファンが抱いていた<歌唱力への不安>を完全に打ち消し、魂の歌声を聞かせてもらいました。 「歌唱力はそんなすぐに向上しないのでは?」と私の頭でっかちな考えを吹き飛ばしてくれました。 おそらく、今回の東宝「エリザベート」エリザベート役でも、見事な「私だけに」を披露してくれるでしょう。 あとは、退団公演並みの魂の音楽を届けてくれるかどうか。 偉そうで申し訳ないですが、 東宝でも「守りに入らなければ良いな、攻めて攻めて攻めまくって欲しいな」 と思います! ダンス is 愛希れいか よく、宝塚娘役だと• 「踊りの人」• 「歌の人」• 「演技の人」 というくくられ方をするのですが、 愛希れいかは断然「踊りの人」です。 - 2019年 1月月17日午後10時51分PST あ、ちなみに、私が愛希れいかが退団して一番残念だったのは、愛希れいかのレビューが見られなくなること。 <1時間ずっと愛希れいかのダンスだけを見られる> そんな時間がなくなってしまうことでした。 さて、ダンスの実力に関しは、「ちゃぴってダンス上手いよね」っていうレベル感ではなく、 「ダンス is 愛希れいか」 です。 言葉が足りないのですが、 「身体からリズムが自然と生み出されている」 と言いますか、躍動感に満ち溢れています。 また、顔が小さく、娘役にしては長身(167cm)なので、スタイリッシュでかっこいい。 そして、踊るときになると、可愛い顔が時々、 「元男役です!」と言わんばかりに凛々しくなる のがたまらないんですよね。 ちなみに、「エリザベート」「ファントム」全く踊るシーンないです、、、 え?! 「踊りの愛希れいか」ですので、「エリザベート」「ファントム」大目に見ていただければと思います。 また、ダンス以外にも次にご紹介する<演技力>という武器もあるのでぜひちゃぴエリザ&クリスティーヌ・ダーエを! 愛希れいかのもう一つの魅力、それは憑依的な演技力 演技上手です。 憑依タイプなのか、 マリー・アントワネットから、 エリザベート、 トゥーランドットから 高崎美波(カンパニーのキャラクター)。 西洋から東洋、歴史上の人物から現代の可愛いヒロインまで、 ときにキュートに、ときに狂気的に、魂が乗り移ったように演じ分けられます。。 あと花總まり様と一緒で、娘役として主演公演をやるぐらいですので、主役として作品をオーガナイズできる力があります。 3歩後ろから相手を立たせるだけしかできないといった、 <キャパシティの狭さ>は皆無 です。 これはトータルのミュージカルスキルがあるからこそできる賜物ですね。 あと圧倒的に主人公タイプです! ちゃぴの凄いところの一つに、「圧倒的好感度」があると思うんです。 女性ファンからも男性ファンからも好かれる。 サバサバしていて媚びてる感も無くて、可愛いのにカッコいい!みたいな。 芸事にもストイックで、もはやアスリートを応援する感覚に似ている(笑) 舞台中央に立った時の、舞台全体を掌握するような気迫とか、本当にすごいです。 怒りに満ち触れるシーンとか、鬼のような形相になるときもあります。 こんな可愛い娘なのに。

次の

月組の今後を心配しています。

まな きれい か 男役

木のまな板、きれいに長持ちさせるお手入れ術 キッチンには、水気があり火の気があり、雑菌も存在します。 実は過酷な環境の中で使われ、仕舞われている時も湿気と戦っている調理道具たち。 そんな中でも今回は「木のまな板」に着目します。 木のまな板への憧れはありながらも、お手入れが難しそう、という理由で使用を躊躇される方は多いかもしれません。 木のまな板は、見た目の良さだけでなく、日々使う道具としてとても優れています。 適した使い方、仕舞い方を知るだけでもっと長く清潔に、快適に使い続けられるかもしれません。 木のまな板を選ぶ理由 ナチュラルな雰囲気と木の香り、滑らかな触り心地。 そういった「感覚」で木のまな板を選ぶというのも立派な理由ですが、食材を切る上で木の機能性、利点を述べることが出来るのです。 包丁との相性 木のまな板は、包丁を使用した時の「あたり」が柔らかく刃への負担が少ないと言われています。 特に鋼を使用した包丁は、硬度のあるプラスチック・大理石のまな板では刃先がすぐに劣化してしまいます。 木のまな板を使用することは刃こぼれの予防になるのです。 また、木のまな板には適度な弾力があるので、包丁で硬いものを切っていても疲れにくいという話も聞きます。 「トントン」と切っていく音も、木の場合は耳に響くうるささではなく、心地良い音です。 食材との相性 木のまな板を使用すると、まな板に置いた食材が滑りにくいという利点もあります。 プラスチック製のまな板の上では、食材によっては滑ってしまい危ない場面もありますが、木のまな板の場合は食材の余分な水分を木が吸収するためにまな板の上で食材が滑る心配が少ないのです。 木材による抗菌作用 まな板に使用される木の種類は様々あります。 種類によって特徴があり、そのまな板で何を切るか、また何を求めるかということも変わってきます。 ZUTTOで扱っている木のまな板は、ひのきが主です。 ひのきには高い抗菌力があり、まな板の素材として最適です。 また、ひのきの香りがするので気持ち良く使えるのもポイント。 山一 やまいち の木曽ひのき 山一のまな板は細かく平行に木目が入っているのが特徴。 この平行の木目は木材の柾目(まさめ)と呼ばれます。 柾目は樹齢を重ねた木材から取れる貴重な部分です。 木目が平行であることから、刃の当たりがよく、木曽ひのき材の持つ弾力性からトントンとリズミカルに包丁をさばくことが出来るのです。 また木の凹みキズも水の吸収により、ある程度復元する力を持っています。 土佐龍(とさりゅう)の四万十ひのき 土佐龍では、反りの出にくい素材を作るため、昔ながらの手法で四万十ひのきを約1ヶ月かけて屋外の天日にさらします。 そして、屋外で雨風に十分さらして、一度木の深部まで濡らします。 最後に、薫煙乾燥で7日から10日かけて木の芯からじっくりと乾燥させます。 そうやって時間と手間をかけて、あたりが優しく長く愛用出来る素材が仕上がります。 ひのきは、表面や横の断面からヤニが出てくることがありますが、ひのきのヤニは汚れや痛みからくるものではなく、木が健康な証拠です。 ヤニは雑菌の繁殖を抑える抗菌力を持っており、ヤニが多いほど水に強くなり、まな板の黒ずみを防ぐことが出来ます。 余分なヤニが出た場合には、熱いお湯で洗い流してください。 BERARD ベラール のカッティングボード 調理に使える「まな板」ではありませんが、オリーブ素材のカッティングボードもあります。 パンやフルーツ、チーズやお菓子を切りそのまま食卓へサーブも出来るサイズ感とデザイン。 丈夫で硬く、刃物などのキズが残りにくく、プラスティック製まな板と比べてバクテリアが短時間で自然に減少し、衛生的なのが嬉しい素材です。 用途を考えると、フルーツやチーズなどは力を入れずに切れる食材なのでボードが硬い素材であっても包丁の刃への負担は少ないですね。 このように、用途・食材・包丁やまな板の素材で使い分けるのも良さそうです。 使用前・中・後の心得 木という性質上、取り扱い方法を間違えると黒ずみが生じたり、反りが発生してしまいます。 気遣いとお手入れが必要な素材だということは確かです。 使用前:毎回必ず水で濡らし、拭いてから使用する 理由は、食材の水気や臭いをまな板に染み込ませないようにするため。 木に水を掛けることで表面に膜を作り、余分な水が浸透しなくなるのだとか。 ただ、水で濡らしたびちゃびちゃの状態で食材を置くと、逆に食材が水っぽくなるので、まな板を水で濡らしたら固く絞った布巾で拭いてから使用してください。 和食屋さんやお寿司屋さんで板前さんがよくまな板を拭いているのはそのためです。 使用中:食材を切る順番を意識する これは木のまな板に限ったことではありませんが、1枚のまな板を使いまわして複数の食材を切る場合はその切る順番を考慮することも、「まな板の寿命を延ばす」 という点では効果的です。 野菜を切る場合、切ったあとに野菜の水気や汁が出にくいもの、色が出にくいものから切っていきます。 臭いがあるネギや生姜などはそのあと。 さらに、魚や肉類はそのあとに切ります。 (都度、水で流したり濡れ布巾で拭くということは必要です。 ) 例えば、最初に色や臭いが付いてしまう野菜を切って、そのあとまな板を使い続けているとその色や臭いがまな板に吸収されてしまいますが、それらを後回しにし、全て切り終えたのちに洗剤や塩でまな板を洗えば、まな板に吸収される前に取り除くことが出来ます。 使用後:すぐに洗い、十分に水気を切って乾燥 野菜の場合は、各食材切り終わって次の食材を切る前に毎回水で流して布巾で拭くことをすれば、汚れや野菜から出る色はまな板に付着しにくくなります。 肉や魚などの生ものを切ったあとは洗剤で洗ってからすすいでください。 洗剤で洗う前にお湯をかけてしまうと、肉や魚のたんぱく質が固まり汚れが取れにくくなってしまいますのでご注意を。 まな板を使い終わったら洗って、乾いた布巾でよく水気を取り、その後自然乾燥させます。 一番良いのは外での陰干しですが、まな板の作業面が下に触れないように、なるべく立てるようにして乾燥させてください。 画像のような、まな板スタンドを活用すると設置面が少なく、下にも風が通るのでおすすめです。 長持ちさせるには:食材別のまな板を用意 本当の理想は野菜用、肉用、魚用、パン用、と食材別にまな板を使い分けることですが、収納スペースも限られますしその枚数分のメンテンナンスは少々面倒。 ならばまな板の両面で「野菜用」「肉・魚用」と使い分ければ衛生面でも気になりませんね。 またはよく使うサイズのまな板だけでも2枚用意し、日替わりで使用するのもおすすめです。 木のまな板には復元力がありますので、包丁によってついた傷はまな板が濡れ、乾く間に目立たなくなっていきます。 そのため、使用したまな板は次の日も十分に乾燥の時間を設けて、休ませるのが良いようです。 木肌が白っぽく乾燥してきたら、木製食器専用のミネラルオイルや、亜麻仁油、オリーブオイルなどを薄く塗布すると乾燥を防いでくれます。 まな板についた細かい包丁傷の中に塩が入り込み、汚れを取ってくれます。 また、塩には木を修復する機能があります。 軽度な黒ずみでしたら、紙やすりで表面をこすってください。 黒ずみは時間が経つと根が深くなりますので、見つけたらすぐに対処することがポイントです。 紙やすりをかけた後は、ミネラルオイルや木のまな板用のオイルを塗ってケアします。 それを防ぐためには、以下に注意してください。 長く使ううちに、傷や多少の黒ずみは生じてくるかと思います。 削り直しをしてくれるメーカーもありますので、気になった場合はメーカーへ依頼することをおすすめします。 表面が削られただけでも新品のようになり、木の香りも。 また長く愛用しよう、という気持ちになります。 日本の料理人が「板前」と呼ばれるのは、「まな板の前に立つ」ことから来ており、まな板は調理においてとても大事な存在であることが分かりますね。 特に和食は食材をいかに美しく、かつ調理に適した方法で切るかということに重きを置いている料理ですので、包丁とセットになるまな板の重要性は明白です。 家庭ではもちろん、そこまで気負うことはありませんが、毎日のように目にし、手に取るものであるから、使っていて気持ちの良いものを、と思うのです。

次の

包丁を汚さないバターの裏技的切り方!と、保存方法。|まなきのなるようにするさ!

まな きれい か 男役

宝塚歌劇月組の新トップ娘役である。 1964年、宝塚50周年以降、ほぼ現在のトップ制度が確立してから、史上8番目に早い就任。 入団して4年2カ月目。 最速は、2年6カ月で大地真央の相手役に抜てきされた現女優の黒木瞳。 7番目には、鳳蘭、麻実れいと組みゴールデンコンビと呼ばれた遥くらら、がいる。 「そうなんですかぁ」。 昔の話を持ち出しても反応は薄かった。 「今が、とにかく大切!」。 プレッシャーによる緊張というより、招き入れた現在の幸運をしっかりつかみ、舞台を務めることが先決! の気概がみなぎっている。 2009年に初舞台を踏んだ時は、男役だった。 「宝塚はやはり、男役ですし、男役のダンスが好きでした」。 小顔ですらりとした体形がダンスに似合う。 が、2年目で抜てきされたのが、『スカーレット・ピンパーネル』のルイ王太子という可愛い男役。 続く『ジプシー男爵』では、娘役。 しかも現在、月組でコンビを組んでいる新トップスター、龍真咲(りゅう・まさき)の恋人役だった。 ショーでは、男役として黒エンビで踊っていたが、周囲から娘役転向を勧められた。 「すごく悩みました。 男役の私が好きと言ってくださるファンの方がいっぱいいたし、どうしよう…と」 決め手となったのは、11年1月にバウホール公演で踊った赤い靴の少女の場面。 男役で出演しながら、注目を浴びたのは娘役で踊ったシーンだった。 「その公演では男役としても頑張れたし、思い切り踊らせていただいた場面が娘役でしたので不安はありましたけど、自分の意志で転向を決めました」 入団3年目の春だ。 「転向発表後、ファンの方から、これからも応援しますとお手紙をたくさんいただいて、それが力になりました」 その年の夏の『アルジェの男』新人公演では初ヒロインを射止め、秋にはバウホール公演『アリスの恋人』でタイトル・ロールを演じた。 そして今年6月、新生月組公演『ロミオとジュリエット』でトップ娘役披露。 あれよあれよというスター街道だ。 しかも、披露演目の役が宝塚娘役の定番ともいえるジュリエット役。 ロミオ役が役替わりでトップの龍と準トップの明日海(あすみ)りお。 2人の人気男役とラブラブ・シーンを繰り広げた。 「恋の王道劇をさせていただけて幸せです。 ロミオの龍さんと組ませていただいている時は、こうした立場(娘役トップ)になって演じていること自体がジュリエット(の心情)とリンクしていて、現在の自分を重ねて龍さんに気持ちを表現できたのがうれしかったです」 2人のロミオに対しては? 「原作に書かれている本質をとらえて、後は自分の今を中心に取り組みました」。 現在の幸せな気持ち…それが彼女のジュリエット像なのだ。 潤色、演出の小池修一郎氏がプログラムの中でこう言っている。 「瑞々しいジュリエットとして息づいている。 (彼女は)怖いもの知らずなのかもしれない」 「でも、スイッチを入れ替えるため、ロミオ役が替わる時は、化粧前にその日のロミオ様の写真を貼って、お化粧も変えていたんですよ」 ほほえんだ顔がジュリエットになりきっていた。 可能性無限。 男役も経験し、宝塚の醍醐味を満喫した可愛い娘役の誕生だ。 身長167センチ。 2009年、「Amourそれは…」で初舞台。 男役として月組に配属。 早くから期待のスターで、ことに娘役で注目され、11年に娘役に転向。 昨年、「アリスの恋人」のヒロインを経て今年6月、新生月組トップ・龍真咲の相手役としてトップ娘役に。 時間があれば、ダンス・レッスンに通う踊り好き。 オフのリフレッシュは買い物ぐらい。 男性の好みは? の質問には「ロミオみたいな人かなぁ。 あれっ? 優等生過ぎますかね(笑)。 今、そんなことに気持ちを向ける余裕がないんです」。 娘役転向を決めるにあたってスカートを買いまくり、「やっと吹っ切れた。 気持ち的にスカートって、やっぱり楽かな(笑)」。 愛称、ちゃぴ。

次の